相互リンク先の更新情報!

【友達】弓美【2】・・舞浜リゾートで 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


関連BBS(ネタばれあり)





【前話のあらすじ】



俺の同級生で、同僚の弓美が別の会社の人に暴行された。犯人はクビになり、街を去った。

暴行現場を目の当たりにしながら助けられなかった俺と妻・真帆を弓美は責めたが、それでも何とか会社に行けるまでに立ち直った。

真帆の父である社長は、弓美に舞浜ディズニ一リゾートのクーポン券をプレゼントした。

弓美は「ケン(俺)と行きたい」と言い、社長は苦笑していたっけ。





【舞浜ディズニ一シーへ】

5月半ば。新幹線と電車を乗り継ぎ、舞浜駅前のウェルカムサービスセンターへ荷物を預けた俺たち、弓美の希望で舞浜ディズニ一シーへ向かった。

弓美の格好は、ピンクのブラウスに、膝丈の白いフレアスカート。

胸のラインも露わなぴちぴちのTシャツとか、大きな尻の形がくっきりとしたジーンズを期待していたのに、珍しくお嬢様スタイル。「どうしたの?」と聞いても「ふふふっ」と照れくさそうに笑って答えてくれない。






シーに行くためのモノレールのつり革には、なぜか耳がついていて、ちょっと笑える。

ランドの方は何回か行ったことがあるが、俺もシーは初めて。

ホテルの建物をくぐり、右手に向かって歩くが、乗り物が見あたらない。でも、古いイタリアの町並みに弓美は大喜び。

海沿いにぐるりと歩くと、昔の帆船を再現したアトラクション。そこで船のラジコンをする。。。。おい、いつになったら乗り物に乗れるんだ・・・・



俺の表情が険しくなったのを見て弓美は「ケン、そんなに怒らないでよ。ケンと一緒に旅行できるだけで私、嬉しいんだから」そう言って腕にぶら下がった。お互い、32にもなるのに、やっていることはハタチの娘と変わらない。でも、それが不自然に思えないのは夢と冒険の王国のなせる技なのかな?



大きな橋や船を眺めたりしてたどり着いたのが、灯台のある岬。

高台に上り、灯台の裏に回り込むと、回りには誰もいない。

「ケン、キスして」弓美はそう言うと、俺の首っ玉にしがみついて、唇を突き出す。俺も、唇を合わせると弓美は舌を絡めてきた。

弓美は俺の手を掴んで自分の胸にあてた。「触って・・・」

「弓美、無理だよ、ほら」沖合にはトランジットスチーマーシップという大型船が大勢の客を乗せて航行していて、何人かの客はこちらを見ていたから。弓美の顔がゆでだこのように真っ赤になった。



その先に進んでようやく乗り物に乗れた。二人乗りのボートで水上を駆けめぐるものと、水上飛行機に乗って冒険する乗り物。弓美は大はしゃぎ。まるで、ハタチの女の子といるみたいだ。





【弓美のブラ】

そのまま奥に進むと「ミスティクダンス」という熱帯雨林のショーの呼び込みをしていたので、中に入る。

観客は6分の入りで、俺たちだけ何となく最後列に座る。

ショーが始まると、弓美が俺の手を掴んで胸を揉むように促した。

俺は、ブラウスのボタンを外そうとしたが、スタッフ(従業員)がうろうろしているのでそれはやめて、弓美の肩を抱いた。抱いた腕を胸に回して、スタッフが他を見ている間に揉む。胸は意外に柔らかい・・・あれ、ブラは?

「弓美、ブラしてないの?」「まさか、直接触れば分かるよ。触る?」

そんなこと出来るはずがない。今夜ホテルで確かめよっと。

ショーの間中、弓美の耳を舐めたり、服の上から胸を揉んだり、スカートの上から太ももを撫でたりしていたので、会場を出るとき、弓美の呼吸は荒かった。





【潜水艦の中で】

次に向かったのは、「海底二千マイル」潜水艦の乗り物とのこと。

この潜水艦、二人がけのベンチが3脚、コの字に並んでいて、それぞれ外を向いて座る感じ。

他のカップル二組と乗り合わせ、海底探検へ。

窓から景色を眺めていると、弓美が「ねえ、揉んで」と囁く。

「まずいよ、他の客もいるのに・・・・」あれ?。他のカップルの息が荒い。

右後ろに座ったカップルは、キスをしながら彼氏が白いTシャツを捲り上げ、胸を揉んでいる。かと思ったら、オレンジ色のブラをずらして乳首を舐めている様子。

左後ろに座ったカップルは、彼氏が女の子のデニムミニスカートの中に手を入れ、何やらもぞもぞ動かしている様子。



「ねえ、私たちも」弓美はそう言うと、ブラウスのボタンを外した。中に手を入れると、なるほど。弓美はコットンのチューブトップのブラをしていたのだった。

伸縮性のある素材のため、簡単にずらす事ができ、乳首を転がすと「ああんっ」と大きな声を出した。耳を舐めながら乳首を転がすと、もぞもぞと悶えている。



そんなことをしていると、システムエラーということでアトラクションが停止した。

「少しお待ち下さい」という放送が流れたのを機会に、他のカップルの息も荒くなっていく・・・

彼氏が胸を揉んでいたカップルの女の子は、ブラのホックも外してしまい、バストが丸見え。小さめの乳首が勃っているのが見える。

ミニスカートのカップル、スカートは腰まで捲れ上がり、彼氏がショーツの隙間から股間を愛撫しているのでぴちゃぴちゃとイヤらしい音が響いている。

両方の女性、それぞれ喘ぎ声を出していて、それが刺激となって、さらに喘ぎ声は大きくなる・・・・



「ねえ、下も触って」と弓美。俺は、スカートの中に手を入れ、ストッキングの足を撫でながら弓美の股間に手を這わせると・・・あれ、生パンツ。パンストではなく、ロングソックスを穿いているのか・・・

俺は、ショーツの隙間から指を入れると、弓美の股間はすでにぬるぬる。

指を差し入れて奥までそっと進め、手前に曲げると「あああっ」と絶叫した。

俺は指を出し入れすると、弓美は「いやぁ、恥ずかしい、ああああっ」と声を出した。

その声に刺激されたTシャツのカップルの女の子が、彼氏のズボンのファスナーから肉棒を取り出しておしゃぶりを始めると「お待たせしました。運行を再開します」とのアナウンス。

カップルたちは、あわてて身繕いをし始めた。弓美はスカートを元に戻し、ブラウスのボタンをはめるだけで身支度完了だ。





【ミュージカルで・・】

さすがに30分待ちの餃子ドックはパスしたが、人魚姫と写真を撮ってもらったり(撮った写真、どうするのだろう?)、二階建ての回転木馬に乗ったりと無邪気に過ごした後、ゴンドラに乗るためにパークを横断。ゴンドラに乗り、近くの店で辛子がたっぷり利いたサンドイッチを食べ、周辺をぶらぶらしていると、ミュージカルをやっている劇場で呼び込みをしていた。

「今まで二階席でショーや映画を見たことがないので行ってみたいな」というので、スタッフに断って二階席へ。数人の客が上がったが、大半の客はステージの真ん前へ。



場内が暗くなり、大音量でショーが始まった。

「ねえ、触って」と弓美。が、スタッフの巡回があるかもしれないので、胸への責めはやめ、スカートをまくった。

脚を撫でながら股間に触れると、ショーツが湿っていた。そのまま指を進めると、既に大洪水。クリを弾くと

「んんんっ」と口をつぐんで悶えた。面白いので、そのままクリを擦り続けていると

「んっ、んっ、んっ、んんんっ、、ぴくっ」と体をのけぞらせ、呼吸が荒くなった。

「ケン、ひどい。逝かせるなんて」弓美はそう言いながら俺のズボンのファスナーを開け、逸物を取り出した。

「弓美、俺はいいよ。ショーを見ようよ」

「いや。さっきのお返しよ。じゃなきゃ『痴漢です!』と叫ぶよ。ったく、先走りの汁まで出しちゃって・・・」弓美はそう言うと、俺の逸物をこね回し始めた。

俺は仕方なく身を任せるが、朝から弓美のイヤらしい顔や、客の女の子たちの丸く膨らんだ胸、ヒップラインや生足を見てテンションが高くなっていたため、急に快感が増してきた。

「弓美、ストップ。逝きそうだよ」

「逝っちゃいなよ。私も逝かされたんだから」そういうと、手の動きを早くした。

「ゆ、ゆ、弓美。。本当に で、出ちゃう。ホール汚しちゃうよっ」

「もう、仕方ないわね」弓美はタオルを取り出すと、左手で逸物の上に当てながら、右手でコキ続ける。頭の中が真っ白になって

「弓美、逝くよ」どくっ、どくっ、どくっ・・・・タオルの中に放出した。

後始末をして、逸物はズボンの中に。



「ケンのエッチ、こんな所で射精するなんてwww。真帆に喋っていい?」

「弓美、それだけは勘弁して」

「じゃ、今夜、かわいがってね」

何だか訳の分からないうちにショーは終わった。

白濁液がたっぷりと染みたタオルはゴミ箱へ直行。(近くの店で新しいタオルを買わされた)・・・



【ランドに移動】

ショーの後、弓美は舞浜ディズニ一ランドに移動したいという。

「パスポートは共通券ではないから、買い直さないと・・」

「大丈夫。社長からもらったの、たくさんあるから」(普通じゃ考えられない無駄遣いだ・・)



ということで、ランドに移動。こちらは家族連れが多く、やっぱり混んでいるなぁ

でも、弓美は修学旅行を思い出したのか、俺の手を引いて一人ではしゃいでいる。

バス・ライトイヤーで光線銃を撃ったり、ゴーカートに乗ったり。「スペ一スマヴンテンなんて、15年前と全然変わっていないのね」・・とも。プーさんの蜂蜜探検では目を輝かせていたし、ミッキーマヴスとの記念写真も楽しそうに撮ってもらっていた。(重ねて言うが、その写真どうするのだろう)





ちょっと夕食には早い時間だが、混雑を避けるために早めに行動。

ワールドバザールの小洒落たレストランで食事を取り、ワールドバザールからシンデレラ城を眺めると、目の前に光の行列が。

「まあ、エレクトりカル・バレード。」弓美は目を輝かせ、俺の手を引いてパレードが見える場所へ小走りに駆けていく。人垣の後ろの方で立ち見になったが、見上げるほど巨大な山車は後ろで見ても十分美しい。

俺は、弓美の肩を抱き、弓美は俺の手を握った。



パレードが終わり、近くのベンチに腰掛け、一休み。

家路につく家族連れが目の前を通り過ぎていく。今日は平日なので、未就園の小さな子どもを連れた家族連れが多い。





【弓美の告白と決意】

「ねえ、ケン」「ん?」

「私、子ども欲しいな・・・・」

「えっ、まさか? それだけは勘弁して・・真帆に殺されるよ」

「ちがうよ。無理なのは分かっているよ。高校の時、ケンは洋子と一緒に地元かなあっと思ったから、私も地元の短大にしたけど、ケンが東京の大学に行くって分かっていたら私も付いていったんだけどねぇ。あの時ケンのこと好きだったから。・・今でも好きだよ」

確かに、都会に弓美が付いてきてくれたら、都会で就職し、真帆と知り合うこともなく、今頃は弓美と一緒になっていたのかもしれない。

「弓美・・・・ごめ」

「ケン、謝らないで・・辛い」

「?」

「私が襲われた日の夜、思ったの。やっぱり私を守ってくれる人と子どもが欲しい、と」



実は、旅行に行く前日。真帆と体を合わせた後、そのことが話題になった。

弓美さんがいると楽しいし便利(?)だけど、私たちとこうしている間は幸せになれないよね、いつかは弓美を送り出さないと・・・



「ケン、どうしよう」

「弓美。自分の幸せを掴むために、一歩踏み出そうよ」

「でも、ヒロシやタケシみたいな乱暴な夫(ひと)は絶対イヤ。」

「弓美に似合いそうな優しい人、絶対見つかるよ。弓美、かわいいし、色っぽいし、ここに来てから随分明るくなって・・。俺も弓美の事近くに置いておきたいけど・・」

弓美は俺の首っ玉にぶら下がると、唇を押しつけてきた。人前だけど気にしないでキスをした。しょっぱいキスだった。丁度、花火が上がっていた・・・・・・





【舞浜ランドでの一生の思い出?】

花火が終わると・・

「ケンのを挿れてほしいな」

「じゃ、ホテルに行く?」

「いやよ。舞浜ランドの中で挿れてほしいの。一生の記念に」

「そんな無茶苦茶な・・・・」



時間は閉園間際。いつのまにか、パーク内はがらんとしてきた。チャンスはあるかも?。

以前「燃えコビ保管庫」というエロ投稿サイトで『ディ◎ニーランド』(リンクは文末)という作品を見たことを思い出した。まず、冒頭でズッコケそうになったものだ。それにしても、ひどい作品だったなぁ。評価は5を割っているし・・・・www





【串刺し蒸気船】

俺たちが向かったのはウェスタンランド。「蒸気船マ一ク・トゥ工イン号」を目指すが、丁度前の船が出たばかりなので、弓美はビッグサンダーマウンテン横のトイレに行き、しばらくして真っ赤な顔をして出てきた。

3階建てのこの蒸気船。夜は皆、歩き疲れているため、椅子が置いてある1階の最前部にお客が集中する。座りたいし、3階に上がっても夜の景色は大した眺めではない。

3階と2階には船室もあるのだが、船室に入ると景色が見えないので、乳児や高齢者でも連れていない限り使う人はまずいない。



船に乗り込んだのは俺たちを入れて大人ばかり数人。予想通り、全員が1階最前部の椅子に腰掛ける。俺たちだけは2階の船室へ。2階の方が密閉性が高いので。

バンジョーの音楽に合わせて船が離岸し、船員役のスタッフが1回は見回るが、あとは、4階の操舵室と1階の機関室に入る。

スタッフが去った足音を聞き、俺は弓美のブラウスのボタンを外し、ブラをずらして胸を揉むと、早速弓美は鼻を鳴らした。

「んっ、んっ」乳首を捏ねると体がのけぞる。「ケン、時間ないよ」そう言うと弓美は俺の逸物を取り出し、手でコキ始めた。

俺は弓美のスカートの中に手を入れると、既にショーツから垂れてきそうな位に濡れている。

「弓美、凄い。いっぱい濡れてるよ」

「さっき、トイレでオナって来たから。ケンはどう?・・・・えっ、もう勃ってる。いやらしい」

真っ暗な遊園地で逸物を取り出され、慣れた手つきでしごかれれば、誰だって・・・

「弓美、上に乗って」「うん」

弓美は、ショーツを脱ぐと、ベンチに座っている俺の上にまたがってきた。

真っ暗でスカート越しなので、なかなか位置が掴めないが、逸物の先にぬるっとした感触がしたあと、一気に暖かいものに包み込まれた。

「ん゛〜っ」弓美はハンカチをくわえて声を出すのを我慢している。

奥まで刺さったので、俺は動きを止めて弓美の耳に囁く。

「弓美、大丈夫?」弓美はハンカチを取ると「もう、すごい。一刺しだけで失神しそうになっちゃった」と言うと、再びハンカチをくわえた。

弓美が体重を掛けていて、激しく動かせないので、弓美の腰を前後に掴んで揺すってやると「ん゛〜っ、ん゛〜っ」というくぐもった絶叫(?)が聞こえてくる。



「弓美、逝っちゃいなよ」「でも、あんっ、んんっ」弓美が自分で腰を振り出したので、俺は胸に手を回し、ブラウスの中に手を入れると、生バストを揉んだ。

で、乳首を指の間に挟んでつまむと「んんっ、んんっ、んんんんんんっ、あっ」

弓美は崩れ落ちてしまった。

窓の外に目を向けると、遠くにファン夕ジーランドの明かりが見える。

「さて、服を」「ケン、後ろからはめて」「時間ないよ」「ちょっとだけでいいからぁ」

そう言うと、ベンチに手をついて、尻を突きだした。俺は、スカートをまくると、バックで突き刺した。

逝ったばかりの弓美の中は少し緩いものの、熱くなっていた。

「あっ、あんっ」「弓美、声は・・・」「んっ、んっ」俺は逝くつもりがないので、ゆっくりピストンしていたが、次第にファン夕ジーランドの明かりが近づいてくる。船の方を見ている客も見えたので「弓美、抜くよ」「はい」弓美から抜かれた逸物は糸を引いていて、ほこほこと温かかった。

俺たちは並んでベンチに腰掛け、後始末をした。

(弓美のショーツはびしょびしょになっていたので、この場では穿けず、後でトイレで拭いてから穿いた)







【義母からの電話】

船を下りると、既に閉園時間。おみやげは明日買うことにした。

ランドを出て、モノレールを「シーサイドステーション」で降りて、ホテル行きのバスを待っていると、弓美の携帯が鳴った。「社長さんから電話だ」「弓美に?、何だろう」

「はい、弓美です」「あら、お義母さん」(真帆の母親だった)

何やら深刻そうに話している。弓美は「話が長引きそうだから、歩こうか」とバス待ちの列から離れ、歩くことにした。ホテルまでは歩いても数分の距離だ。



「ケン、明日、真帆ちゃんたちが合流したいって言っているけど、いいよね」

俺に異存はない。明日も弓美と回っていたら、精力を搾り取られそうだww・・・

弓美は少し話をして、電話を切った。

「明日、社長とお義母さんと、真帆ちゃんとチビちゃんがこっちに来るって。」

「はたまた、急な話だねぇ」

「真帆ちゃんが舞浜ディズニ一ランドに自分も行きたい、ってお義母さんの所にだだこねたみたいなのよ」

「・・・・・・」(ったく、俺がいないと子どもみたいなやつだ)

「それで、明日遊んだ後、みんなでもう1泊することにしたけど、部屋が変わるから荷物をフロントに預けて、下着の着替えとかはホテルで適当に買って、だって」





【真帆の逆襲?】

いつの間にかもう1泊だと??・・・あーっ。

俺はあわてて真帆に電話する。

「ケン、ごめんね。私、どうしても行きたくなったから・・・私のこと愛してるよね」

「うん、というか、それはいいんだけど、真帆。俺は3日目の午後1時から、製品部の会議があって休めないよ」

「そうか、すっかり忘れてた。・・・・・・・そうねぇ」真帆はしばらく考えていたが

「じゃあ、ケンは3日目の朝、一人で新幹線で帰ってよ。私たちは遊んでから帰るから。どうせ、パパのクラウンに6人も乗れないし、・・・・・丁度いいわ」

「丁度いいって・・・真帆、ひどいよ」

「ひどいのはどっちよ。そんなこと言うんだったら、私、弓美さんに言うわよ。『今夜はケンの体に指一本でも触れたら承知しないからね』と。」

「ひどい・・・・」





【ランドが見える部屋で】

そんなことを喋っているうちに、ホテルに着いた。フロントは混んでいたので、ベルボーイの案内は断って部屋へ。



部屋の窓からは広大な駐車場越しに舞浜ディズニ一リゾートのアトラクションやモノレールが見える。

「まあ、ステキな眺めね。もっと早く来ればよかった」

パーク内でHしたいって言ったのは弓美じゃないか、とツッコミを入れたくなるが、まあ、いいか。

景色に見とれている弓美をそのままにシャワーを浴び、寝巻に着替えた。弓美も入れ替わりにシャワーに行き、タオルを巻いたままですぐに出てきた。

「ケン、しようよ」「うん」

俺たちは全裸になり、弓美の大きな胸が目の前に飛び出したので、むしゃぶりつく。誰にも邪魔されない空間で揉むCカップの真っ白な胸。手に吸い付くようだ。



「私たち、いつまでこうやってH出来るのかなぁ」胸を揉まれている弓美は目をつぶって気持ちよさそうにしている。

「決めておこうか。『弓美にステキな人ができるまで』と。二股は怖いからね。特に男は」

「そうね。・・・・・・ケン、欲しいよ」



そう言うと、弓美は横たわったままの俺の逸物をいきなりくわえだした。

今日は1度しか発射していないので、あっという間に大きくなる。

「弓美、さっきから色々刺激されているから、そんなにされたら逝っちゃうよ」

「んんお(いいよ)」んぷっ、んぷっ、髪を後ろに束ねた丸顔に、俺の逸物が突き刺さっている。弓美はおしゃぶりが苦手なのに、今日は離そうとしない。

「弓美、無理しなくても・・」

「お願い、口の中に出して。」「弓美・・・」「実はね、時々、あの男の液の味を思い出すことがあるの。ケンので清めて」

そうか、この旅行の目的は・・・・というよりも段々気持ちよくなってきた。

「弓美、逝くよ」「んんっ」・・・・「おおおおっっ」俺は弓美の口の中に出した。

弓美はそれを飲み下そうとするが・・・・「ケン、ごめんね」とティシュに吐き出してしまった。

弓美がうがいをしている間、ちょっと休憩。カーテンの隙間から舞浜リゾートの夜景を眺めると、視界にはたくさんのホテルが見える。あの部屋の内、一体何部屋でエッチなことしているのだろうか・・・という想像をしてみる。

うがいが済んだ弓美、俺の腰に絡みついてきて、逸物を手で扱き始めたので再び立ってきた。



俺は、弓美をベッドに横たえると、太ももに唇を這わせ、だんだん脚の付け根へ

「ああっ」弓美は大きな声を出した。

「いや、いいっ、凄い、何かゾクゾクする。いやあっ、クリちゃんしゃぶらないで、ああんっ」とさっきまでのうっぷんを晴らすように大きな声を上げていた。

俺は舐めを中断すると、弓美の局部に指を入れてピストンする

「ケン、いやぁ、変になりそう、ちょっと待って、ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁ」

弓美は潮を噴いてぐったりとしてしまった。

「もう、ケンのバカ。一緒に逝きたかったのに」「弓美はエッチだからすぐに回復するよ」「ひどいよww・・」



ちょっと胸を揉み、股間を撫でただけで弓美はあっという間にスタンバイOK。

俺は、弓美を横たえると、ゴムをつけて正常位で挿入した。



「あっ、あっ、あんっ」さっきの暗がりでのエッチと違い、弓美の気持ちよさそうな顔が目に飛び込んでくる。程良く脂の乗った腰を抱え、抜き差しすると弓美は本当に気持ちよさそうだ。

気がつくと、さっきからピストンしているおかげで、弓美の頭がベッドの端にぶつかりそうだ。そこで、腕を掴んで騎乗位へ。

腰を突き上げると、弓美の大きな胸がぶるぶると震えている。

バストを掴んで乳首をこね上げると・・

「ケン、やだ、逝きそう」「逝ってもいいよ」「いや〜っ、やめて。ケンと逝きたい。お願い。ケンも逝ってよぉ〜〜いやぁ〜」と弓美は絶叫して逝くのに耐えている。

苦笑した俺は再び正常位に戻ると、弓美の腰を掴んでピストン再開。



「ああんっ、あんあんあんあん」「弓美、逝きそうだ」「私も・・・・ぎゃあぁぁぁぁっ」「おおおおおおおっ」

俺は弓美の中でたっぷりと出した。



逸物を抜いてゴムを外し、後始末をして、腕枕をして横たわると

「ぐすっ、ぐすっ」「弓美?」「ケン、気持ちよかったよぉ、もっともっとたくさんしたいよぉ・・・」「弓美・・・・」

俺は無言で弓美を抱きしめると、弓美は気持ちよさそうに顔を寄せてくる。

しばらくして、弓美が眠りそうになったので、あわててパジャマを着せた。弓美の寝付きの良さと、寝相の悪さは相変わらずだ。







【真帆たちと合流】

翌朝、朝食を食べ、軽く1回エッチする。

室内には日差しがたっぷりと入り、真っ白に光り輝く弓美の体を堪能した。

朝のエッチ、弓美の真っ白で大きな尻を抱え込み、突き刺すのが何とも言えない。



そして、荷物を持ってロビーに降りた。ここからランドに向かい、お互いに連絡をとりあいながら真帆たちと合流する段取りになっているが、合流するとベタベタ出来なくなるので、弓美はここぞとばかり俺の腕を掴んでいる。



エレベーターを降り、ピアノの音色と光が降り注ぐ広大なアトリウムのあるロビーに出ると

「ケン、弓美さん。おはよう!。。。。まあ、腕まで組んじゃって・・・。たっぷり寝られた?」あれ、真帆・・?

「もうっ、ビックリしたぁ。真帆ちゃんっ」「真帆、ランドで待ち合わせのはずじゃ」

「早く着きすぎたから、荷物と車を預けながらコーヒー飲んでいたのよ。どうして私のこと邪魔者扱いしているのかしら?。二人とも、目の下に隈(くま)が出来ているわよ」

アトリウムを目で探すと、コーヒーラウンジに義母とチビが座っていた。



そこに、義父がやってきた。

「宿泊登録、先に済ませておいたぞ。部屋に入れるのは3時過ぎてからだ。シングルがないから、ツイン(二人部屋)とトリプル(三人部屋)でいいよな」・・・・と、いうことは?



その日は、主に子どもや義父たちの相手をしながらランドを回った。弓美や真帆と一緒に乗り物に乗ると、キスしてきたり股間を触られたりと大変なので。

日が落ちてきた頃、ホテルへ入る。今度は海が見える広めの部屋で、弓美はまたまた大喜び。(義父夫妻が二人部屋に入ったので、俺たちと弓美は三人部屋。チビは添い寝)

ホテルのレストランで早めの夕食を取った後、義父夫妻は部屋で休むという。(義父は明け方まだ暗い時間に車を出して、こちらに着いてから休憩らしい休憩も取っていないし、義母は体の丈夫でない華奢な人)



俺たちは、義父夫妻を残して舞浜駅前の小洒落たショッピングモールに出かけた。

弓美は真帆を連れて明日着る洋服を選ぶとのこと。

その間、俺はチビを連れてJRの窓口に行き、切符の変更や払い戻しをしたり、本屋で絵本を買い与えるなどして時間をつぶした。

そのあと、部屋に戻ってからが大変・・・・・・



3日目の朝、一人で会社に向かう新幹線の中、俺は爆睡した。

昨晩は一日遊んだあとに、遅くまで二人の相手をしたのだ。疲れた・・・・zzzz









(※)テーマパークや乗物の名称などは全て架空のものです。実在するものに似ていたら、それは偶然です。



出典:関連BBS(ネタばれあり) & 駄作(?)『ディ◎ニーランド』へのリンク

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

【友達】弓美【2】・・舞浜リゾートで 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ