相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】アキと中年男M 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


28歳のリーマンです。

1年くらい前に、友人の結婚式で2歳年下のアキって子と知り合いました。



この子、真鍋かをりに雰囲気が似てておれ的にど真ん中だった。

さっそくメアドを交換して猛烈にアタックした。

その甲斐あって、何度目かの飲みの時に初エッチにまで持ち込んだ。



アキは細身で巨乳じゃないけど、胸の形は抜群だったし、感度もよかった。

セックスの相性も良かったと思う。



だけど、おれと付き合う気はないらしい。

どうも会社の上司と不倫関係にあるらしく、

おれに抱かれたのは「寂しかったからなんとなく」みたいな感じだったとか。



まあこの体は惜しいし、今後どう転ぶかも分からない。




というわけで、おれはしばらく様子を見る事にした。



半年も過ぎると、アキとはHありの女友達みたいな関係になった。

もっとも毎回やれるわけじゃなく、ホテルに入るまでの主導権は完全にアキ側にあった。

まあおれ的には、そこに至るまでの駆け引きが面白かったりもするんだけど。



ある日、久々にアキと飲む約束をした。

結構ご無沙汰だったので、やる気満々で飲み屋に向かった。

珍しく急ピッチで酒を飲むアキを見て、「今日はできるな」と思った。



この店を出た後、近くのダーツバーに入った。

(ここで終電まで時間を潰せば確定でしょ)

なんて思いながら、二人でダーツをやりつつ水割りなんかを飲んでいた。

すると、カウンターの隅で飲んでいたおやじが



「ダーツうまいねぇ」



と話しかけてきた。正直ウゼーと思ったが、



「一緒にやりましょー」



とアキが言い始めた。

アキは人見知りをするほうなんだけど、酔いがまわってテンションが高くなっていた。

というわけでなぜか3人でダーツをやる事に。

それも一通り終わると3人で適当に雑談なんかしてた。



このおやじ(Mとしとく)、ハゲてるし小デブだしで外見はまったくいい所がない。

だけど愛嬌があるというか人懐っこいというか、なんか憎めない。

話は思いのほか盛り上がった。



でもそろそろ出ないとラブホが満室に・・・と思ってる矢先、

すっかり意気投合したアキとMは



「おし、カラオケいこー。おじちゃんおごっちゃう!」



「おおー、いこーいこー」



なんて言ってた。

まじかよ・・・と思いつつ、主導権を持たないおれは泣々カラオケ屋に行く事になった。





で、カラオケ屋に到着。

結構歩いたのと酔いで、おれとアキはちょっとぐったりしてた。

結局Mが2〜3曲が歌った後、3人でまったり酒を飲んでいた。

と、Mが思い出したように



「アキちゃんってすごい美人だよね〜」と言ってきた。



「いえいえ、そんな事ないですよー」



「いや!アキちゃんみたいな美人見たことないよ」



「えー、誰にでも言ってるんじゃないですかー?」



アキもまんざらじゃない様子。

でもまさかこんなおやじに・・・と思った時、

こいつが上司と不倫してる事を思い出した。



そこでおれは、Mがトイレに行った時に聞いた。



「アキ、もしかしてあーいうおやじ、好きなん?」



「ん?なに、妬いてる?もしかして」



「いや、妬いてるっつーかさ、ねえ?」



「んー・・・、別に嫌いじゃないかも。」



なんかこれを聞いた時、確かに嫉妬とかもあったんだけど、

Mと上司をだぶらせて、Mに抱かれてるアキを想像してムラムラっときた。

そうこうする内にMが「ただいまー」とトイレから帰ってきた。

おれはちょっとアキに意地悪をしてやろうと思い



「こいつ、結構Mさんの事好みらしいですよ」



と言った。特に深い意味はなかった。



「え?ないないない!それはないよ〜」



顔をくしゃくしゃにして照れるM。

最初こそ「なに言ってんのよー」なんて非難するアキだったが、



「あ、でもMさん話が面白いしモテルと思いますよ」



「というか、うん、全然悪くないですー」



と結構ノリノリ。

なんとなく面白くないおれは、もっと意地悪をしたくなってアキの耳元で言った。



「ちょっとサービスしてやれよ」



「え?なにを?」



「なあ、ブラ取れよ」



「はあ?」



「服着たまんまだしさ、ブラ取るくらい余裕じゃん」



おれはアキの返事を待たずに言った。



「えー、これからアキがノーブラになります。」



一瞬の間をおいて「おぉ〜〜」とMが拍手をした。



アキは「まじで言ってんの?」と聞き返しながらも、



「ブラぐらい大丈夫だって」



と言うおれの言葉に「ホントかよ」と口を尖らせながら、

しばらくもぞもぞした後、本当にブラをとった。



「えーと、はい、取りました。」



意外に平気そうだった。

厚めの服を着てるから、正直ノーブラだろうがなんだろうが外見からは分からない。



「うおー、すごい。すごいねこりゃ〜」



それでもMは興奮した様子で、真っ赤になったハゲ頭をペシペシと叩いた。

その姿がなんとも面白くておれ達は大笑いした。

これで緊張がとけたおれは、ふざけてアキの胸を揉んだ。



「だめだめ、だめだっての!」



と言いつつ、あまり抵抗してこない。

普段だったら人前でそんな事をしたら間違いなくキレる。

酔いの力もあったけど、Mの人柄によるところも大きかった。



「おお、すごいね。おいちゃん興奮しちゃうなー」



Mは手を叩いて喜んでいた。

変に興奮して調子に乗ったおれは



「アキ、Mさんにオッパイ見てもらおうぜ?」



と思わず言っていた。



「ありえないんだけど?」



即答するアキ。

そりゃそうだよな・・・と思いつつ、強引に服をたくし上げようとするおれ。

ここまで来たらアキの話なんか聞きません。オッパイ出す気満々でした。

(今考えるとホント異常なんですが、すごい興奮してました)



「いやいや、ちょっと待って。待って。」



意外にもMがおれの動きを制止した。



「えと、おいちゃんもアキちゃんの見たい。すごい見たい。」



「だけど、ここじゃ廊下から見えちゃうよ。まずいでしょ?」



確かにドアの小窓はスモークガラスになっていたけど、

その気になれば部屋の中は丸見えだったし、

時々とはいえ店員や他の客が廊下を歩いていた。



「だからさ、これはおいちゃんの提案と約束事なんだけど」



「まず、彼氏君の言う事をおいちゃん必ず守る。」



「それと、アキちゃんが嫌がるのならおいちゃん絶対見ないし何もしない。」



「・・・と言うのを前提にさ、もしよかったらなんだけど、場所、変えないかい?」



一気にMがまくしたてた。

おれ達は口を挟みこむ余地がなく、ただキョトンとして



「場所なんてある?・・・週末だし。」



とだけ聞き返していた。



「大丈夫。おいちゃんちだし」



Mは長期出張だかなんだかで、近くにウィークリーマンションを借りてると言っていた。

だが、今日知り合った人の家に行くのも・・・。

なんて考えてる間にも、テキパキと内線電話でカウンターと連絡をとり



「よかった。すぐタクシー来るって。」



と言いながら、荷物をまとめはじめた。



「あ、はい・・」



と、二人してMの後を着いて行った。

いつもならもっと警戒するはずなんだけど、

なんというかMの迫力?気迫?みたいなものに流されてた。



で、Mのマンションに到着。

中は普通の1DK。玄関からすぐにダイニングキッチンがあって、

そこを抜けると6畳くらいの部屋があった。

その部屋にはベットとテレビ、あとは座椅子くらいしかなくて、

一口で言うとビジネスホテルっぽい無機質な感じだった。



おれとアキはベットに座り、Mは床の座椅子に座った。

そして飲み物を片手に3人で適当に話をしてたが、それも長くは続かず無言に。



「・・・じゃあ、いい?」



Mが切り出してきた。

アキが一瞬うつむいた後「・・・まじっすか?」と小声でおれに言ってきた。



「まあ、見せるくらいだったらいいんじゃね?」



内心かなり興奮していたが、しらっとおれは答えた。



「んー、でも・・・・んー」



後からアキに聞いたんだけど、

ここに移動してる途中「ちょっとくらいならいいか」と覚悟はしてたらしい。

だが、アキはためらってなかなか行動にでなかった。

まあ覚悟してたとしても、かなりの勇気がいるはずだ。



でもそんな葛藤を知らないおれは、

じれったくなって「手伝うわ」とアキの後にまわった。

そして服を一気に上げた。大事な事を失念してたんだが、

アキはカラオケ屋でブラを取ったままだったので当然生乳。

というわけでいきなりブルンとアキのオッパイが飛び出した。



「う、恥ずかしいって!」



アキは服を降ろそうとしたが、逆にもっと服をあげてアキの顔を隠した。

服の下から「うわ!うわ!やばいって!やばいって!」とくぐもった声が聞こえたが、

しばらくもがいた後「うー、信じられん」と言って大人しくなった。

アキのオッパイは大きさこそ普通だけど、上を向いていて形もいいし、

乳首もピンク色で間違いなく美乳だと思う。

Mは無言でそのオッパイを凝視していた。



「もっと近くで見ていいっすよ」



とおれが言うと、Mが遠慮がちに近づいてきた。

そして「もっといいっすよ、もっといいっすよ」という言葉に従って、

アキの乳首スレスレまで顔を近づけた。



「こんなキレイなオッパイ、おいちゃんみた事ないよ」



Mは色んな角度から舐め回すように観察していた。



「や、ちょ・・あ!」



突然アキが声をあげた。



「どした?感じてるのか?」



「バカ・・・Mさんの息、当たってるんだけど・・・」



「あ、ごめん、ごめんな!」



Mはビクっとして離れ、部屋の隅で固まった。

おれは興奮しまくりで我慢できず、アキの上半身の服を全部脱がせると、

ベットに押し倒した。



「え?え?やだ、ちょっと、うそ?」



驚いて身を起こそうとするアキ。それを強引に押さえつけて、

両手でワシワシと乳房を揉みながら乳首を吸った。



「あ、ちょっとまじ、やば、いって!」



Mは相変わらず部屋の隅で固まっていた。

おれはもうアキを抱きたくて仕方なかった。



「お、お願い・・・見られちゃうのは・・・ちょっと・・・」



アキが言ってきた。

おれもこのオヤジと3Pする気なんかサラサラなかった。

さてどうすっかな・・・と思っていると、その雰囲気をさとったMは



「・・・あ、おいちゃん、ちょっと飲み物買ってくるよ」



と言いながらバタバタと外に出て行ってしまった。



「なんか悪いね・・・」



「ま、おまえのオッパイ見れたし、いいんじゃん?」



もうハァハァだったおれは、強引に会話を打ち切ると、

アキの残っている服を全部脱がした。



濡れやすいアキのアソコは予想通り大洪水だった。

そこに手を伸ばすとぐちゃぐちゃにかきまわしてやった。

アキは「あー、信じらんない・・・」と言いながら軽く腰を使い出した。

しばらくしておれはバックからゴムを取り出して付けると、アキに挿入した。



「なんか、すごいんだけど・・・」



アキはいつにも増して興奮しているようだった。締め付けもすごい。

おれはがんばって腰を動かした。



「あっあっ、うそ、・・・やば、・・・イク・・・かも」



アキは「信じられない」とおれを見た。こんなに早くアキがイクのは初めてだった。

おれはアキの腰を持ち上げてズンズン突きまくった。

しばらくすると



「あー、ダメダメ・・・イク・・・」



と、アキは体を震わせた後ぐったりした。

それを見届けた後、更に激しく動いておれも射精した。

こんなに気持ちがよかったセックスは久々だった。



終わった後、しばらく裸でぼーっとしていると、ガチャっとドアの開く音がした。



「えと・・・そっち・・いい?」



玄関からMの声が聞こえた。



「あ、ちょっと待ってください」



おれはアキに毛布をかけてやった。

アキはいつもそうなのだが、行為の後、しばらく動けなくなる。

おれはパンツだけはいて「どうぞー」と言った。

すぐにコンビニ袋をぶらさげたMが入ってきた。



「やあ・・・すごいねぇ・・・」



ベットに転がっているアキを見ながらMが言った。

毛布一枚なので体のラインがうっすら見える。



「いや、えーと、なんかすいませんね」



「いやいや、ほんとすごかったよ」



「アキちゃん・・・ほんとキレイだね・・・」



Mはアキをチラチラ見ながら物ほしそうに言った。

しばらくするとアキももぞもぞ動き出し



「あ・・・Mさん、おかえりなさい・・・」



と、毛布をたぐり寄せながらだるそうに上半身を起こした。



「あ、ううん、ううん、いいんだよ」



とMがウーロン茶を出してくる。

それを一口だけ飲むと、「なんか、ほんと、悪いよね・・・」とおれに言ってきた。

その後も「悪い悪い」を連発するアキ。

それを見て邪な考えが浮かんだ。



「・・・じゃあさ、Mさんにもうちょっとサービスしてあげれば?」



「え?」



「だからさ、サービスでもしてあげれば?って」



「あ、う、うん・・・」



「Mさん、何がいいっすか?」



Mは驚いたようなうれしいような、そんな顔をしながらアキに言った。



「それじゃ・・・もう一回、オッパイみせてくれる?」



しばらく考えた後、



「・・・ちょっとならいいですよ」



とアキはおれをチラチラ見ながら、ゆっくり毛布をさげてオッパイを出した。

Mはもうおれの言葉は待たずに、ベットにのぼると乳首スレスレまで顔を近づけた。

その様子はかなりエロかった。



「ん、うん・・・恥ずかしい・・・」



Mがジリジリと寄ってくるので、アキは壁に背中をあずけた。

もうMの口がアキの乳首に触れるか触れないかまでにせまっていた。

さっきまでの興奮が蘇ってきたおれは、



「アキ、ちょっとくらいなら、舐められてもいいだろ?」



と言った。



「ん・・・もう、なんでもいいよ・・・」



アキは思考が半分も働いてない様子で、投げやりに言った。

Mは一回おれをみると、アキの乳首にむしゃぶりついた。



「んん!」



アキが身を硬くした。

Mの頭がじゃまでよく見えないが、

ピチャピチャという音で、Mの舌がアキの乳首を責めているのがわかった。

気づくとMは両手でオッパイを揉んでいた。

その状態のまま、アキがズルズルとベットに押し倒された。

そしてMはアキに覆いかぶさると更にオッパイを執拗に責めた。

アキはしばらくすると



「あ、あ、う、あう・・・」



と声を出し始めていた。

おれが止めないのをいい事に、Mはアキの下半身に手を伸ばし始めた。

Mの手がアソコに触れた時「う!」とアキは体を硬くしたが、

その後はむしろ足を開いてMの愛撫を受け入れていた。

おれは(ここまで来たらアキはどこまで許すんだろう?)と

その一点のみしか頭になかった。



だが、Mは服を着たままだったし、そこから先に進まない。



「Mさん、とりあえず服脱いだら?」



おれは助け舟を出した。

Mは一瞬ぎょっとしておれを見た後、コクコクと頷き服を脱ぎ始めた。

アキはベットで息を荒くしながらぐったりしてた。



「アキ、ダメだったらちゃんとダメって言うんだぞ?」



「はぁ・・う、うん・・・」



アキは弱々しく頷いた。

完全に犯られちゃうなと思った。



Mは裸になると、アキに覆いかぶさった。

そしてアキの両手首を掴むと万歳をさせた。

自然とアキのオッパイがMに突き出されるよう形になった。

Mは乳首をチュパチュパ吸いながら、自分の太ももでアキの両足を割った。

それをアソコに密着させると、小刻みに動かし始めた。



「あー、あっあっあっ・・・」



Mの動きに合わせて、アキはまた声をだしはじめた。

本気モードのあえぎ声だった。

Mはアキの乳首をチューーっと強く吸い始めた。



「あう!あ・・・」



少々マゾッけのあるアキは、強い刺激に弱い。

それを知ってか知らずか、今度はグイグイと強くオッパイを揉み始めた。



「あっ、あっ、それ、いい・・よ・・・」



アキはMの頭を両腕で抱えた。

Mは乳首から口を離すとアキにキスをした。

最初はお互いにギコチなかったが、次第に舌を絡ませながら濃厚なキスになっていった。

時折アキは「う、ふぅ・・・」「・・・はぁ・・・」とため息をついていた。



今更だが、Mはハゲで小デブでさえない中年おやじだった。

正直その姿は醜い。

だが、アキはそのオヤジの下敷きになっていい様に責められていた。

そのあまりのエロさに、さっき射精したばかりのおれのチンコは完全に勃起していた。



Mはキスをやめるとアキの下半身に移動し、ぐいっと両足を開かせた。

Mの字に開かれたアキの両足の隙間から、Mのチンコが見えた。

中年の割には結構な角度で勃起していたし、大きさもおれと同じくらいだった。

アキは虚ろな目でぼーっと天井を見ていた。おれはMにポンとゴムを投げた。

Mはそれをいそいそと付けると、アキのアソコに押し付けた。



「アキちゃん、挿れるよ?」



「んー・・・」



アキはこちらを見た。

おれは「自分で決めな」と小声で言った。

Mはチンコの先でアキのアソコをいじくりながら



「アキちゃん、お願い!お願いだよ。」



「ちょっとだけでいいんだ、挿れさせてくれ」



と必死で懇願していた。

しばらく間があった後、



「・・・いいですよ」



とアキが頷いた。

間髪入れず、Mは正常位の形からズブリとアキに挿入した。



「うぅ!」



アキは背中を反らせた。

(うわ・・・、こんなオヤジに挿れられちゃってるわ・・・・)

おれは嫉妬というか興奮というか、なんかそういう黒いので胸がザワザワした。



Mはアキの腰を掴んでゆっくり出し入れしていた。

アキは歯を軽く食いしばって耐えていたが、

その歯の隙間から「ふっ、ふっ、ふっ」と息を洩らしていた。

Mはチンコを根元まで突き入れて動きを止めると、アキのオッパイを責め始めた。



「う、ぅ!」



と身をよじるアキ。

その後も執拗にオッパイを責められたアキは、ゆっくりと腰を使い始めた。

Mもその動きに合わせて腰を動かし始めた。

次第に激しくなっていって、終いにはビタンビタンと音を出すまでになっていた。

ここまでくるとアキはもう我慢せずに



「あっっ、あっあっ、いい・・・」



とあえぎ声を洩らしていた。

Mは茹でタコみたいに真っ赤になりながら必死で腰を動かしていた。



「あっあっ、んん!」



とアキが体を震わせてあっさりイッタ。

てっきりそのままMもイクと思ったが、ズルリとチンコを引き抜くと

アキをうつ伏せにさせた。

そしてグイっとアキの腰を持ち上げると足を開かせ、

チンコをピタリとアソコにあてがった。



「・・・え?え?うそでしょ」



Mはそれを無視してズブリと後から挿入した。



「あー!」とアキは声をあげた。



Mは構わずパン!パン!と音をたてながら突き入れていた。



「無理!無理!イッタ・・! ばっか・・・!りっ・・!」



「あ!ダメ!・・・ほんと!ダメ・・・だ、って!」



アキは最初こそ抵抗していたが、しばらくすると



「お願い、早く・・済ませて・・・」



と静かになっていった。

すると突然、Mはアキの肩口に噛み付いた。



「あ!う!」



とアキはビクンと跳ねた。

そのままじゅるじゅると吸い付くM。



「あっ、うぅ・・・」



Mが噛み付くのをやめると、アキはガクンと崩れ落ちた。

噛み付いた所はうっすらと赤くなっていて、軽く歯型がついていた。



「もう・・・無理・・・。早く・・・」



アキが息も絶え絶えに言うと、Mは腰を掴みガシガシ動き始めた。

アキは突かれるたんびに「あう!あう!あう!」と悲鳴をあげた。

Mは容赦なしにパン!パン!パン!とラストスパートをかけた。

アキは糸が切れた人形みたいに首をガクガクさせていた。

そして最後にMは、自分の腰をアキの尻に密着させてビクビクと射精した。



終わった後、重なったまま二人で崩れ落ちた。

そのまましばらく二人は息を荒くしていたが、Mはチンコを挿れたまま、

またアキのオッパイを揉み始めた。



「Mさん、そこまでね」



とおれは言った。

Mはびっくりしたようにアキから離れると



「あ、ごめんごめん。シャワー浴びてくるね」



と部屋を出て行った。



アキは汗だくになってベットに転がっていた。

(こいつ、あのおやじにイカされたんだな・・・)

と思うとすぐにでもアキを抱きたかったが、さすがにこの状態じゃ無理だなと思い、

毛布をかけてやった。



しばらくするとMが風呂からあがってきて「もう寝ようか」と灯りを消した。

Mは床の座椅子で、おれとアキはベットで寝る事にした。

クタクタになっていたおれはかなり深く眠った。



・・・何時間寝たか分からないが、変な?雰囲気に目がさめた。

外は明るくなっていた。そして、横を見るとアキがいなかった。

ぎょっとして床を見ると、座椅子ごとMがいなかった。

まさか・・・と思ったら、ドアの隙間から物音がした。

おれはそーっと近づいて覗いた。

すると、伸ばした座椅子の上でアキがMに犯されていた。



「コラおっさん」



おれはMの背中をバシっと叩いた。



「ひゃっ!」



Mはビクンと身を起こした。



「調子のってない?まじ怒るけど」



「ごめん!本当にごめん!」



Mは真っ青にになって謝ってきた。

するとアキが



「一応同意の上だったし・・・これが最後だから許してやって」



と言いながらシャワーを浴びに行った。

おれは納得がいかなかったが、あんまりに恐縮するMの姿と、

アキがそう言うのならと許してやった。

もちろん生だったり無理やりだったりしたら承知しなかったと思う。



アキがシャワーを浴び終わると、おれ達はMの家を後にした。

その後一切Mとは会っていない(連絡先も教えなかったし)。





出典:■復活板■妻・彼女を他の男に抱かせてPART9


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【泥酔状態】アキと中年男M 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ