相互リンク先の更新情報!

【芸能人】さあ、早く舐めてくださいよ、早く! 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


833:水先案名無い人:2008/02/29(金)11:42:44ID:47v1Q/hA0

「さあ、早く舐めてくださいよ、早く!」

レナは正座するAカツの前に立ち、むき出しの局部をAカツの顔に突きつけた。

「わかった…。」Aカツはレナの花弁に顔を近づけ、舌を出して、静かに舐め始める。久々の快感にレナの

体がビクンと震える。

「んっ……んんっ……あっ……。」

しかし何か違和感があった。いつもの、痺れるような快感ではなかった。むしろもどかしさを感じる。

「ほら、もっとちゃんと舐めてくださいよ!」

リナは苛立ってAカツの頭を抱えて、自分の股間に押し付けた。Aカツの舌が花弁の中に侵入してくるが、

それでも状況は変わらなかった。

「もういいです!じゃあ今度は馬になってください!」

Aカツは顔をレナの股間から離し、言われるがままに四つん這いになる。レナはAカツの背中にどすんと

またがる。Aカツはそのまま黙って、狭い部屋の中を回り始めた。

「ほら、もっと早く、もっと早く!」

レナはテーブルに置いてあった鞭で、Aカツの尻を打った。Aカツは低く呻き声を漏らしたが、黙って




周回を続けた。レナもそのまま黙りこむ。違う。私のしたかったのはこんなことじゃない…。



今まで、レナは泥酔してAカツに女王様ぶりを発揮したことは何度もあった。しかし素面に戻った時、

その時の記憶はほとんどなく、ひどい姿で失神しているAカツに平身低頭して謝ってばかりだった。

深層意識では、日頃のAカツの仕打ちで抑圧されたストレスがたまっており、酒でそれが一気に爆発する

こともあるが、通常の状態では、やはりAカツはレナにとっての絶対君主だった。Aカツに支配されること。

多少の苦痛のあとに訪れる、めくるめく官能。それがレナにとっては何よりの幸福だった。それが今はどうだ。

Aカツは自分の尻の下で、唯々諾々と、馬になっている。こんな弱々しい姿は、Aカツではない。

自分は今、Aカツを傷つけると同時に、自分自身の幸せをも傷つけている…。レナの瞳に突如涙が溢れた。

「ごめんなさい、ごめんなさいAカツさん!もう、やめてください……!」







834:水先案名無い人:2008/02/29(金)11:49:58ID:47v1Q/hA0

レナはAカツの背中から降りると、いきなり泣きじゃくり始めた。Aカツはそんなレナを呆然と見つめた。

「生意気言ってごめんなさい。もう言いませんから……私、Aカツさんに捨てられたんじゃないかと思って、

怖かったんです……だから、Aカツさんがこんな格好で来てくれたのに、本当はうれしかったのに……

Aカツさんが土下座する姿を見たら、意地悪したくなっちゃったんです……ごめんなさい……。」

「……レナ……。」

「でも、やっぱり駄目。Aカツさんはやっぱり強気でレナに命令してくれなきゃ、Aカツさんじゃないんです。

ごめんなさい。何でもするのはレナのほうです……だから、許してください……捨てないで……。」

大粒の涙をこぼすレナの姿に、Aカツの胸にもこみあげるものがあった。ぎゅっとレナを抱き締める。

「すまなかった。本当にお前には悪いことをしたと思っている。ただ…反省しているから、あまり深く追及

しないでくれるか。俺にも体面というものがあってな…。」

「ええ、もういいんです…。こうしてAカツさんが抱き締めてくれるなら…レナ、Aカツさんを信用します。」

「すまない、ありがとう……。」

「奥さんがいると知っててこういう関係になったんですから、多少のことは覚悟の上です。例え、Aカツさんが

両刀使いだって…。」

「………え?」



「それもPリエさんとああいう関係だったなんて、誰にも言いませんから。一生レナの心にしまっておきます。」

「………!!!………」

どうやら、レナはカトリーヌをPリエ本人だと思いこんでいるらしい。しかし説明するとややこしいことに

なりそうなので、この場は黙っておくことにした。

「あ、あれは……本当に一時の気の迷いでな…。悪い夢を見ていたんだ。今なら断言できる。レナ、お前が一番だ。」

「うれしい、Aカツさん…。いつものように、レナを指導してください…。」

二人はキスをすると、お互いの唇を貪り合う。抱き合ったまま、ベッドに倒れこむ。唇を重ねたまま、Aカツは

レナの下腹部に手を伸ばした。花弁の中に指を差し込み、レナのGスポットを刺激する。





835:水先案名無い人:2008/02/29(金)11:50:30ID:47v1Q/hA0

「んあっ!……あんっ……あっ…はああっ!……あうっ!」

Aカツの指技で、レナの花弁からたちまち蜜が溢れ出す。これだ、この感覚だ。全身を貫く稲妻のような快感。

さっきまでの形ばかりの愛撫とはまるで違う。レナの体は、完全にAカツに支配される喜びを感じていた。

「さっきはあんなことを言っていたくせに、もうこのザマか……馬鹿じゃないのか!」

レナの愛液まみれの指を見せつけながら、Aカツはニヤリと笑った。もうすっかり元のAカツに戻っている。

(これでいい。これでこそAカツさんだわ。意地悪で、勝手で、変態で…。でも私の大好きなAカツさんだ。

お願い、もっとレナをいじめて…。)

レナの心の声が聞こえたかのように、Aカツは愛液に濡れた指をレナの口に突っ込んだ。

「さあ、舐めろ。自分のスケベ汁の味はどうだ?」「むごっ!…んぐ……んんっ!……んっ!」

苦しそうな表情を浮かべながらも、レナの目は喜びに輝いていた。したたる蜜が、レナの太腿をつたわって、

ベッドのシーツも濡らしていく。



Aカツはレナのジャージとブラを剥ぎ取って、全裸にする。右手で再びレナの秘部をいじくりながら、口で

レナの乳房にむしゃぶりつく。さっきの夢を思い出して、レナの体にまた電流が走る。

「あっ、ああっ!……んあっ!」

「大きな声を出すなよ。今、何時だと思っているんだ。」

ニヤニヤ笑ったAカツはレナの口を手で塞ぎながら、逸物を挿入した。すでに濡れきったレナの秘部に潜り込む。

「んんっ!…んっ!……んんんっ!……んーっ!」

激しく腰を動かす。レナも全力でその動きに応える。しばらく体を接していなかったせいか、ほどなくAカツは

絶頂に達し、射精する。レナの体がびくびく震えた。



Aカツが口から手を離すと、レナは荒く息をついた。呼吸が整うと、レナは小声で言った。

「Aカツさん、明日は午後からの騎乗ですよね……もう少し調教におつきあい願えますか?」

「まったく……本当にレナはスケベな女だな。」

二人は抱き合ったまま、2回戦に突入していった……。



※この物語はフィクションであり、実在の人物とはたぶん関係ありません。





836:水先案名無い人:2008/02/29(金)13:15:56ID:c22lIiWM0

オタ小説はオタにしか楽しめないと言う事がよくわかった。





837:水先案名無い人:2008/02/29(金)13:20:10ID:s6/+zldg0

836

読まなかったけど、お前のレスでそれが正しい判断だったと確信した



出典:パッカ

リンク:パッカ


告白体験談関連タグ

||||||||

【芸能人】さあ、早く舐めてくださいよ、早く! 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ