相互リンク先の更新情報!

【看護婦】中国の医学論文を翻訳してみた。 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


陰部剃毛によって起こる勃起とその対策



雷玉珠(攀枝花市第二人民病院外科2科)



ResearchontheEffectofPsychologicalGuidanceonPenisErectionCausedbySkinPreparationofPerinealRegion‖LeiYuzhu



概要:



 二百人の陰部剃毛が必要な男性患者を100組ずつ二組に分け、観察する。A組の患者には剃毛が必要な理由を説明後直ちに剃毛を開始する。B組にも同様にするが、剃毛中、患者とコミュニケーションを取る。両組は同じ看護師が取り組み、患者の勃起状況を観察する。結果、A組の勃起発生率が明らかにB組を上回った。(x2=9.63,P<0.01)。陰部剃毛中、患者の注意をそらすことが勃起を押さえることは明らかである。



  中国図書分類:R749.055  文献標準:B  文章編集号:10014152(2004)22006501





 女性看護師が男性患者の剃毛中、患者が勃起することは臨床成人科においては頻繁に起こる問題である。それは患者および看護師を気恥ずかしい雰囲気にさせ、双方の心理ストレスを増加させ、ひいては看護操作を中断させることにも繋がる。陰部剃毛における勃起の発生を減少させるために、我々は比較研究を行い、以下、報告する。






1.資料および方法



1.1一般資料

 2003年9月〜2004年4月の期間中、この外科で入院、陰部剃毛を行う必要のある男性患者が200人、年齢16〜60歳、平均41.2歳。その内、腹部疥癬50名、前立腺肥大20名、虫垂炎102名、痔28名。学歴:大学以上40名、専門学校46名、高校24名、中学以下90名。

 患者選出条件:年齢が思春期以降で性機能(勃起)が正常であること、つまり感覚が正常に機能し、心理障害が無く、剃毛時、患者の疼痛が中度以下であること。

 あらかじめ200名の患者をA組、B組の各100名に分け、両組の年齢、文化程度は差異のないようにした。



1.2方法



1.2.1

 操作方法:全ての患者の剃毛は一名の熟練且つコミュニケーション能力に秀でた看護師が行う。勃起とは陰茎が大きく且つ硬くなり腹壁との角度が>0度(単純に陰茎が大きくなるのは入れない)を定義とする。剃毛前、準備と環境配慮を完璧にし、患者に対して剃毛の目的を説明後、A組は直ちに剃毛に入る。B組は剃毛中患者が興味ある話題に関心を払い、コミュニケーションに努め、注意をそらす。両組の剃毛過程における勃起状況を観察する。両組剃毛平均時間8.8min。操作時間を比較して、大きな差異はなかった。



1.2.2統計学的方法:x2検査を採用



2.結果



 A組:陰部剃毛中勃起発生率45例(45%)、8例の射精現象(20歳以下の患者)、

 B組:勃起発生率16例(16%)、射精現象は認められなかった。

両組を比較して、x2=9.63,P<0.01、B組の勃起発生率はA組を著しく下回った。



3.結論



 性欲はある一定の条件下において対象に刺激され性的興奮を惹起せしめる。大脳皮質の性機能中枢を通じて意識制御し、且つ、腰部脊椎内の勃起中枢が抑制および興奮作用する。



 剃毛時、陰部への接触が患者の性的興奮をよび、勃起を発生させ、ひいては射精にまで及ぶことは一般に散見される現象ではあるが、それは患者と看護師双方の気まずさと緊張をよぶ。現在、臨床の現場において、ある病院は男性医師および男性看護師がこれらの操作を行うが、しかし、この操作に長じていない、あるいは重視されていないことから、剃毛が完全でない、あるいは皮膚を傷つけるといったことが起こり、治療に影響を及ぼしている。現段階、我が国の看護体制中、女性看護師が大多数を占め、よって、必要な要員を確保することはよりよい解決方法である。

 陰部剃毛における勃起原因は複数の要素がからんでいる。例えば、患者自身の心理抑制、看護師の性別、言動、技術熟練度、時間および陰茎への反復接触具合などである。この研究過程において、全ての病例において同一の看護師が操作を行い、比較性を高めている。

 結果、A組の勃起発生率が著しくB組を上回った。(P<0.01)。これは陰部剃毛中に看護師が極力患者の興味ある話題でコミュニケーションをとり、患者の注意をそらすことが勃起の発生を著しく減少させることを意味している。

 特に、未婚の患者は陰茎が高度に敏感であり、操作過程中、熟練が要求される。努めて陰茎への接触及び過度の摩擦をさけ、軽く柔らかい指使いは厳禁である。観察のため、包皮を反転させ亀頭を出させる。若い患者の陰茎が高度に勃起している時、亀頭が赤紫色を呈し、且つ、前立腺液が尿道口へ流出している際、一方の手で適度な力で陰茎の根元を圧迫し、且つ、患者の足元方向へ陰茎を引っ張ると射精を発生を防止できる。しかし、まさに患者の陰茎が律動収縮を開始し始めたのを確認したのなら、既に射精は不可避であるため、すなわち、陰茎を軽く摩擦し、柔らかくマッサージしてやることが必要である。これをもって精液の流れを阻むことなく、順当に全ての精液を排出せしめ、以降の前立腺炎、性機能障害の発生を阻む。決して患者を責めてはならない。

 陰部剃毛という特殊な治療環境下において、短時間内に看護操作を終え、看護の順調な完成を見るには、勃起と患者の性的興奮を減少させることが必要であり、それが双方の気まずい雰囲気及び心理ストレスを減少させる。看護師は操作前、努めて患者とのコミュニケーションを図り、話題を見つける(例えば、麻酔医師の状況、手術に要する時間、手術担当医の成功例、術後の回復状況など)。

 このようにすることが患者の緊張をほぐし、且つ不適当な想像の余地をなくし、勃起の発生を著しく低下させる。新しい看護理念に基づき、患者へ人間的なサービスを提供し、同時に看護師自身のストレスを解放する。同様な原則は性機能が正常な成人に対する陰部への各種検査、導尿、尿道口看護などにもあてはまる。



(本文は孫菊元主治医の指導を受け、ここに謝意を表す。)



参考文献:[1] 呈在.外科学[M].第5版.北京:人民衛生出版社,2000.7872788.

    

作者:雷玉珠(1983生),女,看護師



出典:中国医学論文サイト

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||

【看護婦】中国の医学論文を翻訳してみた。 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ