相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】中野さん(俺の家でH) 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


前編:中野さん(初体験)





462名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:18:59ID:gjA49ADDO

昨日の続き書きます。付き合った日にHした話です。

付き合うまでの過程を話すと長くなるので省略します。あくまでエロ中心で。



中野さん付き合ったのはあの日から3日後だった。告白したのは中野さんからだった。初めて人に好きと言われた、とても嬉しかったのを覚えてる。

嬉しさからその日は俺が中野さんを家に招いた。兄が2人いたが、すでに県外で2人とも1人暮らしをいているので家にはいない。しかも両親も夜遅くまで帰って来ない。…絶好のチャンスだった。

「誰もいないですよ。どうぞ。」

実は俺、付き合っていてもずっと「中野さん」と呼んでた。それも敬語で。なぜかやめられなかった。周りからは結構変に思われてたけど…



463名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:20:17ID:gjA49ADDO

まずは俺の部屋で休憩。ベッドの上をゴロゴロしながら色んな事を話してた。まだ付き合って1週間も経ってないから中野さんの事はよく分かってなかった。

中野さんが留年した理由とかは簡単でただ単にサボり過ぎで授業日数が足りなかったと言ってたな。別に成績は悪いわけではなかったみたい。




他にもたくさん話したけど最後はやっぱりエロい話にいき着いた。

中野さんは今まで付き合った人は俺を含めて8人。そしてその内、7人(俺も)と経験済み。どうりであんなに大胆なわけだ…。

一方、俺は3日前まで童貞…。しかも彼女は1度もいなくて中野さんが初めての人。俺は幸せ者だ。

約1時間は喋ってた、ずっとその話題で。盛り上がり俺も段々ムラムラしてきた。

「あの〜…これからどうですか…?」

「したいの?」

大きく頷く俺。



465名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:24:19ID:gjA49ADDO

「いいよ。しよっか。」

ベッドから起き上がり、服を脱ぎ始める。相変わらず大胆な中野さん。

「ちょっ、ここじゃなくて風呂行きません?」

俺はすごく汗かきなので、すでにもう汗でバシャバシャ。中野さんもシャワー浴びたいと言ってくれたのでそのまま風呂場へ。

更衣室に入りすぐに服を脱いだ。前はタオルを巻いていたが今度は2人とも全裸。まだ2回目。最初は恥ずかしかったが中野さんとなら…、そう考えると徐々に恥ずかしさも薄れていった。

浴槽にお湯はまだ入ってなかったので前と同じようにシャワーで体を流した。

そしてセックスがスタート。キスから始まり、次にディープ。今度は俺からした。胸を揉む、相変わらず弾力があり最高の揉み心地!その日は乳首を指でつまみ、舐めてみた。

「アッ…そ、そこ私弱いの…」中野さんは胸(乳首)と脇の下に弱いそうだ。



466名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:26:05ID:gjA49ADDO

だがさらに興奮してしまい中野さんの腕を持ち上げ、脇の下をペロッと舐めてみた。

「あっ…!イヤだ〜」とかわいらしい声をあげる。

もちろんチンポはビンビンに勃起している。

「もう限界。入れたいです!早いですかね?」

「もう?…まっ、いっか!いいよ。入れても…」

(やった!)中野さんをそのまま床に寝かせ、挿入。



467名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:28:10ID:gjA49ADDO

「前に教えたでしょ?今度は自分でやってみて。」

中野さんはすでに濡れてた。少し指を入れたら指先がヌルヌルしたてたから。



チンポを軽く持ち、マンコの穴につけた。

(このへんかな?)

ちょっと押したら亀頭が入った。(ここだ!)

一気にズボスボとチンポを入れる。

「はぁぁ…うまいよ…1回で入れれたね。」

また生。やはりかなり気持ちいい。中野さんの弱い乳首をつまみながら出し入れをする。

「んっ…んん〜……はっ…はぁん…」

声をおさえているようだった。

「大丈夫ですよ。今日は誰もいませんから。」

すると中野さんも「プハッ」という声とともにさっきの何倍もでかい悶ぎ声をあげはじめた。



468名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:30:24ID:gjA49ADDO

「はっ…!はっ…んん〜!はぁはぁ…あッ、あッ!そこっ…気持ちいい…!」

表現しづらいがこんな感じの声だった。風呂場だから余計響く。

腰を動かす度に中野さんの大きな胸がプルンプルンと上下に揺れる。パチュ、パチュ、空気の出入りするような音もした。前と違って1回も出してないからすぐに波がきてしまった。

「はぁ…はぁ!ごめんなさい…やっぱ保ちません!中野さんもう…イキます…!!」

「もう??でも……私も気持ちいい…!出していいよ…」

すぐに抜いた。チンポが上を向き噴水のように精子がビュッと飛んだ。すぐに下を向けたが逆に今度は中野さんの陰毛に思いきりかかってしまった。



469名前:○○◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/21(水)23:34:16ID:gjA49ADDO

「ああ!す、すいません。」すぐにシャワーで流した。それと最初に出した時に飛んだ精子もあったのでそれも綺麗に流した。中野さんはニコニコしながら俺を見ていた。



「ふふふ。そういう慌てようもかわいいね。○○って。」苦笑いをしながらシャワーを流してた。もちろん内心は嬉しかった。

2回目の風呂場でのセックスが終了。部屋に戻ると疲れてそのまま2人で眠りについた。

起きたの確か深夜1時過ぎ。両親も帰ってきていたので、中野さんは帰る事に。真っ暗なので俺が家まで送っていった。行きはよかったが、帰りは確かすっげー怖かったな。



終わりです。



続編:中野さん(体育館倉庫でのH)





出典:高校時代のえっちな思い出Part23

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【彼女・彼氏】中野さん(俺の家でH) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月11日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ