相互リンク先の更新情報!

【看護婦】結石治療 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


少し間が開いてしまいましたが、結石治療の第3話、最終編です。

その1



その2







1週間後。

なんと、3回目がありました。

もういいや…



破砕室前の待合ベンチ。

「〇〇さん、どうぞ。」

2回目の時の看護婦さんだ。

中に入るなり、「〇〇さん、ダメだったんだ?もう一回、がんばりましょうね。」




うわ、覚えられてるよ。

更衣室までついて来て、例のトランクスを渡しながら、そっと背中を押す。

前回、消耗してグダグダだったことも覚えてそうだし、ってことは、包茎も覚えてるんだろうな。

ほんと、カンベンしてほしい。

オマエら知ってるか?

包茎ってのはたいてい短小とセットになってるもんなんだぞ。

ちぢこまった状態のときは、なんかクシャッとしてて、普通一般的に思われてるチンコの形とは全然別物。

まあ、チンコには見えないって。

それを他人に見られるのが、どんだけハズいか…



着替えてベッドに…あれ?

頭がモニタの前に座る医者の側。

前とは反対向きだな。

石の位置と破砕機の構造の関係から、この方が体勢が楽じゃないかとのこと。

医者としてはやりづらいが、前回消耗が激しかったので、敢えてこの向きでやってくれるらしい。

この医者にもこんな優しいとこあったんだ。



「始めましょうか。(看護婦さんにむかって)じゃあ、お願い。」

看護婦さん、耳元で

「じゃあ、いいかな?」

よくないけど。

グイッ。

ポロリ。

あーぁ、でた…

やっぱり…パズいょ?

『ウィーーーン』

この向きだと、医者からはチンコが…いや、下腹部が見えないらしい。

「××さん、位置いいかな?見ててね。」

見るの?

「ハイ。」

看護婦さん、下腹部と破砕機を見つめる。

あー、また見られてるよ。

そう思うと、ムクムク…



あぁぁぁぁ!

看護婦さん!

今、笑っただろ!

俺、見てたもん!

絶っっっ対、笑ったよ?

ヒドいなぁ。



破砕機はドンドン降りてきて。

やっぱり前と同じ。

おい、もうちょっと上っつーか右?だぞ?

そこはチンコだってば。

前回、医者はかまわずチンコごと押さえ付けてきたけど、看護婦さんは、マズいと思ったみたいだ。

少しあわててるっぽい。

「あらら!」

うわっ!なにすんだよ。

いきなり手をのばしてきて、チンコ掴んで、破砕機の外側のほうに引っ張る。

いや、引っ張ったからって、どうなるもんでもないよ?

医者は気付かず『ウィーーーーン』

看護婦さんの手がチンコを掴んだまま、お腹にグイグイと押しつけられる。

看護婦さん、チンコ握ったまま放すこともできず、なんか、あうあう言ってる。

待ってくれ。

手、動かさないで。

包茎の皮が変なふうに突っ張って、痛い・・・

いえ、ウソです。

気持ちいいんです。

でも、「ぅ、ぃて…」

「あ…ごめんなさい…。すみません、先生、ちょっと止めて…戻していただけません?」

医者、どうしたのって感じでのぞきこんで

「なにやってんですかぁ!?」

「あの、手がはなれなくって…」

「え?」

きもちい…じゃない、いたい。

いえ、本当はやっぱり気持ちいいです。

で。

うわ!やっば

おっきくなって…

でも、これは俺のせいじゃないよ?

そんなことされたらだれだって。

「あの、位置が…その、挟みそうで…えっと…おチンチ…いいえ…それで…やだ…」

看護婦さん、テンパって言ってることが意味不明。

それでも状況を理解した医者、

「その…握っちゃって放せないと?うっはっ!」

笑うな!

逆転『ウィーン』

看護婦さん、やっとリリース。

耳、真っ赤だよ?

「あの、先生、すみませんでした。」

そして、俺の耳元で

「ごめんね。痛かったね。」

「は…少し。」

「あーやだほんとごめん…」

「いえ、でも、ちょっと気持ち良かったし。」

「みたいだねぇ…もうーっ!」

看護婦さん、苦笑。



医者は知らん顔で破砕機の位置を調整。

「えっと、もう少し上のほうかな?」

『ウィ…ウィ…ウィーン』

「見ててくださいね。これくらいでいい?」

「はい、今度はだいじょうぶです。」

看護婦さん、苦笑しながら、それでも、大きいまんまのチンコに手を添えて、破砕機に触れないように、反対側に倒してる。

また少し、硬度を増す。

『ウィーン』

お腹押さえ付けられても、あんまり小さくならない。

あぁぁぁぁぁ

やっぱり笑ってるじゃん!



『パチ、パチ、パチ、パチ…』

治療が始まってしばらくして、医者のピッチが鳴り、なにやら深刻そうな会話。

「ちょっと急用で病棟のほうに行きますんで、後、お願い。」

アタフタと出て行ってしまった。

勃起したチンコほり出した俺と、5分おきぐらいに血圧をはかる看護婦さん、二人。

「だいじょうぶですか?つらかったら、言ってくださいね。」

と、優しいお言葉。

やっぱり、前回の消耗を気にしてくれてるみたいだ。

でもまあ、これじゃ、あんまりつらそうには見えないわな。



何のかげんだろう。

全然おさまる気配がない。

勃ちっぱなし。

こんななってる患者、実際のところ、看護婦さんはどう思うんだろ。

すごく気になる。



『このエロオヤジ。キモチ悪いなぁ。』

…こんなだったらやだな。

『ちっちゃいのに頑張って、カワイイ』

…ンなワケないよな。

『まぁ、大きくしちゃって。ワタシに欲情してるの?ゴクッ…』

…有り得ん。というか、こんなこと考える俺、キモい。

『これで精一杯?小さっ!オマケに包茎っ!』

…う、うっせーよ!

『まぁ、恥ずかしがっちゃって。ちょっとイジメちゃおうかな。』

…なんか、このヒトの場合、ありそうで困る…



いっそ、ハッキリ言ってしまった方が気が楽かな。

「すいません。今日は体勢は楽なんで、だいじょうぶです。

 すいません。なんか、変になってて。

 おかしいな…おさまんないんで…あんま、見ないでください。」

「ふふふ、変じゃないです。たまにありますから。気にしなくていいですからね。」

まったく、なんちゅー会話だよ…



そうこうする内に、時間がきて『パチパチ…』が自動停止。

しかし、医者は戻ってこない。

チンコおっ勃てたまま、何をするでもなくじっとしてるのも、変なもんだ。

変に意識してしまってて、ますます硬く…もう、完全にMAXだよ?

ちょっと手を動かしたり、ため息をついたりとか、体を動かすとなぜかチンコがビクンと反応する。

むちゃくちゃハズい。

早く何とかしてほしい。

かわいそうと思ったのか、見苦しいと思ったのか、看護婦さん、タオルをもってきてチンコに被せてくれた。

しかし。

被せてとたん「プッ!」って吹き出した。

なんだよ。

なんで笑うかなぁ。

「ごめんなさい。やっぱり、なんかかえってヘンだから、タオルは取っときましょうね。」

はい。

そうですか。

おまかせします。

でも、あんまりソコを話題にしないでください。



しばらくして、ようやく戻ってきた医者、俺を見て「うぅっ…」とか言ってたけど、どうもそれどころじゃないみたいだ。

破砕機を止めると

『ウィーン』

元に戻しながら

「はい、終わりです。たぶん今回でおわりなんで、来週以降にレントゲン検査だけ受けにきてください。(看護婦さんに)予約とか、手続きお願い。」

言い置いて、またすぐに出ていった。

なんか大変なことが起こっていて、俺なんかには構ってられないみたいな様子。

で、取り残されたみたいな感じの俺と看護婦さん。

破砕機も元の位置に戻って、チンコはフリーになったが、相変わらずMAXのまま。

気まずい…と思ってるのは、しかし、俺だけだったみたいだ。

濡れティッシュを大量に持って来ると

「じゃあ拭いときましょうね。」

まずは無難なところ、お腹や太腿から。

陰毛のあたりは特に念入りに。

「すみません。ありがとうございます。」

「うんうん。キレイに拭いとかないと、後で痒くなったりするから。」

拭くのに合わせて、直立したチンコがフラフラ。

ハズい。

次に、ゼリーでベチャベチャのタマタマ。

両手で包んで、揉むように拭う。

あくまでソフトに。

「うっ、ふう…」

「だいじょうぶ?痛く…ないわよね。」

はい、お上手です。

とっても気持ちいいです。



そういえば、前はタマとチンコ、一緒にニギニギ…じゃなくて、拭いてたけど、今回はタマだけ。

そうか。

まえは、こんなに勃ってなかったもんな。

こんなんじゃ、一緒にはムリだわな。

で、いよいよチンコ。

前の時は全然気にもしてないみたいで、『さすが看護婦さん』と、感心なようなちょっとつまらないような…だっけど、今回はかなり意識してるっぽい。

「ふぅ」とひとつ息をつくと、袖口で額の汗を拭って、チンコに手をのばす。

勃起したチンコの拭き方なんて、そんなに何通りもあるわけじゃない。

握って、上下にコスコス。

皮剥いておいて、先っちょもチョンチョン。

ビクン!

…気持ちいい。

けど、ガマンします。

でも…

ビクン!



しかし、ここで『処置』は終了。

チンコにタオルを被せながら、

「はい、いいですよ。なんか…ごめんね…」

「いえ…すみません…」

「パンツ、ゼリーでベトベトだから、取っときますね。ごめんね。」

「ハイ、すみません。」

最後は、なんか、両方で謝りあいしてるみたいでした。



生殺しはヒドい…と言えば、そうかもしれないが、もちろん、元々そんなんじゃないわけで、かと言って、現実は生殺しになってて、看護婦さんにもそれは理解できてしまう。

かと言って、なんとかするなんて、現実にはあり得ない、いわく言い難い状況でした。

医者がいなくなって、看護婦さんと二人っきりというのも、微妙な雰囲気の原因だったのかもしれません。



最後に、次回の予約をして部屋を出る時、耳元に口をよせて、もう一度

「ごめんね。」

と言ってくれました。

いえ。

こんな状態で、勃ってしまった僕が悪いんですから。



翌週、レントゲン検査の結果、石はキレイになくなっていて、今回の結石は完治。

治ったのはもちろん嬉しいが、少し残念な気がしないでもない…









出典:オリジナル

リンク:最終回


告白体験談関連タグ

||||

【看護婦】結石治療 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月12日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ