相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】帰宅途中3【告白体験談】

カテゴリー:おっぱいの告白体験談
tag:


「ご、ごめん」「いやっ、こっちこそ」再び流れる沈黙。

どうしてこうなったか考えたが、全く分からない。

「てかどうしたの今?」「蛇口を閉めようと・・・」

なるほど蛇口を閉めようと腰を屈めたら俺が立ち上がって・・・ということだった。

「痛かったですか?」「いや全然、むしろ柔らかかったw」と言うと少し顔を赤くするS。

「それにしても中1にしては大きいよね。」「そ、そうですか?」

「うん、」すると、

「じゃ、じゃあ触ってみます?」と、顔を赤らめながら言うS

「えっ・・・えっマジで?」「はい。今日は俺先輩に迷惑かけちゃってるんで・・・」

「迷惑だなんてそんな・・・んじゃあ触るね」「・・・はい」

そうして俺はSの胸に手を伸ばす。心臓がはちきれそうなくらいドキドキしていた。

Sのおっぱいを包み込むように手を置く。そしてマッサージの要領で手で円を書くように軽く揉んでみた。

柔らかい、そして膨張する息子。

「凄い柔らかいよ・・・」すっかり夢中になり、今度は手で鷲掴みをするようにしてみた。

少し強く揉んでみると、おっぱいの弾力を一段と強く感じ取れた。




そして、顔を赤くしながら時折「んっ」と小さく声を漏らすS。

色々と吹っ切れた俺は、遂に言ってしまった。

「Sのおっぱい直接見たいな」「えっ、、、ここでですか?」

「うん。ダメかな?」「・・・分かりました。でも、人来たらすぐやめですよ!」

「分かった」

Sは自分で体育着を捲り始めた。俺の心臓はより早く波打つ。

そして手足からは想像もつかないような真っ白な肌と、白いスポーツブラが露わになる。

「本当に肌白いね・・・じゃあ、ブラずらしちゃうね」

コクン、と真っ赤な顔で頷くS。

そして俺は慎重にブラジャーを下にずらす。

すると現れたのは、薄くじんわりと広がっているピンク色の乳輪と、

まだ成長の途中だと感じさせる小さなピンク色の乳首だった。大きさはAよりのBというくらいだろうか、手で丁度包み込めるような大きさだった。

思わずその小さな乳首を指先で優しく押してみる。

そして乳首の周りを円を書くようにさすって乳首を摘んでいると、段々と乳首が固くなり少し大きくなった。

「あれ、乳首勃っちゃったね。気持ちよかった?」

「はい・・・少しくすぐったいですけど・・・」

片方のおっぱいを揉みながら、片方の乳首をいじっているとSの息づかいも荒くなってきた。

「ねぇSちゃん・・・キスしようか」というとコクンと頷きそのまま唇を近づける。

おっぱいを揉みながらキスとはなんて贅沢なんだろう。

舌を入れてみると、Sも舌を入れてきた。その状態が数分間続いた。

ハァ、ハァと2人して荒い息づかいをしている俺とS。その時、人の声が聞こえて俺とSは慌ててしゃがんだ。

どうやら同じ中学校の女子2人だったようだ。幸い、雑木林の方の方にくることはなかった。

「危なかったね」「そうですね。」

「てか、おっぱい出しっぱなしw」「あっ」と服を元に戻すS。

「今日はもう帰ろうか」「そうですね、もう8時ですし」

「あ、メルアド交換しよ」

メルアドも交換して、その日はSを家まで送って帰った。


告白体験談関連タグ

|||

【おっぱい】帰宅途中3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月14日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

このページの先頭へ