相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】年上の嫁2 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


前編:年上の嫁1





目が覚めたら夜中の1時過ぎだった。

シャツとトランクスだけになってベッドで寝てた。

現実味がなく、夢だったんじゃないかとも思ったがヒビが入った

寝室の扉が夢じゃないことを教えてくれた。



・・・とりあえず、どうしたものか。



焦燥感のようなものはまだ心の中を渦巻いていたが、さっきまでの

怒りやイライラは現金なもので、ある程度、収まってしまっていた。



「・・・っ」

口の端からたらたらとよだれを垂れ流しながらモノをほお張るC子の痴態を




思い出して背筋がゾクッっとした。



結婚してから一度も見たことのない姿。

そういえば唇の端に赤いものがあったところを見ると派手目の化粧までしていたんだな・・・。

変なところに感心してる自分が情けなくもあり、おかしくもあり。

自分が知ってる清潔感のあるナチュラルメイクよりは、今日のような派手な化粧のが

はるかに似合ってるのは間違いない。

結婚した当初から肌のケアには熱心で化粧は肌が荒れるので嫌いなのだとよく言っていた。

俺との年の差にコンプレックスは強かったようで、若さを意識はしていたものの、

30半ばの顔つきが20代になるわけでもなく、魅力を感じることはあまりなかった。

スタイルはよかったのにスポーツブラのような、かっちりとした下着を好み、

寝るときもノーブラで寝ることなんてなかった。



そんなことを考えているとまただんだんと腹が立ってきた。

あんな状況なのに今日のC子には今までないぐらい興奮したし、魅力的に思えた。

あのC子なら俺は、時間を惜しんで求め、甘えるだろう。

確かに俺はC子の初めての男だ。それは間違いない。

だが、俺がしてほしかったセックス、奉仕を俺には一切しようとしてこず、

あんなガキに・・・。



枕元にあった目覚まし時計をつかみ、力任せに壁に投げつけた。

がちゃん!とベルまじりの音を立てて乾電池が吹っ飛んだ。



その時、ばたばたと音がしてC子が寝室の扉を開けて入ってきた。

「・・・起きたの?」

胸元とかのシワは整えてはいるものの、C子はさっきと同じブラウスの上着と

短めのタイトスカートといったスーツのいでたちのままだった。

唇も真っ赤になっており、化粧もしなおしたらしい。

目も同じように真っ赤に充血してるところをみるとあの後ずっと泣いてたのか。

やっぱり、もともと背も高く、目鼻立ちがはっきりした顔なだけに

ナチュラルメイクよりもこういった派手な化粧のほうが10は若く見える。

・・・いけない。そんなことを考えていたわけじゃないはずだ。

今のC子を見てるとだんだん怒りが萎えてきて妙な興奮のほうが沸いてくる。

頭をかきむしる俺を尻目にC子はのろのろと俺が投げつけた目覚まし時計を

拾っていた。



「・・・とりあえず、離婚届は取ってきた?」

俺は萎えてくる怒りを奮い立たせながら努めて静かにそう告げた。

「・・・」

C子は答えず、おそらく割れたであろう目覚まし時計の電池カバーを直そうとしている。

「取ってきたのかって聞いてるだろ」

そこでC子はウッウッーと嗚咽をもらしながら目覚まし時計を抱えてまた泣き出した。

「ご、、ごめんなさい。許してください。許してください。お願いします。許してくださぃ・・」

俺はハァッーと我ながらわざとらしい大きなため息をついた。



「さっきも言ったと思うけど信用できない女と夫婦でいられない。一緒に居られない以上、

信頼がすべてだよ。別の男とあんなことをする女を信頼できるわけがない」



・・・これは少し嘘が混じった。

ぶっちゃけ、浮気性の女と付き合ってたし、浮気は基本的に許してきた。

最後に自分のところに戻ればいい、という感じだった。

他の男の手垢がついた女なんて・・・なんてのは特に考えないし気にならないほうだ。

実際、俺が一番許せないのは、俺相手には拒否してた行為を他の男にしてたことであり、

浮気の事実そのものではない。

浮気なら許したかもしれない、だが俺に拒否したことを他の男に許していた時点で

C子のやっていたことは浮気ではない。

おいしいところはあくまで他の男が取っていき、俺はあくまでC子にとっての

出張が多いので面倒見る必要もない金を運んでくる都合の良い存在でしかないということだ。



「そして、キミと結婚した理由。キミの魅力は信用できる女だと思ったから。これもさっき言ったよね」

「ウゥ・・ッ・・・」

「今のキミは俺にとって魅力は0だ。夫婦で居る理由も必要性もない。まあ、幸いなことに子供も居ないわけだし」



・・・・。

そう、子供が居ない。

意図的に作らなかったわけではない。

C子とのセックスでは常に膣出しだった。

めんどうだと思いながらもC子にセックスを求めていたのは、子供が欲しかったのもあったからだ。

C子の年齢を考えるとあまり悠長に待っていられないというのもあったから。



ここまで考えて急にうすら寒さを感じた。

もし子供が出来ていた場合、俺の子かあのガキの子かもわからなかったわけだ。

今回、不慮の事態で急に自宅に戻ってこなければ、知らないままだった。

それはつまり、もしかしたら俺は一生、自分ではない別の男の子を育てるはめになってたかもしれないわけだ。



「・・・そうか、今回、偶然にも急に戻ってくることがなければ俺は知らなかったわけだ」

思い浮かんだことをそのまま口に出した。

「・・・・」

「もしかしたら勘違いしてるかもしれんから、先に言うけど、今回急に俺が帰ってきたのは別に

キミの浮気を疑ったから不意をつこうとしたとかそういうことじゃない。単純に仕事の都合だった」



だんだん声が荒くなってくるのが自分でもわかる。



「つまり、だ。知らないままわからないままでいる確率のが高かったわけだ。キミが他の男と

楽しんでるなんて微塵も疑ってなかったしな。ってことはだ、もし子供が出来たとして

あのガキの子の可能性もあったわけで、俺は知らずに別の男の子を育てることになったのかもしれないんだな!」

「待って!!それは無い、絶対にないから!信じてお願い!」

「はぁ?何を信じろっていうんだ。なんで絶対に無いなんて言い切れるんだよ」

「・・・O君とは、コンドームをつけてしかセックスしなかったから。そもそも口とか手とか胸とかが

多くて、ちゃんとしたセックスはほとんどしなかったし・・・」



・・・胸ってなんだよ。パイズリかよ。そんなことまでやってやったのかよ。俺は後にも先にも経験ねえよ。

と、また別のところで腹が立ちかけたが、俺はかぶりを振ってそのままたたみかけた。



「だから、何を信じろっていうんだよ。そんなこと見てたわけじゃねーのに生で膣出しされてたって

俺にはわからないしな」

「本当なの!それは絶対にさせてない!O君に聞いてもらってもいい!」



・・・そんなことをあのガキに聞けってか。生でしましたか?って。馬鹿かコイツは。



「わかったわかった、とりあえずOだっけ?あのガキと話をさせろ。どっちにしろこのまま

音沙汰なしってわけにはできない。キミの携帯電話を持ってこい。連絡する」



C子はのそのそと立ち上がり居間から自分の携帯電話を持ってきた。



俺はC子から携帯電話をひったくるように受け取ると着信履歴を開いた。

O.S・・・これか。

そのまま発信しようとして、ふと思い立った。

メールのやりとりをしてたんじゃないか、と。



俺はC子の携帯電話のメールを開いた。

発信先がS.Oとなっているメールがいくつかあった。

一番最近のもの、昨日の日付のを開く。



ガキからC子宛

「明日、俺すげーー楽しみなんだけど。今から想像してさっきヌイちゃったよ。また風呂に入らないと」



C子からガキ宛の返信

「もー変態なんだから。でも、なんでヌイちゃうの?明日、いっぱい私がヌイてあげるのに勿体無い」



もうそのメールだけで吐き気がしてきた。

このまま携帯電話を投げつけて壊してやろうかと思ったが、さすがにそれは思いとどまって、そのまま

S.Oの電話番号に電話をかけた。

発信音が1コールもしないうちに電話がつながった。



「あ、C子さん?!大丈夫だった?あの人、旦那さんだよね。怒られたんじゃない?俺、どうしよう。

やっぱり、なんか旦那さんは、俺のことを言ってる?!」



こっちが何も言わないうちにガキは一気にまくしたてた。

C子の携帯電話だから、C子だと思って疑わなかったんだろう。

その緊張感に欠けるしゃべりかたを聞いて一気に頭に血が上ったが、なんとか抑えつつ

「C子の旦那だけど、C子がお世話になりました」

とだけ言った。

「えっ。。!」

という声と同時に通話が切れた。

もう一回かけなおすと留守番電話サービス・・・。電源を切ったようだ。



「・・・なんだ、このガキわぁあああっ!!!」



俺は叫んで携帯電話を投げつけようとしたが、とっさに自制心が働き、向きを変えてベッドのほうに投げつけた。

ここでC子の携帯電話を壊しても元も子もない。



「とりあえず、あのガキとこんなことになった経緯を教えてくれ。あとはあのガキの詳しい話を」



C子はまだ目覚まし時計を抱えたまま、涙目でうなづいて話し始めた。



・Oには、会社で声をかけられてからいろいろと相談をするようになった。

・主な相談内容は、最近旦那が冷たい、やっぱりこんなおばさんだから

 旦那は自分のことを飽きてもっと若い彼女がいるんじゃないか、といった不安のこと。

・Oは、そんなことはない。C子さんは美人、結婚してなければ惚れてたといってくれた。

・Oは、いろいろと教えてくれ、自分に似合うファッションのことやC子に似合う格好などいろいろと

 これなら旦那さんも惚れ直すといって、自分の世話を焼いてくれた。

・Oは自分の友達も紹介してくれて、若い子に混じってカラオケをしたり、若い子に褒められたりするのがうれしかったこと。

・そうやって親しくなるうちにOは、セックスでも上手くいってないんじゃないかと言われて図星だったこと。

・自分の俺に対するセックスの時の態度はよくないと言われて、どうすればいいのかと話をするうちに

 そういう関係になってしまったということ。

・俺が出張先で浮気してるんじゃないかという疑いもあり、帰ってきたらOのアドバイスで変わった自分を

 見せて見返してやろうと思ってたこと。



実際には、一言はなすごとに信じてだのごめんなさいだのあなただけなのとか付け加えて、聞き取りにくかったが

話をまとめるとこんな感じだった。



話を聞き終わってC子の携帯電話を拾い上げメールを開いた。

確かにOからの一番古いメールは1ヶ月ちょい前、相談ごとが大半で

エロメールの一番古いのは二週間前、Oの旦那さんが喜ぶようなことを教えてあげるから、と

いったものにC子が、こんなおばさんだけど、ほんとに何も知らないから怖いことしないでね、と返事をしてるものだった。



まあ、メールなんていくらでも削除できるだろうから何ともいえないが・・・。



しかし、そうこうしてるうちにまたもだんだんと怒りが萎えてきた自分が居た。

それと同時に目の前のC子に劣情を催してきた自分も否定できなかった。

実際、C子からOとの話を聞いてる間、いらだちや焦燥感をいだきながらも興奮する自分を抑えられなかった。

今も痛いぐらいに勃起していたし、先走りがトランクスにしみを作っていた。



「・・・俺のためにねぇ・・・ものは言い様だな。」

「ウッ・・ウー・・ごめんなさい、許してください。もう絶対に二度と誓ってこんな馬鹿な真似はしません。

 なんでも言うこと聞きますから、離婚だけはしないでください。捨てないでください」



涙声で呻くC子。

もういい加減、いつまで目覚まし時計と遊んでるんだよ・・・と妙なことを思った。



「まあ、いいや。とりあえず明日、そのOとやらの家に行くから。住所とかもわかるんだろ?」

「・・・ハイ」

「ただで済ます気はないし、あのガキにはきっちり話をつけさせてもらうから」

「・・・ハイ」



ひたすらうなづくC子。

それを見てると本当に自分を抑えられなくなってきた。



「でさ、さっきなんて言ってたっけ?手とか口とか胸だっけ?あのガキにいろいろしてやったんだろ?」

「・・・ハイ」

「胸ってなに?おっぱいのこと?パイズリまで出来るようになったんだ、へーすごいな」

「・・・ごめんなさい」

「さっきもさ、自分で乳首をすごいつまんだりしてたよね。くすぐったいからあまり触られたくないとか

言ってなかったっけ?」

「・・それは、なんか変になりそうだったし、変になったら嫌われるかと思って・・・」

「ふーん、そう。俺相手には変なとこ見せたくないけど、Oとかいうガキには見せれたんだ」

「・・・ごめんなさいぃ・・」

「なんて言ってたっけ?俺のために覚えたんだっけ?ほんと適当なことばっか言ってるよな。

何が俺のためだよ、そんなの一度もしてくれたことねーじゃん」

「・・・・」

「いいや、もう寝る。明日は覚悟しとけよ」



C子はひっ、という声をあげてまた「違うの、本当に違うの」などと言いながらこっちへ寄ってきた。

俺は寄ってきたC子をつかんで引き寄せ、まだノーブラであろうブラウスの胸の先を右手でひねり上げた。



「んっ・・・ああっっあんっ」



C子は抵抗もせず、なすがままになってる。

赤い唇は半開きになって、今にも口の端から唾液がたれてきそうだ。

・・・Oとかいうやつにどれだけ仕込まれたのか、それとももともとそういうところがあって

本人が言うように俺に遠慮して隠してたのか。



C子は俺に乳首をひねられながら、半開きになった口元に指をあてくわえはじめてる。

俺の行為を見て許してもらえるとでも思ったのか、心なしか充血した目元が笑ってるようにすら見える。



「何を笑ってんだ。俺が昔さわったときはあれだけくすぐったがっていたのに・・・」

「ん、、、あんっ、ごめんなさい、あのときはほんとに変になりそうで怖かったの」



はいはい、そうですか。

あのガキにはその変になった自分を遠慮なくさらけ出したわけだな。



俺は左手で乳首をひねりながら、右手をC子の股間に滑り込ませた。

タイトスカートをずりあげると、黒いストッキングの舌に白っぽい下着が見える。

ストッキングの上から乱暴に指を股間に押し当てる。



「だっ、だめです。ああんっ・・」



ひときわ高い嬌声をあげるC子の股間は、下着とさらにストッキングをつけてるにかかわらず、

湿ってべとべとになっていた。

俺の股間と乳首をもてあそぶ乱暴に指でこねまわした。

以前じゃ考えられなかったぐらいのいやらしい声をあげ、俺の指の一挙一動に反応するC子。

俺はその声に誘われるかのように興奮の赴くまま、着衣の上からC子の体のあちこちをこねる。

C子の胸に顔をうずめて、胸の谷間に鼻先をこすりつける。

C子も俺の顔を抱きかかえより強く胸に押し当てようとしてくる。

俺の頭を腕全体で抱き寄せながらも、C子のその指先は俺の耳へと忍ばせてきて軽くつついたり

引っかいたりと忙しくうごめいていた。



「あっあああっ・・・もう、もうだめ、好き好きなの、ごめんなさい。許してっ・・・んっあ・・」



うなされたかのように声を漏らすC子は、俺の頭を抱きかかえる手に力を入れると

両手のひらを俺の頬に当て、強引に俺の顔を上に向かせる。



「・・・むーー、んあっ・・」



口の端に唾液を光らせながら、真っ赤な唇から舌を突き出して俺の口に舌をねじこんできた。



「んっ、あっ舌をだひて・・・」



俺の口から唇を離すと俺の頬をなめながらC子はつぶやく。

俺が言われるままに舌を出した瞬間にC子はその舌に吸い付き自分の唇の中に引き入れねぶる。



「うううううっ・・・」



俺はあまりの興奮にもうなるようになれという感じだった。

あのマグロだったC子はどこへいったんだ。

C子はひとしきり、俺の顔を舐め回した後、脱力する俺の腰を持ち上げその下に自分の膝を

すべりこませてきた。



「本当に信じて、O君にもしなかったことをやるから、はじめてやるから・・・」



息を荒立たせながら、C子は言う。

C子は、俺のトランクスからモノを取り出すと右手でしごきつつ、左手の指を口に咥える。

口に咥えた指で自分の唾液をかきだすようにし、その唾液を俺のモノにこすりつけてきた。

C子の唾液でぬらぬらと光る俺のモノをゆっくりとしごきつつ、いまだブラウスを着たままの

胸の先を俺のモノの裏筋部分にあてこすりつけはじめた。



「んっ、あっ・・・きもちいい?どう気持ちいい?」

「うーーあー」



ブラウスのなめらかな感触とこりこりとした乳首の先を感じつつ、あまりの気持ちよさに俺は呻いた。

俺の反応に気をよくしたのか、C子は舌なめずりをしつつ胸の少し下あたりのブラウスのボタンを

ひとつだけ外した。

そのまま、俺のモノをそのボタンを外したブラウスの隙間から自分の胸の間にすべりこませて、

両手で大きく自分の胸をもみ上げはじめた。



「んっ・・・・あっ・・おっぱい気持ちぃい・・・」



指先で忙しく乳首をこねつつ、俺のモノをブラウスの中にすべりこませたまま、激しく胸を揉みしだく。

そのC子の様の視覚的な興奮も相まって俺は、そのままC子の胸の中に放出した。



「んぅ。。ふっ。。はぁん・・・」



C子は俺が射精したのに気づかないはずがないのに意に介さず、その行為を続行する。

自分の出した精液のぬるっとした感触もあいまって、俺は変な声をあげつつ、その行為を享受した。

射精後の感覚が通り過ぎ、また堅さを取り戻しつつあった頃、半分冷めた頭でC子のその様子を

見てた俺は、また焦燥感が湧き上がってきた。



・・・どうなってるんだ、こんなにも変わるもんなのかよ。いったい何をされたんだよ。

あのガキに・・・



俺はC子を自分から引き離し突き飛ばした。



C子は涙目、涙声で

「・・んっ、きゃっ・・ごめんなさい、痛かったですか?イヤだったですか?」

と、卑屈な声をあげた。



今回の出張前、たった二ヶ月前までは考えられなかったその姿を見てどうしようもない情けなさがこみ上げてきた。

それと同時にそういう女に興奮する、そういう女が嫌いじゃない自分自身の性癖にも反吐がでそうな思いだった。



その怒りをぶつけるようにC子に背中を向かせ、四つんばいにんさせ、頭を押さえつけた。



「ケツを上げろ」

「・・んぁ、こうですか?これでいいですか?」



俺の一言に過不足の無い反応が返ってくる。

まだ黒いストッキングを履き、タイトスカートをずりあげたまま、C子は尻を高く上げてこちらに向ける。



俺はそのまま下着ごとストッキングをずりさげ、モノをあてがった。

C子は四つんばいのままなのにかかわらずすぐに片手を股間にあてがい、俺のモノを誘導しようとする。

俺はそのまま、勢いよく腰をC子の尻にたたきつけた。



「んっ、、、ああああ、、、、、、」



C子はくぐもった声をあげつつ、俺を受け入れる。

俺はがむしゃらに腰を振った。

そのうち、よく見てるとC子は俺の腰の動きに合わせて、尻を動かし、俺に押し当てていた。

俺は腰の動きを止めた。



「はっ、、あっ・。。・」



C子はそれにも気づいてないのか、夢中で俺に腰をあててくる。



「なあ、何、腰振ってんの?」

「・・・っ!ご、ごめんなさい。うれしくて。あなたのが・・・」

「へー、あのガキにもそう言いながらこうやって自分で腰を振ってたわけだ。最低だな・・・」

「んっああ・・いやっ、ごめんなさい。違うのそんなことはないの!あの子にはこんなことはしなかったの」

「よくもまあ、この期に及んでそんなことを・・・」

「ほんとなの、信じて!だって、あの子はあなたよりだいぶ小さかったし、こんな感じじゃなかったもの!」



・・・小さかった?

俺は昼間見た光景を思い出してみる。

C子が後ろに回りこんでしごいてたあのガキのモノ・・・



・・・確かに小さかった?というか細かった?



「どんな感じだったんだ、言って見ろ」

俺は激しく動かすC子の腰を両手で押さえつけ、動かないようにして聞いた。

「あふっ、んあ・・・だから、小さくてこんな感じじゃなかったの」

首を振りながら腰を動かそうとする。

俺の体力が無いのもあるだろうが正直抑えるのも大変なぐらいの力で動かそうといやいやするC子。

「そんなことを聞いてるんじゃない!その感じがどんな感じだったか聞いてるんだ」

「ど、どんな感じって・・・ひぐっ?!」

腰から右手を離し、今度はC子の乳首をねじりあげた。

「な、なんか、細い棒を差し込まれてるみたいで・・・・硬いんだけど何か違うの・・・」

「俺のはどんな感じなんだ?」

「あ、あなたのは、なんかぬうっと押し広げられてるような感じがして動かすたびにこう、ううっってなる」



俺は左手も腰から離して、両手でC子の乳首をこねる。

「ひぎっぁ、んっあああ、ち、ちくびが、とれちゃう、きちゃう、ぁんぁああ!!」

手の押さえがなくなりフリーになった腰をC子は俺に激しく押し付けつつ、嬌声を上げる。

がくがくとC子の体が痙攣した。

・・・こいつ、乳首でイクようになってるんじゃないのか?



俺もそろそろ限界が近づいてきた。



「・・・あうぅんあっう?!」



俺は腰をさっと抜き、呆然とするC子を置いてベッドに横たわった。



「もう疲れたから寝る」

俺は言い放ち、C子に背を向けた。

まあ、意地の悪い行動だってのはわかってやった。

また泣きついてくるのを見たかった、泣きついてこさせたかったってのも否定できない。

が、C子の次に取った行動は予想外だった。



C子は無言で背を向けた俺のそばに来て、俺を自分のほうへ向けた。

そしてそのまま、俺に覆いかぶさってきた。



怒ったような目をしながら、息を荒立たせ、俺のモノを自分にあてがう。

「きゃふんっ」と一声ないて、そのまま腰を下ろした。

別の生き物のように腰を激しくグラインドさせるC子。

なぜか、入れる瞬間に声をあげたのを最後に無言で腰を動かし続ける。

顔を見ると舌だけがせわしなく、唇をなめたり、指をなめたりと蠢いていた。



「うっあ、、、ああっ・・」



俺だけがむなしく呻くが、C子は無言のまま、吐息だけが音を立てていた。

C子は腰を休めることなく、そのまま自分の両手のひらで俺の両手の平を押さえ、

俺の顔に自分の顔を寄せ、俺の頬といわず鼻といわず舐め回してくる。

そんな行為をしながらも目だけがぎらぎらと怒ったように見開いていて、

背筋にぞくっと来るものがあった。

「舌出して」

「はっ・・ん?」

「舌を出して」

妙な迫力に押され、俺はおずおずと舌をC子のほうへ出す。

C子はそのまま俺の舌を咥え込んできた。

「んんーーはぁああ・・」

息苦しさから俺が顔を背けて逃げると、そのまま俺の顔に俺の唾液かC子の唾液か

おそらく後者だろうが、たらたらとC子の唇からたれてきていた。



「んっあっ・・・美味しい。美味しいの・・あなたの・・・」



もう体が硬直するぐらいの怖さを感じる顔と台詞だった。

狂ってしまったのでないかと本気で思った。



C子はそんな俺の様子を知ってか知らずか、ますます腰の動きを激しくしてきた。



「・・・んっーー!!!」



俺はC子に舌をまたねじ込まれるのと同時に腰が抜けるのではないかと思うほどの射精をした。

C子はしばらくそのまま腰をグラインドさせたあと、すっと腰を上げ、俺の射精したばかりの

モノに顔をうずめ、吸い上げてきた。



俺はもう声にならず、ひぃひぃ言いながら腰を引いた。

C子は俺のモノを舐め上げたあと、やっと唇を離し、胸元のボタンを全部外して、

俺の顔に胸を押し当ててきた。



「・・・おっぱい、吸って」



C子は長く硬くなった乳首を俺の口に押し当ててきた。

俺はぼーっとした頭でC子の乳首を口に含んだまま、意識が遠のいた。







年上の嫁3へつづく。



続編:年上の嫁3(完結)





出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

||||||

【寝取られ】年上の嫁2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ