相互リンク先の更新情報!

【友達】同級生のオナニー 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


高三の夏休みの事、俺は受験勉強の息抜きに、先輩に貰ったエロビを見てた。(本当はDVDだがいいづらいのでエロビとかくぞ)

3枚貰った内の1枚は盗撮物で、女子校正がトイレでオナッてる映像だった。

公衆トイレって、床の部分とか、天井の部分に隙間があるが、その隙間から盗撮したもの。

画面がふらついてて、見ていて疲れた、それに、マ○コは見えないし、ただ女の顔と、オナってんのが分かるだけの映像だ。これはパスしとこかな、と思っていた俺は、腰が抜けるほど驚いちまった。

写っている女が同級生だった、まさかと思って良く見たが間違いない!奈緒子だ!

奈緒子はちょっとかわいい女で、特に男に人気がある奴だけど、ちょっと生意気な奴で、男を見下した態度をとる事があって、実は俺もいいなぁと思っていたんだが、夏休み前に、教室でチョイエロい雑誌見てたら、「志水君って(俺のこと)やらしいなー。家で見なよそんなもん。」と、でかい声で指摘されて、おまけに他の女子にまで言いふらされて、俺はエロガキ君にさせられちまった。

それはそうと見ずらいエロビも、知ってる奴が出てるとこんなに興奮するもんかと思ったよ。

きっと、他のAVなんかも、女優を知ってる奴が見たらかなり興奮するんだろうな、なんて思いながら見てた。



新学期になって、何とか奈緒子をいじめてやろうと思っていたんだが、なかなか、二人になるチャンスがなくて、2週間が過ぎちまったころ、ようやく放課後二人になるチャンスがあった。

最初はたわいのない話をしていたんだが、(なんか言い出せなかった)段々、エロい話になっていって

俺「前見てた雑誌、そんなにやらしいもんじゃないぜ、女だって見るだろ!」

奈緒子「見ないよ、そんなの。一緒にしないでよ。」

俺「じゃあ、オナニーもしたことないのか?」

奈緒子「信じらんない!よくそういうこといえるね」




俺「答えになってないよ、どうなんだよ」

奈緒子「したことないよ、そんなことばっかり考えてると、大学落ちるよ」

俺「そんなこといってていいのかなぁ〜、俺、お前の秘密知ってるんだぜ」

奈緒子「何よ、秘密って!」

俺「今日、俺んち寄れよ、教えてやるから、今日俺一人だし」

奈緒子「わ〜危ない、そんなキケンなところ、行けないよ〜恵子と一緒なら行ってもいいけど」

俺「一人の方がいいと思うよ、恥かくのお前の方だよ」

何のことか分からないなりに、不安がよぎったようだった、奈緒子の表情が、一瞬曇って、考えている表情になった、俺はこのチャンスを逃さないように、言った。

俺「俺一人って言ったって、周り中住宅だらけの所だぜ、変なこと出来るわけないじゃん」

奈緒子は少し考えていたようだが、へんな事したら、承知しないからね!と冗談ぽく言って、俺の家に来ることになった。



家に着くと、俺は奈緒子にコーヒーを淹れてやって、それから色々なことを話した。

話してる内に、そんなに生意気でもないかなぁ〜なんて思い初めて、DVDのことを話すのためらったんだが、話がなんとなくそっちの方に流れてしまった、奈緒子のせいだ。

奈緒子「意外と綺麗にしてるじゃない、男の子の部屋って、もっと散らかってるかと思った」

俺「そう、俺結構綺麗好きなんだよ」

奈緒子「この間みたいな本はどこに隠してあるの?」

俺「隠してないって、それよりもっといいもの一緒に見よう」

奈緒子「なに?」

俺「DVD」

そういいながら、DVDのパッケージを見せる

奈緒子「なによ、変態!そんなもん一人でみてよ」

俺「この中に、奈緒子の秘密があるんだよ、見ないと後悔するよ」

それから、いくらかのやりとりがあって、絶対奈緒子に手を触れないと約束した上で、一緒にDVDを見ることになった。



俺「女だってオナニーしてるじゃん」

まだ奈緒子は登場前だから、奈緒子もちょっと余裕あり・・

奈緒子「他の子の事なんか知らないよ、」





暫くして奈緒子登場

奈緒子「・・・」

奈緒子が登場してから、ずっと表情見てたんだが、顔色が変わるのが分かった。



俺「この子、なかなかいいでしょ、」

奈緒子「・・・」



俺「したことない割りに、慣れた手つきじゃない?」

奈緒子「・・・」



奈緒子「これ、志水君が撮ったの?」

俺「まさか、偶然手に入れたの、これ、お前だよな」



奈緒子はまた無言になった。

俺「違うかな?、他の奴にも見てもらって、鑑定してもらおうかな?」

奈緒子「やめて!絶対やめて!」

奈緒子の顔が真剣だった。クラスの他の男子とDVDを見られることを想像したのだろう。



俺「これ、お前だよな・」

奈緒子は頷いた。



俺「オナニーしたことないって言ってたよな。」

奈緒子「もう止めてよ、」



俺「止めてもいいけど、実演してくれない?」

奈緒子「いや。」



俺「じゃあ、みんなとこれ見て楽しもうかな。」



奈緒子「どうすれば許してくれるの?」

俺「嘘をついた罰、俺の質問に正直に答えた後、実演」

奈緒子は、激しく何かを考えているふうだった。



奈緒子「いうこと聞いたら、絶対誰にも言わない?」

俺「言わない」

奈緒子「分かった、言うとおりにする」

俺「まず質問、この映像どこ?」

奈緒子「分からない、○○デパートだとおもうけど。」

俺「そんなに思い当たる場所あるの?」

俺は意地悪く、聞いてみる。

奈緒子「そうじゃなくて、覚えてないの」

奈緒子の声は、ずいぶん小さくなっていた。

俺「初めてじゃないよな。」

奈緒子「・・・・」

俺「質問に答えないと、鑑賞会だよ」

奈緒子は小さく頷く。

俺「ちゃんと答えろよ」

奈緒子「初めてじゃない」

奈緒子は相当答えたくなさそうだったが、他の奴にまで見られることを思うと逆らえないようだった。

俺「どの位してるの?」

奈緒子「たまーに。」

俺「たまーに、わざわざ、公共の施設でまでしてか?」

奈緒子「本当よ、もう許して」

俺「手つきがなれてるよ、嘘ついても分かるんだぞ、正直にいえよ」

奈緒子「・・・」



俺「まあ、いいや、じゃあ、実演して見せてよ。」

奈緒子「お願い、他の事なら言うこと聞くから、それはなしにして、無理、絶対無理」

もう、いつもの奈緒子の強気な態度はなかった。

俺「じゃあ鑑賞会するよ、お前、噂になるよ、明日からスターだね」

俺は調子に乗って、そんなことを言った。



奈緒子は一瞬怒ったような表情を見せたが、すぐに気弱な表情に戻ると、思い切ったように、始めた。



俺も実際はこんな風になるなんて、思ってなかった。エロビでは、オナニーなんていくらでも氾濫してるわけだが、同級生のとなると、しかもクラスで一番カワイイ女のオナニーとなると、なんだか、目の前の光景が信じられない位だった。

奈緒子はスカートの上から股間を触っている。

俺「胸は触らないの。」

俺が言うと、ブラウスの上から、胸をもみ始めた。



俺「スカートめくれよ、見えないよ」

奈緒子は、スカートをめくると、パンツの上から、股間をなぞり始めた、手つきがぎこちない、映像の方がずっとリズミカルだ、ちなみに、映像では、立って、スカートを少しまくって、その中に手が入ってる感じ、実際、パンツは見えない。

今は、座ったままだ。

俺「もっと、本気でしろよ、DVDとぜんぜん違うじゃん」

奈緒子は少し、指に力を入れて、股間をなぞり始めた

俺「週にどの位するの?」

奈緒子は少し戸惑ったような表情になりながら答えた。

奈緒子「1回くらい。」

俺「どこで?」

奈緒子「自分の部屋」

俺「あの映像のときはたまたまなの」

奈緒子「自分の部屋じゃないところは2回しか・・」

俺「なんか使ってしたことある?」

奈緒子「ない」

俺「指だけ?」

奈緒子「ウン」



そんな会話を続けているうちに、奈緒子の息遣いが激しくなってきた。

みていると、奈緒子のパンツが、割れ目に沿って、濡れているのが分かった。

始めは、一本の線みたいに、濡れたところの生地の色が変わって見えた、ちなみに、パンツの色は薄いブルーだった。

みていると、シミが段々広がっていって、楕円のような形になった。

手を抜くと、俺が本気でしろというし、奈緒子は本気でするのをみられたくないので、奈緒子もどうしていいか分からなくなっていたと思う。

俺も、興奮で、自分でも何を言っているのか分からなくなってきていた。

ただ、毎日顔を合わせる同級生が目の前でオナニーしているということが、頭の中でぐるぐる回っていたような気がする。



俺「奈緒子、濡れてきたみたいだな、シミができてるよ」

奈緒子「・・・・」

俺「自分でも分かる?濡れてるの」

奈緒子はウンとうなづくと、こらえていたものが一気に噴出すように、瞳から涙をあふれさせた。



俺は、パンツも脱がそうと思っていたんだが、その涙をみたら、それ以上いえなくなってしまった。

俺が、奈緒子を抱きしめると、奈緒子もしがみついてきた、そして、暫く、俺の胸の中で泣いていた。

俺が、キスすると、奈緒子は拒否せず、応えてきた。

結局、そこまでで、終わってしまい、奈緒子とHするわけでもなく、マ○コをみるわけでもなく終わったのだが、

今までで、一番興奮した瞬間だった。



続編:同級生のオナニー2





出典:なし

リンク:なし


告白体験談関連タグ

||||

【友達】同級生のオナニー 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ