相互リンク先の更新情報!

【職場】続・営業部の奈穂子ちゃん 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


奈穂子ちゃんが、またまたやってくれました。

今回は、今までの『それとなぁく』と違って、少し進展じみた事もありました。



金曜日の午後、気分はそろそろ週末の休暇モードに入ろうかという頃です。

俺の机の電話が鳴りました。

『こんな時間から、厄介な用件でなければいいが…』



電話は奈穂子ちゃんからでした。

「あのぉ…今、少しお話しする時間ありますか?お願いしたいことがあって…」

すごく言いにくそうに、媚びるような、甘えるような話し方です。

何か厄介な話に違いない…



渋々話を聞いてみると、今回のはどうも奈穂子ちゃん自身がミスをしてしまい、助けてほしいとのこと。

シッカリ者の奈穂子ちゃんには珍しい凡ミスのようです。






普通に考えれば、奈穂子ちゎんの上司から関係部署に会議招集がかかって、皆で善後策を…とすべきところです。

けれど、そんなことになると、おそらく奈穂子ちゃんは方々から叱られて、土日は出勤して…等となりかねません。

とにかく、今から説明にイクので、話を聞いてほしいとのこと。

電話の声を聞いていると、可哀想になってきて

「わかった。できるだけ協力しよう。」

と言ってしまいました。



奈穂子ちゃんはそれからすぐに資料を持ってきました。

いつものように、俺のとなりにしゃがんで、説明をはじめました。

俺を見上げる目が、少し潤んでいます。

膝の向きは俺の方から少しそれていて、それでも太股のかなり奥のほうまで見えてしまって、せつない感じです。

しゃがむ姿勢がツライのか、時々脚を組み変えるので、その度にスカートの奥の白いものがチラリと見えてしまいます。



たまたま隣の席が不在で空いていたので、座るように勧めたのですが

「いえ、だいじょうぶですから。」

と、遠慮しています。

まあ、俺はその方がいいのですが。



結局、話をあまり大袈裟にせずに、何とか内々で処理できそうだという事になりました。

ただ、そのためには社内のキーマンの何人かに、俺が頭をさげる事になります。

また、今日はかなり残業しないと、こなせそうにありません。

ついつい不機嫌になる俺を、訴えるような、媚びるような目で見つめてきます。



俺の机の上に広げた資料を、奈穂子ちゃんと二人で覗きこんで、あれこれと検討し始めました。

奈穂子ちゃんは俺の斜め後ろに立って、資料を覗きこんでいます。

時々、俺の左肩にふにゃっとした柔らかい感触が…。

な、奈穂子ちゃんのおっぱい…Dカップ?いや、Eはあるかも…があたってる?!

気付いていないの?

まさか、わざとやってるなんてことはないよな…。



後は社内数ヶ所を走り回り、あちこちで謝り倒して、根回し完了。

以下、細かい仕事の内容は省略。

ただ、その日の終業時間までに、自分で倉庫(車で1時間近くかかる)まで商品を取りに行く必要があります。



ところが奈穂子ちゃんは、免許は持っているものの、慣れない会社の車の運転は無理とのこと。

他に頼める人がいるはずもなく、俺が運転して行くことになりました。



結局、終業時間にかなり遅れて倉庫に到着。

倉庫の担当者から

「今日は早く帰りたかったのに、足留めされた…」

とさんざんイヤミを言われ、ひたすら頭を下げる俺。



と、途中から相手の口調が変わってきました。

おーぃ倉庫番、なんか、目が泳いでませんか?

まさか…



俺の隣で、奈穂子ちゃんも一緒に頭を下げています。

倉庫番氏の目は、そんな奈穂子ちゃんの胸元あたりをウロウロ。



おいおい、制服のいちばん上のボタン、外れてません?

あの位置からだと、当然ブラチラ。

倉庫番氏のイヤミもだんだんトーンダウン。

奈穂子ちゃん、まさか、わざとやってるんじゃないよね?



程なく商品を受け取り、車に戻りました。

俺はどうしても気になり、つい、言ってしまいました。

「あれ?ボタン、外れてるよ…倉庫の人、途中から、なんか親切になってきたね。なんでかなぁ?」

奈穂子ちゃん、俯いて泣きそうな声で

「だって、私のせいで〇〇さん(俺)謝ってばっかりで、申し訳なくって。」

…って、オイ!いきなり肯定するのかっ?俺はまだ何も言ってないぞ!



ともかく、奈穂子ちゃんと2人がかりで荷物を車の荷室に積み込みます。

『へ?まだ、ボタンはずしたままなの?』

俺から荷物を受けとろうと、前屈みになった奈穂子ちゃんの胸元、ブラはもちろん、谷間からおヘソのあたりまで見通せます。



ボリュームのある、柔らかそうなおっぱいが、揺れています。

荷物を渡す時、わざと受け取りにくく、奈穂子ちゃんがバランスを崩すようにしむけてみたり…。



奈穂子ちゃん、荷室で4つん這いになって荷物の整理を始めました。

車の後ろに回ってみると…

おーぃ、タイトミニでそんなカッコしたらダメだよ。



お尻から大事な所にかけて、無防備全開!

白いパンティのレース模様とかパンストの縫い目とか、すごくエロい。



いつものように、しゃがんで俺を見上げる奈穂子ちゃんも『萌え』だけど、こちらもイイ。



荷物を積み終わって車に乗り込みました。

助手席の奈穂子ちゃん、タイトミニからのびたムチムチの太股が、またエロい。



やばっ。

太股を見てるのを気付かれてしまいました。

奈穂子ちゃん、スカートの裾をひっぱりながら、

「もぅ、どこ見てるんですかぁ。」

その口調は、嫌がってはいないようです。



仕事がうまく行きそうな目処が見えて来て、俺に対しても軽口が言えるようになってきました。



「あーっ、やだぁ。」

「ん?どしたの?」

さっき4つん這いになった時に擦れたのか、パンストの膝のあたりが破れています。

「これ、なんかみっともないですよねぇ。」

「う〜ん、でも、なんか、ちょっとエロくていいねぇ。」

つい、セクハラおやじっぽい軽口が出てしまいました。

怒らないよね?

「もーっ、それってセクハラですよー!」

うん、これならだいじょうぶみたいだ。



後は会社に戻って、商品の照合と伝票の準備。

「最後までつきあうよ。2人でやれば、2時間もあれば終わるだろう。」



会社に帰り着いたのはもう8時。荷物を車から下ろして、内容を照合しながら出荷品用の倉庫へ。



さっきと同じく、荷室の奈穂子ちゃんのワンワンスタイルを観賞していると、急に振り向いた奈穂子ちゃん、

「もぅ、なに見てるんですかぁ!やらしいなぁ。」



しかし、次の台詞で救われました。



「けど…いいです。今日は〇〇さんには、いっぱい助けてもらいましたから。」

奈穂子ちゃん、真っ赤な顔で俯いて、

「それに、〇〇さんにはいつも見られちゃってますし。」

知ってたのね、やっぱり…



それに、これってOKサイン?

誰もいないし、今、ここで…

スイッチ入りそうになるのを必死で抑えました。

やっぱり、会社の中でなんてマズいっしょ。



奈穂子ちゃんとは、今後も一緒に仕事をしていくわけだし。

今までよりも少し親密になって、付かず離れずでいられたらいい、と思いました。



で、その後の展開。



「やっぱ、しってたんだ。もしかして、わざとやってた…なんてこと、ある?」

「え〜、初めはちがいますよぉ。でも〇〇さん、いつも助けてくれるし、チラチラ見てるのに気がついて、そのほうがいいのかなって…」

「そ、そうなんだ?…これからもよろしく…」

「…もぅ、やぁだ…恥ずかしいんだから…」

「それより、俺以外…倉庫番なんかにサービスすることないし…目ぇつむって頭下げてりゃいいんだから。」



この後は、お互いに気まずくなるのを恐れるかのように、必要以上にハイテンションで仕事をしました。





結局、すべて終わったのは、11時過ぎでした。

応接ロビーで自販機のコーヒーを飲みながら、少し休憩しました。



向かい合わせにソファに座った奈穂子ちゃん、少し脚が開きぎみ…

さっきの会話もあるし、もぅ、確信犯だね。

チラチラ見ているのを、奈穂子ちゃんは知らん顔してくれてます。

俺はソファに身を沈めて…よく見えるように…



しばらくして、

「ごめんなさい、もう、いい?」

真っ赤になって俯いてます。

「あ、ごめん。俺、調子に乗り過ぎたね。『これからもよろしく』なんて冗談だからね。」



その後は何ごともなく、奈穂子ちゃんを車で家まで送って帰りました。



(もっと過激な展開を期待してた方、すみません。ヘタレでした。)







出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||

【職場】続・営業部の奈穂子ちゃん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月3日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ