相互リンク先の更新情報!

【スカトロ】スカトロ注意!アクエ○オン、アポロがリーナをガチレイプ3 【告白体験談】

カテゴリー:スカトロ告白体験談
tag:


「よし、ノドがカラカラだから少し飲ませてもらうぜ・・・リーナ。」



リーナの目の前でゴク、ゴクッと尿を飲むアポロ。



今度はリーナの腰をやさしく持ち上げ、うつ伏せに・・・。



「今度は便のほうだ。指で刺激してやるから、ちゃんと出せよ。」



「・・・んっそんな掻き出しみたいに激しくされると、すぐ出ちゃうっ・・・」

肛門を、直腸を刺激されたリーナはすぐに・・・。



ブリュッ、ブリュ、ブブブブッ、ブピピピピ・・・



「んっ、んがっ・・・んぐっ・・・んぐっ・・・」と雑食のアポロは、

リーナの排泄物を肛門から直に全部食べてしまった。






「んぐっ・・・ちょっとニガイが、さずが栄養たっぷりなメシ

食ってるだけあるぜ。

オレは普段ネズミとか森の動物とか食ってるから、

おめぇのウンコはチカラ出そうだ。

何かおめぇのこと、いっぱい知ることができた気がする。」



「・・・ほんと?わたしのこと・・・好き?・・・もらってくれるの・・・?」



「あぁ、リーナ。もちろんだ。かわいいぜ、リーナ。」



「うれしい。・・・がんばって恥ずかしい思いした

かいがあったわ・・・愛して・・・。」



アポロは一回目の汚物の乗ったうすい上掛けのふとんを

丸めて床に投げた。

それはシルヴィアの目の前にちょうど投げられ、シルヴィアは

自然とそれを手にしていた。



自分の最愛の男を寝取った少女の排泄物のニオイを嗅ぎながら・・・



ついにはそのリーナの排泄物を自分の口に入れ、苦味を感じ、

鼻の中に押し込んでその鼻をつくようなニオイに興奮しながら

シルヴィアはグチョグチョになった自分のヴァギナへの

手淫を続けた・・・。



シルヴィアのクリトリスは隆起し、ヒクヒクとニョキッと勃起した

ペニスのように大きく動く・・・



「んんんんっ!!・・・んぁっ・・・リーナのこのニオイ・・・味・・・

すっごい・・・んはぁっ・・・

い・・・イっちゃう・・・」

一方、きれいなシーツに小柄なリーナをやさしく、

動かない足をいたわりながらそっと乗せるアポロ。



「アポロ、口の中をきれいにしてあげる・・・」



リーナはやさしく気遣ってくれるアポロにキスをした。



「んっ・・・わたし・・・あんっ・・・自分の・・・ニオイ・・・恥ずかしい・・・」

ディープキスでアポロの口の中・・・黄土色の排泄物を舐めとるリーナ・・・。





出典:パチンコの

リンク:CRアクエリオン2出ないかなぁ。。。


告白体験談関連タグ

|||

【スカトロ】スカトロ注意!アクエ○オン、アポロがリーナをガチレイプ3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

このページの先頭へ