相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】ナンパに失敗したその後に・・・ 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


今から10数年前の話。

おれが大学2年生だった夏の事、バイト仲間の健から



「海にナンパ行かね?」



と誘われた。

ナンパなんかうまくいくとも思えなかったが、健は彼女と別れたばかりだったし、

おれは面白半分、付き合い半分で行く事にした。



貧乏だった当時、その金をどうやって捻出したかは覚えていない。

とにかく健と一泊の予定で海に向かった。



「おめーと二人で夜を過ごすのは洒落になんねーな」



おれ達は笑いあっていたが、いざ浜辺につくと凍りついた。






人がいねぇ。



いや、いるにはいるが、ほぼ家族連れ。

言ってみればファミリービーチだったわけだ。



成せば成る。

昔の偉い人も言ってたし、おれ達なりにがんばってみた。

余裕で全敗だった。



特に最後に声をかけた娘には彼氏がいて、



「なになに、おれの女に何か用?」



なんて凄まれてしまった。



それでおれ達意気消沈。

まだ陽も高いうちから宿に退散した。

これがまたしょぼい宿だった。

描写するのもだるいんで、一口に言うとくたびれた民宿です。



「せ、せっかくだから・・・」



おれ達は酒を飲む事にした。が、民宿の自販機は高い。

というわけで近くの酒屋に向かった。



「今日はあれだ、飲み明かそうぜ!」



無理やり盛り上がってみたものの、酒屋がまた遠かった。

しかも帰りは酒が重い。

宿に着いた頃にはお互いクタクタだった。



「か、乾杯・・・」



おれはビールを一缶だけ飲み干すと大の字に伸びた。



「おい」



その時、健がおれをゆすった。



「何よ?」



「となりだよ、となり」



そういうと健は壁に耳をつけた。おれもだまってそれに習う。

すると、人の気配とともにはしゃぐ声が聞こえた。

女の声だった。



おれたちは部屋の中央に戻ると興奮しながら話し合った。



「女だな。」 「だな。」



「二人っぽくね?」 「ぽいね。」



「男の声は?」 「しなかった。」



だが、ここで先ほどの忌まわしき記憶が蘇った。



「他の部屋にさ、男がいるとかあり?」



「・・・ありだな。」



事は慎重に運ばねばならぬ。

この一点でおれと健は限りなくシンクロしていた。



「まず、男がいるかどうかの確認。これが必須。」



確かめるのは簡単だった。

この民宿は、客が食堂に集まって一緒に夕食をとる事になっていたからだ。



「いなかった場合、行動に出るよ。」



「なんて?」



「んー、一緒に飲まない?とか?」



まんまじゃんと思いつつもこれ以上の案が出るわけもなく、

結局それで行く事に決まった。



そして夕食の時間がきた。

おれたちは一番乗りだった。誰もいない。



「あせりすぎだろバカ」



「うるせーよボケ」



そんなやり取りをしていると、徐々に宿泊客が食堂に集まってきた。

カップルらしき二人連れは1組だけで、あとは全員家族連れだった。

まあ安宿なんで、若いのは無理してでもいい所に泊まるのだろう。



そして、お目当ての二人は最後の登場だった。



おれ達は出された物をほぼ食べ尽くしていたため、

お茶を限りなくゆっくり飲みながら周りの様子を伺った。

見る限り男の影は見えない。

どうやら女二人客。



この二人、ちょっと年上っぽいけどノリが良さそうだし、結構かわいかった。

一人は髪がソバージュで、肌が小麦色のほっそりした美人タイプ。

もう一人は栗毛色の髪の毛で、肌が真っ白なかわいいタイプ。



というわけで最高の環境が整った。

このチャンスを見逃すわけには行かないのである。



だが、いざ行動に出ようとしてもきっかけが掴めない。

食堂でナンパするのも正直気が引けた。ガキどもが走り回っててうるせーし。

というわけで結局、何をするわけでもなく食堂を後にした。



「どうする?」



「どうしよう?」



おれ達は部屋に着くなり相談しはじめた。

が、どうしても下心丸見えで、うまくいくとは思えない。

おれ達は酒を片手にしばらくの間頭を抱えていた。



どれくらいの時間が経ったか分からないが、それは突然起こった。



コンコン。



部屋のドアがノックされたのだった。



「え、誰?」



おれは首をかしげながらドアを開けた。



「こんばんわー」



顔を覗かせたのは、先ほどの肌の白いかわいいタイプの子だった。



「こ、こんばんわ」



予期せぬ事態におれは大いに動揺したが、構わずこの子は続けた。



「あのさ、迷惑じゃなかったらなんだけど・・・」



「あとでちょっと、ここ、遊びきていいかな?」



「は、はひ」



「やりぃ。んじゃちょっとしたら来るね」



それだけ言うと、その子は自分の部屋に戻っていった。



「・・・信じられねぇ」



そう言いながら振り向くと、健は仰向けに倒れていた。

近づいて顔を覗き込むと、



「戦じゃー。戦じゃー。」



とつぶやいていた。



その後のおれ達のチームワークは完璧だった。

敷かれてる布団をさっと丸めて隅においやり、素早く場所を確保。

次にゴミを片付けた。掃除機があったらノータイムでかけていただろう。



こうして酒宴の場は滞りなく準備できた。



はたしてそれから30分もすると、コンコンと再びノックされた。

おれがドアを開けると



「お邪魔しますー」



と二人が入ってきた。

おれの前を通り過ぎる時、香水のいい匂いがした。

二人はビールとお菓子を持参していた。



「いきなりでごめんねー。暇でさー」



「いやいや、おれ達も暇だったんでうれしいっすよ」



心の底からそう言うと、4人で乾杯をした。

二人は思った通りノリがよく、2本目のビールを手にする頃にはすっかり打ち解けていた。



聞くとこの二人、社会人だった。

小麦色の美人系は怜さん、色白のかわいい系は茜さんといった。



二人とも24歳で大学からの友達なんだとか。

なんでもここへは茜さんの車で来たらしく、今日は違う浜辺で遊んでいたとの事だった。

そして一通りこちらの質問が終わると、今度は怜さんがおれ達に聞いてきた。



「なんで男二人でこんなとこ来たの?」



「あ、すんません。ナンパ目的っす。」



「やっぱりねぇ〜」



二人はケラケラ笑った。

食堂のおれ達の態度からバレバレだったらしい。

正直に言ってよかったと思った。



「お二人こそなんで?」



「んー、なんとなく。」



最初こそそんな感じではぐらかされていたが、しばらくすると怜さんが事情を話し始めた。



茜さんは最近彼氏と別れたらしく「元気だせよ」と怜さんが海に誘ったんだとか。

だが急な話だったためいい宿が取れず、なんとか空いていたこの民宿に来たとの事。

おれ達にとっては降って湧いた奇跡と言えた。



「よし、とりあえず飲みましょう!」



「おう!」



おれ達はガンガン飲み始めた。



しばらくすると、茜さん=健 怜さん=おれという図式が成り立っていた。

健と茜さんは最近別れた者同士という事で盛り上がり、

おれと怜さんは共通の小説や映画の話で盛り上がった。



そして最初に本性をだしたのは健だった。



「茜さーん、茜さーん」



と甘え声を出して茜さんに絡んでいた。

茜さんも笑いながら「しょうがないねぇ」とまんざらでもない様子。



そのうち二人は「酔い覚ましに散歩してくる」と言って部屋を出てしまった。

残されたおれと怜さんは



「あの二人、雰囲気よくない?」



「付き合ったりして?」



なんて笑いあった。



そして笑いあった後、おれも怜さんと二人きりだという事に今更ながら気付いた。

怜さんはTシャツに短パン姿で、スラっとした小麦色の足が綺麗だった。

ほっそりしている割には胸が大きくて、ピッチリしたTシャツがさらにそれを強調していた。

ソバージュの髪は後で束ねられ、細いうなじが色っぽい。



だが残念な事に、怜さんには大学時代からの彼氏がいた。

もっとも卒業してお互い地元に戻ってしまい、月に一回会うかどうかと言っていた。



(どうにかして落としたい・・・。)



おれは躍起になっていた。だが、そこは社会人。

飲み方も知っていたし、ヒラリヒラリとかわされてしまう。

怜さんは確かに酔ってはいたものの、決して潰れるような事はなかった。

それどころか逆におれが酔いつぶれてしまい、いつの間にか眠ってしまった。



どのくらい眠っていたが分からないが、おれは体をゆすられて起こされた。

目を開けると怜さんがおれの顔を覗きこんでいた。



「・・・起きた?」



「あ、すんません・・・寝ちゃいましたね」



「いいからいいから、ちょっとすごいよ」



そう言いながら、怜さんは壁に耳をつけるとおれを手招きした。

??と思いながらも、おれは壁に耳をつけた。



すると、なにかを打ちつけるような物音が聞こえた。

たまに「あっ、あっ、」という声も混じっている。



そして、健も茜さんもこの部屋にはいなかった。



「うそ、あの二人?やってます?」



「うん、やってる」



おれ達は小声で話をした。

いきなりの事ですごい驚いたが、それを通り過ぎると、



(健と茜さんが隣でセックスしてる・・・)



と興奮し、チンコがみるみると勃起した。

しばらくすると健がスパートをかける音がして、



「うーっ!」



という茜さんの声を最後に静かになった。



おれと怜さんは壁から離れると



「すげぇ・・・初めて人の聞いた」



と小声で盛り上がった。

そしてそれが落ち着くと、沈黙が流れた。



「さて、どうしようかな・・・」



最初に口を開いたのは怜さんだった。

今、隣の部屋に帰るわけにはいかないからだ。



「ま、とりあえず飲みなおしますか」



おれ達はまた飲み始めた。



が、興奮冷めやらずのおれは一向に酔えなかった。

そして、酒が入る事によって大胆になっていた。



「怜さん、あの・・・」



「ん?」



「えと、おれも、・・・いいっすか?」



おれは返事も待たずに怜さんを布団に押し倒した。



「お、お、お、ちょっと待て待て」



怜さんは笑いながらおれを押しのけようとしたが、構わずに抱きついた。

汗ばむ女の匂いが鼻に流れ込んでくる。



「やー、ホント怒るよ」



おれはそれを無視してうなじに軽くキスをした。



「うお、まじ、ちょ、やめ、やめよーよ」



怜さんはおれを引き離そうとしていたが、

しばらくすると「あー、もう・・・、信じらんない」と静かになった。

ちょっと怖くなったおれは、怜さんの顔を覗きこんで言った。



「すんません。まじ、最後までしないんで、ちょっとだけ。」



怜さんはおれの下敷きになりながら



「彼氏・・・いるんだよねぇ・・・」



「そんなに軽くないんだけど・・・」



とつぶやいていた。



(ここが押し時。)



そう判断したおれは、恥じも外聞もなく

「お願いします!お願いします!」と必死で連呼した。



やがて怜さんは「んー、最後までしないなら・・・。」とあきらめたように言った。



おれは怜さんの気が変らないうちにと素早くTシャツの下に手を入れて、

ブラごしにオッパイを揉んだ。



怜さんは身を硬くしながらも、抵抗はしなかった。

調子に乗ったおれは、ブラの下に手を滑り込ませた。



怜さんの乳首が指に当たると「あ!ちょ、ちょっと」と慌てて抵抗し始めた。

おれは構わずに生乳を揉み続け、怜さんのオッパイの弾力と、

手のひらに当たる乳首の感触を楽しんだ。



やがて怜さんは「ふぅ・・・」と息を洩らしながら大人しくなった。

その様子を見て(もうちょいいける)と思ったおれは、

怜さんのTシャツとブラを一緒にまくりあげた。

すると、ブルンとオッパイが目の前に飛び出してきた。



「あ、ここまで、ここまで!」



怜さんはおれを押しのけようと両手を突っ張ったが、おれはその手首を掴むと布団に押し付けた。

怜さんはオッパイを丸出しにしながら万歳をするような形になった。



「ちょ、やめ、ね?もう、終わり。終わり!」



おれの下で怜さんは激しく身をよじった。

目の前でオッパイがブルンブルンと揺れる。

とにかく興奮していたおれは、無言で怜さんの乳首を咥えると、口の中でベロベロと舐めまわした。

怜さんはビクッ!と体を反らして「あ!だめ!!だめだって!」と暴れた。

構わずにおれは、怜さんの股間にスルスルと手を伸ばし、下着の中に滑り込ませた。

すると、そこは驚くほど濡れてた。

おれは鼻息を荒くしながら、中指の腹でクリを徹底的に責めた。



しばらくそのまま続けていると、

「んん!ん・・・・」と怜さんは鼻にかかったあえぎ声をだしはじめた。



この頃にはもう、怜さんは半分おれに身を任せてくれていた。

部屋中に、怜さんのアソコの肉がこすられる音と、かすかに漏れるあえぎ声だけが充満していた。

おれは中指で円を描くように、怜さんのアソコをひたすら責め続けた。



「あっ・・・それ、んん・・・」



「どうしました?」



「ん、ちょ、・・・気持ち、いいかも・・・」



ついにこのセリフを言わせたおれは、有頂天になって更に激しく責めた。

すると怜さんは「んんっっ」とおれにしがみつき、腰を軽く浮かせた。



濡れやすいタイプなのか、この時の怜さんは、下着はおろか短パンにシミができるほど濡らしていた。

おれは中指全体に怜さんのそれをたっぷり塗りつけると、ズボッと膣に挿入した。



「あう!」



怜さんはビクっと跳ねた。

おれは中指をジュボジュボと動かしながら、乳首を舌で責めた。

しばらくすると「はぁ・・・」と怜さんがおれの肩に手を回してきた。

顔をみると、口を軽く開けながら舌をチロチロと覗かせていた。



(キス・・・したいのかな)



そう思ったおれは、怜さんに覆いかぶさるとキスをした。



最初は軽くだったが、舌を絡ませながら次第にそれは濃厚なものになっていった。

おれは好き勝手に怜さんの咥内を蹂躙した後、唇を離して言った。



「あの、すんません。やっぱ挿れたいんですけど。」



すると怜さんはおれをグイっと引き寄せると耳元で



「・・・最初からそのつもりだったくせに。」



と吐息混じりに言った。

それを挿入OKと受け取ったおれは、無言で怜さんの下半身に移動し、

短パンと下着を脱がせて両足を広げた。



「ん・・・」



怜さんは顔を伏せながら素直に開いてくれた。

怜さんの陰毛はとても薄く、丸見えになったアソコがグチョグチョに濡れていた。

おれはそれをじっくり見ながら、足首を掴むとマングリ返しの格好をさせた。



「ちょっ、ちょっと!だめだって!」



怜さんは慌てて声をあげた。

多分、おれがそのまま挿入するのだと思っていたのだろう。

怜さんは体をくねらせながら抵抗をした。

おれはそれを力づくで押さえると、目の前でパックリ開いたアソコに舌を伸ばした。



「あーー!やあ!だめだめだめ!」



舌先がそこに触れると、怜さんは首を振りながらより一層抵抗した。

この格好が嫌だったのか、アソコを舐められるのが嫌だったのか、はたまたその両方だったのか。

今となっては分からないが、興奮しきっていたおれは、怜さんのアソコをお構いなしに舐めまわし、

舌先を尖らせて膣内に挿入するとゆっくり抜き差しをした。



「うーーーー!」



怜さんは歯を食いしばりながらその責めに耐えていた。

おれが舌を動かすたびに、怜さんは声を出しながら過敏に反応する。

元々サドッ気のあるおれは、それがたまらなかった。



しかし



「もうこれ、無理!無理!・・・お願いだから、ね?」



と言う言葉とともに、その姿勢から怜さんを解放した。

おれが服を脱いでいる最中、怜さんはぐったりと虚ろな目で天井を見ながら、

足を広げたまま荒く息をしていた。

オッパイと腹が荒い息に連動して激しく上下している。



(早く挿れてぇ・・・)



おれは怜さんに覆いかぶさると、生のままチンコをアソコにあてがった。



「んん・・・」



怜さんはピクンと反応した後、顔を横にそむけて目をつぶった。



おれはゆっくりとチンコを上下に擦り付ける。

怜さんのアソコはとっくに男を迎え入れる態勢になっていた。



(生じゃまずい・・・)



と思いつつも、目先の欲求に抗えなかったおれは、

正常位の体勢でズブズブと腰を沈めた。



「んんん!」



怜さんは背中を反らした。

唾液と愛液でグチャグチャになっていた怜さんのアソコは、

簡単におれのチンコを根元まで飲み込んだ。



「うー、すごい。気持ちいい、です」



「ん、おっきい。おっきいね、君の・・・」



怜さんはゆっくりと腰を使い始めた。

おれも負けじと腰を振ったが、挿れたばかりだと言うのにもう限界がきていた。



「す、すいません、もうだめ、そうです」



今度はおれが、歯を食いしばりながら耐えていた。



「ん、それはいいんだけど、さ・・・」



「・・・君、ゴムつけてないね?」



おれはドキリとして、もう何度目か分からない「すいません」を言った。

すると怜さんが思いがけない事を言った。



「ホントは絶対だめだけど・・・いいよ・・・」



「安全日だし、出していいよ・・・」



おれは腰を止めて聞き返した。



「え?中に出していいんですか?」



「・・・ん、今回だけ・・・ね」



当時おれに中出しの経験はなく、これが初めてだった。

しかもこんな綺麗な人の中に・・・。そう思うと今にも爆発しそうになった。

それをぐっと堪えると、怜さんの腰を掴みながらゆっくりと腰を動かした。

それを続けていると次第に怜さんも



「ん、んん・・・あ・・いい・・」



とあえぎ出した。おれも徐々にスピードをあげていった。

そして腰を打ちつける音がし始めると、



「あっ!んっっ、出して、出していいよ!」



とおれにしがみ付いて来た。



言われるまでもなくとうに限界がきていたおれは、



「出る、出します!」



とだけ言うと、腰をピタリと密着させ、ドクドクと怜さんの子宮に精子を送り込んだ。

思わず意識が飛びそうなほど気持ちが良かった。

おれの放出とほぼ同時に怜さんも



「んーー!!」



と背中を反らした。

おれはチンコを抜かないまま怜さんの上にぐったりと覆いかぶさった。

それと同時にどっと汗が噴き出した。

それが落ち着くと、どちらともなくキスをした。



「・・・あー、やっちゃったねぇ」



しばらくすると怜さんが口を開いた。



「・・・すげー、気持ちよかったです。」



おれは身を起こすと改めて怜さんの体を見た。

汗でねっとりと光るオッパイは激しくエロかったし、

まだチンコが収まったままの結合部を見ては

「まだ入ってんだな・・・」と興奮した。



すると、出したばかりだと言うのに、おれのチンコが再び硬くなりはじめた。

おれは怜さんのオッパイに顔を埋めながら、腰を動かし始めた。



「・・・え?もう?うそ??」



怜さんは驚いて言った。



「すんません、すぐ、済ませますんで・・・」



「・・・ん、いいよ。ゆっくりどうぞ」



怜さんは素直に体を開いてくれた。

おれはそのまま正常位で動いていたが、



「・・・バックでしたい」



と言うと、怜さんは四つん這いになり、尻をおれに突き出した。

ツーっと怜さんのアソコからおれの精子が溢れ出して来る。



「んー、エロいわ・・・」



「・・・バカ。するならしちゃって。ほらほら」



怜さんはふざけるように尻を横に振った。

おれはその尻を捕まえると、ズブリと挿入した。



「ん!んー・・・」



怜さんが呻いた。

おれは本能の赴くままに腰を振った。

この姿勢のほうが膣内の締め付けがきつく、気持ちがよかった。

怜さんの尻に打ちつける音が部屋中に響いたが、おれは気にしなかった。



怜さんはおれが突くたびに「うっ!うっ!うっ!」と苦しげな声をあげて、身をよじっていた。

その背中のうねりと、浮き出る肩甲骨のエロさに目がチカチカした。



やがて「んー、イクイク、イクよ、んーー!」と枕に顔を埋めながら怜さんが先に絶頂を迎えた。

そしてぐったりしながら



「無理、もう無理・・・出して、早くだしてぇ・・・」



と言った。

おれはもうちょい楽しみたかったが、しつこくするわけにも行かず、

怜さんの上半身を引き起こすと、後から羽交い絞めのようにしがみついた。

その体勢からチンコを突き上げると射精をした。



全部出し終わってクタクタになったおれは、そのまま怜さんと一緒にバタリと倒れこんだ。

おれの鼻先にあたるソバージュの髪から、柑橘系のいい匂いがした。



こうしておれ達は5分ほど重なっていたが、



「・・・ちょっと、いい?」



と怜さんに言われて、おれは身を起こすとズルリとチンコを抜いた。

すると、中からドロっと精子が溢れてきた。



「わ、わ、テッシュ、テッシュ」



慌てる怜さんにおれは4〜5枚のテッシュを渡した。



怜さんはそれを素早くアソコにあてがうと



「こっち見ちゃダメだよ」



と言って、おれに背中を向けて正座をした。

そして股間を見ながら



「うわ・・・すごい事になってるわ・・・」



とつぶやいていた。

おれはその背中を見ながら「綺麗な背骨だな・・・」なんて変な事を考えていた。



「あ、やっぱ見てる」



怜さんはいつの間にか首だけをこちらに向けていた。



と、この時、隣からまた物音がし始めた。

もう壁に耳をつけるまでもなく、健と茜さんの行為の音だと分かった。



「あらー、となり始めちゃったよ」



「うちらの聞かれちゃったんだろうねぇ」



「明日気まずいっすね」



なんて言いながら、二人で布団に入った。



「しかしシャワー浴びれないのがきついわ・・・」



ここは共同風呂で、この時間はとっくに閉められていた。



「ん、でも怜さん、いい匂いだよ。全然くさくないよ」



「私がいやなの」



そんな会話をしつつ、おれ達はいつの間にか眠りについていた。

その頃にはとなりも静かになっていた。



次の日の朝、おれが目を覚ますと怜さんはすでに服を着ていた。



起き抜けにもう一発・・・と怜さんに手を伸ばしたが



「だーめ。もう健君来るし」



と断られた。



どうやらおれが寝ている間にとなりと連絡を取っていたらしい。

5分もすると健が「どもども」と入ってきて、怜さんと入れ替わった。



この後は健と昨夜の出来事を永延と話する事になるのだが、長くなるので省略。

ただ「朝も一回やったぜ」と健が自慢げに話してたのが非常に悔しかった。

もうちょい早く起きてれば・・・としばらく後悔したもんです。



この後、4人で朝食をとり、午前中だけ一緒に海に行ってサヨナラした。

健は茜さんと電話番号を交換していたが、ほどなく茜さんは彼氏とよりを戻したらしく、

そのまま終わってしまった。

おれのほうはこれが最初で最後だった。

(怜さんは彼氏もいたし、実家だったし。まあこの頃携帯とかあったら状況も変ってたんだろうけど。)


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【泥酔状態】ナンパに失敗したその後に・・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月4日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ