相互リンク先の更新情報!

【妹】結局馬鹿兄妹 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


の続き



以前妹のHをカメラまでしかけて覗いてしまい、

不覚にも?それで抜いてしまって以来、もう一度という高まりは

日に日に大きくなるばかりだった。



不思議なんだが、彼女とSEXしてもその時だけですぐにモヤモヤしたものに

頭が覆い尽くされてた。これはちょっとヤバイよな…、そう思う自分もあるんだけど

何より見たい度のほうが圧倒的に高くて、当時まだ20歳過ぎの性欲フルパワー時代。



彼女を後ろから羽目ながら、妹のゆっさゆっさ揺れてた爆乳を考えちゃう始末。

とはいうものの、そんなに家に男が来るわけでも無く俺も学校はあるわけで、

悶々としたまま時間だけが過ぎていった。



んで10月になってすぐ、両親が用事で出かけていた晩にピザ取って妹と二人で




食事。夏みたいな陽気だったこともあり、特別に妹にもビールを(すいませんフィクションって事で)



普段はほとんどすれ違ってるだけに、そんなに話もしてなかったんだけど

酔いが回ってくると結構昔みたいにしゃべれるようになってきた。



俺は酔ってることが言い訳になると思い、ココがチャンスとばかりに質問してみた。



「お前、彼氏とか出来たのか?」

「何?突然?意味不明なんだけどw」



「ほら前に俺が寝てたとき、連れてきてたじゃん」

「え!・・あ、あれ?!・・・あれは友達だよ」

「でも仲良さそうだったしさ」

「え!え!寝てたんでしょ」



「寝てたよ、でも帰るとこはドア開けて見てた」

「え・と・・・何もしてないよ!」

「彼氏でもないのにあんなベタベタすんの?w」

これはちょっと誇張。最初の時は帰り際は普通に帰って行ったんだけど

カマかけてみたら、案の定そこそこそんな事が思い当たるらしく勝手に自滅したw



「・・・・・・・・・」

「いや、別にそれなりの年なんだから無理もないけどさ、親が心配するぞ流石に」

「・・・・・・」

「ま、そんなに落ち込むな。兄ちゃん責めてないし、高校生には刺激強すぎだよお前はw」



「そうかな・・・」

「兄ちゃんにも、あの声は刺激強すぎたけどなww」

「えぇぇぇ!起きてたんじゃん!」



再び動揺しまくる妹を落ち着かせつつ、こいつとこんな事話せるなんて思わなかったなあ

などとこっちは気楽に考えていた。そのうちに妹も開き直ってきて、

それでも親には絶対に秘密にしてくれっていうもんだから、はいはいと軽く答えつつ核心に

迫ってみた。



「お前、胸どのくらいあるんだよ?」

「そんなの、聞く〜妹に?」

「あ、いや別にそう知りたくもないけどさ、親父達はしりたいだろうな〜ww」

「ひっど〜い!鬼だね」



「90」

「え?」

「きゅうじゅうっ!」

「お前、背は低いのにそんなにデカイのかよwEカップとかあるんじゃねえの?」

「・・・・・」

「もしかしてもっとある?Fか?Gか?」

「そんなGなんてないよ」

「じゃあ、Fじゃんwww」

「馬鹿、死ね、もう」



しかし、Fカップ高校生とはねえ・・・そりゃ、男もたかるはずだ。

「高校生には我慢できないだろうな・・・」

実際、大学生の俺も我慢できなかったんだけど。



「なに?兄貴おっぱい星人?」

「○○(彼女)はそんなに無いからさ〜、多少は興味あるよな」

「やっぱり男ってそうなのか〜」

「でも、お前がそうなっちゃうなんてねえ、しかもあんな事ww」

「もう!言わないでよ・・」

「ごめんごめん。ある意味誉めてるんだって」



「ホントに?」

「うん、すごく魅力あると思うぜ、だから安売りして欲しくないんだよ」

「うん・・・わかった・ありがと!」



これが妹の馬鹿素直なところなんだよな。全然フォローになってないのに

前向きに取りすぎるというか。

でも、今日だけはそこにつけ込んでみようww

「あのさ、おっぱいって重くねえの?」

「重いよ、走ると邪魔だし」

「どのくらいあるわけ?」

「知らないよ、計ったこともないし」



「ちょっと、いいか?」

「え?」

「いや、重さだけ」

「え、え!」



俺は返事を待たずに片手で下から支えてみた。

ぽてり。

重い。

「重いな」

「はい、終わり」

「いやいや、両方持たないと正確にわからないじゃんw」

「正確にわかんなくていいしw」

「え?お前、そんな強気にでていいの?」

「・・・・・1回だけだよ」



俺は妹の後ろに回って、脇の下からすくってみた。

超デカイ!そしてジューシー! いや、ジューシーかどうかは不明だがw

無意識に揉んでる俺に妹は「まだ?」なんて聞いてくる。

スイッチ入ってる俺は、明らかに強く揉みながら

「こんなに可愛い○○(妹)のおっぱいを、彼氏でも無いヤツが揉みやがって!」

と自分を棚に上げて言ったら

「ごめんなさい・・・」

なんて妹が謝ってる。こいつMなんだな…



「俺の妹で遊びやがって」

「ごめんね」

「畜生」

既にわけわかんないイメクラ状態w

揉んでるうちにお互いのテンションが上がってきて、

妹を問いつめちゃってる俺ww



「あんなヤツに好きに揉ませるなよ」

「・・ごめんなさい」

「兄ちゃんがあいつの跡を消してやる」



跡なんか付いてないし、ある意味俺の指の跡は付いてたけど。

いきなりキャミの肩ひもを掴んで、肩からおろす。

かろうじてブラがFカップにへばりついてる。



荒々しい勢いのままブラも引き下ろすと、「ああっ!」と妹がさけぶ。

何度も画面で見ていたおっぱいを目にして俺は沸騰した。

胸全体を揉み、乳首をはじき、つまみ、こねて楽しむ。



「キレイにするぞ」



そう言ってから、乳首を舐めた。妹の口からはあのあえぎ声が出ていた。

名前を呼びながら、強く吸うと俺の頭を抱え込んでくる。

軽く噛みながら、舌で転がしてやると、ガクガクと痙攣したように反応する。



右の乳首を転がしつつ、背中から左手を回して左の乳首も指先に捕らえてやる。

余った右手をミニスカートの中へ滑り込ませると、パンティの上まではっきりと

湿りを帯びていた。



湿り気を上になぞりつつ、クリを探しだしてパンティの上から指で押し込むと

高い声をだして、足を突っ張った。



「イッたのか?」

答えずにしがみつく妹。

「お兄ちゃん・・・」

「ん?」

「恥ずかしいよぉ」



俺も恥ずかしかったけど、まだすっきりしてないし・・・

でもこれ以上はホントにヤバイ。ここまでやってという気もするけど

実の妹なんだし、先には進めない。



俺は霞んで消えかかってた理性を引き寄せて、かろうじてこらえた。

でも妹はスイッチONでメスの顔になってる。





ここで頭をフル回転して考えた。

俺もイッてやれば、多少は50/50なのではなかろうかと思い、

妹を2階の俺の部屋に連れて行き、しゃぶらせてからパイズリさせた。

それでもSEXしなかった俺の理性に乾杯したい。





ただ、最初で最後だと思っていたので、顔には2回かけたけどw









出典:おりりんりんりん

リンク:おりんじん


告白体験談関連タグ

|||||

【妹】結局馬鹿兄妹 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ