相互リンク先の更新情報!

【高校生】優しい初体験 3【告白体験談】

カテゴリー:高校生との告白体験談
tag:


 バージンの女の子は2人目だったので恥ずかしがって、足を閉じてしまうのは

知っていたから無理にこじ開けず、足を擦ったり舐めたりしつつ「綺麗な足だね〜

柔らかくて、可愛いお毛毛だ^^」等色々お話しながら、彼女の緊張を解くように

しました。

 それでもやはり初めてということで足がどうしても開けないので、顔を彼女の

顔のところまで戻して、KISSしながら足を撫でつつ「お兄ちゃんは○○が

好きなんだよ・・・」と語りかけ、少しずつ足の間に手を侵入させていきました。

 今までの刺激で薄っすら湿っている草むらを(初めての子はあまり濡れません)

掌で包む様にして中指を割れ目に這わせて、ゆっくりと下からあまり強い刺激に

ならない様に優しくなで上げてあげました。剃れでも彼女には強かったらしく

「ア・・・ア・・・うん・・・」と緊張のこもった声をあげ、両足で手をぎゅっと

挟みこむので、「痛かったかなごめん・・・」と顔を見つめKISSすると、

「ううん・・・大丈夫・・・」と微笑んでくれました。

 そのまましばらくKISSと割れ目への微かな刺激を与えた後、ゆっくりと

耳、首筋胸、お腹と舐めながら顔を花園に下ろして行きました。そして優しく




足を開かせてついに顔をうずめ下で、割れ目をなぞり上げてあげると、

「きゃウゥゥゥ・・・アアン・・・ハア・・ハア・・・ア、ア、ア、ア」と腰を跳ね上げ

ながら、悶えます。やはりクリトリスへの刺激が気持ち良いらしく、

そこを舐めると「お兄ちゃん・・・ああ・・・・ヤ・メ・テ・・・」と言ったのですが、

重点的に舐め上げていると「あう、あう、あ、あ、あ、あ、あ、ああ〜〜〜」

といきなりイってしまいました(^^)。

 呼吸が整った後「お兄ちゃん・・私どうしたのかな?」と訊くので、

イク事を教えてあげると顔を真っ赤にして恥ずかしがり、「今度は私の中で

お兄ちゃんが感じて」というので痛い事を良く説明して、もう一度クリトリスを

重点に舐めて、彼女がリラックスしたところを、イッキに貫きました。

 初めての子は導入し難いのですが、もたもたすると余計な痛みを与えるので

「あっっ・・・うぅぅぅ・・・」という彼女の痛みの声を聞きながら、

最後まで入れて後は彼女を抱きしめて「お兄ちゃんが全部入ったよ」って

囁いて顔を彼女に見せてあげました。痛そうな顔をしていた彼女も、俺の顔を

見て安心したらしく、ちょっと笑顔を見せて「痛いけど、なんか嬉しい」

って言ってくれました。

 長く入れていても痛いのは知っていたので、乳首を舐めたりクリトリスを

触って痛みをごまかしながら、少し腰を振って彼女のお腹に出してあげました。

そして彼女のおまんこの傷を舐めてあげ抱き合って寝ました。

 次ぎの日もう一度Hをして(彼女はまだ痛がっていましたが)、帰りました。

その彼女とはもう2,3度Hをしましたが、やはり遠距離で付き合いは続かなく

今はメルトモになっています、でも時々初Hの話になると「友達のHを聞くと

ただ痛いだけで大変みたいだから、お兄ちゃんと初Hできて私は良かったなあ」

って言ってくれます。


告白体験談関連タグ

|

【高校生】優しい初体験 3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月21日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

このページの先頭へ