相互リンク先の更新情報!

【友達】人生ゲーム1 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺が小学6年のころのこと

その頃から性に目覚めていたボクは、マンションのゴミ置き場においてある

エロ本を週に3回ほど見ていました。

いつものようにゴミ置き場に侵入すると、Yがいました。

Yは結構おとなしい女の子で、あまり人と話さない子でした。

こっそり近づくと、なんとYもエロほんを見ていました。

ゆっくりYの肩を「ぽんぽん」とたたくとYはビクっとして振り返りました。

Y「あ・・・」

俺(ちょっとニヤり)

「なにやってんの???」

Y「あ・・いや・・その・・・・・・・・・」

ついにYは泣いてしまいました。

俺「大丈夫。俺もお前と同じだから泣くなww」

Y「へ?」

俺「おれも同じことをしようとしていたから」




Y「いつからこんなことしてた?」

俺「去年の7月(俺が小5の頃)から」

Y「へ〜意外」

俺「それこっちのセリフだよww」

Y「プ、ハハハハハハ・・・・・」

俺は久しぶりにYの笑った顔を見た気がする





それから2ヵ月後

中学へ入学しYと同じクラスになったが話す機会は無くなった。



ある日部活で怪我をして骨折してしまった。

その5日後Yも骨折した。

部活に行ってもやることが無いので

教室でウダウダしていると松葉杖(骨折した人が持っているあれ)を

持ったYが教室に入ってきた。

Y「あ〜骨折って最悪だね〜」

俺「ん?あ〜確かに・・・」

Y「元気ないぞ ベシッ」

         ↑思いっきり俺の背中をたたいた

俺「痛ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

Y「もう、うるさいな〜ww」

俺「誰のせいだ〜(怒)ベシッ」

            ↑思いっきりYの背中をたたいた

Y「む〜やったな〜」







それから乱闘になった・・・

俺&Y「疲れた〜」

Y「そうだ、うちさ今日誰も居ないから家に来ない?」

俺「お!いいね!じゃ乱闘の続きだ」

Y「それはダメやねんチョップ」

俺はまた背中をたたかれた・・・(俺弱い)

いつもなら10分の道のりを30分掛けてYの家まで行った。

俺「お邪魔します」

Y「お邪魔されます」

俺「どういう意味だ?それ」

Y「なんでもない」

Y「ここで待ってて。たんすの中いじったら机投げるから。」

俺「机投げていいから、見ていい?」

Y「ダメにきまっとるやろキ〜ック」

俺「いたたたたた」←またやられた

Y「お茶とってくるから。たんすの中いじったら机投げるから。」

俺「はいはい」

そういえばYの家に前遊びに来たことがあった。

ちょうど2,3年前小4の頃

それから模様替えしたのかな?

きれいになってる(当たり前)

Y「おまたせ〜はいジュース」

俺「・・・・」

Y「どした?」

俺「これ何?」

Y「青汁」

俺「へ〜ゴクゴク」

Y「うぁ〜飲んだよ」

俺「おえぇマズ」

Y「ははは」

俺「んでなんかやる?」

Y「人生ゲームやろ〜」



Y「よっしゃ〜上がり〜」

俺「負けた〜」

Y「じゃ罰ゲーム」

俺「おいおいそんなの聞いてないぞ」

Y「じゃあ、裸でフラダンス!」

俺「却下」

Y「ムリ〜」

俺「却下」

Y「ムリ〜」

俺「却下」

Y「じゃ全裸でフラダンス」

俺「変わって無いじゃん」

Y「罰ゲーム、罰ゲーム、罰ゲーム、罰ゲーム」

俺「わかった。その代わり裸はやめろ」

Y「だから、全裸だって」

俺「何か、着させろ」

Y「スクール水着」

俺「男用か?」

Y「女用に決まってんじゃんww」

俺「俺が着て楽しいか」

Y「うん」

俺「・・・わかった」

Y「わーい。ちょっと待ってて水着持ってくるから」

俺(本気かあいつ)

Y「はい、これ」

俺「サイズ130じゃね〜か、アレがはみ出ちゃうよ」

Y「い〜から廊下で着替えて来い」







俺「ただいま」

Y「うわきも!」

俺「それをいうな」



そのあとは特に何も無かった



出典:オリジ〜ナル

リンク:オリジなーる


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】人生ゲーム1 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ