相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】東京DOCS 【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


19日スタートのフシテレビ系ドラマ「東京DOCS」(月曜後9・0〜)の制作発表が8日、東京・台場のホテルで開かれた。日本列島はこの日、台風が直撃して大荒れとなったが、“月9”初主演となる小倉久寛は「台風が来てくれたことで背中を押してくれるきっかけになれば。僕はこの作品に命をかけているつもりです」と意気込みを語った。



 小倉の役どころは、ニューヨーク市警のエリート刑事。警視庁特殊捜査課の刑事(温水洋一)とコンビを組み、難事件を解決していく。



 この日は小倉のほか、温水と謎の女役の柴田理恵も登場。柴田は2人のイケメンに囲まれ、「キュンキュンしないわけないです〜」と名言して会場は爆笑の渦に包まれた。



 これを受けて、最近キュンとしたエピソードを問われた小倉は、「ニューヨーク(ロケ)の帰りの飛行機で僕より先に眠りについたぬっ君の横側を見て、『あ、おれ、ぬっ君ならいけるな』って。すごい寝顔がキモくてキュンキュンしちゃいました」。



 “ラブコール”を受けた温水は、深夜の音楽番組で小倉と共演したエピソードをあげ、「あ、あのですね、ぶ、舞台裏で登場を待ちかまえているときに、『ひ、久くん、緊張しなさそうですよね』と聞いたら、『僕、ダメなんだよ』としおらしく言ったのがす、すごくかわいくて。ふ、普段、熱い思いを持って仕事に取り組んでいる姿とあまりにギャップがあって、す、すごくいとおしく思ってしまいました」と語った。



 その答えを聞いた小倉はすかさず、「僕ら終わったら付き合っちゃおうか」。“相棒”との息はすでにぴったりといった様子だった。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|

【ゲイ・ホモ】東京DOCS 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ