相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】こだわり一品の巻 【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


俺はセンズリの時は必ず六尺を締めてやる。

そのまま発射するから六尺には雄汁がたっぷり染み込む。

それを一回も洗濯しないからチンポが当たる部分は変色し茶ばんで、

臭いもすげぇ雄臭くなっている。

昨夜もその六尺締めてセンズリした。

臭いが逃げないように六尺は密封ケースの中に仕舞ってあり、六尺二丁が生乾き状態で、

蓋を開けただけでムワッと雄臭え臭い立ち昇ってきて俺の性欲を刺激する。

全裸になって素早く六尺を締める。縦褌がケツにギュッと食い込むほどきつく締める。

六尺一丁の姿を全身鏡に映して眺める。週4でトレして日焼けマシンで焼き込んでる

ゴツクて浅黒い肉体が我ながら雄欲をそそる。

既に前袋の中では痛いほどチンポが勃起して盛り上がり先走りの染みがひろがっている。

俺はいろいろポージングして己の肉体美を観賞する。

雄臭ぇ。たまんねぇぜ。

俺は前袋ごとチンポを揉みしだく。

うぉっ!いいぜ。




長く楽しむために発射しそうになると手の動きを止める。

俺は交互に使ってるもう一丁の生乾きの六尺を顔に押し当て臭いを嗅ぐ。

臭ぇ臭ぇ。ギンギンのチンポからさらに先走りが溢れる。

こうやってじっくり楽しみながらいよいよ発射の時が来る。

褌マッチョ野郎!雄臭えぜぇー!と叫びながら六尺に中出しする。

六尺はドロドロベトベトになり部屋中に雄臭が漂う。

六尺を解いてすぐ密封ケースに仕舞う。今夜もまた世話になるぜ。よろしくな。





出典:痛(。・_・。)風

リンク:男の人のこだわりってかゎぃぃね(*^o^*)


告白体験談関連タグ

||

【ゲイ・ホモ】こだわり一品の巻 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月2日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ