相互リンク先の更新情報!

【芸能人】快楽伝説@覚醒剤 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


俺はテレビ局のスタッフに変身し松浦亜弥の楽屋をノックした。

トントン、「は〜い!」ノックすると亜弥は明るい声で返事をしてドアを開けた。

「どうかしました?」

俺はじっと亜弥の顔を見つめ亜弥の両肩に手をかけ、力いっぱい亜弥を突き飛ばした。 

ドスン!力を入れすぎたか、

「な、何するんですか!?」

亜弥は驚きを隠せないようだった、俺は楽屋の鍵を閉め亜弥に近づいた。

「や、やだ、、」

亜弥はこの先起こるであろうことにもう気がついたようだ。

俺は亜弥の上にまたがりナイフを首に当てた、

「静かにしてろ、大声出したらプスッだぞ?」

「ウッ、、や、やめてぇ、、ヒック」

亜弥は震えながら嗚咽している。

.

俺はナイフで亜弥の服を引き裂いた、撮影用のベージュのブラが露になる。




俺はそのブラをずらし亜弥のまだ汚れていないだろうと思われる薄いピンク色をした乳首を指で軽く愛撫してやる。

「う、ぅぅ、、」

亜弥は嗚咽しながら首を振っているが乳首は反応し硬くなっている、俺はその硬くなった乳首を口に含み口内で乳首を転がす。

「はぁうぅ、、あっ、」

右手をパンツの中へと滑り込ませる。亜弥はハッとしてその手を掴むが強引に指を入れ込む。

「ひぁっ、、」

亜弥の体がビクンっと反応する。

.

亜弥のマンコは程よい程度に愛液が分泌されていた。

「気持ちいいのか?濡れてるぞ?」

俺は濡れた指を亜弥に見せた、亜弥は顔を赤くし、違う違うと首を振る。

亜弥の上から降り、ズボンとパンツを一気に脱がす、すぐに亜弥は足を閉じたが無理やり開かせる、亜弥のマンコは恥ずかしそうにヒクヒクしている。

俺は亜弥の両足を持ちマンコに顔を埋め、クリトリスに舌を這わす。

「ぁぁう、、あん、ぁん」

だんだんクリトリスが硬くなり頭を見せてきた、今度はもっと激しく吸ったり歯で噛んだりしてやる。

「あん!ぃやあ、あぁぁん!」

亜弥の手が俺の頭を掴む、もう絶頂に近いのだろう、俺はそのままクリトリスを舐め続ける。

「やだ、ああぅ、ゃめて!ああんぁぁうん!!いゃだめえ!!ああああん!」

フッと俺の頭を掴んでいた手の力がなくなった、亜弥はイってしまったのだ。

「どうした、イっちまったのか?知らない男にクリ舐められてイっちまったのか?」

亜弥は

「はぁ、、はぁ、」

と息を荒くしている。

「エロい女だ・・・もっとやって欲しいのか?ここを、、」

俺はまだヒックヒックし愛液を垂らしているマンコを指で突っついた

「いやぁ、、そっちは、、」

「何がイヤだ、こんなにマン汁垂らしてよく言うぜ」

.

俺は亜弥のマンコに指を突っ込んだ

「う、、はぁ、はぁ」

亜弥の息遣いがまた荒くなってくる。

指を動かすたびにピチャピチャと音を立てる亜弥のマンコ、亜弥が感じている証拠だった。

「あぅ、、あぁん、あん!」

亜弥のマンコからさらにたくさんの愛液が分泌される。

「あ、あん!、、おく、、おくがぃぃ、もっと、、、ああん!」

「奥?奥がいいのか?ほら、、」

俺は亜弥の言うとおりに奥のほうを指先でくすぐってやった。

「あぅん!あああん!!そこお!いやあ!い、いっちゃうょお!ああんあああん!!」

亜弥のマンコの奥のほうがだんだん膨れてきた、俺はそこを思いっきり刺激してやる。

「ぁ、、あぁ、、い、、イクイクイク!!あああん!!」

亜弥のマンコの締りがなくなると同時に勢いよくピュッピュと液体が噴出された。

潮吹きである、NO.1アイドルの松浦亜弥が気持ちよすぎて失禁してしまったのだ。

俺はなんだかおかしくてしょうがなかった。亜弥はビクンビクンしている。

亜弥の腰を掴みチンコを亜弥のグチョグチョになったマンコに差し込んだ。

ジュルジュルと亜弥の中に入っていく、俺は腰を振る。

ジュプッジュプッと出し入れするたびに亜弥は

「あっ、あっ」

っと喘ぐ。

亜弥の中はすごく熱く、強く締め付けてくる。

俺は柔らかい乳房を揉みながら亜弥を突き続ける、

「あう!あん!あん!あん!」

亜弥が本格的に喘ぎだしてきた。

今度はバックの体勢でパンパン音を鳴らし突いてやる、

「はぁぁん!うあ!あん!ひぃあん!」

また正常位に戻り腰を振る、

「ああん!もうイきそうだよお!ああん!あう!!」

「そろそろイクぞ、」

俺はラストスパートをかけた、

「あん、あああん!!はぁぁぁぅああああ!!!!もうだめええ!!あああんああイクイクう!!あああん!!」

「な、中で出すぞ、、あああ!!」

「や、、やだああ!なかは、ああん!ああああんん!!あああ、イ、いく!あああああああんん!!!」

ピタッと動きを止め亜弥の中でありったけの精子を放出した。

「ふぁぁぁ、、、はぁぁぅ」

亜弥のマンコからチンコを抜くと大量の精子がドロドロと流れ出てきた、まだまだ出ていたはずだからかなりの確率で妊娠する事だろう。

.

俺は倒れている亜弥をそのままにしテレビ局を去った。

あれから数日が過ぎ僕は亜弥の家を魔法でさがし毎晩亜弥の様子を見に行った。

(さてと…今夜も行くかな〜)

瞬間移動を使い亜弥の部屋に到着。

亜弥はあれから毎晩、眠っている間もオナニーしていて夢の中でいろんな男に犯され続けた。

「あぁん・・うぅぅん・・・あっ・・あぁ・・・」

振り返ると亜弥が喘いでいた・・・。

夢の真最中らしいがパジャマははだけて白い胸がのぞく。

下半身は裸にされ虚空に向かい大きく足を広げていた。

体は小刻みに震え男を向かいいれてるようだ。

グチュッ…グチュ…ヌチュッ…ヌチュ…割れ目から透明な蜜が流れてくる。

(これほんとうに眠ってるのか?..まあいいたっぷり犯してやる…

)僕はチ○ポを取り出ししごいていた。

「あ・・・んあぁぁ・・・あ・・・んぁ・・・あ・・あぁ・・あああ!」

ひときわ声が高くなり亜弥イッた。

思わず近づき、

「亜弥ちゃん…口でして…」と言うとさっきの余韻があるのか僕が侵入者だと気付かず僕のチ○ポを口に含み上下に動く。

「あぁ…すごい…いいよ….」

すこしするとイキそうになる。

「続けてほしいですか?」「えっ?」

「このまま続けてほしいですか?」

と意地悪っぽく言ってきたので

「う..うん…続けてくれ…」

「んっんっんっんっ」

ペチャ..ペチャ…丁寧に亀頭全部舐め裏に舌を這わせた。チ○ポにたっぷり唾液が塗られまたその舌のぬるみが気持ちいい。

「あっ..!もうだめだ!!」

ビュク..ビュク…ビュク….ドクドクドク…..亜弥の口に精液を放出しそれを亜弥は笑みを浮かべ一気に飲む。

その姿はTVで見るあややの顔ではなかった。

口を開けるとのこっていた精液が唇をつたってあごのところまで垂れていた。

さっき出したばっかりだと言うのにもう痛いほどそそり立っていた。

僕は亜弥を押し倒しマ○コに挿入。

ジュップ..ジュップ..ジュップ..

「ああぁんっ、あっ、ああっ、んっ、んっ、んっ、んんっ」

すると亜弥は僕を押し倒し騎乗位の形になり自ら腰を振り出した。

亜弥は笑みを浮かべ快楽に身を委ねていた。

清純な面影はなく快楽をむさぼる牝だった。

グッチュ..グッチュ..グッチュ..グッチュ..細身の体か上下に動いている。

「あ〜気持ちいい..」

「んんっ、んっ、んぁっ、んはぁっ、んんっ」

僕は下から亜弥の小振りな胸を揉んでいく。

整った顔立ちがピンク色に染まっている。

「あぁんっ、あっ、んんぁっ、あ..あ..あ..んぁっああっ!!」

亜弥が絶頂をむかえる。

僕は亜弥に続きイッた。

「ううっ!!」

ビュク…ビュッ…ビュ…亜弥に膣内射精した。

それでもたりない僕はそのあと何度も何度も亜弥を抱き中だししまくった。







出典:快楽伝説

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||

【芸能人】快楽伝説@覚醒剤 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月21日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ