相互リンク先の更新情報!

【スカトロ】平沼貴一を投下 【告白体験談】

カテゴリー:スカトロ告白体験談
tag:


サークルで帰りが遅くなり、時間は10時を回ってしまいました。

そんな帰り道に、ふと、公園が目に入りました。

こんな時間の公園、もちろん誰もいません。

そこでぼくは、公園の脇に自転車を止め、

鞄の中身を自転車のかごに出しました。

それから、いつも持ち歩いている南京錠を取り出しました。

空のカバンを持ったまま、まずは、公園の中を一周します。

かなり小さめの公園ですので、あっという間です。

人も、誰もいません。

公園から100メートルほど行ったところに、自動販売機がありました。

ですが、その前には結構頻繁に車の通る道路があります。

ですが、僕は南京錠のカギを自販機の釣銭が出てくるところに入れました。

それから、公園の公衆トイレに入り、ドアは開けたまま、服をすべて脱ぎました。

その服をカバンにしまい、最後に、財布から120円だけ取り出しました。

財布もカバンにしまって、鍵をかけます。




鍵をかけた瞬間、ものすごい期待と後悔に襲われました。

120円のお金だけ持って、トイレを出ます。

ゆっくりと、自販機のほうに歩いていきます。

半ば無意識のうちに、手はチンコで遊んでいます。

と、問題の道路まで来ました。

これを渡らなければなりません。

さあ、渡ろうとしたとたん、車のヘッドランプが見えました。

僕はあわてて引っ込み、民家の影に隠れました。

幸い、車はそのまままっすぐ行ってしまいました。

ところが、前を見ると、自動販売機の前に人がいます。

20代位の男が、ジュースを買っているようでした。

もし、釣銭箱の中のカギを持っていかれたら……。

僕の心の半分はその不安でつぶれそうでしたが、

もう半分はそれを望んでいたように思います。

しばらく隠れて見ていると、やがてその男は立ち去りました。

男が行ったことを確認すると、僕は急いで道路を渡り、

自販機の前まで行きました。

幸か不幸か、鍵はそこにありました。

しかし、それで気が緩んでしまった僕は、

また道路を走ってきた車に気付きませんでした。

気づいた時には、車は僕の目の前にいました。

完全に、ヘッドランプで僕の裸が照らされます。

ですが、車はそのまま走り去りました。

僕は興奮のあまり、その場でオナニーしてしまいました。

これが、今回の露出の報告です。

次回は、きちんと写真も撮りたいと思いますが、

これからテスト期間なので、少し難しいかも知れません。

以上で、今回の更新を終わります。

これからも、この変態をよろしくお願いします。





出典:変態平沼貴一を晒す場所

リンク:


告白体験談関連タグ

||||

【スカトロ】平沼貴一を投下 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

このページの先頭へ