相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】中野さん(体育館倉庫でのH) 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


前編:中野さん(俺の家でH)





483名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:27:23ID:9YfiEKFEO

ある日学校がかったるくなって午後の授業をサボり、屋上の階段で中野さんと喋っていた。

7月の夏。制服が暑くて午前の体育の後から俺達はずっと体操着姿だった。

そこで胸元からチラッと見える中野さんの黒いブラと、半ズボンの隙間から見える太股に興奮し、無意識に胸と足を触り始めた。途中ですぐに我に帰り、

「あっ…。すいません…なんか触ってました…。」

すぐに手をどかし、下を向いてると今度は中野さんも俺の股間に手を置いた。ビクンと体が動くとともに段々興奮してきてすぐに勃起。

数秒の間、無言で見つめ合う俺と中野さん。俺の手を引き、声の聞こえない空の体育館の中へ連れて行った。もう言葉はいらない。俺も中野さんもやる気満々。体育館の入口でキスをしHスタート。



484名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:28:28ID:9YfiEKFEO

無防備にも誰か来たらすぐに見つかる位置で始めた。体操着を脱がせると中野さんの付けてた黒色の下着姿にますます興奮して抱き付き、キスをしながらパンツの中に手を入れ尻を夢中で揉んだ。胸並みに柔らかかったな。

「やっぱここじゃ恥ずかしい…。中に入ろうよ。」

よく考えたら体育館倉庫じゃなくて女子更衣室だったな。鍵をかける事ができたから。




中に入っても興奮はおさまらず胸や尻を揉みまくった。



485名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:29:11ID:9YfiEKFEO

(このまま入れちゃうか…。)そう思ったけどかなり熱くなってきて汗がバシャバシャ。中野さんも汗で濡れて光ってた。これ以上下着も濡れると困るからやっぱ全裸になる事に。

「もう入れます。力抜いてくださいね…」

穴にチンポをつけ腰に力を入れ押し込むと中野さんから思いもよらない言葉が。

「ちょっと待って!…痛い!」

(えっ?あれ??この前はすんなり入ったのに…?)



「もうっ!気が早いよ。まだ濡れてないもん。濡れてからじゃないとダメ!」

中野さんのマンコは全く濡れてなかった。でも俺はクンニはおろか手マンすらした事がない。実は友達のAから「マンコは臭いもの。」って聞いてたから直に触るのにちょっと抵抗があった。現にAの彼女のM子さんは臭かったみたい…。



486名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:31:53ID:9YfiEKFEO

「やり方くらいは分かるでしょ?やってみて。」

過去の2回はシャワーで中野さんが自分でしたからすぐに入れる事ができたのに…。

だけどここまできたからには俺も引く事はできず、とりあえずやってみた。そ〜っと手を伸ばし指を軽く穴に入れてみた。第一関節くらいまでは入れた事があるが全部はない。

ゆっくり人差し指を入れてみた。結構簡単に入るな、って思ってそのまま出し入れを繰り返す。指でもキュウッと締め付けた。中野さんは耐えられないのか足をバタバタとする。

「あぁぁ…んっ…そうだよ。気持ちいい○○…。」

マンコはどんどん濡れてくるし穴から透明の液体が溢れてきた。

(これがマン汁…?入れた時にヌルッとするやつか。)



こぼれるマン汁を見てとっさに指を抜き舌で舐め取った。



487名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:35:06ID:9YfiEKFEO

(これが気持ちいいんだよな?たぶん…)

舌でマンコを必死に舐めた。「あっ…あっ…そこ…いいよ。」

もちろん汗もかいてたし、風呂上がりでもなかったから無臭ではない。そんなには臭わなかったけどね。

そしてマンコの臭いにますます興奮が高まった。舐めたおかげで中野さんのマンコはビショビショに濡れた。

「もう大丈夫ですね?入れますよ…」

股を大きく広げ、挿入開始。



488名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:37:37ID:9YfiEKFEO

3回目も生。入れるまでにも興奮しまくってたので最高に気持ち良かった。室内の熱さもあったので余計に。

「はっ…はぁ…今日もやっぱ保ちません多分…気持ちよ過ぎて…!」

「あんっ!…あっあっ…ふぅ…ふぅ…んんん…。」

ポタポタと俺の汗が中野さんのお腹の上に落ちる。出そうになったが、今度は風呂場ではないのでどこに出せばいいかが分からない。

「もう無理…!出る。出ます!どこに出せば…?」

「…はぁはぁ!あぁぁ…か。お腹でいいよ。お腹の上に…。」

最初はいいのかと思ったが、あまりの気持ち良さに腰がガクガクしてくる。そして中野さんの言ったとおりに抜いてからお腹(ヘソかな)に出した。



489名前:◆7gBpJ8SNck[sage]投稿日:2006/06/22(木)23:39:03ID:9YfiEKFEO

「うっ…はっ…は〜…すいません…。かなり出ちゃいました…。」

中野さんは怒った様子はなかった。

「はぁはぁ…んっん…いいよ、今回は…でも今度からはゴム付けようね。」

さすがに悪い事をしたと思っている。俺の精子が中野さんの純白の美しい体にかかったのだから…。すぐに更衣室にあったタオルを水で濡らして拭き取った。

それからはゴムをつけてやるようになりました。



続編:中野さん(初フェラ編)





出典:高校時代のえっちな思い出Part23

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||

【彼女・彼氏】中野さん(体育館倉庫でのH) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月12日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ