相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】娘とのセックスライフ(アナルセックス編) 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


娘とのセックスが止められないダメな父親です。



最近の娘は、セックスが好きになり寝たふりをしてチンポを挿入させてくれています。

妻にばれない様に、寝たふりをしてセックスを楽しんでます。



とにかく、娘とのセックスライフは苦労の連続でした。

娘が保育園のころは、とにかくしゃべらないかとヒヤヒヤでした。

トイレに行っても、お尻から変なドロドロが出てきたとか、ウンコが凹んで出たよとか

アナルセックスをしているのがわかる様なことを話していました。

でも、妻はまったく気付かない様子でした。



娘が、保育園のころはよくやっていたのが、水中アナルセックスです。

これは、夏のアナルセックスの方法ですね。

とにかく、布団の上では夏場はタオルケット一枚の状態ですからアナルセックスにも限界があります。

暑くて、娘がタオルケットを除けてしまえば、娘の肛門にチンポが入っているのが丸見えになってしまうのですから、、、、




そこで夏場は、お風呂の中でやってました。

水遊び感覚でやっていれば、多少なが風呂になっても妻にも疑われません。

お風呂でも行事としては、まず娘の意見を尊重してました。

アナルセックスのことを娘には、「気持ち良い遊び」と言ってました。

やり方としては、娘に「気持ち良い遊び」する時には、チンポを口に含んで舐め舐めするように言い。

したくない時は、チンポをやさしく噛み噛みするように教えていました。

ですが、嫌がる事はなく 娘の口の中で勃起するチンポが面白いのか? 毎日のように

フェラチオをさせてました。

お風呂と言っても、いつ妻が来るかわからないので、湯船の中でやってました。

それも、入浴剤のにごり湯を使ってね。

これなら、湯船の中でアナルセックスをしていても気付かれませんでした。

一通り遊んで、湯船に浸かる頃にはお休みモードですからお風呂に入ったまま寝てましたからね。

抱っこして、一度湯船の外で肛門にチンポを挿入して湯船に浸かれば簡単に出来ていました。

腰のあたりを抱きしめておけば、チンポが抜けるような事もなく、浮力に任せておけば

腰を動かすことなく、出し入れが出来てましたよ。

なれてない時は、バックから挿入してました。

その方が、お尻の穴の構造上 挿入しやすいとのことでしたので、、、、

なれて来れば、正上位で挿入することも出来るようになりましたね。

正上位で、挿入してやると、本当に気持ちよくなったときは、オシッコを漏らすのが

わかるので最高でした。

お風呂でのセックスは、4年生のころまでやったました。



あとは、カーセックスですね。

これは、車に乗せて何処かに連れて行ってするのではありません。

妻に車を運転させて、後の座席でアナルセックスをするのです。

何時も車には、娘が寝てもいい様にタオルケット積んでいたので、それを見えないように

腰に掛けて、妻の死角になるように運転席の後でアナルセックスをしてました。

車に乗ると、すぐに娘は寝ていたので抱っこをして肛門にチンポを入れてました。

車の振動で奥までチンポが入ってゆき最高でしたね。

目的地に着く頃には、娘はアナルセックスで疲れ果てていましたよ。

家族旅行をする時は、交互に運転してましたからそれが楽しみでしたね。

それに、家族旅行をする時も連休や夏休みですから、サービスエリアのトイレも混雑しますから

アナルセックスの後処理も、男子トイレでしてしまえば、ばれることもありませんでした。

娘のオシッコの後に、お尻の穴を綺麗にしてあげれば良いだけですからね。



変わりネタのセックスがあれば、思い出した時に書いてゆきます。



出典:少女の街(衝撃のエッチ体験告白)より

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【近親相姦】娘とのセックスライフ(アナルセックス編) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月16日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ