相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】トンカツ屋に通ってたら人生が変わった【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


大学に進学した時、俺は地方出身だったから東京で一人暮らしを始めたんだ。

当時は東京の電車の煩雑さにも恐れを抱いていたため大学の最寄り駅に部屋を借りた。

勿論貧乏だったから三畳一間だ。

文学少年だったおれは、なぜか大学も行かず家で小説ばっか読んでたんだww

一人暮らしによくあるパターンだな。

そんな墜ちきった俺でも、唯一週間にしてたことがあったんだ。

それがスレタイにあるように、毎日夜にトンカツ屋に行くこと。

商店街の精肉店がやってる店で、そりゃあもう安い値段だった。

料理もできない貧乏な俺は、そこで毎日、ソースカツ丼の大盛と無料のキャベツの大盛りの一食だけで餓えを凌いでた。

毎日、昼頃に起きて文豪の書いた小説を読み耽り、腹が減ったらそのトンカツ屋に行き、朝までまだ読み耽るという、カスな大学生にしか出来ない自堕落な生活をしていた。

体質なのかわからんが、いくら食っても太らないんだ。

しかも大食いだったから食費の心配がかなりあった。

でも、金がなくてキャベツだけの日とかもあった。

半月ぐらい通ってたある日、

店で一人の女の子が声を掛けてきたんだ。




「太宰治、好きなんですか?」と。

その女の子は家族で営んでる精肉店の娘で、週何回か手伝いをしてた。

正直、かなりの美人で、よく常連客のおっさん共がちょっかい出してた。

ちなみにボッチ常連の俺はボッチ相応に女性と話すのも苦手だったわけで、

美人だなー、と思いつつも横目で見るというような気持ちの悪い行為に勤しんでいた。

で、

話し掛けられた時、俺は太宰治の斜陽を読んでいた。



「え…ぁ……ええ、はい」とキョドりぶりを発揮し、終わった、と思った。

だけれど女の子は俺が肯定した時、顔を笑顔でいっぱいにし

「そうなんですか!私も太宰大好きなんです!」と言った。

「どんな……どんな作品が好きなんですか?」

「全集を一通り読みましたけれど、一回りして人間失格が一番好きなんです。」

「皆、共感できると人気ですよね」

「そう!駄目具合がもう私とそっくりでww……あ、ごめんなさい」

その時の酔ったおっさんどもの罵声は今でもよく覚えている。

それから、少女は度々話し掛けてくれるようになった。

太宰は自殺してから女に縄で入水してくれるよう頼んだんだ

彼は相当のナルシストだったからぶくぶくに膨れた惨めな姿を見せたくなかったんだよね。

という自慢にもならない太宰に対する持論を、少女は目を輝かせて聞いてくれたりもした。

少女の経歴を聞くと、今は高校生で大学は、俺の行きたい大学を目指してるとのこと

一方俺は、大学をサボり続けていて、留年が早々に確定していた頃合いだった。

いよいよ、俺の素性が気になったのか、ついにあのことばを聞かれてしまった。

「お兄さん、何をしている人なの」

「カツ丼食べながら小説を読む人だよ」

「もう!そういうことを聞いてるんじゃないわ」

「んーー?」

「お仕事よ、お仕事」

「んーーー。」

「話さないと出禁にする」

「わかった、わかった。………○○大学だよ。」

「!!、なんで言ってくれなかったの」

「……サボってるから…かな。」

ついに言ってしまった。

「そう」と少女は無機質な声で返事した。

「うん」

「そっか」

その日はこれ以上居られないと思い、勘定を済ませた。

それからしばらくの間、俺は、そのトンカツ屋に行くのを控えてたんだ。

というより、なんだか行くことができなかった。

慣れない料理をする気にもなれず、毎日レトルトのカレーとパンの耳というアンバランスな食品で生き長らえてた。

それを1ヶ月続けた当たりで、限界をついに感じ、その少女が手伝ってない日を狙って、トンカツ屋に出向いた。

実に1ヶ月ぶりのカツ丼、マジで美味い。マジで安い。

それから、行きだしたんだが、どうも少女が来る気配がない。

もちろん、精肉店と家は繋がっているので、ちょこちょこ顔を出すはずなんだ。

再び通いはじめて、その数字が二桁になる頃、ようやく少女が現れた。

「あ、やっときた」

「お…おう」

「餓死しているのじゃないかと心配してたんだから」

「耳食ってた」

「ミミ?誰の?」

「いや、なんでもない」

「変な人。そんな変な人に朗報があるよ」

「なんだ」

「お兄ちゃんの大学無事合格して、春から通わせて頂くことになりました」

なんと、気付いたら受験シーズンも終わってたらしい。

小説の魔力とは恐ろしい。

「よく受かったな。偏差値全然足りてなかったじゃないか」

「あれから猛勉強して、特待生になったの」

「」

恐ろしい子っ

「だから、春から家まで毎日朝起こしに行く。」

「おいおいマジかよ……」

「マジ。大マジ。」

春になった。

相変わらず俺は自堕落な生活を送ってたわけで

春から大学に行く気などさらさらなかった。

だが、外から声が聞こえた

「お兄ちゃーーん、朝だよ!!!早く準備して!!!!」

その日から俺は、無理矢理大学に行かされるようになった。

勿論、少女と同じ学年、同じ学部だ。

少女は、俺が小説を読もうとすると、その小説を俺から奪い上げ「貴方が読むのはこれ」と教科書を顔に押し付けてきた。

それから、嫌嫌ながらも大学に通い

無事進学を果たして、俺の怠け癖も治っていった。

大学三年のある日、少女が突然こんなことを言った。

「なんか言うことないの?」と。

「んー強いて言うなら、付き合ってくれ、ってことぐらいかな」

こんな取留めのない会話から、少女が彼女に変わった。

んで、そこから無事交際も進め、卒業し、そこの町に近い企業に就職した。

彼女は、周りの友達が就職活動に勤しんでるのに対して

そのような活動は一切してなかった。

「就職活動しなくていいのか」

「今付き合ってる人が籍入れよう、って五月蝿いから」

「いつ言ったっけ」

「一年前先くらい」

「阿呆」

「いいじゃん、私も最初の貴方の頃のような生活がしたいの!!」

「まあ、退職するのに就職活動するのも面倒だよな」

「そそ」

そんな、バカみたいな会話通りにことが進み

大学卒業すると同時に結婚し、今じゃ立派に尻に敷かれてます。

【スピンオフ 彼女と幼なじみの対峙】

こんな俺だったが、幼馴染みの女が居た。

ここからは仮名を使って書きたいと思う。

幼馴染み→まや

彼女→あやか

幼馴染みであるまやは、地元に残り、そこにある大学に通っていた。

一方、俺は相変わらずあのおんぼろアパートに住んでおり、

唯一変わったことと言えば、彼女であるあやかの歯ブラシセットが常備されていたことぐらいだろうか。

そんな、文庫本と並んだ歯ブラシぐらいしかない部屋にある日、俺を呼ぶ声が聞こえた。

「ここは俺(呼び捨て)の部屋ですかー?」

「そうですけれど……まやかよ。何でここにいるんだおまえ」

「しっかりやってるかと思って俺母に場所聞いてやってきた!」

「遠かったろ」

「うん」

「まあ、帰すわけにもいかないから、上がれよ」

まやは入った途端、辺りを見回し

ひっきりなしに家の開けられるものは全て開けだした。

「おい、馬鹿、やめろ」

「いやしっかり生活してるかなって」

「それだったら布団部屋開ける必要ないだろ!」

「いやちゃんとした性生活行ってるかと思って」

「うるせー!開けんな客人!!」

そういうと、何故だか今度は、急に、人の足を蹴り始めた。

「今度はなんだよ!!情緒不安定なのか!生理なのか!!」

「近況報告くらい寄越せバカ!」

「いやだって電話ないし」

「なら、手紙くらい書けよ!」「いやだって送る金ないし」

「なら、鳩の足に括りつけろよ!」

「いやだって伝書鳩飼ってないし」

「もういい!!帰る!!!」

「ま…待てって!」

「なによ」

「来てくれてほんま有難う。」

「うんこ」

「はあ?ww、人が折角カッコつけたのに」

「うんこ頭に何言われても響かない」

「」

吉本の笑劇でもやらないようなモノを繰り広げた後

まやに珈琲を一杯寄越して、座布団に座らせた。

勿論珈琲の味へのクレームがあったのは言うまでもない。

「あんた、ここ、相当の本積まれてるけど、大学ちゃんと行ってるわけ?」

「今年から行きだした」

「なにそれ、留年したってこと?」

「うん、だけれど、今年は今んとこ毎日通ってる、なに、しっかり卒業するさ」

「フーン」

「信じてないだろお前」

「だって連絡してくんないし」

「しつこいな。まや以外の監査役が出来たんだよ」

「私以外の?この部屋やっぱ曰く付きなのね?」

「ちがうわぼけ、れっきとした、生きてるひとだ」

「もしかして生き霊の彼女が出来たとか?」

「勝手に生き霊にすんな」

「」

「おい」

「え、彼女出来たとか言い出す気ですか」

「そうですけど何か」

「」

まや暫しフリーズ。

あやか「俺くーん!今日も来たよ!!」

俺「おお、あやか。今地元のやつが来てるんだ」

あやか「えっ、どなたどなた?」

俺「コレ。」

あやか「」

あやかも暫しフリーズ。

どうやら、俺が思ってるより事は重大なようだ。

まや「どうも」

あやか「どうも」

まや「うちの幼馴染みである俺がお世話になってます」

あやか「いえいえ、俺には助けられてばっかりで、いつも二人三脚のようだと大学では偉い評判の鴛鴦夫婦させてもらってますよ。」

まや「…そうですか。それはよかった」

あやか「ええ、すこぶるよいことです。」

おれ「そんなことより鍋やろーぜ!」

ぐつぐつぐつ

おれ「いやー、久しぶりに鍋やるなあ、鍋だけ必要になるだろうからって引越し初日に買った甲斐があったよ!」

あやか・まや「………」

おれ「お、おい、誰か突っ込めよ…」

まや「ところで、あやか?さんは、同級生で?」

あやか「ええ、同じ学年ですよ」

まや「じゃ、”あたしとおれ”、よりも一つ下なんだ」

あやか「みたいですね。”わたしとおれ”、は、同じ所で”一緒に”勉強してますけれど。」

おれ「肉もう良いで!!」

おれ「食った食ったー」

あやか「私洗い物やっとくね。」

おれ「おう、ありがとうな、宜しく頼むよ」

まや「なんなのあの子」

おれ「なんなのって、彼女」

まや「なんか感じ悪い」

おれ「今日なんか機嫌悪いみたい、いつもはあんなんじゃないぜ、ちなみに、なんだかお前も同じくらい機嫌悪いな」

まや「たらし」

おれ「なんなんだよ一体」

おれ「ところで、まや。」

まや「なに」

おれ「今日何処泊まる予定なんだ?」

まや「なにいってんのwここに決まってるでしょうw」

あやか「ちょっと!」

まや「なによ」

おれ「まーまー、急に来たんだからしょうがないだろう」

まや、にたり顔。

あやか「………私も泊まる!!」

せまーい部屋に三人もの大人数が寝ることになりました。

あやかは、まやに俺の布団に寝かせないよう、わざわざ家から布団を持ってきた。

おれ「今日はなんだか賑やかだったな、たまには本を読まない日も良いね」

……誰からも返事がない。

俺はなんだが、究極かくれんぼの幼い記憶を呼び起こさせながら、眠りについていった。

注:究極かくれんぼ…公園のトイレの掃除用具箱に隠れ、見付けられないまま皆が帰るという究極の芸当。

夜中に目が覚めた。こんなことしばらく無かったので驚いた。

あやかは、隣りで静かに寝息とたてながら寝ている。

俺はあやかの頭を数回撫でた。

あやかは、ん…と少し声に立てたかと思うと、またすやすやと眠りこけた。

次に、反対を向き、まやの居た位置に目をやる。

まやが居ない。

俺は、まやがこんな夜中に見知らぬ町に出たのかと不安になり、

玄関の所に掛けてあった上着を羽織り、あやかを起こさないよう、家を飛び出した。

季節は冬、外は寒い。

俺は一生懸命探した。

商店街、学校前、学校近くのベンチ、家の近くの公園…居た。

探したぞ!!と怒鳴るつもりだったのだが、出来なかった。

夜中だからという理由ではない。

まやが、ベンチの上で静かに泣いていたからだ。

その声は、俺の耳に届くほどには十分な

しかし、他の誰かには決してわからない

昔からの付き合いの俺にしか判別のできない音だった。

俺は、まやに気付かれないよう息を整え、そして、話し掛けた。

「どうしてこんな所なんかにいるんだ。」

「…俺!、何でもない。もう戻るから先寝ててよ」

俺はその言葉を無視し、黙って隣りに座った

「地元で何があった」

「…ほんとう、俺は私のこと何でもわかっちゃうんだね」

「永い付き合いだしな。」

「…長かった。」

「私ね、家族がばらばらになったの。」

「お母さんとお父さん、昔からあまり仲良くなかったでしょう?」

「それで、私が大学に入ったら、別れよう、って、別々に暮らそう、って、決めてたみたい。」

「ねぇ俺、私、これからどうすればいいの?一人ぼっちになっちゃったよ私。」

まやは、咽び泣いた。

「俺がいる。」俺は無意識の内にそう言った。

まやは声を粗げた。

「嘘!俺は大事な時に嘘ばっかり!!

小さい時、私を嫁にしてくれるって、言ったあれも、私の手を握って、寒いからって、手を暖めてくれたのも、全部嘘なんでしょう!」

俺は胸が締め付けられると同時に、困惑した。

今の俺に彼女にしてあげられることなどあるのだろうか。

俺の想いを、俺の心の中のものを、彼女にどう伝えればいいのか。

この一年間、読み耽ったものの中に、このようなことに対する対処の仕方など、載ってなかった。

俺が半ば意識が遠退いてると、何かが俺の手に触れ、それが包み込んだ。

確か、冷えきってるはずなのだが、それの奥には何か暖かいものを、それを確かに感じた。

「暖かい」彼女は言った。

「ごめん」

「何で謝るの」

「…」

二人でしばらくの間、互いに手を暖めあった。

この沈黙が、無言の世界が一生続くことを願いながら。

やがて、しばらくの沈黙の後に彼女が口を開いた。

「いいの。私も自立しなきゃね!」

「これはチャンスだと思うの。それもビックチャンス。」

「ビックチャンス?」

「そう、ビックチャンス。だって、俺は自らもう踏み出してるじゃない」

「まや…」

「私も踏み出さなきゃだ、いつまでもくよくよしてらんないよね!」

「部屋に戻ろ、あやかちゃん、もうすぐ起きちゃうよ!」

「…そうだね、戻るか」

それから、二人手を繋ぎ家まで戻り、入ると同時に手を離した。

あやか「ちょっと、二人ともどこいってたわけ!」

まや「ラブホw」

あやか「ほんと!ラブホテルに行ってたの、俺!?」

おれ「行ってないから安心しろ、ちょっと公園行って話してただけだ。積もる話ってやつだよ」

あやか「…そう、ならいいんだけど。」

俺は、あやかを家まで送り、まやが帰るとのことなので、駅まで送った。

その時、別れ際に俺が掛けた言葉、それは”負けんなよ”。ただこの一言だけだった。


告白体験談関連タグ

||

【彼女・彼氏】トンカツ屋に通ってたら人生が変わった【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年4月24日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ