相互リンク先の更新情報!

【レズ】私とみゆきちゃん その4 【告白体験談】

カテゴリー:レズの告白体験談
tag:


私とみゆきちゃん その4













みゆきちゃんは四つん這いになった私にもっと足を広げてお尻突きさせて肛門まで丸見えの恥ずかし格好にさせた。

そして私の肛門を舐め始めた。

気持ちよくて濡れて来た。

(なんてくすぐったいような、切ないような快感)って思いながらも『みゆきちゃん・・・そんなトコ・・・』って言うと『気持ちいいんでしょ? 濡れてるよ』ってみゆきちゃんのエロい声が・・・。

仰向けじゃないからお汁が敏感な方に垂れて行く。

するとすかさず敏感な方からお汁を吸い取ってくれる。

後ろ側からだとなんだか違う快感が襲ってくる。

『ルミはよく濡れるね』とかいぢわるく言う。




恥ずかしいって思うと気持ちよさが倍増しちゃうし、お汁もたくさん出ちゃう。

キリがないよぅ。

みゆきちゃんの舌は時々お汁を舐め取りながら、私の肛門をペロペロし続けた。

しばらくすると、みゆきちゃんの舌がとんがって来て、私の肛門の中に出入りして来た。(ドリルアナル舐めと言うらしい)

口唇全部で私の肛門に吸い付いて来たり、舌が入って来たり、周りをペロペロされたり、お汁が垂れるとすかさず敏感な方を吸い取ったり、繰り返し、繰り返し続けられた。

気持ちよさが、イク時の感じになって来た。

でも、なんかイク寸前みたいな状態で責め続けらてた。



私は、もう四つん這いが維持できなくなって、お尻は突き出したまま、枕に顔を埋めるような格好になっていた。

『そろそろかな?』

みゆきちゃんが意味深なことを言った。

その時、みゆきちゃんの指が肛門に入って来た。

『ああぁ・・』それしか言葉が出ない。

(肛門に指が入ってる・・・)

そして指は中でうねっていた。

なんか変な感触だったけど、気持ちよかった。

『みゆきちゃん・・・ウンチついちゃうよ・・・』『ばっちいよ・・・』

やめて欲しくないのに、一応言ってみた。

『いいのよ』

それだけ返って来た。

そして肛門の中をまさぐられながら、敏感なところに激しく吸い付いて来た。

そして舌はそこで凄い動きをし始めた。

ずっとイキそうな感覚だったのが、一気に爆発的に襲って来た。

(なんだろう・・・さっきと違う)

もう我慢なんか出来ないので、お尻をフリフリしながら激しく暴れながらイカされた。

激しく暴れたつもりだったけど、みゆきちゃんにお尻をがっちり抑えられていたからイッた時はうつぶせに大の字でペシャンコになっただけだった。

動けなかった。

みゆきちゃんは私のお尻を撫でながら、肛門に指を入れたりアソコに指を入れたり

敏感なところをいぢったりしながら、うなじや背中を舐め舐めしていた。

激しくイッたばかりなのに、みゆきちゃんがソフトに責めて来るからイキ終わったってまたイキそうなのか、イキ続けてるんだかわからなくって『みゆきちゃん・・・素敵・・・いぃよぉ〜』ってかろうじて言ってるけど、喘ぐ声の方が大きい。

みゆきちゃんは『ルミ ここいい?』とか『可愛いよ』とか『感じてるね』とかもう言葉責め。

肛門やアソコや敏感なところはがっちりとみゆきちゃんの片手に愛撫されてる。

みゆきちゃんの口唇がが背中からお尻に移動して来た。

お尻の柔らかいところを舐めたり、吸ったり始めた。

もう私の下半身じゃなくてみゆきちゃんの物になっていた。

お尻への愛撫がキツクなって来た。 歯が当たる。 カプッって噛み付いて来た。

『あんっ』なんとも言えない快感。

『ルミ痛く無い?』『うぅん・・・気持ちいい・・・』

肛門やアソコや敏感なところへの刺激や動きが激しくなって来た。 またイク・・・。

その時お尻にちょっと痛みが! カプッじゃなくてガブッって強く噛まれた。

『あひぃぃ』(痛いけど気持ちいい)。

みゆきちゃんは何にも聞いて来なかった。

それどころか手の動きはいっそう激しく、お尻も歯型が残るんじゃないかくらいに強く噛まれてた。

でも、気持ちいい・・。

下半身はほとんど動かないはずだったけど、ビクビクッと激しく動いてイカされた。

凄い。。。

もう駄目って感じだったけど、みゆきちゃんは私を仰向けにした。

もう自力じゃ動けないからなすがまま。

仰向けで大の字にされたと思ったらみゆきちゃんが俗に言うシックスナインの体勢で乗っかって来て、私の足を小さい娘がオシッコさせられるよな格好にして、敏感なところに吸い付いて来た。

イッたばっかりだから超敏感になってって悲鳴に近い喘ぎ声を出してジタバタしたけど、チビの私に大柄なみゆきちゃんが乗っかってるから身動きできない。

そして肛門とアソコに指が入って来た。

今度は両手だから指は二本づつ入って来た。

『ひぃ〜っ』痛くはなかったけど、凄い感覚で声が出た。

みゆきちゃんは人が変わったように何も聞いて来ない。

でも怖くはなかった。

肛門とアソコは角度のせいか奥まで激しく掻き回された。

敏感なところは取れるんじゃないかってほど激しく吸われ、舐められた。

もう狂いそうな快感と言うかなんだかわからない状態になって来た。

お尻に噛み付く代わりに、内股や大陰唇に噛み付いて来た。

そんなに激しくは噛み付かれなかった。

(みゆきちゃん、私の限界わかってくれてるんだ)って思った。

さすがに敏感なところ噛み付かれたりしたらヤバイし。

喘ぎにならない嗚咽みたいなのを漏らしながら、覆いかぶさってるシックスナインの体勢でみゆきちゃんにも何かしてあげなきゃ・・・と思ったら、目の前にあるのはみゆきちゃんのおへそ。

身長差が30cm近くあったんだ・・・。

でも、なんとかって思ってモゾモゾしてたら『いいのよ 交代で』てやさしい声が聞こえた。

私はなすがままに股間を徹底的に貪られてまた激しくイッてしまった。

ほとんど意識不明な感じでいたら、みゆきちゃんが普通に横にいて抱き締めてくれて『ルミ美味しかったよ』って言われて嬉しくなった。

身体が言うこと利かないけど抱きつきかえして『みゆきちゃん・・・。』って言ってキスした。



今度はみゆきちゃんに命令されたことしなきゃって思った。

身体が回復したら・・・って思った時、散々イカされたりしたから尿意をもようして来た。

『みゆきちゃんオシッコ行きたい』って言ったら『ここでしなさい』って・・・。



『えっ・・・!』

みゆきちゃんがベッドから出て、ベランダからバケツをもって来た。

観葉植物にお水あげるために用意してあるって言ってるけど空だし。

『ここにオシッコして見せて』

と爽やかに言われた。

『えっ・・・そんな・・・トイレに・・・』

みゆきちゃんはやさしい笑顔のまま私をバケツに跨らせた。

恥ずかしい。 ここで、みゆきちゃんに放尿を見せるの?

私はみゆきちゃんの物だから言うとおりにしなきゃ。

そう思って覚悟を決めた。

みゆきちゃんはこの先どんなことさせるのかな?

もう不安は無かったけど、想像が及ばなかった。

そして期待もした。



もうオシッコ我慢できなくなって来た。



つづく







出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||||||

【レズ】私とみゆきちゃん その4 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:レズの告白体験談

このページの先頭へ