相互リンク先の更新情報!

【外国人】他人と逢引していた彼女 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


これは俺が高二の時の話。結構修羅場だったんでよく覚えている。



近県の田舎から関東近郊の高校に入学した俺は、高校生なのに一人暮らしをする事になった。

一人暮らしと言っても、たかが15才の子供がアパート借りれるはずもなく、

学生向けの下宿に住む事になった。



ここは俺と同じ高校生と一部大学生が住んでいたが、この年は高校男子の入居者が多く、

通常は男女別の棟になっているところ、俺だけ女子の棟に住む事になった。



最初はラッキーと思っていたが、それは勘違い、一週間程で地獄と化した。



お姉様方の視線が刺す様に痛く、針のむしろだった。

何も悪い事していないのに変質者でも見るような奴もいたりして、結構本気でムカついたりしていた。



でも、俺の隣の部屋に住んだ彼女(マリ)だけは違った。






同級生という事で、学校で気まづい思いをするのが嫌だったのかもしれないが、

この子だけは俺を好意的に見てくれていた。



その後、男子棟の男どもが何人か告ったとかいう噂が立ち始めた。



マリは決して美人ではなかったが、童顔で色白で可愛らしく、なんと言っても

100cmはあるのではと、思えるくらいの巨乳でスタイルは抜群だった。



学校でも告る奴がいたみたいだが、私服姿を知っている下宿組は意味も無く

優越感に浸っていたりした。



160センチ前後の長身で巨乳、私服もセクシーっぽかったので、当然かもしれないが

下宿の女子の先輩達から次第に疎まれるようになっていった。



そして下宿内で、ある意味似たもの同士のような俺たちは学校や放課後、

互いに相談しあっている内に付き合う様になった。



三ヶ月くらい押しまくったので、マリの根負け、決して俺がかっこイイ訳ではないと思う。



そして一年の冬、童貞と処女を捨てた。



彼女のブラはEカップ、それもかなりキツめだったが、カップが大きくなるに連れて

可愛いものが少なくなるらしく、無理やりEに収めている、確かそんな事を言っていた。



二人ともあっちには興味津々の年だったし、俺たちは懸命にバイトしてホテル代とゴム代を稼ぎ、

週に一度はホテルに行って、それこそ猿のように二時間で五発とか、普通にこなしていた。



実はそれでも足りなく、放課後の校舎内でもしていた。

自分で言うのも恥ずかしいが、俺たちはラブラブだった…



…あいつが来るまではね…









二年の秋、マリのクラスに交換留学性がアメリカからやってきた。



こいつだけは本名を晒そう。ブランデンという、筋肉もりもりの白人だ。



こいつは語学留学のような意味合いで半年間滞在の予定だったのに、

全く日本語を学ぼうとしない、はっきり言って不真面目な学生だった。



いつも英語ばかりだったが、日本語を話そうとしなかったので、

クラスの生徒にとっては良いネイティブスピーカーだったのかもしれないし、

ユーモアがあって、特に女子からはそこそこ人気があったとは思う。



でも俺が気に入らなかったのは、帰国子女でもあるマリと一緒の時間が非常に多かった事だ。



マリは帰国子女と言っても、小学校入学前の話なので、英語の感覚を取り戻す

絶好のチャンスだったんだろう。

日本語をマスターする気のないブランデンにとっては唯一自分の言いたい事を

理解してくれる女の子だったんだろう。



笑いながら英語で話す二人を見て俺はよく嫉妬した。



そしてそんな時は必ずマリを呼び出し、体育館舞台下の用具置き場でセックスをしていた。



マリは俺以上に性に対して貪欲なところがあったので、俺の誘いは断らなかったし、

常に新しい技(腰振りとか)を試そうとしていた。



そんなラブラブの俺たちに奴が割って入ってきた。









状況がおかしくなってきたのは俺が冬休みが終わり帰省先から戻ってきてからの事。



マリの態度に何となく違和感を感じた。妙に明るかったり、何となく考え込んでいたり、

よそよそしかったり。



実家で何かあったのかと思い、マリに聞くのだが何もないと言う。





今ひとつスッキリしないでいる時、寮母からいやな話を聞いた。



マリは正月の4日間しか帰省していないという事を。



俺はマリも冬休み中ずっと帰省しているというから俺もそうした。



なのに…マリは俺に嘘を付いた。



俺はカンカンになってマリを問い詰めた。マリは謝りながら、

バイトの為戻らざるを得なかったと言っていた。



でも、バイトは二次的な理由で、本当は他に理由があった事がすぐに分かった。



冬休みの間、クラスメートがブランデンを連れて東京観光に何度か行っていたらしい。



マリの女友達に聞いてみたが、ブランデンとの観光は冬休み中入れ替わり立ち替わり

何回も行われており、結局クラスのほぼ半数が行った程だったという。

陽気なブランデンはそれだけ人気があったのだろう。



通訳という意味で、マリは全てに同行しているはずとも言っていた。

俺はすぐにマリに問いただした。



「そんな事があったんなら、すぐ言ってくれれば良かったのに」

「ゴメンね。話せるの私しかいなかったし、正直キツかったけど、ブランデンも三月までだから人助けだと思って。ちゃんと司(俺)に話せば良かったのに私ってば…」



あと三ヶ月くらいだし、仕方ないか、と思うようにしたが、

この時既に二人の関係がおかしな事になっている事に全く気付いてなかった。



新学期が始まって間もなく、部屋の暖房を強めにして寝た俺は、熱さで真夜中に目を覚ました。



汗だくになりながら暖房を止めて布団に入り、再びウトウトし始めた時の事。



カタカタカタッと、微かに物が当たる様な音がした。最初は風の音かと思い、

気にしないようにしたが、次第にその音はギッギッというような重い、

木が軋むような音に変わっていき、それが結構大きくなっていった。



俺は耳を済まし音源を探ったが、隣のマリの部屋から聞こえてきている事にすぐに気付いた。



「まだ起きてんのか。なにやってんだだか…」



再び寝ようと思ったが、軋み音がなかなか止まなない。



俺はふと、マリがオナっているのかと思い、ちょっとドキドキしてしまった。

結構エッチはしているはずだが、まだ足りないのかな、と。



その内寝てしまったのだが、翌日マリにそんな事を聞ける訳も無かった。

そんなマリのオナニーは翌日も深夜に行われていた。



俺は悶々とながらも、やたら興奮していた。我ながら変態だと思った。







何日かそういう事があり、俺も寝不足気味になっていた。思い込みかもしれないが、

マリも寝むたそうにしていたと思う。



そんなんだから日中のエッチは少なくなり、一週間無しという事もあった。



今夜で最後にしようと思ったその夜の事。夜中の一時半を回ろうとした時、

カタカタッと、いつもの音が聞こえ始めた。



この日を最後と思っていた俺は、野球の応援で使う様なメガホンを取り出して壁に耳を当ててみた。



罪悪感があったが、最後だし、と思って中の様子を探ろうとした。



下宿は古い木造建築で、隣で何の番組を見ているのか分かってしまうくらい壁が薄かった。



ギシッギシッギシッと言う音がはっきり聞こえる。しかもマリの吐息というか、

すすり泣く様な必死に声を押し殺す様な声も聞こえた。



俺の心臓の鼓動は最高潮、勃起していた。それくらい興奮していた。



ギッギッギッと、テンポが早くなった次の瞬間、一気に静まった。



「イッたのかな…」と、漠然と思いながら自分もオナれば良かったと後悔していた。



しかし、そのまま耳を当てていると、マリの笑い声が聞こえた。

なんで一人で笑うんだ?と不思議に思ったが、

その後、今度は心臓が止まりそうな程の衝撃を受けた。









「○×△◇……」

「□○×◇……」



会話する声が聞こえたんだ。相手は図太く低い声、明らかに男。



会話の内容は全く聞き取れなかったが…



マリがオナニーではなく、セックスをしていたという現実を理解するのに時間がかかったが、

すぐに相手は一体誰なのか…下宿の高校生か大学生か…気になり出して眠れなくなった。



浮気をされたという絶望感とマリの相手にに対する嫉妬で、朝まで眠る事ができなかった。



男女が共同生活する下宿の規則は厳しく、異性の部屋に入っただけで学校へ報告、

自宅に強制退去となる。そんなリスクを追ってまでマリの部屋で夜な夜なセックスに

励む同居人は誰なのか…全く検討がつかなかった。



授業そっちのけで思案し、俺は思い切って壁に穴を開けて現場を抑える事にした。

どうせベニヤ板程度のボロボロの壁、キリでうまくすれば目立たない穴くらい

簡単に開ける事が出来るはず。



後になって思ったのだが、何故この時マリ本人に聞かなかったのか…

この時聞いていればあんな事にはならなかったかも…と。



結局、彼女が犯される場面を見てみたい…俺の寝取られ体質が目覚めた瞬間だったと思う。



付き合い始めた頃、一度だけ夜中にマリの部屋に招かれた事がある。

その時の記憶を元に、柱のすぐ横の目立たない所に直径5ミリくらいの横長の小さな穴を

二つ開けた。

マリはベッドをこちら側の壁につけている為、もし本当にそこで浮気するのであれば

至近距離で覗く事になる。











俺はその夜、午前一時位から覗き始めた。



薄暗い灯りの中、Tシャツとパンツだけで机に座って何やら書いているマリが見えた。



その姿を見た途端、俺は凄まじい罪悪感を感じた。でも浮気しているのは相手、

俺は悪くないと言い聞かせ、覗き続けた。



約20分後、午前1時30分くらいだった。

マリはいきなり立ち上がると窓の方へ消えていった。微かに聞こえる窓を開ける音。



空気の入れ替え?とか思っている時にピンと来た。



相手の男はリスクのある下宿内部からマリの部屋に行くのではなく、

一旦外に出てから窓から入っていたに違いないと。



一体誰が…俺の緊張感は極限に達しようとしていた時、男の影がついに見えた。

机の上のライトが逆光になり、はっきりと見えないが、その大きなシルエットだけで

すぐに分かった。





ブランデンだ…





二人は目の前でキスを始めた。

大きなブランデンの首に両手でぶら下がる様な感じでキスをしていた。



目の前で彼女が大男とキスをしている…泣きたくなった。



二人の動きは早かった。限られた時間だからか…



ブランデンはマリをベッドに寝かせ、あっという間に裸にして、

その大きな胸に吸い付く様に愛撫を始めた。



余りに近すぎて、マリの胸から太ももまでしか見えない。



ブランデンは両足を開かせ、マリのあそこに顔を埋めた。

そこから10分以上しつこい位愛撫が続いた。



マリは両腕を上げて顔を抑える様な仕草だったと思う。

荒い呼吸の為か、マリのお腹は激しく波を打っており、相当感じているようだった。



苦しそうなマリの声が微かに聞こえた時、俺のあそこは勃起した。



ブランデンはやっとマリを開放し、シャツを脱ぎ始めた。

スウェットのズボンの前が信じられない位に膨らんでいる。



ブランデンがズボンを下ろした時、逆光で真っ黒な異様な物体が現れた。





マリの腕位の太さと長さ…しかも真上を向く位、硬く勃っていた。

外人は柔らかい、なんてのは嘘だと思った。少なくともブランデンのは。





マリは上体を起こし、両手でブランデンのあそこを握り締め、口を寄せていった。



両手を一生懸命スライドさせながら咥えていたようだが、殆んど四分の一程度しか

口に入っていないようだった。



巨乳が大きく揺れる姿が最高にエロかったマリのフェラは、ブランデンによって

すぐに終わらされた。

俺の場合、最低でも15分程は咥えさせるのに。



ブランデンはマリをもう一度寝かせると覆い被さり、またキスをしていた。



キスをしながら次第にマリの両足の間に自分の腰を入れていき、

少し腰を引いてマリの片足を担ぐようにしてあそこを先端で探すようにしていた。



そして、ゆっくりと腰を沈め始め、同時にマリの「は…んっ!」という声を聞いた時、

俺はパンツの中に射精してしまった。

触らずに射精できるとはこの時まで考えてもみなかった。



俺は何とも言えない虚脱感と後味の悪さで覗いていられなくなった。

ベトベトのパンツはそのまま、呆然としていると、毎晩聞こえてきた木の軋む音が

隣から聞こえてきた。



どの位経っていただろう。15〜20分くらいだろうか…

軋み音の間隔が狭くなって来たところでもう一度覗いてみた。



その時の光景は今でも忘れない。



マリは両手で顔を覆いながら騎乗位で猛烈に腰を振っていた。



そしてブランデンがマリの腰を掴んだかと思うと、ブリッジの体制になって

射精に入ったようだった。



マリがブランデンから滑り落ちそうな程急角度のブリッジだったが、

それでもマリはしがみつきながら腰を上下に動かしていた。



ブランデンの大きな吐息だけが聞こえていた。長い長い射精…一分程続いたと思う。



グッタリと重なり合う二人がひそひそと耳元で囁き合っていた。

勿論、英語だったし、声も小さかったので何を言っていたのか俺には分からなかった。



ブランデンは俺の三倍くらいの量が入っていそうな重たそうなコンドームを

ティッシュに包むと、すぐに着替え窓から出て行った。



ベッドに腰掛けながら裸でそれをボーっと見つめるマリ。



暗闇に浮かぶ大きな胸が妙にいやらしかった。

その後俺は悶々としながら朝まで眠る事はできなかった。









学校でマリにあった時、平静を保とうと努力したが、やはりマリにはばれてしまった。

何かあったのか?と聞かれたが、何も言う事ができなかった。



ブランデンとの事を言い始めると理性が効かなくなるかもしれない、

それは校内ではマズイと思ったし、話が公になってマリが下宿から退去させられる

のも避けたかったからだ。



俺は放課後、何も言わずにマリを連れていつもの舞台裏に行き、

いつものようにセックスを始めた。



異常に興奮したのを覚えているが、フェラの時に軽々と根元まで咥えてしまったのを

見て少しだけ悲しくなった。



正常位、騎乗位とこなしたが、いつもにも増してマリの腰ふりが強烈だったような気がする。



性に対する好奇心旺盛なマリは、俺とした事をブランデンにしてあげているのか、

逆にブランデンに教えられた事を俺にしているのか…そう考えると頭がゴチャゴチャで

やり切れない嫉妬が後からどんどん湧いて出てきた。



しかしそんな思いもブランデンの脳天気な顔を見た瞬間、飛んでしまっていたようだ。

後で友人に聞いたのだが、この時俺は思いっきりケンカ腰の形相でブランデンを睨んでいたらしい。



当然奴も俺の視線に気づき、至近距離での睨み合いになった。

廊下は一気に緊張感に包まれたと言っていた。



俺は身長170cm強、ブランデンは190cm近くあり筋肉隆々、そんな大人と子供くらいの

体格差があったので、周りの連中は皆俺が半殺しにされると思ったらしい。



外人の表情は分かりにくく、正直ブランデンが俺を睨んでるのか単に見ているだけなのか、

よく分からなかった。



ブランデンは突然薄笑いをして、離れ際に何か英語で話していた。



馬鹿にされたと直感した俺はその瞬間理性が吹き飛んでしまった。

「お前ウザいんだよ!日本語で喋れよ!ここは日本だ!」

そう叫んで奴の肩を掴んだ。



奴は振り返り、上から見下ろしながら身振り手振りで早口で英語をまくし立て、鼻で笑った。



怒りが頂点に達しようとしていた俺は、反射的にアメリカ人が一番嫌がる行為、

奴の目の前で中指を立てていた。



みるみる強張っていく奴の顔。



ブランデンは俺の胸ぐらを掴んで何かを大声で叫んできたので、思わず奴の腹に一発入れてしまった。

その瞬間、教師二人が割って入ってきた。



職員室に連れていかれる時、呆然として立っているマリを見つけた。

顔色が悪く、目に涙が溜まっているようにも見えた。



何故か冷静でいられた俺はマリの涙の意味を考えていた。

バレてしまったのか…そんな風にマリは考えたに違いないだろうと。



職員室では何故?という事をしつこく聞かれたが、どうひいき目に見ても俺の方から

ケンカをふっかけたとしか理解されないだろうと思い、「しゃくに触ったから」とか

適当にやり過ごした。かなり厳しく怒られたけどね。



面白かったのが、後でブランデンが俺に謝りにきた事。留学生という立場上、揉め事は

ご法度なんだろうな…



この時はブランデンは片言の日本語で謝ってきたが、何となく俺はバツの悪さを感じた…



その夜、マリからメールが来た。何故あんな事になったのかと。

俺はこう返信した。



「俺の部屋の窓開けとくから入ってこいよ」



少ししてマリは静かに窓から入って来た。



「バレたら大変。スリルあるね」

「…お前の部屋の窓からは入りやすいけどな」

「……そんな事もあったよね…」



そんな事ないよ…心の中で言った。



俺は一度だけ廊下からこっそりマリの部屋に入った事はあるが、窓からはブランデンだけだろうと。

マリはそんな事も忘れてしまったようだった。



俺はもっと不機嫌になり、目の前に座るマリをどうにかしてしまいたくなった。



「なぁマリ、ちょっと咥えてくれない?」

「えっ?…学校で…シタじゃん…」

「まだ足りないよ、な?」

「……分かった…いいよ」



マリは椅子に座る俺のパンツを下げて、いつも通りやさしく睾丸のマッサージから入り、

根本を押さえて完全に亀頭とカリ首を露出させてからゆっくり口に含んでいった。



温かく、ヌルヌル締め付けてくるマリの口の中は最高だった。



俺はマリの頭を両手で押さえた。一瞬、えっ?という表情で上目遣いで俺を見たが、

構わずに激しく頭を上下させた。



マリは埋めきながらも我慢していたが、自分でコントロール出来ないからなのか、

涎が溢れ出て俺の股間をベトベトにした。



射精を堪え、動きを止めるとマリは口を離して下を向いている。

ちょっとやり過ぎたかな、と思ったが、すぐにマリは顔を上げて俺のあそこを小刻みに

上下し始めた。



「ねぇ、私も……してほしい…」



頬を赤くして目は虚ろ、口の周りは涎で光っていた。

こんな表情のマリを見るのは始めてだった。



「じゃあ、乗っかれよ。でもゴムないけど」

「分かった…」



マリは俺に抱きつくようにして乗っかってくと、ブランデンの時と同じ様に

必死に声を押し殺しながら腰を使ってきた。



生でするのは初めてだったので、俺はすぐに我慢できなくなり、慌ててマリのお尻を持ち上げて、

お互いの恥骨の間に挟む様にして果てた。



マリは満足していないようだったので、もう一度したければ俺のあそこについた精液を

綺麗に拭いてくれと頼んだ。



内心そんな事するはずが無いと思っていたが、マリは無言でティッシュを数枚取ると

丁寧に拭き始めた。



しかも最後に亀頭に強く吸い付いて竿に残っているかもしれない精液を絞り出してくれた。



驚いている俺を無視してそのまま本格的なフェラチオに移り、あっという間に勃起してしまった。



年が明けてからのマリは明らかに以前よりもエロくなっていた。

俺が教えたわけではない。





恐らくあの外人だろう…



危うく快感に流されるところだったが、ブランデンの事を思い出し、

俺はそのままマリを床に押し倒し、口をマリのあそこに見たてて思いっ切り腰を振った。



マリは苦しそうに喘いでいた。喉に刺さるのか、吐きそうな嗚咽をもらし、涙も流していた。



でも、そんな中でもしっかりと舌を動かしていた…





どこまでエッチな女の子になってしまったんだろう、ブランデンは一体何をマリにしたんだろう…

ボンヤリと考えながら正常位で合体した。



マリは真っ赤に上気しながらも必死に声を押し殺していた。俺が枕を貸すと奪い取る様にして

顔に押し当てていた。



大きく揺れる胸を今までにない位強く揉みながらひたすら腰を動かした。



そんな状態を暫く続け、乳首をキツくつねる様にした瞬間、マリは腰をガクンガクンと

痙攣させて、グッタリとなった。



見た事もないマリの異常な感じ方に興奮した俺は、射精に向けて激しく腰を動かし始めた。



途端に、マリは大きな声を上げ始め、俺はビックリしてキスをして口を塞いだ。

舌が抜ける程に強く吸われ、下からキツく抱きしめられ、両足は俺の腰をガッチリと締め上げた。



自由にピストン出来なかったが、全身がマリと密着している為か、

マリがうねらせる体の動きに興奮し、一気に高まってしまった。なのにマリは足を解かない。



「やばい…出るって…早く!…」

「このまま…いいよ…」

「えっ?…まずいって…」



と、いってる間に第一弾が出てしまった。

俺は諦めというか、やけくそで猛烈に出し入れしてマリの中に射精した。

ゴム無しすら始めてだったのに、中出しまでしてしまい、不安で結構自己嫌悪だった。

マリは危険日ではないとは後で言っていたが…



身支度を整えるとマリが言った。



「凄く気持ち良かった…イクって、ああいう事を言うのかな…」

「イッたの?初めて?」

「当たり前じゃん。ホント、死ぬかと思った。ラブホだったら思いっ切り声出せたのになぁ〜」



高校生がイクってあり得るのかよ、と思ったが、確かに腰が何度もガクンガクンと

痙攣するのはちょっと怖いくらいだった。



でも、ブランデンに開発されたんじゃないのか…と再び攻撃モードに。



「でもマリの声、多分上に聞こえてたかもよ」

「えーっ?大丈夫でしょ。私抑えたし、聞こえないよ」

「この下宿の壁、最高に薄いんだよ。マリがテレビで何を見ているのか、分かるんだよ」

「ほんとっ?マジで?」

俺は確信をついた。



「マリがうるさいからさ、俺毎日寝不足だよ」

「えっ?……」

明らかに動揺していた。



「最初はさ、マリがオナってるのかと思ったよ…なのにさ…」

「……」

下を向いて無言になるマリ。床についていた手が震えていた。

暫く沈黙。



「今日ブランデンにケンカ売ったのはそういう事」

「……」

「ブランデンの事が好きなのか?」

「…そんな事ない…」

「じゃあ俺の事がキライになったか…」

「違う…好きだもん…」

この言葉にちょっとだけ萌えた。



「俺の事が好きなのに、なんで浮気するんだ?」

「…わかんない…」

「って言うか、お前悪いと思ってんの?」

「ゴメンなさい…思ってる」

「俺にバレなきゃ3月まで続いてたんだろ?」

「そんな事…ないけど…」

「はぁ?意味わかんねえよ。お前ら俺を騙したんだよ?」

「ゴメンなさいゴメンなさい…」

「あの外人はお前の事どう思ってんだよ」

「…好きだって…アメリカに連れて帰りたいって…」

「なんだよそれ…お前も好きなんじゃないのか?」

「それは絶対無い。司の事が一番大好きだもん」

「じゃあ何で…」

暫く考え込んでマリはこう言った。



「…あのね…分かんないけど…興味があったのかもしれない…外人さんに」

「ブランデンのあそこに興味があったんだね。へぇー。で、気持ち良かったのかよ」

「…そうでもない…」

「嘘つきめ…」

「嘘じゃ無い!」



その後マリは結構まごまごとはっきり言わなかったが、どうやらデカ過ぎて痛かったらしい。

笑うしかないよ…



俺はマリに別れを告げたが、マリは必死に食い下がり、上の階に聞こえそうな程

かなり興奮してきたようなので、強引に部屋に返した。









次の日、俺はいつもより早く学校に行った。無論マリに会いたくなかったからだ。



正直なところ、マリの事は好きだったし、別れたくなかった。



でも、その時は男の意地とでもいうのか、とにかくマリに対しては強い態度でいたかった。



昼休みに入る時にマリからメールが来た。ブランデンとはもう二人では会わないと約束したと。

気持ちがないので諦めてくれと言ったと。



ヘタれで申し訳ないが、それを聞いて俺は嬉しかった。問答無用でやり直そうと思った。



でも、ここですぐ許すのもどうかと思ったので答えは保留にした。







そして一週間後、事件は起きた。



マリが男を部屋に連れ込んでいるという話が下宿内で噂されるようになったのだ。



俺は焦った。動揺しまくった。



マリとも話したが、最後に俺の部屋での事が上の階の女子に聞かれてしまったのだろう

という結論になった。



俺達二人の事が学校にばれ、親にもばれ、強制退去か…絶望感のみ。



その日下宿に戻った時、マリが寮母から呼ばれていた…

次は俺かと思うと、死にたかった…大げさじゃなく…

寮母に呼ばれるまで、俺は生きた心地がしなかった。



しかし、いつまで経っても呼び出しがかからない。その内晩御飯になってしまい、

普通に食事の準備をする寮母。



でも、食堂にはマリの姿は無かった。



その日は寝るまで生きた心地がしなかったが、マリも部屋に戻る事は無かったと思う。

メールをしても音沙汰なし…

翌日、全てが明らかになった。



昼休み、マリとブランデンが時間をずらして相談室に入っていくのを見た奴がいた。

そいつは何があったのか興味ない奴だったので、誰にもいう事もなく、結果的には良かったのだが…

放課後やっとマリを掴まえる事ができ、マックで話を聞いた。



マリは泣きながらブランデンとの事が下宿の誰かにバレた事、

来週には退去しなければならない事を話してくれた。

マリの予想だが、マリの部屋の上に住む上級生が密告したのだろうと。



その後、マリは自宅から二時間かけて卒業まで通った。

ブランデンは3月末までカリキュラムを全うし、帰国した。

そもそも自由恋愛という事で、学校からの処分等は何も無かったらしい。



ただ、翌年から留学生の受け入れは無くなったはず。









俺たちは三年になっても付き合っていたが、遠恋は高校生にとってキツかった…

卒業と共に自然消滅した。



お互い都内の別々の大学に入学したが、マリは親の許可が出なかったとの事で、

やはり自宅から通う事にしたらしい。



話は以上です。



出典:自分の彼女が自分以外にさえたH

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【外国人】他人と逢引していた彼女 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ