相互リンク先の更新情報!

【看護婦】中学2年の時だった。 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


中学2年の時だった。風邪をこじらせて入院する羽目になったんだ。

点滴をされたまま、先生の聴診が始まる。

すこしパジャマのズボンをずらしておなかを出していたら、看護婦さんに

「ごめんね、もうちょっと下にするね、」と言われ、腰の下までずらされた。

その時に、生えかけの毛を見られた屈辱と恥ずかしさは今も覚えている。

その後、先生から看護婦さんに「座薬入れといて」と指示があり、

先生は病室を出て行った。

すっごい嫌な予感は的中した。27,8の綺麗な看護婦さんにケツの穴を見られるのだ。

まだ14歳の純情な俺は、女の人の前で裸になった事など一度もなかったのだ。

すごく悔しかった。看護婦さんも一緒に裸になるのなら平等だけど、俺一人がお尻を出して

その最も見られたくない部分に座薬を入れられるなど、絶対して欲しくない行為だ。

看護婦さんの指示で俺は横になり覚悟を決めた。

看護婦さんの冷たい手の感触がお尻のズボンを脱がしていく。

みるみるうちに俺のお尻は丸出しになった。小さな子供のように尻を丸め、全てを晒した。

顔から火が出るとはこのことだ。おそらく真っ赤な顔をしていたと思う。




看護婦さんはそっとお尻の割れ目を広げ、その中央に座薬を差し込んだ。

冷たい感触が肛門から脳天に突き刺さる。「すっごい恥ずかしい。」心の中でそう叫んだ。

後になって、こんな姿をクラスの女の子に見られたらと思うと、

むしろ年上の看護婦さんでよかったかな?と思えてきた。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|

【看護婦】中学2年の時だった。 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ