相互リンク先の更新情報!

【職場】んじゃ、ウリのやり方を 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


※下準備※

同じ職場の熟女でも、またよく居酒屋で会ったりする熟女でも、

最初のうち、しばらくは「僕、年上の人にはあまり興味ないんです」てな風を装うべし。

ただし、会話にツッコミを入れたり、ちいとボケてみたりして、明るい雰囲気で仲良くする。



※アクション1※

同じ職場の熟女なら飲み会などが終わったとき、明るく「一緒に帰りましょうか」と声かけ。

または居酒屋などでよく会う熟女なら、向こうが帰るときに「あっ、僕もお勘定」と言い、

なるべく一緒のタイミングで店のドアに立つようにする。

これは店を一緒に出ろという意味ではなく、あくまでもドアのところ。

さりげなく「どうぞ」とドアを開けられる、または出口を譲れるタイミング。

2秒、3秒ほど遅れて店を出たら、「どっちの方向に帰られるんです? 一緒に帰りましょうか」と声かけ。

下準備が効いていれば、このアクション1の段階で断られることは100%ない。



※アクション2※




共に歩く道すがら、当然他愛のない会話をする。

そのとき、会話の内容はどうでもいいから、「ねえ、手をつないで歩きません?」。

向こうさんは「ええっ」と恥ずかしげに少し驚くケースが多い。

こちらはすかさず「手をつーないだっと」とでも言い、手をつなぐ。

ふりほどかれることは、まずない。







595名前:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2007/12/20(木)19:18:55ID:???0

※アクション3※

手をつなぎながら、向こうさんは若干緊張しつつも、あえてこちらは他愛もない会話を続ける。

わずか会話が途切れたとき、「ねえ、キスしていい?」。

たいていは軽い拒絶をするが、若干モジモジするようなら、唇を重ねる。

フレンチではなく、あくまでディープの心づもりでね。

向こうから舌を入れてきたら(熟さん、このケースが多い)、共に舌を絡め合う。

もう、ここで「よし!」と思って間違いない。

「○○さんがほしくなった」「ホントはずうっと好きだった」てな風に言えば、

拒否する熟はまずいない。



※捕捉1※

アクション3の「キスしていい?」で拒否されても気にしない。

次のときはいつも通りに、またその次のときもいつも通りに、またまたその次もいつも通りにして、

そして同じことをする。この波を重ねるうちに、ちゃんとうまくいきます。



※捕捉2※

アクション3のキスまでこぎつけたとき、「ディープの心づもりで」と書いた。

フレンチだけれども、最初は短く、徐々に唇を合わせる時間を長くしていけばいい。

軽く相手の唇を、くすぐるようになめるのも手。



以上、騙されたと思って試してみなはれ。

一番重要なのは「下準備」だけれどもね。





出典:●●●おばさんをソノ気にさせる一言●●●

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【職場】んじゃ、ウリのやり方を 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ