相互リンク先の更新情報!

【マニアック】愛犬〜秘密の交尾 【告白体験談】

カテゴリー:マニアックな告白体験談
tag:


私は夕美子、18歳。

大学受験も終わり、後は卒業式を待つばかりで家でゴロゴロしている毎日だった。

両親は共働きだから、いま家にいるのは私だけ…いや、ペットのベスがいた。

ベスは2歳になる雄の雑種。

体長は、だいたい80くらいの中型犬、性格は優しく、誰にでもすぐなついてしまう。

温和な性格だから室内で飼っている。

夕美子は鈍った体を動かそうと、ベスを散歩に連れていこうと考えた。

トレーナーとフレアスカートに着替えて、ベスのいる階下へ降りて行った。

夕美子を見て、ベスは尻尾を振って喜び擦り寄って来る。

ベスは嬉しそうに、夕美子の顔をペロペロと舐める。

「こら、ベス。おとなしくしなさい…」

注意するが、ベスは言うことなんて聞かない。

頭のいい犬だから、こちらが本気で怒っていないことがわかっている。

「やめて…くすぐったいよぉ…」

夕美子はしゃがみ込みベスの顔を押さえる。




ベスは鼻をクンクンッとさせて、匂いをかぐように夕美子の身体に触れてきた。

すると膝を立てて座る、夕美子のスカートの中に、頭を突っ込んできた。

「きゃっ!こらっ!やめなさい!」

夕美子はいきなり股間を、舐められた。

「や…こらぁ…。そんなトコ舐めたらダメよォ…」

夕美子の股間の何の匂いに惹かれたのか…しかし、執拗に股間の割れ目と、その周辺をを下着の上から舐めている。

「やぁん…ああ…や…やだ…」

下着がベスの涎と、夕美子の愛液でべとべとになってきた。

「うん…ふぅぁ…んんっ」

夕美子は、ぎゅと唇を噛んで声が漏れないように我慢する。

(ああ…気持ちいい…直接舐められたい)

夕美子は、危ない誘惑にかられ、下着を脱いでしまいました。

ベスが間髪入れずに直接股間を舐め上げてくる。

「あぁっ…んんっ、はあぁっ…」

外側ではなく、いきなり内側に舌が入ってきました。

鋭い快感が背筋を抜けて、ゾクゾクとします。

「あっ…んっ…あん…」

しゃがんでいた事と、興奮していた為、夕美子の割れ目は開いていたのだった。

「ああっ…うぁ、ああぁん…」

夕美子はお尻の方まで舐められ、身体がのけぞってしまう。

「はあっ…あぁ …んんっ」

ベスにペロペロ舐められて、気持ち良くなり夕美子の顔が真っ赤に上気していく。

夕美子の愛液とベスの涎で、割れ目や周りの毛、お尻までべとべとにされてしまっている。

(凄い、こんなにいいなんて…)

「ああんっ…あぁっ…んんっ」

ペチャペチャ…

私、ベスの長い舌に舐めまわされている…

ベスの舌はとても長くて、ざらざらしている。

「あぁっ…あんっ!…んんっ!」

人間の男と違い過ぎる…

今は彼氏はいないけど、私は処女じゃない。

気が遠くなりそうな快楽に私は悶えた。

「ああッ!んんっあっ…ああぁっ!」

夕美子は声を出さないように唇を噛みしめていたが限界が来ていた。

「いい…いいっ!あああああぁっ!」

堰を切ったように声を上げた瞬間…ベスは飽きてしまったのか舐めるのをやめてしまった。

「ベス…やめないで…」

ベスは夕美子ののべとべとの股間から顔を話すと、夕美子の背後に回ってきた。

「何?何なの…ベス?」

ベスは夕美子の背後に回ると、背後からスカートの中に鼻先を入れてきた。

フレアースカートが捲られお尻が露わになる。

夕美子はそのまま、後ろから舐めてくれるのかと期待を膨らませていた…

なのに突然ベスが背後からのしかかってきた。

「ベス!!どうしたの!?駄目だってばぁ…」

のしかかってきたベスは腰をガンガンと激しく押しつけてくる。

振り返った夕美子の目に、信じられない光景が写った。

ベスの股間から、赤黒いペニスが飛び出していたのだ。

先端の亀頭部分は少し尖っていて、雁首が無い。

太さも人間のモノより細く、短く感じられた。

ただ、人間のペニスが皮に包まれた感じなら、犬のペニスは表皮を剥がされた内臓むき出しのように見える。

表面が赤黒く、何本もの細い血管が走っていた。

それが、股間の毛皮からニョキッと飛び出しているのだ。

ベスの愛らしさとは、ミスマッチだ。

夕美子は、ベスが何を求めているのかを一瞬で理解した…

(私の胎内に入りたい、私と交尾がしたいのだ)

「ダメ、ダメよっ!ベス…やめてっ!」

ベスは夕美子より小さいくせに、力が強い。

夕美子は、ベスに押され四つん這いになってしまった。

ベスがその上に覆い被さってくる。

夕美子は恥部を舐められた快感と、ベスに犯されようとしている恐怖に身がすくんでしまう。

のしかかったベスは激しく凶悪なペニスを打ち付けてくる。

何度も何度も、夕美子の割れ目にベスのペニスが押しつけられる。

ベスは滅茶苦茶に腰を動かしているので、入るはずがない。

「いや、やめて…ベス、どきなさい…」

(ベスは好きだけど、犬と交尾するのは人間として許されない)

一瞬、ベスのペニスが膣口に刺さった。

「いやっ…やだあぁっ…」

ベスの腰の動きが激しさを増す。

万一、偶然にも入れられたら、一気に奥まで届いてしまうかもしれない。

夕美子は逃げようと腰を振った…しかし、それがいけなかった。

ズリュリュリュ…と、ベスのペニスが夕美子の胎内に入ってきた。

「ああああ…んっ、いやあぁんっ!」

夕美子がお尻を捩った角度が、偶然一致してしまったようだ。

抵抗しているのに奥までスムーズに入ってきた。

ベスの舌で舐められ、濡れていたからだろう。

ベスは一度侵入したペニスを二度と外さないように、いっそう激しく腰を打ち付けてくる。

「はあああっ、あっ、あぁん!」

今まで経験したこともないすごく速い動きだ。

「ベスやめて…抜いて…いやっ」

夕美子の気持ちではまだ逃げ出したいのだが、ベスのペニスが膣壁を擦る度に快感が増していく。

嫌悪感より、快楽が勝ってしまう…とても正気ではいられない。

「あ…あぁっ…あぁっ?!」

夕美子の胎内で、ベスのペニスが膨らんでいく感じがする。

さっき見たときは、人間の男より細かったはずなのに、今は間違いなく膨らんでそれを越えている。

「あああっ…すごいっ…すごっくイイのぉ…ああああああああっ!」

四つん這いの体勢を支える切れなくなってきた。

夕美子は上体を床に投げ出し、お尻が高く突き上げる状態になっていた。

(私…私、犬とSEXしている…なんで、なんでこうなっちゃたのぉ…)

「いいっ、ベス!…もっと、もっとぉぉぉ…」

ベスのペニスが、夕美子の胎内で子宮口を突いているのがわかる。

今まで子宮口にペニスが当たるなど経験したことが無い。

今まで感じたことが無い快感が私の胎内からこみ上げてくる。

「ああぁんっ…あっ!…あっ!…あっ!あぁっ!ぁん…んん???」

ベスの動きがだんだん小さくなってきて、ゆっくりと腰を押しつけてくる。

何か大きなモノが、夕美子のの膣口を押し広げて入ってこようとしている…

「ん…うぅっ…んんっ!…ぐうぅ…あああっ!」

大きな塊が、無理やり胎内に侵入してきた。

膣口が裂けそうなくらい広げられる。

「痛いっ!ベス、痛いっ!やめてっ!!」

夕美子は悲鳴を上げていた。

しかし、言葉の通じないベスに理解される訳がない。

ベスは一気にその大きな塊を、夕美子の胎内に押し込んでいった。

「ひっ!ひゃああああっ!!」

膣内に収まってしまうと、すごく楽になった。

(ふうぅ…なんだったのかしら、いまの…)

痛みが急速に失われるのと同時に、今度は激しい快感が伝わってきた。

胎内に納められた塊が膣口内部でとどまり、内部から膣壁をグリグリッと擦ってくる。

「うあぁ…ああぁ…ベス…」

ベスがわずかに動くだけでも快感が走る。

「…あっ…」

夕美子は大きな塊の正体を思い出した。

犬のペニスの根元にある瘤、陰茎球だ。

犬は、交尾のときペニスが抜け落ちないようにするために、根元の瘤が膨らみ栓のようになる。

それによって途中で抜けたり、精子が流れ落ちないようにするのだった。

(…ということは、もうしばらく抜けないってこと??…)

ベスの動きが緩慢になった。

ピク…ピク…ピクピク…痙攣のような動きになった。

ベスがピクピクする度に、夕美子は悲鳴を上げる。

「ああぁっ!…あっ!…あぁぁぁぁっ!…あぁぁっ!!」

突然ベスが、ペニスを夕美子の中に埋め込んだまま、くるっと向きをかえた。

夕美子のお尻と、ベスのお尻が向き合った状態になると、ベスのペニスがまた膨らんだ。

夕美子の中で限界にまで広げられていた膣がさらに広げられる。

「なにっ!?…ベスのオチン○ン…また、大きくなってるぅぅぅぅッ…」

限界にまで膨れ上がったベスのペニスの瘤が、夕美子のGスポットを刺激し続けている。

(ああっ…こんなの初めて…犬のオチン○ンって…すごすぎる…)

夕美子はベスとつながったまま、身動きできなくなった。

(ああ…誰か帰ってきたらどうしよう…でも気持ちよすぎる…ああ、どうすればいいのぉぉぉ)

ベスは体を大きく震わせると、ビュビュッ…ビュッ…と、熱い液体を夕美子の胎内に吐き出し始めた。

(ああっ…ベスに、ベスに射精されてるぅぅ…ああああっ!)

犬の精液はおしっこのように勢いよく、何度も何度も夕美子の子宮にあたる。

「うああッ…すごい…いっぱい入ってくるぅ…あああああああ!!」

ベスのペニスから精子を放たれる度に、夕美子は喘ぎ声を発してしまう。

続けざまに犬の精を放たれ、夕美子は涎を垂れ流し、歓喜に震えていた。



ベスは夕美子の胎内に2回射精していたが、全く小さくなる様子が無い。

夕美子の頭の中は真っ白になり、もう何も考えられなくなっていた。

ベスは、はぁはぁと舌を出している。

夕美子は一生このまま何じゃないかと思ってしまう。

胎内に残留する犬のペニスに、何度も、何度もイカされてしまっていた。

射精の度に、ピクピク動くペニスに…夕美子は永遠に続く快感に気が狂いそうになっていた。



…ベスは私とつながったまま動き出した。

「ああ、ダメ、引っ張らないで…ベス、やめてっ!!」

夕美子の膣内ではベスのペニスが膨らんだまま、勢いを無くしていないため瘤が栓になって抜けない。

ベスに逆らうと、膣口が裂けてしまいそうになるので、夕美子はベスについて動くしかなかった。

夕美子はベスに従うしかない、この状態では主従が逆転してしまっていた。

しかし、夕美子は屈辱を感じることすら無いくらい、何も考えられないでいた。



…ベスがピクピクと震え、3回目の射精が始まった。

「ああ…またなの…もうお腹が持たないわぁ…」

犬の精子は人間の体温より高い為、すごく熱く感じられる。

夕美子の膣内は、ベスのペニスで拡張され、さらに逃げ場の無い大量の精液で広げられていた。

陰茎球で栓をされ、子宮の隅々まで行き届いた犬の精子はどんどん夕美子の胎内に蓄積されていく。



…4回目の射精。

今まで感じたことがない快感が続く。

夕美子は不安を感じていた…人間の男のSEXで満足できるのだろうか。

この快感を求めて、ベスから離れられなくなるのではないだろうか…と。

涙と、涎と、鼻水まみれのひどい顔…

「あはぁ、あああっ…すごい…ベスのオチン○ンで…いっぱい…」

全身は痙攣して震えている…

「いっぱい…いっぱい…熱いのがいっぱいなのぉぉぉ…」



最初に挿入されて一時間ほど経過した頃、やっとベスのペニスは収縮をはじめた。

根元の瘤が小さくなっていき、膣口から、犬の精液がチョロチョロと流れ出し始める。

ズルズルッ…

ベスのペニスが夕美子の膣から抜け落ちた。

ブシャ─────ッ!!

夕美子の胎内からベスの透明な精液が一気に吐き出され、床に垂れ落ちた。

それを見ながら、夕美子の意識は遠のいていった…



…次に目覚めたとき、ベスが夕美子の全身を舐めていた。

夕美子はベスの小さくなったが、まだ突起しているのを見つけた。

(これが…あんなに私を気持ちよくしてくれたのね…)

夕美子は、グロテスクな形容のベスのペニスが愛おしくなった…

疲れ果てた体を起こすと、ベスのペニスに口を付ける。

舌を出して舐め、口に頬張って汚れを舐め取る。

犬の精液と自分の愛液…夕美子は美味しそうに全てを舐め取っていった。





END


告白体験談関連タグ

|||

【マニアック】愛犬〜秘密の交尾 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:マニアックな告白体験談

このページの先頭へ