相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】弟を1万円でウリました 【告白体験談】

カテゴリー:M男・痴女の告白体験談
tag:


私の弟の恭介って、結構童顔で、ハッキリ言ってモテるみたいでした。

私はエンコー、エッチ何でもアリの不良女子K生で、現役女子K生。

名古屋のK校に通っている2年生。

私のエンコー仲間のユキ(仮名)が、恭介とヤリたいって言うんで、1万円で協力しちゃいました。

でも、どう見ても恭介は童貞(C3生)だろうから、ユキがムリヤリ犯した方が簡単だろうって思い、友達のマユミとミカにも手伝ってもらうことにしました。



両親が親戚の家に泊まりで出かけたので、私とユキは学校をサボって家にいましたが、マユミとユカが学校から私の家に来てからしばらくすると、恭介が1人の女子を連れて家に帰って来ました。



作戦開始。



恭介の部屋をいきなり開けて、ユキとマユミとミカが恭介を押し倒して、学生ズボンのベルトを外し、速攻でカッターシャツも脱がしていました。

恭介が思いっきり暴れるので、3人がかりで手と足を押さえつけ、ユキが空いた手で、チンコをシゴき始めると、震えていた恭介が泣き出して・・・

マユミが

「うるさいっ!」

って怒鳴り、顔騎。




一緒にいた女子は

「やめて!」

とか言って邪魔しようとしたので、私がスカートを茶巾にしてやり・・・、

「ウソッ、今時ブルマ穿いてんの?」

と思いきや、そのブルマとパンツを脱がし、彼氏にもらったオナニー用のローターをONにして、マンコに当てて、再びパンツとブルマを穿かせて放置しちゃった。

恭介は押さえられたまま、勃起したチンコを騎乗位でユキに挿入され、あっけなく発射。

あまりに早すぎたので、ユキがまたフェラして挿入。

3回目の発射の前、ユキもイッたみたいで、その後はマユミとミカにもマワされてました。

途中から発射回数を数え出して、8回、そこから先はもう何も出ないけど、チンコは勃ったまま・・・

ユキとミカがひたすら恭介のベッドの上で騎り続けて、結局お泊まりして、明け方まで恭介を逆レイプしていました。



恭介のカノジョの方は、私と、途中からマユミが来て、2人で可愛がっちゃったけど、それはまた今度話しますね。





出典:

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【M男・痴女】弟を1万円でウリました 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ