相互リンク先の更新情報!

【友達】茨ヤン遭遇編 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


数年前の夏、俺は初めて携帯の出会い系サイトを利用した

気に入った感じの子を見つけても、帰ってくる返事は業者の勧誘メールばかり・・・

1人2人、頻繁に返事をくれていたが、それも結局は誘導目的のサクラだった

期待ばかりが先行した出会い系、2日目には半ば飽き始めていた



そして3日目、検索範囲を都内だけに限らず、関東全域に広げてみた

飽き始めたはずだが、期待する部分もまだまだ大きかったのが正直なところ

すると、茨城県西部で気になる子をハケーン!

年齢的には一回り下、趣味・車と釣り、俺と同じであった

出会い系で趣味が共通しようが、大して関係ないように思っていたが

この時は、とりあえず誰でも良いから1度会ってみたかった



数度のメール交換を経て、向こうの地元近くで待ち合わせするところまで漕ぎ着けた。



金曜の夜、仕事を終えた俺は車に乗り一路、茨城へ




近くから首都高に上がり、渋滞を避けたかったので5号線から外環-東北道と走った

蓮田SAで、現在地とナビの到着予定時刻をメールした

すぐに返事が来た、楽しみに待ってるよ♪ と

心が華やいだ、気が急いた、アクセルをいつもより多く踏んでいた

ナビ通りに群馬の館林で東北道を下り、国道を東進

小一時間も進んだだろうか、昼間なら左手に渡良瀬遊水地が見えるであろう橋を渡った

ここから先が茨城県だ



またしてもメールを入れた

いい歳をしてすっかり小僧気分である

ナビの説明通り進むと、駅横を抜け、大型店舗の並ぶ国道に入った

待ち合わせをした場所は直ぐに分かった

ボーリング場や書店、スーパー、レンタル店、靴屋、服飾関係、

なんでもある複合ショッピング店舗だった



都内には、こういった大型複合店舗というのが少なく、物珍しげに駐車場へ滑り込んだ

2階駐車場の店舗入口あたりで待ってるとメールにあったので、

なるべく近くに止めようと車をまわした



暗過ぎはしないが決して明るくない駐車場に、一際明るい一角があり そこが店舗入口のようだった

ラッキーな事にすぐ目の前が空いており、すんなり車を止める事が出来た

と、そこにメール着信 「横見て」 あまりにも短い内容に一瞬考えてしまったが

気配を感じ、その方向を見ると人が手を振り満面の笑みを浮かべ立っていた



それが、ひとみとの出会いだった─────



鮮やかに染められたミルクティ色の髪

細身を強調するかのような黒いタンクトップ

スウェット地のハーフパンツ

そして、目元強調メイク・・・・・・



今じゃすっか見慣れたが、当時は軽く面食らった事を覚えている

都内じゃ滅多にお目に掛かれない典型的なタイプだった



 『いよっ!お疲れ、遠かったんじゃない?』

窓を開けた途端に気さく過ぎるくらいのタメ口スタート

 「そうでもなかったよ、高速使って都内から1時間ちょいだし」

俺の方が緊張していた 写メ交換もしないまま、勢いで来た事に今頃気付く

 『乗っていーかなぁ?』

助手席あたりを指差しながら彼女が言った

 「ああ、どうぞどうぞ。遠慮なく」

嗚呼、俺残念・・・しどろもどろだ



彼女が乗り込むと、女の子特有の良い香りが車内へ一気に流れ込んできた

さて、何しよう?どこへ行こう?何も考えてなかった俺を見越してか、

 『とりあえずさ、ココスでも行って飯食わない?お茶でもいーし』

物凄くフランクだ・・・・初対面の男に物怖じ無しなのか・・・・凄いな

車を出し、駐車場から出たところで右折の指示 すぐにココスがあった



 『あのさ、先に言っとくけど私は園目的じゃないからねw 

 単なる暇つぶしで書き込んでただけだから』

先制パンチだった かなり効いた だいぶ凹んだ



ザワザワと騒がしい店内 ドリンクバーとポテトで会話

この隣町が地元である事、前週から1人暮らしを始めた事

高校卒業後は美容師目指して専門に通ってる事

ひとしきり話すと、今度は質問してくる

仕事は?地元は?彼女は?出会い系の経験は?

隠す事でもないので、ありのまま答える

すると店内に響くような大笑いをしたひとみ



 『あんた馬鹿だなw出会い系で知り合ったヤツに真面目に答え過ぎだよwww』

俺、大失敗?こういう場合は適当に話合わせて流すモンなのか?

 『まあ、嫌いじゃないよ。おもろいじゃんw』

ケラケラ笑い、コロコロと表情が変わるひとみ 正直、可愛らしいと思った



1時間もぶっ続けに話しただろうか、ふいにひとみが言った

 『どっか行こうか?とりあえず出よ』

ひとみがトイレに立った間に会計を済まし、戻ったところで外へ

車に乗るなり開口一番

 『どこ行く?なにしたい?』

初めて来たトコで土地勘も無いのにその質問・・・・悩む

 『とりあえず、ドライブでもすっかね』

適当にひとみが右だ左だと指示するままに流す

コンビニで飲物やお菓子、それに花火を適当に買った

なんとはなしにやって来たのは渡良瀬遊水地だった

夏の夜、湿地帯特有なのか妙に蒸し暑い

市街では窓全開でいたが、さすがに虫も多くエアコンに切り替えた



ひとみは後席に置いていたMDケースを熱心に見ていた

 『お!aikoじゃーん聞くんだ?』

三十路でaikoは危険なのか?どう答えようか迷っていると

 『あたしさ、aiko超好きなんだよねぇ!歌っちゃうよぉ〜』

なんか急にテンション上がり始めてんすけど



初対面ながら全く物怖じせず、緊張した素振りも見せないひとみ

そんなフランクさに慣れてきたのか、ようやく冷静に話せるようになってきた

 「うまいな、カラオケよく行くの?」

今時の若い子って皆、歌が上手いように思う三十路・・・

 『ん〜、こっち越してきてからは1回かな。前はよく行ったよ』

ひとみが言った直後、次の曲が流れ始めた カブトムシ

 『これいいよなぁ〜aiko最高!』

またしても熱唱、かなり本気モード ホントに歌が上手い



5〜6曲熱唱したところで、来る途中で買った午後ティーを一口

少しまったりとした空気が流れる 俺は煙草を燻らせていた

 『ブンターかぁ、あたしはマルメンライト』

ココスでは吸ってなかったから、煙草は吸わないんだとばかり

 『煙草吸う女は嫌い?』

唐突な質問だったが、普通に答える

 「とくに気にならないけど」

 『そっか』



またしても微妙な空気

周りは街灯も無く本格的に真暗、不気味なくらいだった



 『さっき買った花火しようぜぇ!』

そりゃいい、花火なんて暫くやってない

 『ここってさ、来週花火大会あるんだよ知ってる?』

 「いや、初耳」

 『三尺玉ってデカいのが上がるんだよ』

 「へぇー、凄いんだな」

 『だろ?子供の頃から結構来てるんだ』

どうして女の子と花火ってのは似合うんだか・・・・グッときます



よくよく見れば、ひとみが選んだのは全て線香花火

 「なんで線香花火だけなの?」

 『好きなだけ〜嫌い?』

 「いやいや、そんな事ない」

他愛も無い会話をしながら花火に興じる2人



風で蝋燭代わりのジッポーが消えた 点け直そうと何も考えずに持った

 「!!!!!! アツッ !!!!!!」

少し考えれば分かるものを、馬鹿丸出しな俺・・・・

 『あーぁ、馬鹿だねぇwどれ、見せてみ?』

片手を差し出し、見せてみろとポーズするひとみ

そのまま車内に戻り、手を凝視

 『あとで少し水脹れになるかもな、気を付けなよ。ガキじゃねーんだからw』

言いながら火傷箇所にデコピン食らわすひとみ



一回りも下の子にすっかり窘められる俺・・・・・



 『でさ、さっきの話だけど興味ある?』

さて、何の話だろうか?さっぱり分からん

 『花火大会だよ。三尺玉が上がるのが来週あるって言ったじゃんか』

目付きが鋭い・・・・確実にヤンでしょ貴女。。。

仕事の予定を思い出していた

 『なぁ、コタロー』

ん?いきなり呼び捨てっすかw

 『あたしと一緒に行かない?』

誘われてるぅ!!誘われてんだよな?

 「友達なんかと行かないの?」

嗚呼、そんな事聞くな俺!

 『ん〜、引越したせいとか彼氏とデートとかで・・・・な』

軽く凹み気味っぽい

 「おし、分かった。是非一緒に行って下さいな」



ルームランプに照らされた笑顔のひとみはホントに可愛かった



 『お!やった!!お前いいヤツだなw』

今度は、お前呼ばわりですか・・・・・・

友人は彼氏と花火大会、ひとみに彼は・・・・まあ、いっか



 『なぁ、コタローキスしよっか?』

おぉー!来たか?来ましたね!?

 「何、突然?」

冷静ぶってます。なんせ一回り上ですから。

 『しないの?ならいーよ別に』

 「あ、いや待って!したいです、キスしたいです!」

 『お前、必死杉w』

 「・・・・・・・・・・・・・」



弄ばれています、ええ完全に。



大人の魅力をみせる時間が来たようですw

助手席側に向き直し、ひとみの首筋から頬、そして髪を撫で上げた

薄っすらと笑みを浮かべるひとみ

 「何?」

小娘をあしらう如く対応したい俺

 『コタローってエロそうだなぁと思ってさwww』

マズイです、見透かされてます。思い切り・・・・・



 「そりゃそーだ・Aこんなトコで女の子と2人なんだし・・・」  

間髪入れず不用意に唇を奪われたw

同時に舌が艶かしく動く 頭を両手で押えつけてくる

俺をじっと見つめたまま、時折笑みを浮かべながら続くキス



ひとみはきっとSなんだろうな・・・・そうじゃない俺!攻めろ!攻めるんだ!!



荒くなってきた息遣い ひとみの息が掛かる 右耳を弄られる、絶妙の力加減で・・・・・

タンクトップの胸元から谷間が覗いていた 会った時からずっと気になっていた谷間

 『カタチのいいDカップだろ?』

ココスでひとみがそう言っていたのを思い出す

Tシャツの上から俺の乳首を指先で刺激してくる

耳を舐め、首筋を吸ってくる 

唐突にひとみの唇が離れた、Tシャツを捲り上げ乳首を優しく舐めてきた



やばい・・・・そろそろ、こっちも攻めなくては



タンクトップの上から胸を揉む Dってこんなあったっけか?

Cカップ以下との経験が多かった俺、少し感激

ハーフカップらしいブラの上から乳首を軽く摘む

左手はひとみの首に回し、キスの主導権を握る



タンクトップを捲り、背中のホックを外した

 『コタローさ、やけに手馴れてんなw』

んなコトないっすよw こういう時の男の集中力は凄いんすよ

 「そう?普通でしょ」

キスを続けながら生乳を揉む、揉む、揉む!

乳首を指で転がし、摘み、たかに優しく弾く



遂に、ひとみの口から声が漏れた─────



タンクトップとライトブルーの可愛いブラを脱がした

ひとみ自慢の胸はツンと上向きで形良く、張りもあり、綺麗だった

軽く揉みながら乳首を吸い舐めてみた

ビクッと反応をみせたひとみ、ここぞとばかりに乳首を集中的に弄る

 『コタローここでする気?』

何気ない一言、さりげない質問 カーセクロスは久々ですよ!

 「こんなトコで、しかも車じゃ嫌かい?」

ドキドキな質問っすよ。どうなんだろか・・・・

 『タオルとかティッシュあんのかと思ってな』

大丈夫、そういうのは常にあるんですよ!

 「どっちもあるよ、ウェットティッシュもあるし」

さすが大人だな、準備万端杉w

 『やっぱコタローエロいヤツだったんだなw』

半裸に薄笑いで何言ってんですか貴女w



助手席を目一杯下げ、乳首を攻めながらリクライニングも全開倒した



ハーフパンツの隙間から手を入れ、下着越しに豆を探った

ツンツントントンツー トントンツートントン ツーツートントン

モールス信号って実際は何も知らないが、たぶんこんな感じだろうw

とか思いつつ、キスし、胸を揉み、舐め、吸い、優しく噛んでいた



徐々に反応も強くなり、もどかしさもあったが脱がせないまま下着の脇から指を滑り込ませた

指先の感覚から俺のSっ気が突然現れた

 「もうビショビショじゃん どした?」

優しくなんて聞いてやらない 一方的な上目線だ

 「言わないなら終わりにするぞ?」

我侭身勝手はSではない、Sは駆け引き上手であればこそだ



中指の腹で栗を弄ばれるひとみ なかなか言葉が出てこない



栗を弄ぶには十分濡れていたので指の腹を優しく、そして小刻みに振るわせてみた

顔を背け首にしがみ付くひとみ だが俺のSっ気はそれを許さない

手を解き更に刺激を続ける そして言葉を掛ける

 「話せないほど気持ちいいか?」

時々思う、男のSはちょっとした病気じゃないかと



ようやくひとみが喘ぎ以外の声を発した

 『ちょっとコタローいきなりキャラ変わり杉だよぉ・・・』

戸惑ってはいるようだが拒絶はない

 「そうか?なんも変わってないよ」

こういう時に少し優しい口調で返す事が重要だと、経験から知っていたw

 『変わってるってぇ・・・・』

必要以上に喋らせない 栗を指腹で撫で回す



俺に言わせれば、キャラが大きく変わったのはひとみの方だ───



それにしても、出会って数時間でこの有様・・・・

出会い系って凄いな、感謝感謝!

ここにきて余裕の出てきた俺、最初の余裕が全く見えないひとみ



乳首を強く吸いつつ、甘噛みすると声にならない声が漏れる

栗を下から上へと高速で擦られると身体が跳ねる

意識して意地悪に質問すると顔を背ける



 『コタロー中も・・・中もお願い・・』



完全攻略近しか?w



Sの悪い癖で、懇願されると突き放したくなるモンだったりする

ひとみは明らかに指を栗から中へと言ってるのに、ひとしきり無視

じれったいひとみが俺の手を下へずらそうとする

そんな両手を頭の上で組んだ状態で保持

もどかしさでひとみがジタバタする



 『ねぇ・・・コタロー お願いだから・・・』

 「なにが?」

 『もうお願いってばぁ・・・』

 「だから何が?」

 『もうっ!』



拗ねた表情を見せるが刺激に抗えず喘ぐひとみ



 「そういや、釣りってどこで何釣りするの?」

空気読めないどころか、全く関係ない質問に目を見開きキョトンとするひとみ

 『なにそれ?』

 「プロフィールに趣味・釣りってなってたじゃん」

 『あー、それねw間違えて押しただけ』

ちょっと凹む俺・・・・・女の子と2人で釣りしたかったw



なんとなく腹が立ったので栗をますます激しく刺激した

中指先を触れるか触れないかの微妙な位置関係のまま保って高速回転

急にギアを上げたせいか、ひとみは驚いたようにも聞こえる喘ぎ声を出した

両手は相変わらず頭の上で抑えたままだ



少し潤んだような眼で俺をみつめるひとみ

 『コタロー意地悪しないで・・・』



期待を含んだ返答を用意してみた

 「もう少ししたら・・・な」

結構いい力で手を振り解き、俺の左肩をぴしゃりと叩いた

 『あちこちで遊んでんでしょ』

強気なイメージはどこ吹く風、すっかり可愛い女になってるひとみ



しゃーないなぁと栗刺激を中止し、ショートパンツに手を掛けた

待ってましたとばかりに腰を浮かせたひとみに一言

 「何してんの?脱がせると思ってる?」

もどかしさと恥ずかしさ、何とも言えない表情をみせたひとみ

 『超Sなのぉコタローって?』

今更気付いたようである



 「そんなことないけど?Sは嫌いか?」

 『Sだよ、S!絶対、超S!ドSだよぉ〜』

言い方があまりにも可愛らしかったんで、ちょいハッスルして一気に脱がす事に

が、それじゃ面白くないなと思い止まり、膝下でストップ

ひとみが予想通りの反応をする

 『え?ちょっ!?そこまでなのぉ??』

 「そうそう、ここまでw」

 『いいよ、自分で脱いじゃうから』

もちろん、そんな事はさせない 



シートの上で膝を立たせ、唐突に中指挿入───



上半身は裸、ハーフパンツと下着を中途半端に脱がされたひとみ

待ち焦がれていたとは言え、いきなり最奥に達した指に驚きつつ大きな快感に息が漏れる

中指はしっかり付け根まで入っている

その状態から更に奥へと進めようとしてみる

喘ぐ声の質が変わってきていた

運動中の息切れに近い喘ぎから、動物的な脳に直接訴えてくるような狂おしい喘ぎ



この子は本当に可愛らしい・・・・思考が単純な俺、この状態で何度も女の子に惚れてきたw

セクロスしてから惚れるのか、惚れてからセクロスなのか

かつてこんな話で友人と居酒屋8時間耐久した覚えもある



最奥まで中指を送り、そこで指先だけを小刻みにシェイクさせる

この動きはひとみにとって予想外だったようで、何度も大きく身体を震わせた

手を回転させ、シェイクする指先が当たる方向を変化させていく

喘ぎの強いところ、喘ぎの大きなところ、喘ぎが落ち着くところ・・・・

中のポイントを探るように、急がず、慌てずにシェイク、そして回転



なんとなく攻めるポイントを理解した頃、動きに変化をつけた

指先のシェイクは残したまま、最奥から引き抜き

抜いたところから、また最奥へ

これを、ごくごくゆっくり じっれったい位に低速で行う



中指の行き来はひとみを更に喘がせた

生まれたての子犬のような・・・とでも表現すれば良いのだろうか

切なげで、どこか儚い それでいて非常に艶っぽい

壁の上をシェイクしながら滑る指

壁の下をシェイクしながら滑る指

時にピンポイントを突くようで、ひとみの身体がシート上で跳ねた



 『気持ちいいよぉ・・・コタロー』

すっかり指に参っているようだ

そういう俺もひとみの表情や艶っぽい喘ぎ声に下半身パンパン状態w

だが、大人の男は澄まして攻め手を緩めないwww



いかにも北関東のヤンですよ♪といった感じだった面影はどこにもない

俺の目の前にいるのは、単なるエロい女

嬉しい事です、ありがたい事です

男の活力源ですから、喘ぐ女ってw



指の行き来があまりに遅いのか、ひとみは腰を使い始めた

指を引き抜くときに腰を引き、挿れるときに腰を押し出してくる

冷静に見れば見るほど、女の腰の動きってヤツは興奮する

艶かしい、その言葉がぴったりだと思う



ひとみがどこまで素を見せ、どこまで高まるのか見てみたくなった

動きを少しずつ早めてみることにした

同時に、左手で栗への刺激再開



まだまだゆっくりな動きに合わせてエロい喘ぎをしていた

左手親指で栗を優しく擦るとビクッ・・・・・・

指ピストンで艶かしく喘ぎ、栗に触れると軽痙攣



高感度な女の子ほど、じゃれて楽しい相手はない

ひとしきり身体に火を入れ、高めにアイドリングさせてやれば

あとは回転が急激に上がるポイントを探すだけ



F1エンジンとまでは言わないが、ひとみもなかなかレスポンスが良い

鋭く吹け上がり、高回転もキープできる

パワーがあるか・・・・・それは分からんw



膝下のショートパンツと下着が邪魔になり、自由の体勢が取れないようだ

足を広げ、もっと奥へと導きたいのだろうが俺の仕組んだ軽いトラップで侭ならない

足を伸ばし膝下から抜こうとすると、邪魔して止めさせる

膝と膝がくっつくような窮屈な姿勢で、どんどん快感だけを増幅させていく



気が付けばひとみの喘ぎは全く言葉になっていなかった

徐々に徐々に動きを早めた指の抽送は、それでもまだ通常レベル

1秒で往復する程度の抽送に、腰の動きと喘ぎが重なっている



ここで、ずっとドアを背に座ったままだったひとみが横になった

どうにも膝下の着衣が邪魔で、何としてでも脱ぐつもりのようだ

まあ、ここまでくれば意地悪も終わりで良いかな・・・と、フト思う



俺が邪魔する事なく脱げた事に満足げなひとみ

眼を合わすなりニヤッと笑った



 『コタロー凄いね・・・びっくりしちゃった☆』

数分振りに聞いた言葉だった

 『なんかね、飛んだっ!て感じ☆』

言ってる意味がわからんw



抜けてしまった指を改めて挿れる

すぐに切ない声を上げるひとみ

今度はいきなりサードあたりのギアに入れてみた

回転が上がったから当たり前なのだろうが、喘ぎも高音へ

動きに合っていたはずが絶え絶えに悶絶するかのように喘いでいる



ひとみの手が首に回った

グッと引き寄せられる

キスを求めてくる

耳元に唇を寄せ、切れ切れになる声で囁く様に言った



 『逝きそう・・・ねぇコタロー 逝きそうだよぉ!』

再挿から1分も経ってないのに、この感じっぷり

首から背中へ回した手に力が入り始めた

 『コタローお願い、ギュッてしてギュッて・・・』

ここでは意地悪なしに要望どおりしてやる

こういう緩急が必要だと思う今日この頃



足先がしっかり固定できる場所を探している

指先に力が入り、背中に爪が食い込む

絶え絶えの表情がこの上なくエロい

抽送を少し早めてやる

 「このまま逝っていいよ」

俺、最高に男前発言w



直後、ひとみの手が首に戻り俺を引き寄せた



指に伝わる締付け感、首から伝わる力のはいりよう、

そしてキスから伝わる絶頂のライブ感・・・・

声にならない声を発し、ひとみは痙攣をはじめた



息遣いが荒い、呼吸が早い、全身からの発汗、そして急激な虚脱・・・・

焦点の定まらない眼をし、なんだか泣きそうな表情のひとみ

 「可愛かったよ、惚れそうだったw」

冷やかしめいて本音を口にした

 『可愛いに決まってんじゃんw惚れろよ!』

お!生意気な感じのタメ口が戻ってるw



午後ティーを手渡すとごくりごくりと美味そうに飲んだ



 『あのさコタロー』

 「ん?」

 『かなり恥ずかしいんだけどさ・・・』

 「なに?」

 『今のってさ・・・』

 「どしたの?」

 『あたし初めて逝った・・・みたい☆』

 「へ?」

 『だからぁ、初めて逝ったんだっつーの!』

 「えー?でも普通に逝く逝くって言ってたじゃん」

 『自然に出たみたい・・・・・』



つか、初めて逝ったのに言葉に出来るとは・・・・大物なヨカーン!



私、ひとみの思い出の男になったようでありますw



出典:ヤンキー女とのえっちな体験談★4

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】茨ヤン遭遇編 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ