相互リンク先の更新情報!

【おっぱい】某衣料品販売店にて【告白体験談】

カテゴリー:おっぱいの告白体験談
tag:


私は某衣料品チェーン店に勤務しています。

これは先日実際にあったお話です。

その日は夏の割引セールということもあり、朝からお店はかなりの忙しさでした。

お昼近くになり客足も途絶えたのでパートの女性が一斉にお昼休憩に行ってしまった時のことです。

店の中に店員は私も含めて2人だけ、もう1人はレジで作業していました。

お客もまばらな売り場で商品の陳列補充をしている私に声をかけてくる人がいます。

見ると小学校高学年~中学校低学年くらいの女の子を連れた母親でした。

「すいません、お店の方ですか?」と少し神経質そうな雰囲気の母親が聞いてきます。

私は「ハイ、何かおさがしですか?」と聞き返しました。

すると連れている女の子を指して「この子の下着を見て欲しいんですけど」と言ってきました。

「ハイ、それでは女性店員をお呼びしますのでしばらくお待ちください」と言い他の店員をさがしに行きました。

ですが、女性のパート店員はみんなお昼ご飯に出かけていて誰もいません。

レジに入っている店員も私同様男性でした。

仕方がないのでお客のところに戻り「ただいま、女性店員は全てお休みをいただいております あと一時間くらいで戻るとは思いますが・・・」と告げました。

すると「じゃあ、アナタでいいわ あんまり時間がないのよね」と母親。




少し驚いたが「まぁ、適当に子供用下着を見繕って渡せばいいか」と思い試着室の方へ連れて行きました。

「それではいくつかお持ちしますので少々お待ちください」と言って私が売り場に行こうとすると、「ちょっと、キチンとサイズを測って選んでよ」と母親が言ってきました。

「安売り衣料品店で子供の下着を買うのにサイズまで測る必要はないだろう」と思いましたが、結局女の子の胸囲を測ることになりました。

短く揃えたショートカットの女の子は真っ黒に日焼けをしていて、スカートをはいていなければ男の子と間違えてしまうようなルックスでした。

おとなしそうな女の子は母親に言われるまま試着室に入りました。

まだカーテンが半分くらい開いているのに母親は「OOちゃん、早く脱いで」と女の子をせかします。

恥ずかしそうに女の子がカーテンを閉めようとすると「大丈夫、お母さんも見てるから早くして」と言いました。

結局、女の子は母親に言われるままカーテンも閉めずに服を脱ぎ始めました。

シャツを脱ぐと下にはキャミソール一枚きりの女の子、下着を通して小さな胸の先端がうっすらと透けて見えています。

すぐにキャミソールも脱いで上半身裸になりました。

水着のあとがクッキリ残った細い体、小さいながら胸も膨らんできている体は未成熟ながらシッカリと女らしいものでした。

「最近、胸が擦れて痛いって言うんですよ そろそろブラジャーを着けさせなきゃダメよねぇ」と母親。

恥ずかしそうに胸を隠しながら猫背になる女の子、私がメジャーを取り出すと「ホラ、お兄さんが測ってくれるからしっかり立って」と母親に注意されています。

背中からメジャーをまわして正面の胸へ・・・、意識しないように注意しましたが、どうしても女の子の胸を見てしまいます。

乳房自体は本当に小さく子供らしいものでしたが、先端の乳首はかなり発育していて十分にいやらしい形をしていました。

薄い茶色の乳輪は腫れ物のように盛り上がり、その真ん中にはコーヒー豆のような形の赤っぽい小さな乳首がポツンとついています。

メジャーを乳首の上辺りで交差させて数字を確認します、女の子が体を動かすたびにメジャーが乳首の粒に当たりかなりドキドキしました。

確かトップ68のアンダー63くらいだったかな、正直女性の胸のサイズを測ったことなんかなかったので正確に測れたのかが心配でした。

とりあえず目検討で売り場から子供用ブラジャーをいくつか持っていきました。

女の子の母親は「あら、これもカワイイんじゃない」などと言いながら持っていったブラジャーを全て女の子に着けさせていました。

その間もカーテンはずっと半開きのまま、不器用そうに女の子がブラジャーを着け外ししている様子が私にも丸見えでした。

新しいブラジャーを着けるたび「大丈夫?擦れて痛くない?」などと聞きながらブラジャーのカップの上から手を入れて女の子の胸をグリグリ触ります。

私が後ろで見ていてもお構いなし、ブラジャーと胸の隙間を母親がチェックするたびに乳首がチラチラとはみ出して見えました。

よほど母親が怖いのか?おとなしいのか?女の子は黙ったまま恥ずかしそうに母親のされるがままになっていました。

結局、5枚くらいの子供用ブラジャーを買うことに決まりました。

最後にもう一度サイズを測って欲しいということになり女の子の胸を再度じっくり見る機会がありました。

見ると、驚いたことに女の子の乳首はシッカリと勃起していました。

乳輪は大きく盛り上がり乳首は最初に測ったときより倍くらいに膨らんでいます、赤味も強くなったみたいでまるでカリカリ小梅のように見えました。

乳首だけ見れば大人の女性と変わらないくらいのいやらしさで、「こんな子供でもしっかり女の体なんだなぁ」と妙に関心しました。

女の子が着替えている間、母親は「週末、学校の行事で泊まりに行くらしいのよね」「サイズがわかれば今度は一人で買いに来れるわね」なんてことを話していました。

多分、時間にすると10分~20分くらいだったと思いますが、やたらと長く感じた接客でした。

仕事柄、女性の下着や胸をチラ見することはよくあります。

しかし、これほど大胆な出来事は初めてです。

今思うと、あの女の子が少し気の毒に思えてきてしまいます・・・自分の親は選べませんから。


告白体験談関連タグ

|||||||

【おっぱい】某衣料品販売店にて【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:おっぱいの告白体験談

このページの先頭へ