相互リンク先の更新情報!

【泥酔状態】知人の奥さんに中出し 【告白体験談】

カテゴリー:泥酔状態での告白体験談
tag:


やっちゃいけない事をやってしまいました。

普段からこういうサイトを見ては オナニーばかりの毎日でした。

まさか自分がここに書かれているような事を、するとは思いもしませんでした。

うまく文面に書けませんがお許しを。



学生時代からの友人と久しぶりに会いまして、知人宅にて酒を酌み交わし

昔話で盛り上がり、奥さんも子供を寝かしつけ、二人の会話に入ってきて談笑。

次の日が休日だったので深夜一時過ぎまで飲み、私もいつも以上に

飲んでしまい足元がフラフラ。

知人もトイレに行って寝室に行ったきり、、、爆睡してしまい、

奥さんもかなり酔っ払っていて、私に旦那の愚痴を言う始末。

私はかなり泥酔状態だったので、奥さんの話に適当に相槌を打っていました。



どれくらいたったのか静かになったので、ふと奥さんを見ると眠っていたので、

ソファーに寝かせてあげようと抱え上げると足がモタつきソファーに押し倒す感じで




倒れてしまい、とっさに「すいません」と言ったものの、奥さんは寝息を立てて

深く眠りについていました。



まさか知人の奥さんに、、、

そう思いながら 知人の寝室に行き高いびきで寝ているのを確認。

それから室内の電気を消して、ソファーに寝ている奥さんの

厚手のパジャマのボタンをはずすと少し垂れたおっぱいが露出。

緊張し手が震えながら乳首に触れ、舌で吸ったり転がすように舐め、

しかも終始震えながら。

ここまでしても、身体を少しも動かさないで寝息を立てて、、、

もう止まりませんでした。



全裸にしてもなんの反応もなく、奥さんの足を開きアソコを携帯のライトで照らすと

恥毛は濃くなくヒダの色も周辺も若々しく、たまらずねっとり舐め上げ

クリの部分に舌先を這わせると「うっうっ」と奥さんの声。

最初はその声でまた自分のしているとんでもない行動に冷静になり

「ばれたら、どうしよう、、、」

しかし泥酔で爆睡してるので、夢遊病状態と確信し、

先走りがダラダラ垂れる自分のJrを奥さんのアソコにゆっくりと挿入。

やはり激しくするとマズイと感じ出し入れもゆっくりと、

奥さんの両足を抱えての挿入で、奥さんの顔を見ながら、、、

深く入れると眉間にシワが、、ゆっくりと引くと苦悶の顔が安堵感に、、、

そんな表情を見ていたら、たまらず知人の奥さんの中にタップリ射精、、

とんでもない事しでかしたと、冷静な気持ちになりながらも、余韻に浸りながら、

また腰をゆっくりと動かし溢れ出る精液に興奮。

自分もこの時もうどうにかしていたのか、最初の慎重さが無くなり、

奥さんをバックの体勢にしてから、激しく動かし続け、そのまま中に射精。

奥さんはそのまま這いつくばったままイビキをかき始めたので、

ティシュで奥さんのアソコを簡単に拭き、パジャマを着せて

知人のベットに抱えて行きました。



次の日、皆 昼前に起きてましたが、奥さんも何もなかったかのように、、、

只二日酔いで、具合が悪いと言っていましたが。

私的に、知人には悪い事をしましたが、人の奥さんに中出しした満足感でいっぱいです。

またこのような事は中々出来ない事だと分かっていますが、、、またしたいなぁ。


告白体験談関連タグ

||||||||

【泥酔状態】知人の奥さんに中出し 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:泥酔状態での告白体験談

このページの先頭へ