相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】娘とのセックスライフ(アナルセックス編) 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


娘とのセックスライフは、13年になりました。

トレーニングパンツを卒業して、素股プレーからアナルセックスへの移行のときの話しをです。

先日も、書きましたが紙オムツやトレーニングパンツは、捨ててしまえば何も証拠は残らないし

後始末が楽です。

ですが、パンツを穿くようになると精液に臭いを誤魔化すことが出来なくなり、悪戯の方法や

場所が制限されてきます。

仕事から帰ってきて、娘とお風呂に入っても出来るのは、ほんの20・30分という所でしょ。

一番長く出来るのが、寝ている時だけですから、パンツで処理してしまうと次の朝、臭いに

困ってしまう訳です。



娘の性感って生後数ヶ月くらいから認識出来ていました。

紙オムツを替えてやるときに、オマンコ触ってやるとそれに合わせてオマンコひく付かせてました。

1歳の頃に、オマンコを擦ってやったら、イク前におしっことウンチしちゃって終わりました。

それがあったから、2歳になるまで悪戯をしなかったんですよ。

前置きは此れくらいにして、本題に入ります。






娘とのアナルセックスの方法は、寝ているときに限られていました。

起きている時、やれば泣かれるのはわかっているので寝ているときに限られます。



初めてのアナルセックスのときは、いつも8時くらいに寝るのを無理やり12時くらいまで起こして

おいて極限まで睡眠欲を高めさせておいて実行しました。

当然ただ起こしておくだけじゃなくていつもよりも激しく遊ばせておいた。

これは、ネット調べてやっている人たちの方法を参考にしました。



布団に入ったらすぐに熟睡したので、パジャマズボンとパンツを一緒に下ろして、お尻だけが出る

ようにしました。

まず10分ほどかけてお尻をさするようにして、これで「触れられていることが当たり前」の状態と

錯覚させました。

あと、すべてにおいて時間をかけてゆっくりと行ってゆきました これが基本だそうです。



娘の場合は、クリトリス付近に触ると非常にくすぐったがるので、クリトリスを触るとクリトリスへの

刺激を求めてくるので、肛門に指の腹を押し付けてマッサージするよう刺激をしてやりました。

何度も指を唾液で濡らしながら少しずつ指を入れていくと、指1本が根元まで入れるのに5分も

かかりませんでした。

この時点で娘はすでに息が荒くなってかなり汗ばんでいた。



その状態で、勃起したチンポをゆっくりと肛門に押し込んでゆくと、痛いのか逃げようとする。

何度か挿入を試みると肛門も軟らかくなり、ゆっくりとチンポをのみ込んでいった。

逃げる様子がないので、そのまま根元まで直腸に押し込んでしまった。

ギンギンにチンポも勃起し、肛門の締め付けもきつく感じるようになったところで直腸の奥ふかくで

一度目の射精した。

娘の肛門が緩んだと思ったら、5分くらい呼吸が荒いままリズミカルに肛門を締め付けて、たまに腰が

ピクッとなる。



そのまま、チンポは萎えることも無く娘の肛門に挿入したままでした。

10分もしないうちに腰がビクビク動きっぱなしになって、肛門にチンポが入っているので押さえ

込まれた状態になってはいるが、腸が必死にチンポを押し出そうとしているのが感じ取れ。

後は、一気にチンポで責めまくってフィニッシュ。

最後の方は「んっ」とか声が出ていてイッた時は、少しおしっこを漏らした。



この方法だと、眠り→失神に近い状態のコンボでまったく起きる気配は無かった。

イク前よりも呼吸が深くなったのでたぶん相当の疲労度だと思う。

イッた後は5分くらいどこに触ってもびくっとしてた。

肛門は、リズミカルに締め付けてチンポが抜けるような状態ではなかった。



全体で1時間半くらいかけてアナルセックス楽しんだ。





でも、あとからメール交換をしていた人から、チンポが濡れれば肛門に当てておけば自然に入っていく事を

教わって、娘とのアナルセックスが楽に出来るようになった。

指を入れて慣らして挿入するよりも、チンポで肛門を濡らして後は少しずつ挿入した方が時間に短縮にも

なるからね。

この方法なら、挿入5分 アナルセックスを楽しむのに15分もかければ最高のセックスが楽しめますよ!



娘が、4年になるまでアナルセックスで毎晩のように楽しんでました。

20分ぐらいのセックスですから、妻がお風呂に入っている最中に十分楽しめていました。



夏場は、布団もタオルケット1枚だからそんな激しく事は出来ませんでしたが、冬場は、掛け布団も厚いから

いろんな形でやってましたよ!

とくに、朝方に挿入してやると目を覚ましてチンポがお尻の穴に入っているのを自分で触って確認してましたね。

その後は、腰を突き出して深く挿入出来るようにしてました。

それをするようになったのは、小3くらいからでしたね。



つぎは、処女を喪失させたときのことでも書きます。

でも、そのまえにアナルセックスのことをもう少し書きたいと思います。



出典:少女の街(衝撃のエッチ体験告白)より

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||

【近親相姦】娘とのセックスライフ(アナルセックス編) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ