相互リンク先の更新情報!

【初体験】青春協奏曲 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


自分の中3の時の出来事を書きます。





俺と彼女(Iさん)が出会ったのは中2の冬。彼女は学年が1つ上で僕とは縁のなさそうなイケイケのギャルです。そして俺は本当に普通の、顔も無難な男でした。彼女は音楽関係の部活、俺は野球部でした。 そろそろ彼女が欲しいな と思っていた僕は、女関係が激しい友達に「誰か紹介してよ」と言ったところ、「いいよ、じゃあ1コ上のK・I紹介してやるよ。3年で一番可愛くて、しかもやりマンで男好きだからすぐやれるよ」と言ってきた。

「いや、そういうのいいから。」と断った。が、相当飢えていたので紹介してもらう事に。そして「お前は手出してないよね?」と聞いた。「やろうって言われたけど、大丈夫w」と友。



当時、携帯を持っていなかった俺は、PCでメールをすることにした。「こんにちわ。・・・から紹介してもらったHです。」と送った。ドキドキして返事を待つ。すると10分後くらいに「初めまして!よろしくね☆」 みたいなメールが返ってきた。「先輩方のアイドルとメールしてる!」と変な優越感に浸っていた。

メールだと強気な俺はいろんなことを聞いた。趣味、好きなタイプ、下ネタwなど。 彼女はタバコを吸ってるし、髪も茶髪らしい。うちの学校にはそんな人は結構いたので、やはり顔までは見当がつかなかった。彼女はとにかくエロイ。保健室、トイレでもやっていたらしい。メールでは「やりすぎだよ。あんまやんなよ、自分の体を大切にしようぜ〜。」みたいなことを言っていたが、「うわぁ自分にこんなこと語ってる!!」という気持ちから、軽く興奮していた。



それから会う事もなく、というより会う勇気もなく、メールをしまくる日々が続いた。

相談も受けたし、こっちもした。 信じられないほど、絆が深まってる  と実感していた。

もぅ会わないで、このままでもいい。 という気持ちさえ芽生えていた。

そうしているうちに、受験シーズンも終わり、先輩の卒業式が近づいていった。










卒業式・・・

これでIと会わずに終わるのか。それもいいのかな  と思っていた。

正直顔はみときたかったなぁ と思っていた最中、彼女を紹介してくれた友Rが「おい!次I来るぞ!」 と慌てていた。 「何?えっ?」 と僕。 

・・・・・「そうだった!卒業式は個名を一人一人よばれるんだった。」と思い出し、視力を限界まで極め、凝視した。「K・I」「はい!」 と返事をする彼女。 顔はとても可愛かった。黒い髪で(卒業式なので戻したらしい)、めがパッチリしてる。芸能人でいうと、、鈴木えみの背を162cmくらいにした感じ。 僕は一目ぼれだった。しかしお互いをかなり知っているので妙な親近感があった。   無事に卒業式が終わった。 彼女は泣いていた。友達と抱き合いながら「ぅあ〜ん」みたいな声を出して。 その姿がとても愛らしく、ギャルというイメージはふっとんだ。 かなり盛り上がっていたので、お邪魔なうちら2年は下校。 



が、そのとき、タメの女子が「H!! I先輩が探してるよ!」 といってきた。

心臓が破裂しそうになっていた。「hうgqwbc。いlr!!!」みたいなw 彼女はまだ泣きながら「H〜どこぉ〜(;´∩`;)」と徘徊していた。 俺との距離は3mww  俺の心境など知らない女子が「H先輩!!ここ!」と俺を指差し、捕まえている。「何でH先輩があんたの事探してんのぉ?」 と聞いてきたがシカト。 それどころじゃない。

そして、、「やぁっと会えたねぇ〜アタシI。 改めてヨロシクね」とI。

「うん・・・よろしく。とりあえず、これ使いなよ」とグチャグチャのポケットティッシュを手渡す。「ありがど〜〜」と泣きながら鼻をかむI。15分くらい友達の女子に繋いでもらった。

そして、「あたし行かなきゃ、、またメ〜ルするね! あっ、最後に写真とろうよ!」とI。

「あたし撮ってあげるよ!」と女子。俺の腕にくっついて、笑顔で写真をとった。おれはさっきから相槌しかしてないw



これは夢だったんじゃないか  と思いながら家に帰り、メールの受信BOXをみると、「今日はありがと!あえて嬉しかった。これからもよろしくね!」と入っていた。Iからだ。俺は  今しかない!! と変な確信をし、思い切って告白した。ダメもとで。。 すると「うん・・いいよ!」 となんとOK!!! 俺はガッツポーズをし飛び上がった。 今度会うことになった。











俺は中3になり彼女は高1。 落ち着いてきたので会うことに。「あたしんちでいいよw」とI。

期待で胸膨らませ公園で待ち合わせをした。彼女は高校の入学式の帰りで、俺とおち合うという感じ。俺が家からでると雨が降ってきた。「I、傘もってねぇだろうな」と思い、ビニール傘を1つ持っていった。  5分くらい待つと彼女がやってきた。「雨でびしょびしょだよ〜」とI。

「大丈夫?はい傘。」と俺。「ありがとぉ。あたし高校でいきなり髪が茶色いとか言って注意されたし! マジ・・・・・・・」などと愚痴を聞きながら彼女の家に向かった。 



家に着き、彼女の部屋に入った。めちゃくちゃ汚い。 ブラジャーやらパンツやら飛び散っていた。  これは俺を誘っているのか!?  と勝手な想像をしていた。 「今日ねぇ〜、いきなり課題だされたのぉ。 H、頭いいんだから、一緒に手伝って♪」とI。めんどくさいが、OKせざるおえなかった。 今日はとりあえず、国語をやることにした。 簡単な漢字も分からないI。ほとんど俺がやった。

そして、とても難しい問題が出てきた。 「できねぇよコレは」 といったら、「じゃあさ、これできたらチュウしてあげる」 といってきた。俺はチェリー、そしてキスもしたことがなかった。脳をフル活用して問題に挑む。(誰だよ俺w) そして「できたよ」と言い、答えを確認する。Iは「おぉ〜合ってるよ! ご褒美あげなくちゃね」と笑い、目を瞑って「ん!ん〜」と口をほんの少し尖らせてきた。 俺は一回ブレスケアw こんなこともあろうかと爽やか吐息をいそいで噛み砕く。 そして・・・GO! 最初はフレンチな感じだった。が、経験豊富なIは未経験な俺の口に舌を入れてきた。 俺の股間はジーパンに痛いほど反抗している。 静かな部屋にDEEPの音が響く。「んっ、んっ・・・」ピチャピチャと、もぅめまいがするくらいエロイ音が響いている。40秒くらいした後(終わり際が分からなかったw)に、お互い抱き合った。そして「H、口辛いww」とI。「爽やかだった?」と意味の分からない弁護、俺。 



彼女の部屋にはロフトがある。そこでいつも寝ているらしい。俺はやりたくてしかたなかったので「俺、眠くなってきたから寝るね」と、普通は女の子から言う言葉を俺から言ってしまった。情けない↓ 「いいよw あたしも行く」とI。彼女は音楽をかけた。バレエでよく流れる、協奏曲だ。(彼女はバレエを習っている) もぅこれがチャンスだと思った。

そして布団に潜る俺達。  



そこでまたDEEP。抱き合ったまま、AVでみたように胸を揉む。「あっ、はぁ。。」と初めて女性の声を聞いた。服を脱がし、(俺はなぜか全裸w)ブラジャーがとれないで苦戦していると「違うよwこうだよ」と自分でとってくれた。 目の前に鈴木えみ似の彼女の生のおっぱいがある。左を舌で攻め、右の乳首を指で摘まみ、転がすと硬くなってるのが分かる。「ああっ、、はぁはぁ、んんっ」と体をくねらせて喘ぐ彼女。経験豊富な彼女が、チェリーな俺の行為で、感じてくれてると思うととても嬉しかった。ここまでたどり着いた俺、長かったなぁ。。



愛(もう本名言っちゃいます!)の顔が火照ってきた。俺が「下もいい?」と聞くと「・・・うん・・」と答えた。 スウェットを脱がし、パンツの上から手をもぐらせてみると、とても熱く、ヌルヌルしていた。豆くらいの、出っ張った部分がある。そこを親指で転がし、中指でアソコに入れてみると、「ああぁ!ぃい、はぁはぁ・・・いぃよぉ・・」とブリッジ状態になっている。人差し指も入れて、乱暴にかき回す。「はぁっ! んんん〜〜・・・いぃ・・はぁはぁ・・・・」と喘いでるところにDEEP。「んん〜んん〜・・・はぁはぁはぁ〜・・・ああぁっ」とDEEPどころじゃないらしい。たまらなくなり「いれるよ・・・」と聞くと「早くゥウ・・・・」と愛。パンツもビショビショ、アソコも真っ赤に腫れ上がっている。息子をアソコにあてがると、スルッ! と呆気なく吸い込まれた。「あああ〜! ヤバイ出そう・・・超気持ちィ・・・」と俺。するとヒクヒクとアソコを締めたり緩めたりしてくる。 「・・・今度はアタシ♪」と俺が下になり彼女が上に乗る形になる。騎上位だw 俺は何もわからないので動かないでいると彼女は腰を振ってきた。「あっあっあっ・・・はぁはぁはぁ。。。ん〜」と感じている。 いきそうだったので「待って」と言い彼女を寝かせる。 そして正常位になり俺から攻める。

「あん・・・あ・・ん・・・はぁっはぁっ・・・あああああぁぁぁイイ・・・」

「ヤバイ。。。もういっていい?・・・」

「あっ・・あっ・・・メッチャ気持ちいぃよぉ・・・」

シカトかよ!w と思い「もぅいくよ!んんんん・・・」無我夢中で腰を振る俺。

「いいよぉ・・・愛ん中に出して。。。ああああぁぁぁっ!あっ!はぁはぁ・・・んっ・・・・・」

「あっ。。んっ、、、中に・・・出しちゃった。。はぁはぁはぁ」

「ぅん、、ぅん、、・・・・気持ちいい〜・・」愛はぐったりしている。おれは自分のモノをティッシュで拭き、愛から流れ出るものも拭いた。「あっ、ありがとw・・」と恥ずかしそうに言った。「俺上手かった?」と聞くと、「下手くそ・・・」と愛。 「立てる?」と聞くと「無理w」

とはにかんでいる顔がとてもいとしくて、キスをした。





その後、彼女はバレエがあるので駅まで送っていった。「フラフラで踊れなかったら許さないかんねw!」 と愛。「知らないよw」と俺。



初めて体験談を書いたんで、長かったらすみません。彼女とは今でも連絡はとっていますが、あれが最初で最後のSEXでした。あれから2ヶ月くらいあと、俺たちは高校生、中学生で会う暇がない という理由で別れました。 読んで頂きありがとうございました。


告白体験談関連タグ

||||||

【初体験】青春協奏曲 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月8日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ