相互リンク先の更新情報!

【出会い系】ミク友M央 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


ケイです







生きてますよ







今回はmixiでメッセージくれたM央との体験です





M央は奈良に一人暮らししてた経験のある大阪人。





僕とはもっぱら奈良の家の話で盛り上がる。








そして、遊びに来たいということに。





遊びに来たらもちろんえっちぃ事するよね〜なんて、





お互いやる気満々。





そして会う約束はしたんだけど。。。





僕が大阪にいるから天王寺で会おうという事に。





ブックオフで待ち合わせ。





見てみると。。。





そこには笑顔の可愛らしい女の子が立っていた。





『ども♪どこ行きます?』てな感じでカラオケに行ってみる。





休みの日だったのでえらい人。。。





なんで、





またしても漫画喫茶へ。。。





そして二人でカップル個室のフラットとかいう何も無い部屋へ。。。





ゆったりと寝転がる二人。。。





ふいにM央の耳に僕の舌が這う。





『ひっ。。。』





ビクッと一瞬硬直するM央。





僕はM央の耳から首筋にかけてを舌先で軽く優しく舐めまわす。





『んっ。。。ひっ。。。ぁ。。。』





悶えながら感じるM央。





僕は彼女の胸に手を伸ばした。





服の上から僕の手がM央の胸を包みこむ。





形のよいふっくらした胸だ。





僕はM央の服の胸元から手を差し込み胸を揉んだ。





『ん。。。だめ。。。声出ちゃうよ。。。』





乳首をピンッとはじいてみた。





『んん。。。ぁ。。。だめだって。。。』





僕はグイッとM央のシャツを脱がせた。





薄明かりの中に露わになるM央の胸。





僕は後ろから胸を両手でゆっくり優しく包みこんだ。





『ふぅ。。。ん。。。んん。。。』





僕は指先で乳首をコリコリと刺激した。





『んん。。。あぁ。。。だめ。。。』





僕の指はだんだん激しくM央の乳首を刺激する。





『ん、んん、あぁ。。。んぁ。。。』





僕はゆっくり胸から手を話、M央を寝かせた。





上から見ると一段とやらしいM央の体に僕はそっと舌先を這わせた。





『ひっ。。。』





お腹の辺りから胸にかけてツーっと舌先で舐める。





『ん。。。んん。。。んひっ。。。』





ツーっとあがった先にある乳首を舌先でピンッと舐めた。





『ぁひっ。。。







つづく

22008年12月16日12:07ケイはいつづきです





僕は舌先をM央の体に這わせた。





時々体をよじり、感じるM央。





僕は胸までツーっと舌を這わせて先にある乳首をピンッとはじいた。





『あひっ。。。』





M央の体は電気が走ったようにピクッとなった。





僕はM央の乳首に吸い付き、口の中でそれを転がした。





『ん。。。んん。。。ぁ。。。ぁん。。。』





僕は片方の乳首を舐めながら、もう片方を指先で弄んだ。





『ぁ。。。うぅん。。。ん。。。ふぅ。。。』





声を出すのを我慢しているM央の口からかすかに喘ぎが漏れる。





僕は指を乳首から外し、パンツの中に手を忍ばせた。





ジメッとしたパンツの中でもうヌルヌルな豆を見つけた。





『んひっ』





クリトリスに指先が触れただけで体をビクつかせ激しく感じるM央。





僕はそんなM央のクリトリスを指先でぐりぐりと刺激した。





『ぁ。。。あぁん。。。だめ。。。声が出ちゃう。。。』





僕はさらに激しく指を動かした。





『はぁん。。。だめ。。。逝く、逝く、あぁ。。。』





ピクッピクッとM央は軽く痙攣をして逝ってしまった。





僕はM央のクリトリスから指を外し、グイッとM央の中に突っ込んだ。





『んぁ!』





僕はM央の奥を指で突いた。





『ぁん。。。あぁん。。。だめ。。。だめ。。。だめぇ。。。』





僕の指はだんだんと激しくM央の奥を刺激する。





『ん!んん!ん〜、だめ。。。逝く。。。』





M央はまたしても逝ってしまった。





僕はぐったりしてるM央の服を脱がし全裸にした。





そして再びM央の中に指を突っ込み。。。





もう一方の手でクリトリスを刺激した。





『あひっ。。。だめ、だめ、だめぇ!』





M央は僕にそう言い、首を横にふった。





しかし僕は手をゆるめたりはしない。





右手は激しく奥を突き、左手は小刻みにクリトリスを刺激した。





『んん〜!ぁあ〜!だめぇ。。。』





身をよじり感じまくるM央。





『ぁあ〜、逝く逝く逝くぅぅぅ!!』





『んぁ!』





M央は体をビクつかせ、またしても逝ってしまった。





『もう。。。だめ。。。』





M央はぐったりとし僕に言った。





僕はM央の耳元で囁いた。





『もうおしまい?』





M央は、『まだ。。。』と言いながら僕のアソコに手を伸ばした。











つづく



出典:事実は小説より奇なり(ケイ)

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【出会い系】ミク友M央 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月7日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ