相互リンク先の更新情報!

【風俗】デリヘルドライバー日記 -通信記録3- 【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


前編:デリヘルドライバー日記-通信記録2-





きーちゃんとはまだ連絡とってます。こちらからの一方的な質問ばかりですけれど。

【】は私が添付させて頂きました。長くなってしまい閲覧の方々すいません。





送信者:※※※@docomo.ne.jp

受信日時:Fri,05Oct200709:24:55+0900

宛先:※※※(きーちゃん)@excite.co.jp

Cc:

件名:おはようございます。

10月上旬までの日記を萌えコピさんにUPさせてくだい。

それと、このような日記は何人ぐらいに送っているのですが?










送信者:※※※(きーちゃん)@excite.co.jp

受信日時:Fri,05Oct200718:35:22+0900

宛先:※※※@docomo.ne.jp

Cc:

件名:Re:おはようございます。

こんばんわですねw

仕事は相変わらずですが、明日から旅行いてきます

これからも掲載して頂けるのでれば萌えコピさんに迷惑がかからない範囲

であれば事後報告で良いので掲載してください。



投稿して頂きありがたい限りなのですが

くれぐれも萌えコピさんの管理人さんや他のユーザーの方々に

ご迷惑が掛からないようにお願いします。

投稿する事により、閲覧される方々の大多数がイヤな思いに

なる様なことがあれば、おいらの許可なしで削除して頂いてかまいませんです。



日記配信ですが

これは【私の名前】さんと後5人位です。

メルマガ登録はめんどくさいのでしてませんですw

「おくって〜」とか言われた人には一応お送りしてますが、

意外とめんどくさい事が発覚w







送信者:※※※@docomo.ne.jp

受信日時:Fri,05Oct200718:38:12+0900

宛先:※※※(きーちゃん)@excite.co.jp

Cc:

件名:ありがとうございます

心使いありがとうです。

きーちゃんさんもこれから寒くなりますので身体気をつけてください。

私はりえさんと結婚すると思ってましたwwwww

またよかったら業務報告もお願いします。







送信者:※※※(きーちゃん)@excite.co.jp

受信日時:Fri,05Oct200718:48:59+0900

宛先:※※※@docomo.ne.jp

Cc:

件名:Re:ありがとうございます

うはwww

結婚ですか?う〜ん・・・したいけど今の業界ではムリポ

でも今回の妊娠騒ぎはやっぱり考えちゃうよね、そういうのw

お互い身体気をつけて頑張りましょうね!



PS:業務報告?だって仕事して無いもんww



//////Doyoulikecreampie?Ofcourse!Iamloved.//////

           Manager きーちゃん。

//////      メールほんとありがとう。        //////

 





9/23午後

「きーちゃん・・・ごめん」

「ん?なんで謝るんだい?」

「だって・・・子供出来てたらやっぱり迷惑でしょ?」

「う〜ん、いいじゃんそれでもw」



「いいの?本当にいいの?」

「いいよ、りえとの子ならいいよ」

「うえぇ・・・ううぅ・・・」

「何泣いてんだよw、ほらっこっちおいで」

「ううぅうぅぅぅ、ずずぅ〜」

上着に鼻水をつけるな!



病院到着。

俺外。りえ中。

10分・・・20分・・・30分・・・おぃおぃ!

いつまで俺の女いじってんだよw



ガチャ

「あぁ〜きーちゃんwwごめん」

「ん?男か?女か?」

早すぎww



「不順だってww」

「てめー!」

「もぅ!中で出すの禁止だかんね!」

「すまん・・・」



結局生理不順という事でして

なんかお薬もらいましたけど

よくよく考えたら、薬局の検査薬を使えばいい話だったような・・・

「りえちん、検査薬試したの?」

「怖くて出来なかった」

「そか、うん、そか、うん、うん」

バカスな回答の俺



お手手つないで仲良く帰りました。

でももし本当に出来てたら、結婚しただろうか?

きっとしたと思う。きっとねww





2007/9/28

本日の質問回答



最近高校生らしき人がメール送ってきたんですが

18禁ですよw ダ〜メですよ、でもシャメは可愛かった・・・

今だから言う、ちょっとこっち来なさい制服のままでおけ!





日本にお住まいのOさん

きーちゃんさん、先日の日記に書いてあるケフィアってなんですか?



Answersforyou.

ケフィアですか?

え〜っと、あれは確かさきっちょからぴゅぴゅっと出る液体の事

だと思いますよ、えぇ・・・それは精子じゃありませんケフィアです。

栄養はありません。男子は特殊じゃない限りのみません。

女子は好きな人は飲みますが、それがケフィアです。

貴重なんですよ〜 俺のあげましょうか?



再び

日本にお住まいのOさん

きーちゃんさん、嘘つかないで下さい。CMで食べてたのを見ました。



Answersforyou.

え?ww

そうでしたか?おかしーなーぁ

ところでケフィアを食べたい貴方はお幾つですか?



三度

日本にお住まいのOさん

学校に通う女です。きーちゃんさんがケフィアの話をしてくれたので

お母さんに言ったら叱られました。謝って下さい。



Answersforyou.

(ごめんなさい、返信してません・・・)







東北にお住まいのMさん

(MさんとかOさんとかは、メールアドレスの頭文字です)

きーちゃん質問!!!

先日の病気の欄があるけれど、おしえて。

今チソチソの所にさ、ミミズ腫れみたいになってるのね

剥いた後ろのカリの後ろって言うのかな

(ちょwwwチソチソの写真送ってくるなwwwwしかし立派だ!!)

これって梅毒かな?



Answersforyou.

どうしても心配なら医者です。これが一番です。

しかし、恥ずかしさとか秘密保持とかなかなかいけないのが現状です。

一般論から言いますとリンパ線が腫れただけかと。

前日に激しい手コキや挿入をしませんでしたか?





東北にお住まいのMさん

したよ!したした!二日前に彼女と5発した!



Answersforyou.

うはwww五発・・・俺無理ww

ならその酷使によってリンパ線に負担がかかり炎症を

起こしている可能性が高いですが、私は医者じゃないです。

これは何度も言いますが、医者ではないです。これを頭に入れておいてくださいね〜

一週間しても腫れが引かない、または大きくなってきた

痛みが出てきた等あればすぐ医者へ行くことをお薦めしますよ。







東京都にお住まいのJさん

きーちゃんさん悩みがあってメールしました。

私は35歳の童貞オタクです。

キモがられるのを承知で言います。

50万あります。りえさんとさせてください。



Answersforyou.

うははははw・・・えっ???

50万あったらソープでもデリでも選びたい放題じゃん?

絶対そっちのほうが気持ちいいし、お客さまとして

扱ってくれるし、エロいし、後腐れないし、

絶対いいと思うよ〜

というか、りえは貸せませんw俺のものですww





再び

東京都にお住まいのJさん

返信どうもです。

でも、私はりえさんの人柄と性格を好きになったんです。

知らない女の人とするなんてイヤです。

お願いです、りえさんとさせてください。



Answersforyou.

う〜ん、いいよ。

そ・の・か・わ・り、俺に択捉島を買ってくれ。

そこにきーちゃんハウスを作ってそこにJさんと

りえの一晩だけのお部屋を提供するww



というかですね、マジでソープランドいきなされ

りえを間近にみたら幻滅するよ絶対。

Jさんはりえを脳内で綺麗に描きすぎてる

2次元の女の子みたいにおしっこもうんちも

おならもマムコの匂いもしない!という女の子じゃないよ〜



おなら臭いし、うんちもするし、マムコ臭い日もあるしw

汗もかくし、ゲロもするし、いびきもかくし

足も臭い時あるし、変身出来ないし、魔法も使えない。

それでもしたいと思う?



三度

東京都にお住まいのJさん

幻滅しました。そんな女は嫌いです。





ちょwwwそりゃあんた・・・

あまりにかわいそすぎるりえ

今までさせろとか言ってたくせに現実わかると「そんな女」扱いとは

怖すぎるww



Answersforyou.

でも・・・世の中そんな女ばっかりなのが現実ですよ

たのしくはぁはぁしたいなら現実を受け止めることです。

しっかり受け止めて、おっぱいを触ったとき、あなたの扉は開かれると思います。

二次元なんて馬鹿らしいぜ!やっぱ生身だぜ!と言う日を

私は楽しみにお待ちしております。

(そんなおいらも二次元大好きですけどねww)





まぁこんな人も居る訳でして、

メールのやり取りも面白いですが、中には脅迫する人も居ますからね〜

困ったものです。

でも、楽しいメールや質問メールは大歓迎です。

暇な時しか返信出来ませんが、ちゃんとシカトしないで

一通一通ご返信差し上げてます。

【メルアドはココ参照⇒】







2007/10/1



プルルルル♪

「あっ!きーちゃん?」

「おぅ、浩二君、どうしたの?」

「あのさ、今日りえさん居る?」

「え〜っと居ない」



時々こんな電話が掛かってくるぅるぅるぅ

正直めんどくさいというかうぜぇぇぇぇぇ〜という感じ



「ななこさんと4人で遊びにいかない?」

ちょ!いつからお前は店の女に手ぇ出すようになったんだ?ww

「おまえ、やばいぞ!りえは辞めた、でもななこさんはまだ店の人だぞ!」

「そうなの??」

「オーナーにばれる前に辞めろ!殺されるぞ、お前は怒ったオーナーを知らないだけだ!」

「でもぉ〜ななこさんはいいよ!って言ってくれたんだよ?」



「俺は行かないぞ!ムカツク女だが、まだ店では上位3位に入る人だぞ、

そんなヤツに手つけたら・・・恐ろしくてオーナーに会えん!」

「オーナーに聞いてみるね」

「馬鹿www馬鹿wwwほんと馬鹿やろう!聞くな!それと手出すな!俺は聞かなかった事にする!」





10分後

「おぅ!きーちゃん」

「あっ・・・はい、ども・・・オーナー」

「なんだ?ななこと浩二は付きあってんのか?」

「いえ、俺は知りません」



「ちょっとこいよ、こっち」

「すぐ行きます!」冷や汗だらだら・・・

てめー!浩二!何聞いてんだよ!俺の名前出すんじゃねぇよ!



ぶ〜ん、ぶぅ〜ん、きゅるきゅるキーっとストップ。

ガチャっと入る俺、中には浩二君と熊

・・・険しい雰囲気か?と思いましたが意外と二人とも談笑してる。



熊「おーきーちゃん!」

俺「あっども・・・」

浩「あーきーちゃん!」うるせぇ!



熊「浩二がよぉ、ななことりえと4人で遊びに行きたいって土下座したwww」

俺「まじっすかwww」

熊「で、俺もいくwww」

浩「オーナーが6人で行けばいいじゃん!って言ってくれました」



こいつらバカスww

俺「どこ行くつもりで・・・」

熊「ん?泊まりで温泉行こうぜ!」

俺「温泉ですか?www」

浩「ななこさんも行きたい!って」



俺「オーナー、ななこさんはやばくないですか?」

熊「なぁ?浩二、おまえら付き合ってんだろ?」

浩「いえ・・・そういう仲ではないです」

熊「中途半端だなwきーちゃんみたいに付き合って仕事辞めさせろよ」

ん?俺辞めさせて無いよ!ww



俺「で、オーナーは誰を連れて行く気ですか?」

熊「ん?おれ?俺はぁ・・・かのんでも連れていくかな?」

浩「えぇ!かのんちゃんですか?オーナーの恋人なんですか?」

熊「お前そんな事言ってると連れていかねぇぞ浩二」

【かのん嬢について→】

公然の秘密、つまりタブーを言い放つ浩二、恐るべしw



俺「ななこさんは?」

熊「まぁななこと浩二じゃよ、全然似合わないしな、付き合うなんてねぇだろwww」

浩「えぇ・・・そういうこと言われるとショックっす」

熊「まぁうちの女の子になんかあったら浩二、お前覚悟はいいな?w」

その笑いこえーよ熊!



浩「・・・」

俺「だから、まじで手を出すなって事、わかった?浩二君?付き合うなら辞めてから、今恋愛をどうこうしない事!」

浩「はい・・・」



熊・・・さっきと言ってる事ちぐはぐなんだがww



結局、3人では温泉旅行が決まった訳ですがw

俺にななこ嬢から電話が来たりしているのは

正直誰も知らない訳でして、これこそ「ばれたら覚悟はいいな?」と・・

なんだか自分に言われた言葉のようですよw

まぁ熊はそんなに怖い顔じゃなく、ニコニコしながらでしたし

そんなに重く言ったわけじゃないんで、浩二君も極度の落ち込みは

無いんですが、多少は堪えた様でその後トボトボと帰って行きました。





家に帰る。

「なぁりえ・・・温泉行く?」

「ん?いくいく!」

「オーナーと俺と、浩二とななこさんとかのんちゃんとりえの6人でだよ?」

「えぇ!いかないwww」



「だよなww」

「ななこ来るんでしょ?行きたくないなぁ」

「それに浩二来たら、心配で俺もイヤ」

2人「だよねぇ〜ww」



「でもさ、りえ。オーナーが言ったら行かない訳にはいかないもんね」

「それが問題だきーちゃん!」

「エチー出来ないし」

「また、それかよwww」



「まぁしばらく放っておこうww」

「きーちゃんと2人なら行きたいなぁ〜」

「俺も、りえとならいいなぁ」

「こ!こら!胸触らない!ダメ!ダメだって!あっ・・・」





2007/10/3



プルルルル♪

「はい」

「あんさぁ〜」

「はい?」

「あっななこだけど!」

「はい?」

「な・な・こ・だけど!」

「あぁはいはい・・・」



「あんさぁ、旅行いくの?」

「行かないですよ、りえもイヤがってますから」

「えっ・・・いかないの?」

「ななこさんと浩二君は行くんですよね?www」

「かっかんけいないじゃん!いかねーよ!」



「浩二君はななこさんに言ったら、いいよ!って言ったって言ってましたよ」

「言ってねーよ!」

「あの〜オーナーとかに業務以外で連絡とか取ってるのバレると怖いんで

もう電話とかやめにしてくれませんか?ななこさん」

「いいじゃんかよ!なんなんだよ!こっちの事も少しは考えろよ!」

「もしもし?ななこさん?」



「・・・ごめん、カッっとなった・・・」

「いやいや、良いんですけど、電話とかバレたらななこさんも怒られますよ?」

「うん・・・でも、怒られてもいい」

人の生活考えろよ!www



「いやいや、怒られてもいいとかじゃなくてですね」

「あたし、頑張ってるだろ?」

えっぇ〜?なにそれ?

「頑張ってるかないかはオーナーが見てますよ」

「ちがう!ちがうよ!りえとかに意地悪してないじゃん」



「えぇまぁ、あれから変な電話もしてないですしね」

「あたしもしばらく休んでないから」

「休んでくださいw」

「温泉とか入りたいし」

「どぞどぞ、浩二君待ってますよw」

「あんさぁ、まじで、こないの?」



はっきり「来てよ」って言えば良いのにねww

「忙しいんで、切りますね」

「待てよ、んなんだよ」

切り際に小さい声で「もぅ」とか言っちゃってるww





事務仕事しながら午後を過ごしていますと

プルルルル♪

「はいはい」

「きーちゃん!」

「ん?りえ、どうした?」

「ななこから電話掛かってきて、ごめん。って・・・なにしたの?」



ちっ!電話なんかすんなよぉ〜なぁ〜

「ななこさん、旅行へ行きたいから、私も一緒に行こうよ!って、んでいままで

意地悪みたいな事してごめんね、って、いったい何がなんだかわかんないんだけど」

「俺もわからんなぁ」





「でね、でね、きーちゃん!」落ち着けよww

「なに?」

「仕方ないから私も行く事にしたんだけど、ちゃんと守ってよね」

「はぁ?wwなにそれww」

「だって浩二君とななこさんでしょ?かのんちゃんは良いけどさぁ〜」

「まぁ無理していくことないぞwでもオーナーの奢りだよなきっとw」

「い〜っぱい食べたい!」

俺のチソチソをどぞーw



食べることで嫌いな人が居ても旅行行くとかありえないww

俺行きたくナス





2007/10/4

熊「そんじゃ、週末ね、きーちゃん」

そんな言葉で始まった朝、というか昼。

旅行が今週末に決まりました、場所は・・・土肥温泉の手前の

なんていうの、読めないんだけど・・・wバカス

三津。みとって読むんだと思う、間違ってたら指摘よろw



浩二君が選んだ宿でした。

こいつ馬鹿?ww貸切フロで混浴とか言ってる時点で連れて行きたくない。



いろいろ用意して帰らないと・・・

旅行当日とか絶対寝坊だろうなぁ〜

「きーちゃん!パンフレットこれ見といて!」

浩二君から渡されたパンフレットはそりゃもう見事な貸切風呂っぷりw

お前は何しにいくんだよ!と言いたくなる。



「りえさんくるよね?」

「うん、行かないと思うw」

「えぇ!ほんと?まじで?ねぇねぇ?ほんときーちゃん?」

うぜぇぇぇ〜



「あのな、りえは俺のものなの!wおまえのものじゃないの!」

「そういうわけじゃないよ、きーちゃん」

「旅行行っても手とか繋ぐなよな!それと髪とか触るなよw」

「えぇ〜ダメなの?」

「ダメなの?って、お前おかしいww普通人の彼女に手出すやつがいるか?

それも彼氏目の前にしてよ?」



「そっかぁ〜」

なんなんだよ、その落ち込み様は!w

「お前はオーナーに言われたななこさんと一緒に居ればいいんだよ!」

「えぇ〜両方好きだしなぁw」

「ちょ!おまえ!」

両方好きとな?

お前は天秤にかける気か?なんと失礼なヤツざんしょ!



メンバー表とか作ってんじゃねぇよ浩二!w

オーナー・浩二・おいら

かのんちゃん・りえ・クサレマムコ

なんなんだよこの6人は!ありねぇだろ!それも現地集合とか絶対ありえんw



「浩二君?現地集合とはなんですか?」

「あぁ〜運んでく車が無いので現地集合にしました」

「じゃぁ俺とりえ、浩二君とななこさん、オーナーとかのんちゃんで良いのね?」

「はい、でも、僕の車は4人乗れますよ!」

乗りたくねぇ!乗りたくねぇ!浩二君が小島よしおに見えてムカつきます。



ガチャ

「おっはよ〜」かのんちゃん久しぶりに登場

「おはよ」

「きーちゃん旅行行くんでしょ?」

「うん、一応」

「りえぴょんに電話したら行きたくないとか言ってたwww」

それをここで言うんじゃない!

あぁ〜もうぐだぐだじゃんw



「ななこ来るんだもん行きたくないよね」

「ちょwwかのんちゃんその話題は・・・」

おぃ浩二!下向くんじゃない!前を見ろ!

「だってさ、あの子りえの事虐めてたじゃん!」

「う〜ん、後で話そうよw」



「えっ?まずいの?あっ・・・浩二君」

かのん「・・・」俺「・・・」浩二「・・・」



外にコーヒー買いに行く。

「だから、かのんちゃんまずいってww」

「そなの?、浩二君はななこ好きなの?」

「旅行でもめないように!」

「はいはい、もめませんww」



ただいまぁ〜と

ん?誰と電話しとるのかね?

りえがメモにななことか書いてる。

げっ・・・ななこたんと・・・



「えぇ?うん、ななこは行くの?うん、でも、うん」

「私は・・・うん、うん、謝ってもらっても、うん、私関係ないし・・・うん」

てめー!なんか余計なこと吹き込んでんじゃねぇだろうな?



「浩二君?うん一回だけだよ、それもきーちゃん居たし、うん別に」

「うん、わかった、行くね、じゃ当日ね」

ピッ。



「ちょっと!きーちゃん!そこ座りなさい」

「はい」

「ななこからまた電話なんだけど、なんで謝るんだろう?」

「わからないなぁ」



「浩二君と手を繋いだのとかすごい気にしてたw」

「あははは、浩二もりえがいいとかななこさんがいいとかうるさいからな」

「なんか、あの子が謝るのはあやしい!かのんちゃんもそう言ってた!」

「そなの?」

「はい!隠さず言いなさい!」

「なにもない!」



「うそつきなさい!このぉ!」

飛び掛るんじゃない!後ろ玄関のコンクリートだろうが!w

「この!この!きーちゃんの馬鹿!」

イタタタタ、グーでぶつなグーで!

捕まえてぎゅっと抱きしめて耳元で「なにもない、安心しろ」と。

「もぅ、旅行行ったらななこの側行ったら怒るからね!」

「うん、ななこさんと浩二君を一緒にしておこうね」

で、コンクリートが凄く冷たいんですが・・・



「じゃ疑った罰としてお仕置きね」

「えっ?」

「おいで、こっちおいで」

「うん」

素直だなw今日は



最近ですね、ロデオボーイみたいな、なんて言うのか馬なんとか

と言うものを購入したんですよ。

これがまた腰にきましてね、LO→MID→HIとかダイヤルがあるんですけどね

もうねHIとかするとね、腰がゴリゴリゴリゴリ〜ってなりっぱなしになって

再起不能になるんじゃないかと思って怖くて乗ってないんですよ。



でですね、エロいサイトでロデオボーイを魔改造するってのが掲載

されていたんですけどね、乗るところにおちんぽ生えてるんですよ!!

もうね、あれじゃ文字通り「騎乗」ですよね。それをこれからですね

りえ様のお仕置きに使いたいと思ってるんですが、さすがに魔改造

出来ないですから・・・それは手で押さえとくしかないんですが

意外と押さえてるのって間抜けなんですよねw



後ろから抱っこする形で機械にのってスイッチ押しました。

結果・・・

10秒後には2人とも振り落とされてました。

理由・・・

裸で濡れた肌ではすべりが良すぎて危険です。

ツルンといきます、ツルンと。

いい所・・・

いつもと違う!と言わせたい方は是非チャレンジ!

男性側もかなり気持ちいいです。

やばい所・・・

重量オーバーで壊れる可能性大ですw



「いたた!」

「いたいよきーちゃん」

「これあぶねぇよww」

「でも・・・すごいかも・・・」



レッツ再チャレンジ!

入れてと・・・スイッチも入れてと・・・

GOGOGOGOGO!!

今度はしっかり捕まってます。



これはいかん!亀頭すべてが性感帯のような

なんかぐるんぐるんと。。。うわぁ〜!

「きーちゃん!止めて!おかしくなっちゃう!」

STOP!STOP!すぐにとまらねぇし!



なんか拍子抜けしたお仕置きでした。







2007/10/5

旅行は明日です。

正直イヤですが熊は超がつくほど乗り気です。

「おぅ!明日旅行だなwwww、きーちゃんよぉ!俺たち電車で行くからよぉ

車貸してやるよ、どうする?」

「いいんですか?借りて?」

「いいよ、ゆっくり来いよ、俺たちは先に観光してからいくからさ」



いいんだけど、BRABUS SLなんちゃらは乗ると怖い。

楽しいんだけど、どうも怖い、こすりそうだし、アクセルえい!でキュルとか言うし

俺そんな高級車乗り慣れて無いから、緊張しちゃってダメなんです。



浩二君はどうやって来るんでしょ?

プルルルル♪

浩「あっきーちゃん?」

俺「うん、どうしたの?」

浩「明日俺の車乗ってくでしょ?」

俺「いいえ」無機質返答



浩「なんでぇ?ななこさんも乗るしさぁ」

俺「席順を言ってみたまえww、どうせお前が運転で、助手席がりえで

後ろ2人が俺とななこさんでしょ?w」



浩「どうしてわかったの?」

俺「俺オーナーから車借りたから、現地集合でwww」

浩「そんなぁ、ねぇねぇきーちゃん、一緒にいこうよぉ!」

俺「んじゃ、明日なww」

浩「おっちょ!きーちゃ・・・」ブチッ。





プルルルル♪

「あんさぁ」

「はい?」

「わたしだよ!な・な・こだよ」

「えぇ?」お惚け全開走行

チクってんなよ浩二君!



「あぁ、ななこさんお疲れ様です」

「浩二の車乗らないわけ?」

「えぇ、乗りませんけど、オーナーが車貸してくれたんで」

「んだよそれ!」



「んだよ、と言われたって困るんですけどね」

「私と浩二で2人で行けって言うことな訳?」

「いやぁそれは・・・わかりませんけど」

「んだよ!使えねぇ!」



使える使えないの問題なのか?w

「ちょっと急いでるんでまたぁ」ガチャ

切る間際にまた「もぅ!}とか言ってるw



さて、車も借りた事だし、帰って寝ますかね。

というか、全然仕事して無いけどいいのだろうか?

それではまた。



続編:デリヘルドライバー日記-通信記録4-





出典:旅行先

リンク:スネークいないの?


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【風俗】デリヘルドライバー日記 -通信記録3- 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月18日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ