相互リンク先の更新情報!

【友達】傷心の友達とレズ、その彼ともセックス1 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


友達の美佳ちゃんが彼にフラれそうになっていたときのこと。

もともとバイセクシャルな私は、若干の期待を持ちつつ、相談に乗ってあげました。

私のマンションでお酒を飲んで話を聞いていると、

彼が美佳ちゃんに飽きたのと、他に好きな女ができたらしい。

「私、もう死にたい!!」

とまで言うので、もう大変。

がんばって慰めてあげた。

「大丈夫??絶対死んじゃだめだよ。

死ぬなんて言っちゃダメ!!」

と美佳ちゃんを抱きしめてあげる私。

そのままやさしく首筋にキス・・・。

美佳ちゃんの下腹部に指を這わせる私。

生暖かく、もう美佳ちゃんのアソコは、ほんのり

湿っていました。

「エリちゃん、だめ・・・わたし・・・」




「美佳ちゃんのことずっと前から好きだったよ。

彼氏ができたって言ってた時も私、正直嫉妬したもん。」

「あ、あぁん、でも友達同士でこんなことするのって変だよ・・・」

美佳ちゃんのクリーム色っぽいチノパンを脱がすと

グレーのパンティ・・・黒い点々の柄付きパンティ・・・

薄い灰色のパンティなので愛液で染みて、その部分だけが色が濃くなっていました。

バックみたいな体勢になってもらってパンティを

お尻の下まで下げて、美佳ちゃんのお尻をじっくり鑑賞。

鑑賞だけじゃ物足りず、持ち歩いているデジカメで

撮影。

「すごい美佳ちゃん、お尻おっきいね〜」

両手で美佳ちゃんのお尻の肉を拡げて

「わぁ、美佳ちゃん、お尻の穴まで丸見えだよ。」

「い、いやぁ、エリちゃん、見ないでぇ・・・恥ずかしいよ・・・」

私は逆に興奮して美佳ちゃんのお尻の肉に舌を這わせて、その中心、肛門にまで舌を這わせました。

舐めてニオイを嗅ぐと少しリアルな香りが・・・。

美佳ちゃんのかわいさと肛門の臭さのギャップが

なんとも興奮。

「わっ、そんなトコ汚いよぅ・・・エリちゃんやめてっ」

「美佳ちゃんのなら汚くないよ」

しみじみ、でもこのカラダに美佳ちゃんの彼氏のKくんは飽きたんだなぁ

美佳ちゃん、オッパイ小さそうだし・・・

私は結構胸は大きめだし、Kくん好みの顔してるしなぁ・・・。

後から書きますが、Kくんと私はデキてて・・・。

私が原因で美佳ちゃんとKくんは・・・。

美佳ちゃんのお尻の穴を味わった後はベットに

寝かせて、アソコをねっちりクンニ。

美佳ちゃんのツボはすぐに分かったので即イキさせ

ました。

指を入れて快感スポットを愛撫、スピードを増して

やると潮吹き・・・

「美佳ちゃん、なんか出てくるよ」

「いやぁ、恥ずかしい・・・」

「すっごい、美佳ちゃん潮吹いてるじゃん、

こんなに感じちゃってるの?」

「ああん、またワタシッ・・・いっちゃう!!・・・

っくぅ・・・ぅんん・・・」つづく















出典:結局

リンク:デキてる


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】傷心の友達とレズ、その彼ともセックス1 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月19日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ