相互リンク先の更新情報!

【妹】妹「一日だけ恋人のフリしてくれない?」 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


兄「なんでだよ。」

妹「あのね。」

兄「うん。」

妹「久しぶりに会った友達と彼氏の話になってさ。」

兄「うん。」



妹「友達がすごい彼氏の自慢してきてさ。」

兄「うん。」

妹「すごく悔しくなっちゃって。」

兄「うん。」

妹「それで私にも彼氏がいるってつい・・・。」

兄「アホだなお前。」



妹「わかってる。」

兄「で?」




妹「今度の日曜、お互いの彼氏連れてダブルデートしようって話になっちゃって。」

兄「うん。」

妹「断ったんだけど・・・。」

兄「で?」



妹「そしたら本当はいないんでしょ?って言われて。」

兄「うん。」

妹「だからつい、連れてくるって・・・。」

兄「ふぅ・・・。あほ。」

妹「うん。わかってる。」



兄「で、俺を連れて行きたいってわけなんだな。」

妹「うん。だめ?」

兄「別に暇だからいいけど、バレないか?」

妹「自然にしてれば大丈夫・・・だと思う。」

兄「まぁ俺もお前も顔似てないしな。」

妹「うん。お願い。」



兄「うーん。少し勇気いるな。」

妹「お願い。何でも言う事聞くから。」

兄「ほほう。」

妹「なんでもいいよ。」

兄「マジか。どうしようかな。」

妹「本当に一生のお願い。」

兄「わかった。やってやるよ。」

妹「ほんと!?」



兄「その代わり約束守れよ。」

妹「うん!ありがとう!」

兄「仕方ないな。」

妹「お礼は何したらいい?」

兄「今はまだ思い浮かばないから、デート終わった後でいいよ。」

妹「わかった。ありがとね。」

兄「うん。」











兄「そろそろ時間じゃないのか?」

妹「ちょっと待って。」

兄「洋服選びに時間かけすぎだろ。」

妹「デートなんだから仕方ないの。」

兄「まぁ早くしろよ。」

妹「うん。」



妹「どっちがいいと思う?」

兄「俺はそっちかな。お前に似合うと思うぞ。」

妹「そかな?じゃあこれにしよっと。」

兄「スカート短いな。」

妹「短いほうがかわいいでしょ?」

兄「まぁな。」











妹「じゃあ行くよ。」

兄「うん。」

妹「ばれないように自然に振舞うんだからね?」

兄「大丈夫かな。緊張するぞ。」

妹「だめ。恋人らしくだよ。」

兄「頑張るよ。」











妹「あ、友達いた。」

兄「あれか。」

妹「うん。彼氏も来てるみたいだね。」

兄「そうだな。」

妹「あ、こっち来る。」

兄「恋人・・・恋人・・・と。」

妹「ちょっとおにいちゃん念仏唱えてないで・・・!」





妹「とりあえずお昼ご飯食べに行こうだって。」

兄「みたいだな。」

妹「ちょっと猫背になってるよ。背筋ちゃんと伸ばして。」

兄「ああ・・・悪い。」

妹「ちゃんとカッコよく振舞っててね。」

兄「注文多いなぁ。」



妹「手繋がないの?だって。」

兄「あいつらずっと繋いでるもんな。」

妹「うちらも繋ぐ?」

兄「その方が自然かもな。」

妹「じゃあ、はい。」

兄「うん。」



妹「ちょっとおにいちゃん・・・ボソ。」

兄「ん?」

妹「それ恋人の握り方じゃないよ・・・!」

兄「そうなのか?」

妹「こうするの・・・・!」

兄「なるほど。」



兄「それにしてもあいつら恥ずかしいくらいイチャついてんな。」

妹「そうだね。恋人ってあんなもんなのかな。」

兄「どうだろうなぁ。」

妹「うちらもあんな感じにした方がいいのかな?」

兄「あそこまでする必要はないだろ・・・。」

妹「・・・だよね。」











兄「なんか色々気にしすぎてメシの味がわからん。」

妹「あんまり大きな声出さないで・・・!気づかれるでしょ・・・!」

兄「悪い。」

妹「あ・・・。」

兄「どうした・・・?」

妹「あれ・・・。」



兄「ぶっ。」

妹「あーん・・・だって。」

兄「なんだあいつら・・・w」

妹「見せ付けたいんじゃないかな・・・。」

兄「アホの極みだな。」

妹「・・・よし。」



妹「はい。あーん。」

兄「え?」

妹「食べさせてあげる♪あーんして?」

兄「え?え?」

妹「お願いだから自然にして・・・・ボソ。」

兄「う・・・うん・・・ボソ。」

妹「はい!あーん!」

兄「あ、あーん。」











妹「次はカラオケだって。」

兄「歌ってると間が持つしちょっとホッとするな。」

妹「最近の曲わかる?」

兄「なんとかな。」

妹「・・・よかった。」

兄「馬鹿にすんなよ・・・w」







妹「ちょ・・!おにいちゃん・・・!」

兄「なんだよ。お兄ちゃんとか呼んだらバレるぞ。」

妹「聞こえてないって。それよりDEENはないってば・・・!」

兄「いい曲じゃん。」

妹「そうだけど、古すぎるってば・・・!ってチャゲアスもだめだったら・・・!」

兄「面倒くさいなぁ。」



兄「おいおい。あいつら俺の曲をバックミュージックにキスしてたぞ。」

妹「ほんとに・・・もう!」

兄「間違いなくアホだろあいつら。ちょっとウケるわw」

妹「・・・く・・・こうなったら・・・。」

兄「え?・・・・んんん!?」

妹「・・・ちゅ。」

兄「く・・・ぷは・・・お、おい!」

妹「自然にしといて・・・!」



兄「・・・。」

妹「・・・。」

兄「・・・胸まで触りはじめたぞ。」

妹「・・・そうだね。」

兄「・・・やっぱここも対抗しとくべきなのか?」

妹「いや・・・あそこまではちょっと・・・。」

兄「だよな・・・。」



兄「もう帰ろう。こいつらと付き合ってたらバカになるって。」

妹「そうだね。そうしよう・・・。」

兄「ほんと・・・こんな奴らに対抗する必要なんてないんだよ。」

妹「・・・そうだね。さすがに。」

兄「じゃあ帰ろう。」

妹「うん。」











妹「またダブルデートしようね?だってw」

兄「するわけないだろw」

妹「ねw」

兄「あいつら相当痛いなぁ。」

妹「ほんとにね。」



妹「今日は何かごめんね。」

兄「いや、別にいいよ。おもしろいもの見れた気がするし。」

妹「友達が彼氏結構いいじゃんって言ってたよ。」

兄「本当はただの兄貴なのになw」

妹「ふふっ・・・そうだね。」





妹「このまま手繋いで帰ろっか。」

兄「いいんじゃない?」

妹「今日は恋人だしね。」

兄「デートは家に帰るまでがデートだしな。」

妹「そういうこと♪」



兄「お前と手繋いで歩くのなんてガキの頃以来だなぁ。」

妹「そりゃね。この歳で兄妹で手繋いで歩いてたらおかしいよ。」

兄「今、繋いでるけどなw」

妹「今日は恋人だからいいのです。」

兄「でも悪くないかもな。こういうの。」

妹「うん。そうかも。」





妹「あ、そういえば。」

兄「うん?」

妹「何でも言う事聞く約束だったね。何がいい?」

兄「あ、そうか。すっかり忘れてたな。」

妹「どうする?」



兄「どうしようかな。」

妹「お手柔らかにお願いしますw」

兄「どうすっかなぁ・・・w」

妹「怖いなぁもう。」

兄「うーむ。」





妹「決まった?」

兄「よし。決まった。」

妹「じゃあ私は何したらいい?」

兄「えっと。」

妹「うん?」

兄「もう一回お前とキス・・・したい。だめかな?」



妹「え・・・?」

兄「だ、だめだよな。ごめんナシにする。」

妹「キスがいいの?」

兄「え・・・あ・・・うん。」

妹「私とキス・・・したいの?」

兄「・・・うん。」



妹「・・・じゃあいいよ。」

兄「ほんとに?」

妹「うん。約束だもん。いいよ。」

兄「ん。じゃあ・・・目つぶって・・・。」

妹「ん。」

兄「では・・・。」



妹「ん・・・んん。」

兄「・・・。」

妹「!!!」

兄「・・・クチュ・・・・。」

妹「んんん!・・・・んん!」

兄「・・・クチュ・・ん。」

妹「・・・・。」



妹「はぁ・・はぁ・・。」

兄「・・・。」

妹「おにいちゃん・・・舌・・・。」

兄「ごめん。つい。」

妹「・・・ちょっとびっくり・・・。」

兄「わるい。」



妹「いいけどね。許したげる。」

兄「何か、途中で頭真っ白になってさ。」

妹「夢中になっちゃった?w」

兄「・・・うん。」

妹「いいよ。約束だったもんね♪」

兄「うん。さんきゅ。」



妹「でも何でキスがよかったの?」

兄「なんでだろうな。でもキスが一番したかったんだ。」

妹「変なの。兄妹なのに・・・w」

兄「ごめんな。」

妹「もう謝らないの。でもちょっとドキドキしたよ?」

兄「俺も・・・かなり。」

妹「やっぱ今日は恋人だったからかな?」

兄「そうかもな。」











妹「ねぇねぇ。」

兄「うん?」

妹「今日は帰ってもずっとさ。」

兄「うん。」

妹「続けない?恋人ごっこ?」

兄「え?」



妹「なんかちょっとドキドキするしさ。楽しそう。」

兄「そうかな?」

妹「きっとそうだよ。ね?続けよ?」

兄「俺はいいけどな。」

妹「じゃあ決まり!今日はおにいちゃんがダーリンだぁ〜♪さ、かえろ〜。」

兄「・・・まったくw」











妹「んん・・・チュク・・・ピチャ。」

兄「・・・クチュ・・・チュパ・・・。」

妹「んむ・・・んん。」

兄「・・・。」

妹「はぁ・・はぁ・・・。」

兄「・・・。」



妹「帰ってからずっとキスしてるね。」

兄「そうだな。」

妹「恋人だからいいんだよね?」

兄「うん。いいんじゃないかな。」

妹「あのね。」

兄「うん。」



妹「帰りにキスしてからね。」

兄「うん。」

妹「ずっとここがドキドキしてるの。」

兄「そうなの。」

妹「うん。ほら。」

兄「・・・ほんとだ。」



妹「おにいちゃんは?」

兄「俺も。ほら、ここに耳当ててみろよ。」

妹「ん・・・ほんとだ。」

兄「だろ。」

妹「ねね・・・。」

兄「うん?」

妹「このままギュッて抱きしめてみて?」

兄「ああ。わかった。」



妹「・・・。」

兄「・・・。」

妹「・・・すごい・・・ドキドキが大きくなったよ。」

兄「・・・うん。」

妹「どうして?」

兄「・・・わからないけど。すごいドキドキする。」

妹「・・・私もなんだ。」



妹「すごいドキドキして苦しいんだけど・・・。」

兄「あ、すまん。」

妹「ううん。違うの。苦しいんだけど・・・全然嫌じゃないの。」

兄「・・・。」

妹「なんかいいなぁ・・・って。」

兄「・・・実は俺も。」



妹「私らおかしいのかな?」

兄「どうだろ。」

妹「これじゃあのバカップルだよ・・・w」

兄「・・・そうだなw」

妹「でも、なんかそれでもいいやぁ・・・。」

兄「・・・うん。」





妹「ねぇ。」

兄「うん?」

妹「キス。」

兄「ん・・・。」

妹「んん・・・・。」

兄「・・・。」



妹「ねぇ。」

兄「うん?」

妹「今日はさ。恋人だし。」

兄「うん。」

妹「寝るときも一緒だよね?」

兄「・・・そうなのかな?」

妹「うん。一緒に寝よ。」

兄「うん。」



妹「じゃあ、シャワー浴びたら一緒に寝よ?」

兄「そうだな。」

妹「じゃあ私が先に浴びるね。」

兄「わかった。」

妹「じゃあ行ってくる。」

兄「うん。」













兄「じゃあ・・・寝ようか。」

妹「うん。」

兄「じゃあ先に入るぞ。」

妹「うん。」

兄「よっと。お前も入って来いよ。」

妹「はい。もうちょっと寄って?」

兄「うん。」



妹「ベッド・・・狭いね。」

兄「シングルだからな。仕方ないよ。」

妹「うん。でも大丈夫。」

兄「うん?」

妹「こうやってくっつけば・・・。」

兄「・・・。」

妹「ほらね?・・・大丈夫。」



妹「恋人だからギュッてしなきゃね。」

兄「そうだな。」

妹「・・・。」

兄「・・・。」

妹「おにいちゃん。まだすごいドキドキしてるよ?」

兄「お前もすごいぞ。」

妹「・・・うん。」



妹「なんだか・・・気持ちが高ぶっちゃって・・・。」

兄「うん。」

妹「何が何だか・・・わからなくなってきたような・・・。」

兄「・・・俺も。」

妹「ねぇ。」

兄「うん?」

妹「・・・ちゅ。」











兄「・・・。」

妹「んん・・・んむ。」

兄「・・・。」

妹「・・・キス・・・何回目かな。」

兄「もうわかんないよ。」

妹「わたしも・・・・んん。」



妹「あっ・・・。」

兄「・・・。」

妹「首・・・くすぐった・・・・あ・・・。」

兄「・・・。」

妹「んん・・・あ・・・。」



妹「おにい・・・・そこ・・・胸・・・あ・・・。」

兄「・・・。」

妹「もうなんだか・・・どうでもよくな・・・・ああっ!」

兄「・・・。」

妹「ふあ・・・なんか・・・わけわかんな・・・。」



妹「あれ・・・?それパジャマのボタン・・・。」

兄「外すよ。」

妹「うん・・・って・・・え・・・?」

兄「・・・。」

妹「まぁ・・・いっかぁ・・・。」



妹「あ・・・おにいちゃん・・・おっぱい・・・ああ・・・。」

兄「・・・・。」

妹「ん・・・なんか・・・変な気持ち・・・に・・・うあ・・。」

兄「・・・。」

妹「おにいちゃん・・・なんか・・・すごいへんな・・・。」



妹「やあ・・・だめぇ・・・パンツ・・・手・・・いれちゃ・・。」

兄「・・・。」

妹「ふあ・・・そんな・・・さわっちゃ・・・ああああ!」

兄「・・・すごい・・・濡れてる。」

妹「はず・・・かしい・・・うく・・・あああ!」

兄「・・・。」



妹「はぁ・・・はぁ・・・。」

兄「お前も・・・興奮してる・・・?」

妹「わかんな・・・すごい変な・・・気持ち。」

兄「嫌じゃないか?」

妹「変だけど・・・嫌・・・じゃない・・・。」





兄「裸で抱き合ってみよう。」

妹「パジャマ・・・脱がしちゃうの?」

兄「・・・うん。」

妹「・・・恥ずかしいな。」

兄「俺も緊張してる。」

妹「うん・・・わかった。・・・じゃあ脱がせて?」

兄「・・・うん。」





妹「おにいちゃん・・・これ・・・やばいよ・・。」

兄「・・・うん・・・なんか凄いな・・・。」

妹「ん・・・・ああ・・・すごいエッチな・・・感じ・・・。」

兄「ただ抱き合ってるだけなのに・・・。」

妹「うん・・・でも・・・こんなの・・・はじめて・・・。」

兄「気持ちいい・・・。」

妹「・・・なんか・・・そうかも・・・。」



兄「もっと足・・・絡めて・・。」

妹「ん・・・。」

兄「・・・・。」

妹「なんか毛と毛が触れ合う感じが・・・。」

兄「うん。すごい・・・気持ちいい・・。」

妹「・・・うん。」



兄「・・・すごい濡れてるな・・・。」

妹「だって・・・しょうがないよ・・・。」

兄「エッチな気分・・・?」

妹「うん。なんか・・・実はずっと・・・。」

兄「俺も・・・キスのときから・・・。」

妹「変になりそう・・・。」



妹「はぁ・・・おにいちゃん・・・。」

兄「・・・気持ちいいな・・・。」

妹「うん・・・もっといっぱいキスして・・・。」

兄「うん・・・。」

妹「・・・ん・・・チュク・・・チュ。」

兄「・・・チュル・・・クチュ・・・。」

妹「んう・・・ふぅ・・・チュルル・・・チュプ・・・。」

兄「・・・ん・・・。」

妹「んっ・・・ん・・・。」



妹「・・・ぷぁ・・・おにいちゃん・・・。」

兄「糸引いてるよ・・・。」

妹「えへへ・・・ホントだ。エッチっぽいね・・・。」

兄「ジュル・・・。」

妹「チュルル・・・チュプッ・・・んは・・・。」

兄「あごの周りベトベトになっちゃったな。」

妹「・・・うん・・・おにいちゃん・・・好き・・・。」



兄「なぁ・・・もっと・・・いい?」

妹「・・・最後まで・・・しちゃ・・・う?」

兄「うん・・・。」

妹「・・・う・・・うん・・・いいよ・・・。」

兄「・・・。」

妹「その代わり・・・いっぱいキス・・・してね・・・。」

兄「うん・・・。」







兄「はぁ・・・はぁ・・・。」

妹「・・・ん・・・は・・・おにいちゃん・・・いいよ・・・。」

兄「ゆっくり・・・いれるよ・・・。」

妹「・・・う・・・あ・・・・」

兄「痛いか?」

妹「・・・うう・・・あうっ・・・だ・・だいじょう・・ぶ・・・んっ。」

兄「ごめんな。」

妹「・・・んっんっ・・・う・・・おにいちゃん・・・キ・・・キス・・・。」

兄「・・・んっ。」

妹「んうっ・・・チュ・・チュル・・・チュブ・・・んっ・・んんっ・・・。」

兄「んっ・・・ん・・・。」

妹「んっ・・・んぅ・・・うう・・・チュパッ・・・あっ・・・あうぅ・・・。」



兄「うっ・・うっ・・・はぁはぁ。」

妹「あっ・・・あっう!んうっ・・・チュ・・ヂュルッ・・・チュ・・・んふぅ・・・あう・・・。」

兄「このまま・・・いくよ・・・。」

妹「あぅ!おにいっ・・ちゃん・・・すきっ・・・すきっ!うあっ・・あんっ!」

兄「くぅっ・・・。」

妹「んっ!んっ!・・・んあっ!」













兄「・・・もう朝か・・・。」

妹「・・・うん。」

兄「・・・なんかずっと裸で絡み合ってて。」

妹「・・うん。」

兄「寝れなかったな。」

妹「・・・うん。」



妹「・・・兄姉なのにエッチしちゃったね。」

兄「恋人だろ。」

妹「・・・そうだけど。」

兄「ごっこだけど。」

妹「・・・最後は本気だったよ。」

兄「うん。俺も。」











妹「そろそろ用意しなくちゃ。」

兄「一睡もできなかったな。」

妹「学校で寝ちゃいそ。」

兄「俺も。」

妹「帰ったら爆睡かな?」

兄「そうだろうな。」



妹「恋人ごっこもこれで終わりかぁ。」

兄「そうだな。次の日になっちゃったしな。」

妹「うん。でもなんかすごい恋人ごっこだったね。」

兄「ほんとうだな。」

妹「うん。あんな気持ちになったの初めて。」

兄「俺も。」











妹「ねぇ。」

兄「うん?」

妹「今晩はどうする?」

兄「え?」

妹「恋人ごっこ。」

兄「・・・。」



妹「しばらく続けて・・・みる?」

兄「・・・みる?」

妹「うん。」

兄「じゃあそうしようか。」

妹「癖になっちゃったら・・・どうしよ?」

兄「うん・・・。」



妹「まぁいっか。そのときはそのときで。」

兄「そ、そうだよな。」

妹「うん。とりあえず今晩も恋人ね。」

兄「わかった。」

妹「じゃあ恋人継続ってことで・・・。」

兄「うん?」

妹「キス・・・して?」

兄「ん。」

妹「ん・・・・。」



妹「じゃあ行ってくるね。おにいちゃんも遅刻しないようにね。」

兄「眠くてやばいよ。」

妹「わたしもだけどさw」

兄「そうだなw」

妹「じゃあまた夜にね♪」

兄「はいよ。いってらっしゃい。」

妹「はい。いってきまーす!」























     ▼        ▼▼▼         

     ■■▼      ▼■▼         

    ▼■■       ■■▼         

   ▼■■▼      ▼■■▼▼▼▼■■▼   

   ■■■  ▼▼   ▼■■■■■■■■■▼  

 ▼▼■■▼ ▼■■▼ ▼■■▼▼▼▼▼■■■   

▼■■■■▼▼■■▼  ▼■■■   ▼■■▼   

▼■■■■▼▼■▼  ▼■■▼■▼ ▼■■■    

 ▼■■■■■■▼ ▼■■▼▼■■▼■■■▼    

  ▼■■■■▼▼ ▼■▼  ▼■■■■▼     

   ▼■■▼▼■▼ ▼    ▼■■■      

   ▼■■  ■■▼     ▼■■▼▼     

▼▼▼■■■▼■■■■▼  ▼▼■■■■■▼    

■■■■■■■■▼■■▼▼■■■■▼■■■■■■▼▼

■■▼▼▼■■  ▼▼■■■■▼▼  ▼■■■■■▼

▼▼▼  ■■ ▼▼▼■■■▼▼■▼▼▼▼■■■■▼

 ■■■▼■■▼■■▼■■▼ ▼■■■■▼▼▼▼▼ 

 ■■■▼■■▼■■▼▼▼  ▼■■■■■■▼   

 ■■■▼■■ ▼■■     ▼▼■■■■▼   

▼■■■ ■■ ▼■■▼  ▼   ▼■■▼    

▼■■■ ■■  ■■▼ ▼■■▼▼▼       

▼■■▼ ■■  ■■▼ ▼■■■■■▼▼     

▼■■▼ ■■  ▼▼  ▼■■■■■■■■▼▼  

▼■■▼ ■■       ▼▼■■■■■■■▼  

     ■■          ▼■■■■■▼  

     ■■            ▼▼▼▼   



出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ

||||||

【妹】妹「一日だけ恋人のフリしてくれない?」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ