相互リンク先の更新情報!

【手コキ】掃除のおばちゃん 【告白体験談】

カテゴリー:手コキ告白体験談
tag:


仕事終わりに良く行くパチンコ屋がある。

その店には灰皿やトイレなどを掃除するおばちゃんがいる。

おばちゃんの年齢は40後半〜50前半位。特に綺麗なわけではない。

いたって普通のおばちゃんだ。

街で見かけても意識すらしないだろう。俺も最初は全く意識しなかった。





おばちゃんは毎日20:00になるとトイレ掃除を始める。

男子トイレであってもお客が小便してようが関係無しに入ってくる。

トイレの入り口に清掃中の札を出すわけでもないのでお客は普通に入ってくる。





昨日、小便をしていたらおばちゃんが掃除に入ってきた。トイレには俺一人。



その日はボロ負けして風俗に行けなくなった事もありむしゃくしゃしていた。




俺は洗面台を掃除しているおばちゃんにわざと見える様に1歩後ろに下がり小便した。

もう小便も終わっているのに、チンポをブラブラ振りおばちゃんにアピール。

興奮してきて勃起し始めた。そしてギンギンになったチンポをおばちゃんにアピール。

小便を切っている様に、上向いているチンポをブンブン振り回す。

するとおばちゃんがチラッとこっちを見た。

俺はおばちゃんが見ている事に気付いていない様に振る舞った。





俺は懲りずにチンポを振り続ける。

興奮のあまり、普段あり得ない位の大きさになっていた。

おばちゃんは壁を拭きながら、間違いなく俺のチンポを見ている。





俺の興奮はエスカレートし、遂にチンポをしごき始めた。

おばちゃんは相変わらずこっちをチラチラ見ている。間違いなく見ている。

俺はたまらなくなり便器に向かって一気に射精!!

大量のザーメンが飛び散った。





事を終えた俺はチャックを閉め、手を洗ってトイレを出た。

トイレから出る間際、おばちゃんの顔を見たが、下を向き、顔を真っ赤にしていた。





相手は普通の50歳位のおばちゃんだが、変な風俗よりもよっぽど興奮した。



今日、これからそのパチンコ屋に行ってきます。

今日は反応見て、大便用に連れ込んで挿入できるような気がしてます。



出典:−

リンク:−


告白体験談関連タグ

||

【手コキ】掃除のおばちゃん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月17日 | 告白体験談カテゴリー:手コキ告白体験談

このページの先頭へ