相互リンク先の更新情報!

【スカトロ】みきちゃん 【告白体験談】

カテゴリー:スカトロ告白体験談
tag:


幼稚園でお気に入りだったみきちゃんと川辺で戯れていたときのこと。

「あたし、おしっこしたくなっちゃった・・。ここでしていい?」

そう言うや、みきちゃんはチェックのスカートを腰までめくったかと思うと、

すばやくおへそまである綿の白いショーツを膝のあたりまで下げました。

そして、川に向かって「チュゥィー、ジョボジョボ・・・」と

すさまじい勢いで放出して見せてくれました。



上品な家庭の一人娘だったので、そんなことするとは思いもよらなかった

ので、あっけにとられました。

その光景は十数年たった今でも目に焼きついて離れません。



あの日、ぼくに衝撃的なおしっこ姿を見せてくれたみきちゃんは、その後ぼくと遊ぶたびに「ねえ、行こう?」と頬を赤らめながらぼくのシャツの袖を引いて、あの川辺に誘うようになりました。

そして、草むらに着くといつもショーツをするっと下げて「チュゥィー、ジョボジョボ・・・」という見事な水流を見せてくれるようになりました。

前々からぼくに好意をみせてくれていたみきちゃんは、おしっこ姿を見せることに快感を覚えたようです。






ぼくもみきちゃんを好きだったし、子供ながらに割れ目から水流が出るのを見るのはものすごい興奮を覚える出来事だったのですが、嫌われない程度に必死でのぞきこんでいました。

今思うと、みきちゃんはおしっこしたあと、全くあそこを拭かずにすぐにショーツを履いていたと思います。



男は拭かないので、女の子も同じと思ってたんですが、あとになって女の子はおしっこのたびにペーパーで拭くと知っておどろきました。

ところで、みきちゃんの履いていたショーツは真っ白がほとんどだったんですが、時折ピンクのかわいい小花柄のを履いてるときがあって、すごく頭にこびりついてます。



おしっこ姿を見せてくれるようになったみきちゃんとぼくは、みんなが帰ってしまった学校のグランドで遊んでいた。

いつもは、あの川辺に誘ってくれてたのに、その日はなぜか急にそわそわし始めたかと思ったら、グランドの隅の方にぼくを連れていった。



そこには木造のトイレ(もちろん汲み取り式)があり、「??」と思ってると、みきちゃんは周りを確認し、ぼくの手をキュッと握って女子トイレの方に歩き出した。



「ええっ??」とうろたえる間もなく、禁断の女子トイレの一番手前の個室へ2人で入ってしまった・・・

女子トイレに、それも2人で入るところを先生に見られてたらどうしよう、という罪悪感と、いつも川辺でおしっこを見せてたのにどうして女子トイレなんかに・・?と頭が混乱しはじめた。



極度の緊張状態ながら、冷静に観察したのは、「女子トイレの床って、水浸しやな。」ということです。

(あとで「あれはおしっこなの。おしっこをまっすぐできない子が汚したままにしていくのよ。」とみきちゃんから教えてもらったのだが。)



川辺でおしっこするとき以上に興奮した面持ちのみきちゃんは、ちらっと僕を横目で見たかと思うと、便器にまたがり、ワンピースを腰までまくりあげ、おしりにくまさんの絵が描いてあるかわいらしいショーツをするっと下ろした。



そして・・・



いつものように、元気よく、「チュゥィー、ジョボジョボ・・・」と汲み取り式トイレの中にすさまじい勢いのおしっこが降り注ぎました。

いつもなら出し終わるとすぐにショーツを履いていたみきちゃんでしたが、今日はずっと座ったままです。



みきちゃんの後側から真っ白なおしりを見つめていた僕には、一生忘れることのできない出来事がやってきました。

おしりの割れ目の下のところが盛り上がったかと思うと、こげ茶色の物体が顔を出しました。

太さといい、長さといい、すごく健康的なウンチでした。臭いもすごく上品な感じでした。



みきちゃんは、初めてみせるウンチ姿に、恥ずかしそうに顔を赤らめながらも「ぅん・・・」と小さな声で力むと、バナナ位の長さ・太さのウンチが、汲み取りトイレにボトッ!と下品な音を立てて落ちました。



みきちゃんは、川辺でおしっこのときは全く拭かなかったのですが、このときはポケットからティッシュを取り出し、念入りにお尻の穴の周りを拭き、さっきのウンチの上に落としました。



ぼくなど、ハンカチすらほとんど持ったことないのに、さすがに女の子はいつもティッシュを持ってるんだなー、と関心しました。



すっきり出し終わると、ショーツを上げ、ワンピースの裾を整えると、いつものみきちゃんの姿に戻りました。

こんな愛らしい子があんなに太いモノを出すとはとても思えませんでした。



女子トイレでのウンチの最中はみきちゃんもかなり興奮してたようですが、

あたりを伺いながら一緒に外にでると、フツーの小学生に戻り、何事もなく、またブランコで日が暮れるまで遊んだのでした。

といっても、ぼくはあの光景が目に焼きついてたまらなかったのですが・・・







出典:*

リンク:*


告白体験談関連タグ

|

【スカトロ】みきちゃん 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:スカトロ告白体験談

このページの先頭へ