相互リンク先の更新情報!

【看護婦】やっぱ看護師はビッチだった!!! 【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


俺は19歳の専門学生です。



つまらない文章かもしれませんが暇な方はどうぞ



俺の入院中の体験談にお付き合いください。



ここで簡単な俺のスペック



年:19歳

得意スポーツ:バスケ

ルックス:バスケにおかげで身長180で顔は小池徹平ってたまに言われる。





今回の入院にいたった理由もバスケで足の靱帯をやってしまった事から今回の






体験に至ったのであります。



19歳の俺は人生初の入院に下心丸出しで入院生活に望んでいたw



そこで担当の看護師がなんと俺の2つ上の見習いの研修生だった!!!



年が近い姉さんということにもテンションは↑↑だったんですが



そんな事よりも、ルックスがびっくり!!上原多○子似の美貌の持ち主。



絶対にこの入院中に物にしてみせると見た瞬間から硬く心に誓ったのを



鮮明に覚えていますw



まずは警戒心を解くために全うな会話から入っみた。



すると案外上原ちゃんのほうから積極的に話をふってきてくれた。



俺に気があるのかと思ったがみんなにそんな感じだった。



入院2週間くらい立って大分、打ち解けてきたころから俺は作戦を変えていった。



次の作戦は深夜のロビーに呼び出し接近を試みた。



とにかく上原ちゃんが当直の日は深夜のナースコールを押しまくったw



最初の方は若干怒られてはいたが諦めたのか当直の日には



決まった時間に自ら俺を迎えにきてくれた。



寝静まって静まり返ったロビーで二人っきりの空間は



何ともいえない興奮があるんです。



入院経験がある方なら分かっていただけると思います!!



そんな時間を重ねていく内に



あと少しだ!あと少しでこの上原ちゃんが俺の物になる!!



そう想像をしていると毎日のズリセンネタが上原ちゃんになっていた。



そのズリセンネタの子と毎日顔を合わせるほど苦痛な物はないです。



簡単な上原ちゃんのスペック



21歳の看護師の卵

上原多○子に檄似

目測ではDカップの中々の胸の持ち主。



限界をとっくに超えていた俺はつい最終作戦に打ってでた。



これは練りに練った最終扇ななので



入院中の男性が看護師とのセクロスを考えている方には参考にして頂きたい。



作戦はこんな感じで。(実際対した作戦ではないかも)



上原ちゃんが金曜日に当直の日が狙いだ。



なぜ金曜日だったのかと言うと



深夜にエッチな洋画なんかが頻繁にあっているからだ。



新聞を開いて番組をチェックし、その日が上原ちゃんの



当直と被る日がくるのは中々難しかったがやっとその日はやってきた。



実行の夜、まずは今朝調べた洋画が始まるまでドキドキしながら待機をしていた



洋画が始まり、エッチなシーンが近づきそうな辺りですかさずナースコール。



と同時にセンズリ開始。



そして上原ちゃん登場。ちなみに6人部屋ですよw



俺イヤホン装着で上原ちゃんに気ずかないふりをして



上原ちゃんの目の前でセンズリ。



少し間を空けて上原ちゃんに方を叩かれしらじらしく



驚いたふりw



慌ててイヤホンを外すふりしてチンポ隠さずw



しらけた顔の上原ちゃんに俺は



「いやいや、勝手にナースコールが…」



っと言いつつもそれよりもこれ見て!!



っとちょうどブラウン管にエロシーンが!!!



上原ちゃんをベットに腰をかけさせ一緒に見ようと



強引に腕を腰に回した。



そして、回した手は胸に…。



さすがに上原ちゃんが動いた。



「ダメ!ここ大部屋だよ!誰か起きたらどうすの?」



っと怒っていたがその後の言葉がこうだ



「着いてきて。」だった



は?と思いながらも部屋を出た上原ちゃんを



松葉添えをつきながら必死に追いかけた。



着いた場所はナースの宿直室だった。



入ってと促された俺は正直こんな体験初めてだったので



膝がガクブルだったw



部屋はシングルのベット一台と冷蔵庫。っといったシンプルな作るだ。



部屋に入った瞬間、上原ちゃんは豹変した。



横になってと、いつもより冷たい声に変わり正直怖かった。



しかし黙って指示通りに横になるといきなりの馬乗りになられ



ディープキス→乳首責め→フェラ



ヘルス嬢かッ!!っと突っ込みたかったがあまりもの気持良さに発射寸前だった。



一通り俺の体を弄ぶと自分のズボンを脱ぎ始め、ポケットからなんとコンドームが!



やっぱり看護師がゴムを持参している噂は本当だったのかと確信した。



その間、上原ちゃんは無言で呼吸だけが荒々しかった。



ゴムを装着されそのまま挿入。



下半身だけ露出された上原ちゃんを下から眺めていると一瞬で絶頂に達した。



結局、上原ちゃんのおっぱいを拝むことはできずじまいだったのが心残り。



事がおわり、上原ちゃんが俺にこう言った。



「俺君って早いね。正直期待外れ。」と…。



こんな事言う子だったのかと女性不振になりそうなくらい上原ちゃんの豹変振りには



驚いた。



続けてこう言った



「そんなこすいマネなんかしなくても退院前には俺君は頂く予定だったのに。」



まじかよ。っと思いながら舞い上がって姑息な作戦を練っていた自分がとても



情けなくなった。



こうなったら開き直って俺からも何でも聞いてやった。



看護師って患者に頼まれたら抜いてやらなくちゃいけない話って本当なの?



っという質問にそれはそういった行為が自分で行えない患者さんに関してはゴム付で



手コキで抜いてあげる事はあるそうだ。



しかし、大体の看護師というのは患者とセクロスはやっているというのだ。



さらにはここの病院は比較的若い看護師が多い為イケメンが



入院してきた際はローテーションで頂いているんだとか…。



こんなグロい話を聞かされた



俺は萎えるに萎えてしまって宿直室を後にしようと思ったが



誰かが部屋をノックした。



ヤバイ!!と思った俺はとっさに隠れたのだったが上原ちゃんは「大丈夫。」



の一言。



ドアの前の人にちょっと待ってっと一言。



本当に看護師はビッチだと思った瞬間がこの場面だ。



なんとドアの前の人間はさっき出会い系で出会った男を



宿直室まで呼びつけたのだった。



しかも非常階段からの裏口の鍵を開けてまで。



そこまでしてセクロスに走る女がいるなんて本当に凄いと思った。



それも宿直の時は毎回その出会い系サイトを使って暇つぶしをし



気に入った男はそのまま部屋まで招きいれる。そんな事を繰り返しているようだった。



寒気がしてきたのでさっさとこの部屋から出ようと思いドアを開けたら



なんと40代くらのおっさんが….。



こんなおっさんと今からセクロスするのか?と思いながら



軽くおっさんい会釈をして部屋を後にした。



その看護師が使っていたサイトは後で調べてみたんだが



大手で優良で紹介されている大手の出会い系サイトだった。



中には本当にあんな女が利用しているんだと



思いこれまで出会い系なんて絶対にない!と考えていた俺だったが



今では結構お世話になっている。



結局何が言いたいのか言うと、看護師は間違いなくビッチって事だ。









出典:やっぱ看護師はビッチだった!!!

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||

【看護婦】やっぱ看護師はビッチだった!!! 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ