相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】職業 勇者。 27歳1/2(1.5-1と2の間のストーリー-)【告白体験談】

カテゴリー:おっぱいの告白体験談
tag:


僕は、雄介。今は旅館にいる。今から王女にイタズラしようとおもってる。

さ~ら~♪

二人きりのときはさら、雄介さん、とよびあう…これがさらの条件だった。

「なんでしょう?雄介さん。もしかしてさっき言った、お風呂の話ですか?」

ああ、そうだよ。先に混浴にいってて。

「わかりました、雄介さんは用事でも?」

ま、まあね。





僕はカバンからスマートホンを出した。

『いまから、女が混浴入ります。いじって♪』 できた。さっき見たけど誰もいなかったし…楽しみだ…。

そのころ…

ちゃぽん… 

「いい気持ち…。」

さらは、温泉に浸り、いい気持ちになりながらも不思議に思っていることがあった。 それにしても、私ひとりだけなのね…




そのとき!!! ガラガラガラッ!

豪快なドアを開ける音。

一体なにかしら?

「!べっぴんさんが、はいっておるわい!」

「どしたの?一人?」

誰なのかしら…。

「おっと?ごめんよ!」

キャッ! どことなくわざとらしそうなこけ方をし、わたしの胸にぶつかってきた!!

?だ、大丈夫ですか?

「大丈夫だよ!」

私、そろそろ体、あらわないと!

「洗ってやろう!!」

私は、自分で言うのもなんですが、とても軽いのだそうで… もちかかえられてしまいました。

あんっ!

「もうこんなので感じるのか?」

この方は、なんともっておられたタオルで私の手を縛ってしまいました。

そして、他の方々も私のからだをさわりにきたのでした。





職業 勇者。 27歳 2に続く


告白体験談関連タグ

||||||

【おっぱい】職業 勇者。 27歳1/2(1.5-1と2の間のストーリー-)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月5日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

このページの先頭へ