相互リンク先の更新情報!

【初体験】中学時代 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


僕 今大学生をしていますが



今から6年前になりますか・・・ 僕が中学2年生の



ころの体験を書きたいと思います。 最初に言いますが



実話ですので。



中学2年生の4月。僕はバスケ部でして3年生に混じって



試合にも出ていました。



当時通っていた中学校は 学年で約100人 全校でも300人と小さな学校でした。



その頃 僕達中2の男子の一部で ある事が流行っていました。






体育の着替えは女子は1組、男子は2組で というふうに決まっていました。



そこでジャンケンで負けた奴が 女子が着替え始める前に 



こっそり掃除箱の中に入り 女子が着替え終わるまでそこで過ごすというものです。



しかも掃除箱には微妙に穴が開いており 女子の着替えが生で見る事ができました。



そして体育の時間・・・・



「ジャンケンポイ!!!」   今日の負けは僕でした。 着替えを見れるという嬉しさの



反面 見つかると怖いという不安でいっぱいでした。



僕はその不安を抱えながら掃除箱の中に入りました。 



着替えが始まりました。 僕は既にたっていました。 



密かに憧れを抱いていた 綾香の下着姿・・ 気の強い梨香の 下着姿・・・



それだけで僕には十分な刺激でした。 



どんどん女子が教室を後にしていきます。 そんな中1人着替えが遅い子がいました。



とうとう教室の中はその子(栞)と僕だけになりました。 僕は何を思ったのか



掃除箱から出てしまいました。 



栞は言葉も出ずじぃぃ っとこちらを見つめていました。やっと事の整理がついたのか



泣きそうな声で「何してんのォォ・・・・」 と言いました。その言葉を聞き



僕は鬼へと化しました。 栞の方へ詰め寄ると 



栞「待って!!!」 



栞が喋ると思わなかったので 少しびっくりしました。



僕「何?」



栞「お願いだからここではやめて」 栞は泣いていました。



ハッ と僕は我に帰りました。



僕「ごめん」 僕はそういい教室を出て行きました。



その日から 栞ばかりを目で追っていました。 時々目が合いお互い赤くなりながら



下を向いていました。 



事が動き始めたのは あの事件から2ヶ月後ぐらいの事でした。



友達から合コンのお誘いがあったのです。 中学生で合コンとは・・・・



今思うと かなりませていたと思うんですが。



メンバーは当日までお楽しみとの事でした。 中学生でお金もなく 会場は



市外のカラオケでした。 入った瞬間僕は 「ドキッ」ときました。



全身に寒気が回ってきて 何故か震えていました・・・・栞がいたのです。



確かに栞は可愛く 胸もでかい。 合コンに来て当然のメンバーなのだが まさか



来るとは思っていませんでした。 みんなでワイワイ騒いでるなか



僕の携帯に 1通のメールが届きました。



「From 栞」 これを見て思わず携帯を落としてしまいました。



あの事件以来 2ヶ月ぶりの栞からのメールでした。内容を見ると



「ちょっと話があります。プライベートルームに来て」と書かれていました。



プライベートルームとは30分300円で借りる事ができ防音室、監視カメラなし



という個室でした。もちろん鍵を掛けることもできます。



僕は適当な言いがかりをつけ ルームに行きました。 すでに栞は待っていました。



最初に話しかけてきたのは栞でした。



栞「この前の事なんだけど・・・」 ドキッとしました。



栞「今さら言っても遅いけど あのままやってくれても良かったんょ」



頬を赤く染めながら 言いました。 僕「じゃぁ 今は???」



ほぼ 反射的に言った気がします。 栞「ぇぇょ」 小さな声で言いました。



栞のそばによると優しく抱きしめました。 まず軽くキスすると 栞は舌を求めてきました



栞の舌はとても柔らかく全てを飲み込まれそうでした。



僕は無言のまま 服の上から胸を揉みました。 柔らかいの一言でした。



僕は服と下着を脱がせ 直接揉みました。 乳首を触った瞬間



「アッ」 と言う声が聞こえました。 僕が舐めてやると「ィャァァ…ァァ」と



言いながら僕に寄りかかってきました。 「下触るよ」 と言って反応無かったんで



下着の上から触ると とても濡れていました。 スカートを脱がせ 下着の上から



舐めると「ァッ ァッ ァァァン」 と言う喘ぎ声を出しながら僕の手を握ってきました。



「ィレテェェ」



という声が聞こえてきて僕は自分の物を取り出しました。 痛いぐらいたっていました



下着を取るともー やばいほど濡れていました。



それなりの知識を持っていたので 入れる前にクリを触りました。



「ァッ  ァッ・・・  真ちゃぁぁん(僕)  ィィ ィィ!!!」



とかなり気持ちがいいようでした。 僕もそろそろ我慢できず



膣付近に 自分の物を持ってきて入れようとすると「ニュルッ」



といった感じで 簡単に入る・・というより 吸いこれました。



「アアアアァァァァ  ン ン・・・ ハァァ   ァッァッo」



入れたばかりなのに 栞はいく寸前でした。    といいながら僕もいきそうでした。



腰を 動かすと 「ダメェェェ  アァァァ・・・・・・・・」



ガクッと栞の体ヵら力が抜けていきました」 僕は外に出す事を忘れ 中にだしちゃいました。



「ごめん」 僕が言うと「いいよ ありがとう」と言って最後にキスをしました。



その後  友達の元に2人で帰っていくと「何してたんだよォォ???」と



ニヤニヤしながら聞かれたのは言うまでもありません。



長くなりましたが 僕の初体験です。


告白体験談関連タグ

|||||

【初体験】中学時代 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ