相互リンク先の更新情報!

【出会い系】さつきちゃん 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


さて・・・、今回からは「さつきちゃん」女子大生19歳です^^。





えー・・・、ずばりパイパンです・・・。





パイパンご存知ですか???、あっ、知ってますね失礼いたしました^^、





そうです・・・、おけけが無いんです><。





いあ、ないというより剃ってあるんですが・・・、








つゅるっつゅるです><。。





てゅるてゅぅーです・・・、





くっるくーです・・・、ってそりゃ鳩ですwww。







・・・。







何度かメールのやり取りをさせていただき、お会いする直前の爆弾発言・・・







「実は私・・・、会ったらビックリしますよ^^」









・・・







そんな事言われたら気になるじゃないですか><、





まさかちんこが生えてるとか・・・、





不安にかられ事前に聞いてしまいました><、





すると元彼におまん○の毛を剃られたとの事・・・。





念の為におまん○写メを送っていただきますと・・・、





はううぅー><、ツルっツルです、こうなるとどんな子か気になるじゃないですか・・・、





お顔も送っていただきますと・・・、





はううぅぅぅうううううう><・・・・、かっ・・・かわいい・・・、なのにパイパン・・・。





こんなかわいい子が恥ずかしいお仕置きして欲しいなんて・・・、





うーん・・・、マトリックス(謎)。。





いあ、今ちょうどTVでマトリックスをやっていたので^^。

(昨日ココの部分は見ながら書いてました^^)





ちなみに手に塗るハンドクリームってご存知ですか^^??。







・・・。





そうです^^、それはアトリックスです^^。















・・・。











・・・。







さて当日・・・、お会いさせて頂くのは都内近郊。





もちろん48の必殺技の一つ・・・、「ノーパンで来て下さいね^^」攻撃発動、にゃははっw。







はい、ワンパーターンですスミマセン><。。







某駅にて待ち合わせを致しまして、お会いさせていただきますと、





あわわっ、写真よりさらにかわいいじゃないですかぁあああ><、





僕ちゃんどうしましょ^^、





こんな子がノーパンしかもパイパン・・・、夏はく水着は海パン^^。





そして僕の下半身はマトリックス、いあそれでは訳わかりません・・・。





さつきちゃんの下半身はパイパン、僕の下半身はパンパン、うひゃ(アホ)。





ごほっごほっ・・・。







一応車の中でおま○この確認です^^、いあね折角なんでね^^。。





でました><。。









いやらしいおまん○が丸見えです^^、このままで少し車走らせます^^。







[壁]|・ω・)じーーっ。。







「さつきちゃん恥ずかしいですよー^^、周りからおまん○見えちゃいますね^^」







「はっ・・・はい・・・はっ・・・恥ずかしいです><。。」





スカートをめくり上げたまま少し走り・・・、





コンビニにてちょっと買い物です、ノーパンで^^。





その後コンビニの駐車場にてカシャカシャ写真撮っちゃいました^^、てへへっw。









ちょっと触ってみますと・・・。。





はうっ><。。







(≧∇≦)b。。







o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o。。。









あわわっ(゚Д゚≡゚Д゚)・・・、「くちゅくちゅ」ってなりました・・・。





さつきちゃんは、えっちで困ったチャン^^、





そして僕は、えっちで困ったおっちゃん(゜∀゜)・∵.。









・・・。







まだおっちゃんではありません・・・、いあ・・・、おっちゃんか・・・。







その後はホテルへ移動です^^。。





念のため(何が念の為か分かりませんが・・・)、





「じゃまたおまん○撮りますねー^^」









カシャカシャ・・・。。









中へ入りますと・・・、あれ???、なんと満室・・・。







こんな平日真昼間からみんな何してるんだよー、





全く仕事しろってーの(ちなみに僕はお休み)。





待合室で待ったのなんて生まれて初めてです、





致し方ありませんので・・・、ハイもちろん手マンです(≧∇≦)b。





パイパンおまん○は既に・・・くっちゅくっちゅでぬりゅぬりゅしてますー^^。。





「さつきちゃん声は出してはだめですよ、聞こえちゃいますからね^^」





「はぃ・・・」







ぺちゃ・・・グチュちゅ・・・ねっちゃ・・・・・・・。





「ぁぁぁぁ・・・」





「ダメでしょ^^、声出さないで下さい^^」





ベッチャベッチャ・・・グチャチャチャチャチャチャチャ・・・。





「んっ・・・、んぁぁ・・・」







そんなさつきちゃんのパイパンツルツルグチュグチュおまん○(長いか??)を触っていますと・・・、







突然・・・、







プルルルルルルゥウゥゥウウウーーーー。。







ビクンっ(゚Д゚≡゚Д゚)。。







ちょービビッタ、電話の音でした><、





僕小心者なんで焦りました(笑)。。





結構すぐ空いちゃいました、お部屋が・・・。





さて、待合室にて48の必殺技の一つ、手マン攻撃が発動した訳ですが、





必殺技でもなんでもないですが、とにかくさつきちゃんおま○こはクッチュクッチュになってしまいました><。。





その後部屋に移動致しまして・・・、







はい(≧∇≦)b、もちろんさつきちゃんの為の、皆さんの為地球の為の撮影会です^^。。





なんたって僕はエコロジー^^、そして・・・。





はい、やめておきます・・・。





ちなみに僕の為ではありませんので誤解のないようお願い申し上げます(笑)。





世界平和のためです(アホ)。。





「では、さつきちゃんスカートめくって綺麗なおま○こ見せてくださいね^^」







「はい^^」







んっはー><、めっちゃいい子(≧∇≦)b。。





つつつつつっぅぅぅぅううううう・・・、スカートめくるイメージ音(爆)





めっちゃいやらしいです><。。





丸見えですよ、ま・る・み・え・(≧∇≦)b。





僕ちゃん幸せですo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o。。









では、今度はいやらしいおま○こをUPで撮りますよ^^、恥ずかしいですねー^^。。





[壁]|・ω・)じーーっ。。





僕は間近で・・・、





カシャカシャ・・・。







こんな写真撮られて、みんなに見られてしまうかも知れないんですよー(゚Д゚≡゚Д゚)。。







[壁]|・ω・)じーーっ。。





カシャカシャ・・・。





「うわー、さつきちゃんのいやらしいおま○こ丸見えですー^^」





「透明ないやらしいえっちなお汁が糸ひいてますよぉー(≧∇≦)b」





「はっ・・・はい><、恥ずかしいですぅ〜、ポッ(。-(ェ)-。)人(。-(ェ)-。)ポッ」





「さつきちゃんは恥ずかしい格好を見られるとおま○こからえっちなお汁が流れちゃうんですね^^」





「いやらしい子ですねー^^、えっちで困った子ですよ^^」。





「はっ・・・はい・・・」





「ダメじゃないですか( ̄д ̄)、こんなにおま○こクチュクチュにして、全く^^」





「ごっ・・・ゴメンなさい・・・」





「そんな悪い子にはお仕置きデスよ(≧∇≦)b」





ココで僕の得意技48の一つ・・・、必殺お尻ペンペン発動!!!!。。





「おまん○の毛が少し伸び始めてますから後で剃りますからねー」





カシャカシャ・・・。





「うわー、さつきちゃんのいやらしいおまん○丸見え」



「透明ないやらしいえっちなお汁が糸ひいてますよぉー(≧∇≦)b」





「はっ・・・はい><、恥ずかしいですぅ〜」





「さつきちゃんは恥ずかしい格好を見られるとおまん○からえっちなお汁が流れちゃうんですね^^」



「いやらしい子ですねー^^、えっちで困った子ですよ」。





「はっ・・・はい・・・」





「ダメじゃないですか( ̄д ̄)、こんなにおまん○クチュクチュにして、全く^^」





「ごっ・・・ゴメンなさい・・・」





「そんな悪い子にはお仕置きデスよ(≧∇≦)b」





ココで僕の得意技48の一つ・・・、必殺お尻ペンペン発動。。





「ほら・・・、さつきちゃん・・・、ベットの上に四つんばいに」







「そうそう、もっとお尻を突き出して・・・」





「頭を下げて、お尻だけ突き上げるんですよ・・・」





「こっ・・こう・・で・・すか」





「そうだね、後ろから見るとおまん○もアナルも丸見え・・・」





「恥ずかしいですね、パックリよく見えますよパイパンのおまん○も・・・」







「あー・・・、恥ずかしい格好」





ここでもパックリおまん○とアナルの写真を撮ってあげます。





カシャカシャ





そして僕はおまん○の割れ目に沿って・・・指を・・・。





ちゅぷぷぷっ・・・くちゅ・・・。





「ほら・・・、おまん○クチュクチュさせちゃって・・・」





「エッチな透明なお汁が糸ひいてますよ」





カシャカシャ。。





そして触るか触らないかのやさしいタッチで、





アナルの周りから・・・おまん○の脇に沿って手を這わせていくと・・・





「んっ・・・んっ・・・、ぁぁぁああ”ぁぁあ”ぁあ」





「あれ??、まだ何もしていないじゃないですか」





と言いながらも、僕はアナル・・・そしておまん○の周りに指先を這わせる・・





つつっつつっつつつっつつつぅっぅぅっぅぅぅ・・・・





「あ”ああぁ”あ”〜・・ぁぁあああ”あ”ぁあぁっぁ」







「あれ?、さつきちゃん・・・軽く指先這わせてるだけなんですけど・・・」





「はっ・・・ぁっぅんっく・・・はっはっはっ・・・」





息使いが荒くなっている・・・、指先の軽いタッチが効いているのか・・・、





ちなみに彼女は相当感じやすい体です^^。





「ほら・・・、こんな恥ずかしい格好で・・・」





つつっつつっつつつっつつつぅっぅぅっぅぅぅ・・・・







・・・。







「ぁぁあああ”あ”はっ・・・ぁっぅんっく・・・ぁぁあああ”あ”・・・」







「きっ・・・きもち・・・いい・・あぁっあああ・・・ん・・・で・・・す」





つつっつつっつつつっつつつぅっぅぅっぅぅぅ・・・・





「恥ずかしい格好ですね・・・いやらしい子ですよさつきちゃんは・・・」





と、話しかけながら・・・這わせた指を離し・・・、





「ほらっ!!!」





ぺっしぃぃっぃいいいん。。







「”ああぁ”あ”〜・・ぁぁあああ”あ”ぁあぁっぁ」







「ほらっ!!!、恥ずかしいおまん○ですよ^^」





ぺしぃぃっぃいいいん。。





「ぁぁあああ”あ”はっ・・・ぁっぅんっく・・・ぁぁあああ”あ”・・・」





「ごっ・・・ごめんな・・・さ・・・い」







そしてまた触るか触らないかのタッチで・・・、





つつっつつっつつつっつつつぅっぅぅっぅぅぅ・・・・





「ん”っ・・・ん”っ・・・ぁぁぁぁあああ”あ”はっ・・・ぁっぅんっく」





「きもち・・・いい・・・いい」







「ほらっ!!!、たたかれて気持ちいいんですか^^??、変態ですね^^」





ぺちぃぃっぃいいいん。。





ぺしぃぃっぃいいいん。。





「ひっ・・・ひぃぃ・・・んぁっ・・・あ”ぁぁあああ”あ”ぁあぁっぁ」





「ぁぁあああ・・・変態です・・・変態です・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」





「ほら、動画で撮ってるよ^^、皆に見られちゃいますよ^^」





(動画削除)













「ぁぁあああんぁっ・・・あ”ぁぁあああ・・はず・・か・・し・・・い・・」







「ほらっ!!!」





ぱちぃぃっぃいいいん・・・・。。





「じゃ、今度は仰向けになって・・・ほら・・・」





「このいやらしいおまん○がいけないんですよね・・・」







「特にここでしょ」





「ん”っ・・・ひゃぁ・・・っくっ・・ん”っ・・・ぁぁぁぁあああ”あ”〜」





さつきちゃん相当敏感になってます・・・。





クリちゃんを軽く・・・指先で・・・触ります・・・。







「あ”ああぁ”あ”〜・・ぁぁあああ”あ”ぁあぁっぁあ”ああぁ”あ”〜・・ぁぁあああ”あ”ぁあぁっぁ」





くちゅくちゅちゅちゅちゅちゅ・・・ちゃぷぷうぷぷぷっ・・・。







「ほら、おまん○がいいんでしょ、おまん○気持ちいいって言わないと」





「お・・お○・・んこきもちいいぃです・・・おまん○・・・おまん○が・・・あ”ああぁ”あ”ぁあぁっぁ」



ぺちぃぃっぃいいいん^^。。





ぺしぃぃっぃいいいん^^。。





「ひっ・・・ひぃぃ・・・んぁっ・・・あ”ぁぁあああ”あ”ぁあぁっぁ」





「ぁぁあああ・・・変態です・・・変態おま○こです・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」





「ほら、動画で撮ってるよ^^、皆に見られちゃいますよ^^」





「ぁぁあああんぁっ・・・あ”ぁぁあああ・・はず・・か・・し・・・い・・」





「特にここでしょ」





「ん”っ・・・ひゃぁ・・・っくっ・・ん”っ・・・ぁぁぁぁあああ”あ”〜」





さつきちゃん相当敏感になってます・・・。





クリちゃんを軽く・・・指先で・・・触ります・・・。





「ぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・ぁああああっ・・・」





さつきちゃんのツルツルパイパンおま○こもよーく見ると少し毛が伸びているところもあります・・・。





いっ・・・いけません><。。





はい^^、そうです^^。





この後お風呂場できれいいぃーにまた剃って上げました^^。





僕ちゃんやさしすぎ><、





コレでさつきちゃんも誰に見られても恥ずかしいおま○こになりました^^。。





いあ・・・、恥ずかしくないおま○こか???。





まぁどっちでもいいですね^^。







「さつきちゃん、せっかく綺麗なおま○こになったのですから写真撮りますよー^^」





「はっ・・・はい><恥ずかしいです><」







カシャカシャ^^。。





「はぁーい^^、いい子です自分でパイパンおま○こひらいてねー^^」。





カシャカシャ^^。







うわー、もうね丸見え><さつきちゃんのピンクのおま○こが、うっひゃーw。











・・・。。。







あっ、話変わりますが・・・。





今日下の子と買い物に行ったのですが、安全カミソリの前で子供が立ち止まったんですょ・・・。







すると子供はおもむろに・・・、







「おっ、とーちゃん^^、コレ(安全カミソリ)ママがココに使うやつだよー^^」





と、でかい声でしゃべってました><。。。







僕は「父さんママには使ってないけど、他の女の子には使ってるんだよ・・・」







なんて思ってしまった・・・、ゴメンよ息子(爆)。。







一応・・・、実話ですwww。。









・・・。







話戻ります・・・。





ココで僕の秘密のおもちゃの登場です^^。





はい、ローターです^^普通ですがw。





「じゃさつきちゃん、ローター渡しますので自分で気持イイ所に当ててみてくださいねー^^」





「はっ・・・はい・・・」











「いいですかー^^、『今からローターおま○こに当てます』って言いながらやるんですよー」







「動画で撮りますからねー、皆に見てもらいますよー^^」





「い・・今からローターを・・・おっおま○こに当てます^^」





さつきちゃんにローターを渡します^^。





ぶぶぶぶぶぶぶぅっぅぅぅぅううううううううう。







「ぁぁあああんぁっ・・・あ”ぁぁあああ・・・気持いいです><」





カシャカシャ・・・。











「うわっ、凄いですね自分でおま○こに当てちゃって」







「ん”っ・・・っくっ・・ん”っ・・・ぁぁぁぁあああ”あ・・恥ずかしいです><、でも気持ちいい・・・」







ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぅっぅぅぅぅううううううううう。





僕はさつきちゃんがおま○こにローターを当てているのを間近で見てあげます^^、その距離10センチ^^。





10センチの目の前にパイパンおま○このローターオナです、





うーん・・・。





そう言えば「ギター侍」ってどこいってしまったんでしょ???。。







まぁ、今ふっと思い出したので・・・。









・・・。











でも、コレじゃ薬師丸ひろ子もビックリですね、クリだけに。。。





さつきちゃんのクリちゃんも気持ちよくて大きくなって、ビックリと言うよりも、





ビッククリ・・・。





セーラー服と機関銃で、機関銃撃ちまくった後に言うセリフあるじゃないですか(古くて分からないかな><)、







ばばばばばばばばばばっつつっつ・・・って打ち終わった後一言・・・。







「・・・ぱい・・・ぱ・・・ん・・・」って言うんですょ、薬師丸ひろ子が!!!。。









・・・。







はいはい、そうですそのとおりです「パイパン」ではなく「カイカン(快感)」ですね、どもスミマセンでした。







僕が間違ってました、間違ってたと言うよりもわざと間違えました><。。







・・・。







戻します・・・。







ローターオナの後は・・・、ハイ・・・ヒモです・・・。







この単なるヒモが大活躍!!!!。







これ誰にでも出来ます、縛りとかではなくただ単に首からかけて引っ張るだけです^^。







こんな感じ。















その紐を引っ張り上げると・・・・。











うっはー><、めっちゃおま○こに食い込んでます><、食い込みすぎてヒモが見えなくなってます・・・。







そのヒモをおもむろに引っ張り上げ・・・・、おま○こに食い込ませますと・・・。











あら不思議^^。。



ところでさつきちゃんですが・・・。







おま○こにヒモが食い込みまくっております><。。







困った・・・どうしよ・・・・。





こんなにパイパンおま○こに食い込ませてしまって・・・。





僕は・・・、あせりました・・・





なんちゃってwww。









・・・。







そしてそのヒモを・・・。





うわぁぁああぁあぁあああ><、あせればあせるほど・・・。





(あせってないけど)。







・・・。







そのヒモを食い込みをほどこうと(ウソ)・・・、







ほどこうと左右に振ってしまいます・・・。





(わざと振ってますが)。







その度にさつきちゃんは・・・・。







苦しそうに・・・、







「ん・・・あ”っぁぁぁああああ〜・・・くっ・・・あっ・・・あうっ・・・ひゃぁぁああ・・・」





「あ”あ”あ”あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁぁあああ〜・・・」





うひぃー><、さつきちゃん苦しそうです・・・僕ピンチです><。







ピンチの後にチャンスありです(謎)。。





攻撃は最大の防御なりです、「〜ナリ」はコロ助です。。









・・・。







あせればあせるほど(あせってませんが)・・・、





ヒモはおま○こに食い込み・・・、





さらに左右に振れば振るほど困った事に・・・、





一番敏感なコリコリに大きくそして固くなったクリちゃんを・・・、





くりんwくりんw、しゅっw・・・・しゅしゅしゅしゅしゅ・・・。







と、こすってしまっているようです><。。





むしろわざとこすっているようです、わざとです^^。





さつきちゃん・・・、腰がガクガクしてます><。。







もうこうなると、やはり攻撃は最大の防御・・・。





やはりと言うより、やはぎ・・・。





やはぎというより、「おぎやはぎ」・・・。





おぎやはぎは二人ともメガネかけてる・・・。





と言いますか、ずっとめっちゃおま○こに攻撃です最初から^^。





でも、僕も困り果てまして・・・。





もうね、さつきちゃんに自分でヒモを引っ張ってもらっちゃいました><。。





「さつきちゃん^^、ほら・・・自分でもっとおま○こに食い込ませて^^」





「ほら^^、クリちゃんを引っ張りながらこするんですょ、僕見てますから」





と、言ってはいません^^。





そんな事したらさらにほどけなく、おま○こに食い込んでしまいますので・・・。





・・・。







スミマセン・・・、言ってます・・・言いました・・・。





それを僕は真下から見てました・・・、さらにめっちゃ写真も撮りました・・・。





もっと言いますと動画も撮りました・・・ごめんなさい><。。





いつも思うのですが、気分は僕プロカメラマン(アホ)。





カシャカシャって、恥ずかしい写真ばかり撮るプロカメラマン(超アホ)。





そんな写真を撮りながら考える事は・・・。







・・・。







「うーん・・・僕って・・・プロカメラマンというよりも・・・」





「言うよりも・・・」







・・・・





プロカメラマンならぬ・・・エロカメラマン(死亡)。。





話し戻りますがさつきちゃんですね・・・。





おま○こにバイブを入れながらおふぇらです(≧∇≦)b。。





あー、ちんちんめっさ気持いい><。。





めたんこ気持いい(≧∇≦)b。。







・・・。







こんな感じで。。











とてもおふぇら頑張りましたので、最後おちんこ挿入です(・∀・)おk 。。







さつきちゃんのおま○こや如何に・・・。









・・・。







クプっ・・・プププっ・・・ヌチュ・・・







「ぁあぁあああ〜・・・おちんこ・・・入って・・・」







ぷちゅちゅちゅ・・・グチュ・・・ズチュチュ・・・ネッチ・・・。





「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ」





「おま○こ・・・きもちいぃよー・・・おま○こきもちいぃぃい・・・」





ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ。。







「さつきちゃん^^、おま○こにおちんこ入っているのが丸見えですよー(≧∇≦)b」





「いやらしいおま○こ丸見え^^、おちんこ気持ちいなぁー(≧∇≦)b」





すぱんすぱんすぱぱん・・・すぱんすぱんすぱぱん・・・

(早め)





ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ。。

(ユックリ)







すぱんすぱんすぱぱん・・・。







「おま○こにちんこが入って気持いいですぅぅううううううぁぁあぁあああああ」







「おま○こにちんこが入って気持いいですぅぅううううううぁぁあぁあああああ」





「おま○こにちんこが入って気持いいですぅぅううううううぁぁあぁあああああ」





いあ、ホントにちんこ・・・、





ではなく、連呼してるのですからビックリです^^。









「ぁぁぁっぁああああああああああ・・・・・」







・・・。。





さつきちゃんがイッタかどうかは・・・











神の味噌汁・・・。









違った・・・。









神のみぞ知る(゜∀゜)・∵.。。。





(うわー、今回日記に書いてあるのと同じのここに書いてました・・・)







終わり・・・。





出典:新・ぺろよんしんちゃん

リンク:

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||||||||||

【出会い系】さつきちゃん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月9日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ