相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】聞く必要なんかない(つ) 【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


種馬雄野郎のガチホモ純愛体験談だぁょ(⌒〜⌒)

雄汁兄貴が大好きな人お待たせ(^w^)

苦手な人はスルーでよろしくぅッ!(」゜□゜)」押忍ッ!



それでは本文はじまるょε=ε=┏(・_・)┛

━━━━━━━━━━━‥…



「タロー、いいんだな」そう聞いてきた。

俺は黙って頷いた。

兄貴はゆっくりと腰を振り始めた。ズッシリと覆い被さるようになり、唇を合わせてきた。

兄貴の舌が絡みついてくる。兄貴の味、兄貴の味と思い、俺からも兄貴の舌に吸い付くようにむさぼった。

兄貴の腰の振りも段々と激しくなってきた。

息使いも荒くなってきた。「タロー、イクぞっ」と言うとバッとアナルからチンポを抜き顔の上で扱き始めた。

いよいよ兄貴がイク、兄貴に顔射される、そう思うとたまらなく嬉しかった。

「タローっ!」そう雄叫びをあげると俺の顔めがけて兄貴は何度もザーメンを放った。




ザーメンが俺の顔じゅうに飛び散った。

兄貴は放心状態。俺はビデオで見たようにザーメンが滴るチンポを咥えた。

兄貴は俺の口中でチンポをピクつかせた。

兄貴の本当の味、ザーメンを最後の一滴まで吸い尽した。

兄貴のチンポは衰えを知らない。

兄貴は無言のまま再びアナルにチンポを沈めてきた。

「タロー、複雑だけど、だけどたまんなく気持ちいいよ。」そう言いながらまた激しく掘り始めた。

「たまんねー、たまんねーよ」と繰り返し呟く。

兄貴が俺を感じてくれてる、そう思うと自然ときつく締め付けていたらしい。

「タロー、中に出すぞ、いいか?」

聞く必要なんかない、兄貴のザーメンが欲しかったのは俺の方なんだ。

俺は喜んでOKした。

兄貴がより激しく腰を振りだした。

兄貴くれよ、兄貴のザーメンたっぷり仕込んでくれ!そう叫びながらその時を待った。

兄貴は再び「タローっ!」と叫びながら奥深くにチンポ沈め、その時、ビュッビューと熱いザーメンを放ってくれた。

兄貴は繋がったまま優しく強く抱きしめてくれた。

それから後も兄貴のチンポが萎えるまで掘られ続けた。

最後に兄貴は俺のアナルからザーメン少し吸い出し、キスしながら流しこんできた。

それからしばらくして、俺も兄貴の家に転がりこみ、毎晩毎朝のようにザーメンを仕込まれている。







出典:みんなもわかってきたみたいだぁね(*^o^*)

リンク:種汁雄野郎コピペの疾走感や躍動感(o^∀^o)そんでもって男らしい日本語の美しさ(-^〇^-)ぁたしはとても嬉しいょ!(b^ー°)


告白体験談関連タグ

||||

【ゲイ・ホモ】聞く必要なんかない(つ) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月10日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ