相互リンク先の更新情報!

【職場】ふうふふふふh 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


 長岡タクシーは、すぐに見つかった。旅館と同じ通りに面しており、50メートルも離れていない。

 だが。

 旅館から長岡タクシーまでの道はブロック塀に挟まれており、、雨を回避できるような屋根や

軒下が無かった。そのうえ、傘は昨晩壊れて捨ててしまったので、その50メートルの距離でも

ドクオたちを水攻めにするには十分だった。



(‘A;)「はぁはぁ…………」



(;^ω^)「ぜいぜい…………」



(‘A;)「また…………」



(;^ω^)「結局……………」



(‘A;)「濡れちまったな」






(;^ω^)「うん…………」



いま、ふたりは『長岡タクシー』の駐車場にいる。駐車場とはいっても、タクシー会社が

マンションの1階部分を事務所兼駐車スペースにしているため、雨は凌げる。

 駐車場には3台のタクシーが停まっていたが、その全てに運転手が居なかった。



(^ω^)「まぁ、とにかく運転手さんを探すお。ほら、ドクオも」



 そう言って、ブーンは事務所のドアを開け、中へと入っていく。

 ドクオはその後ろに続いた。

 

(^ω^)「ごめんくださーい」



( ・∀・)「はいはい。タクシーのご用命でしょうか」

事務員らしき服装の男が応じた



(^ω^)「そうですお。えと、1日4000円の乗り回しコースをお願いしますお」



(‘A)「自分も入れて男2人です」



(;・∀・)「……こんな嵐の中を、ですかぁ?」



(^ω^)「こんな嵐の中、だからこそですお」



(;・∀・)「いや、今日は近場の送迎だけにしてしまおうと思って……」



(^ω^)「高松の観光はこれが初めてなんですお」



(;・∀・)「うーん、しかし……」

 _

( ゚∀゚)「おいモララーよ」



 モララーと呼ばれた男が振り返る。

 背後に濃紺のスーツを着た男が立っていた。



(;・∀・)「あ、社長。いつの間に……」

 _

( ゚∀゚)「馬鹿野郎。ここは俺の会社だ。自分の気配を空気に溶け込ますことぐらい簡単なものよ」



 そばにあった台帳で、社長と思しき人物がモララーの頭を叩く。バシッと、乾いた音がした。



( ;∀;)「痛いじゃないですか社長」

 _

( ゚∀゚)「うるせぇ。愛のムチだと思って受け取りやがれ。そんなんだからお前はヒラなんだ」



(;・∀・)「こんな小さな会社、社長以外はみんなヒラじゃないですか。それに、

 一日くらい休んでもたいした損害じゃないでしょう」

 _

( ゚∀゚)「いちいち細かいこと気にするじゃねぇ。で、折角のお客さんじゃないか。

 それを門前払いするたぁ、お前なかなかいい度胸してんな。あん?」



 ふん、毒づくと、社長と思しき男はくるりと向きを変え、ふたりに向き直った。

 _

( ゚∀゚)「これはどうもお見苦しい場面を。私は長岡タクシーの社長、ジョルジュ長岡と申します」



(‘A)「はぁ。どうも」

 _

( ゚∀゚)「で、当タクシーの乗り回しコースを利用したいと?」



(^ω^)「そうですお」

 _

( ゚∀゚)「お安い御用です。おい、モララー!!」



( ・∀・)「何でしょう。社長」

 _

( ゚∀゚)「このお客さんたちは俺が直々にご案内差し上げる。お前は留守番でもしてろ。どうせ

 この天気だったらお前は運転したくないだろう」



(;・∀・)「仰るとおりで……。わかりました。では、お気を付けて」

 _

( ゚∀゚)「では、さっそく参りましょうか」



(‘A)(^ω^)「はい」



長岡は黒塗りのタクシーの運転手に乗り込むと、運転席から後部座席のドアを開け、

2人を促す。ドクオは左側に、ブーンは右側に座った。

 _

( ゚∀゚)「じゃ、どこから行きますかね?」



 長岡がルームミラーを調節しながら訊いてくる。



(‘A)「えと、まずは高松駅お願いできますか?」

 _

( ゚Д゚)「高松駅?そりゃまたなんで?」



(‘A)「みどりの窓口で明日の切符を買わなきゃならないのと、乗れなかった夜行の切符の払い戻し

 です。それに、朝食を食べてきたので、すぐにうどんを食べるのは難儀なもので……」

 _

( ゚Д゚)「おふたりさん、何処からいらしたんです?」



(^ω^)「東京ですお」

 _

( ゚∀゚)「へ〜。わざわざ遠い所からようこそ」



(;^ω^)「でも、本来も目的は出張ですお。いまは臨時で有給を取っているんですお」

 _

( ゚∀゚)「ははは、なるほど。では、参りましょうか。高松駅へ」



 エンジンがかかり、ふたりを乗せたタクシーは嵐の中に出て行く。

 事務室の中で、モララーはそれを遠い目で見ていた。



( ・∀・)「……あれ?」



 そのうち、なにか妙な感じがしてきた。



( ・∀・)「えーと、たしか……」



 記憶を手繰り寄せるように呟く。

 

( ・∀・)「…・・・たしか5年くらい前にも同じような客2人が来たっけな。

 そう、ちょうどこんな嵐の日に……」







 「中央通り」と名づけられた高松駅へ至る道は整然としており、中央分離帯にはクスノキが

整然と並んでいる。だが、強風のせいで「整然と」並んでいるようには見えない。

 平日の朝だというのに、片側3車線の道は閑散としている。まあ、そとが大嵐で警報も3つ

出ているのだ。いくら車をもってしても、外出する気分にはなれないだろう。

 そんな中、ふたりを乗せたタクシーは順調に高松駅へと向かっていく。

 _

( ゚∀゚)「ところでお客さん。どのうどん屋に行くとかのご予定は?」



(‘A)「今のところは無いです。官庁街にある『松村』には行ったんですが。もともと来たばっかりで

 どこがいいのかサッパリ分からないもんで……」

 _

( ゚∀゚)「ああ、『松村』ですか。あそこは美味いですからね。そこが初めてとはラッキーですよ。

 香川にも看板ばかりの不味い店がありますからねぇ。そんなところが初めてだったらトラウマに

 なりかねないですから」



(^ω^)「そういや、東京では池袋のデパート上の讃岐うどん屋が繁盛してますお。東京に

 来たら一度寄ってみるといいお」

 _

( ゚∀゚)「ははっ。自慢じゃありませんが、私は生まれてこのかた四国から出たことがありません

 のでね。ココのうどんで大満足ですよ。東京なんざ死ぬまでに1回行くか行かないか……」



 タクシーは、赤信号にかかるたびに止まる。

 それに合わせるかのように、車内の会話も止まる。



 車内の静寂。



 車外の轟音。



 停車していても車は揺れる。

 _

( ゚Д゚)「…………」



 ふと後部座席からルームミラー越しに長岡の顔を見る。眉間にシワが寄っていた。



(‘A)「どうか…なさいました?」

 _

( ゚Д゚)「ン、いえね……。以前にもこんな会話したかな、と思いまして」



(^ω^)「そうですかお?僕らが高松に来るのはこれが初めてですお」

 _

( ゚Д゚)「あ、いや……。あなた達ではないんですよ」



 信号が青になった。

 車が発進する。高松駅が見えてきた。

 _

( ゚∀゚)「そろそろですね。私は駅のタクシー乗り場で待っていますから、いちおうナンバーを

 覚えておいて下さい。参りますので、間違えて別のタクシーに乗らないよう」



 タクシーは、きぃ、と軽いブレーキ音を立て、駅へと至る屋根つきの通路を左手にして

後部座席の左手のドアを開ける。



(^ω^)「ドクオ、先に出てくれお。右のドアから出たら雨に濡れてしまうお」



(‘A)「ああ、わかった」



 ドクオが左のドアから出ると、ブーンが窮屈そうに同じドアから出てくる。



(^ω^)「じゃあ、早めに済ましてきますお」

 _

( ゚∀゚)「そんなに急がなくてもいいですよ」



 ドアが閉められ、運転手の長岡だけを乗せたタクシーは、大通りと同じように空いている

タクシー乗り場へと滑り込んだ。



 サイドブレーキを引く。

 エンジンが切られる。

 車内は本格的な静寂に包まれる。

 _

( ゚Д゚)「しかしなぁ……」



 ひとり腕組みをしながら長岡は考え込んでいた。

 _

( ゚Д゚)「確かにあんな感じの客を乗せた気がするんだけどなぁ……。

 そう、ちょうどこんな嵐で、5年くらい前に……」



 思い切り背もたれを倒して、上空の雲を眺めながら長岡はそう呟いた。







第5章:長岡タクシー                    了





出典:ドクオ

リンク:ドクオ


告白体験談関連タグ


【職場】ふうふふふふh 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ