相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】チャンス? 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


大学のころ、クラスメイトの友人M、Kちゃんと3人で飲んでいた。そのままMの家に3人で泊まった。

Mの部屋は2部屋あり、コタツがある部屋に俺とMは寝ることになり、

奥のベッドがある部屋にKちゃんが寝ることになった。



Kちゃんはかわいくて正直おれはねらっていたのだが、

まあ、3人ということもあってその日はあきらめていた。

しかしふとトイレに夜中3時頃目覚めると、少しフスマが開いていて

Kちゃんが布団を蹴飛ばしてしまっている姿が見えた。



俺はそのときは純粋に布団をかけてあげようと思ってベッドに行き、

布団を持った瞬間気が付いた。



ん?チャンス?



隣の部屋のMを見ると熟睡している様子。そっとふすまを閉めてKちゃんに顔を覗き込んだ




寝息を立ててよく寝ている。

隣の部屋の気配をもう一度確認し、布団をめくった。

冬だったし、Kちゃんは重ね着をするタイプだったので

その姿自体はそんなには興奮しなかった。



上にかぶさるようにベッドに乗り、そっと唇を重ねる

薄い唇の感触が伝わる。まだ起きない。



次は胸。こぶりながらあこがれのKちゃんのだからもう大興奮。唇を激しく重ねると、さすがにKちゃんが起きる。



「んん?!」



そのあとの会話めんどいから概略

「前から好きだった。やらせて」

(かなり略)

「私、声大きいからM君起きちゃうからダメ」

「じゃや、せめてフェラ」



この間もキスをしたり、胸をもんだり、アソコを下着の上からなでたりやれるようねばりましたが、結局フェラで決まりました。



Kちゃんは脱ぐのは絶対嫌って言うから、

服をまくるだけにし、ブラをはずし、乳首をなめる。

これだけで息が少し荒くなっている。どうやら声が大きいのは本当そう。



これ以上はダメ!っていうので、ズボンを脱いで上に乗っかってもらった。



Kちゃんが息子を手に取り、少し考えた後、パクッとくわえた。

そのころのおいらはまだ純粋な大学生だったので、あまりうまいフェラを味わったことが

なかったので、Kちゃんのフェラは衝撃的だった。



簡単に言えばバキュームフェラでチンポに絡みつくような感覚に

ええ!?って驚くばかりだった。



だんだん息子が元気になってきたので、ここで69の態勢をリクエスト。

嫌がったがなんとか説得。スカートをまくってパンツまでを見せてもらった

下着の上からアソコをいたずらするとしゃぶりながらだから

「ん…」って言う声が時々漏れる。「それ以上はホントにダメ!」

といわれてしまったので、しょうがないのでフェラを堪能することにした



ジュルッジュルッっと音を立てながらディープスロートをするKちゃんのフェラは逸品(だと思った)

まもなく絶頂を迎えて口の中におもいっきり出してしまいました。



ティッシュをさがしたが、人の家ということもありみつからない、

あまりドタバタもできないので渋々Kちゃんはゴックン。

もう襲い掛かりたかったが、これ以上はダメ!の一点張り

しかたなく、そこであきらめました。



その後は飲みにいくことがあってももうそんなことはありませんでした。



しばらくたって判明したが、実は彼氏が同じクラスの知ってる奴で

それを聞いたときはかなり血の気が引きました。なんせかなり強面な奴なんで



駄文ですみません。大学時代の思い出でした。





出典:女友達にフェラチオしてもらった体験談パート4 646から

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||

【フェラチオ】チャンス? 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月15日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ