相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】ケイ(未完成) 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


627:おさかなくわえた名無しさん:2008/02/04(月)16:07:09ID:NFTS+7HK

いま妻の実家に住んでいる。妻、子、妻の父、妻の母といっしょだ。

その妻の実家がすこし変わっている。鉄の外階段で上がる古いアパートなんだが、

間取りがやけに大きい。4LDKのアパートだ。隣には70歳ぐらいのばあさんとその

息子が2人で暮らしていた。



その隣に40歳ぐらいの出戻りと中3の娘が一緒に住み始めた。どうやらばあさんの

出戻りとその娘らしい。



その娘というのがとびきりのいい女なんだ。最初は絶対にOLかなんかだと思って

いた。160センチぐらいでスラッとしていて、清楚なうえにエキゾチックな感じも

する。

どうみても20歳は過ぎていると思っていたんだが実は中3だった。名前は後で

知ることになるのだが、頭文字でケイと書くことにする。

ほんとに、初めて中学の制服を着ているのを見たときには驚いたもんだ。




あんな15歳がいるのかって。





628:おさかなくわえた名無しさん:2008/02/04(月)16:07:34ID:NFTS+7HK

一応俺のスペック。

年はケイの倍以上。中肉中背、少し腹が出てきた。普通の会社員で特に取り柄は

ない。飲みに行ってももてることはないが嫌われることもない、そんな俺だ。



去年の寒くなりかけた雨のある日、俺はちょっとした用事でアパートに帰った。

午後4時過ぎだと思う。

階段を上ると隣のドアの前にケイがしゃがんでいた。部屋に誰もいない。

鍵は持っていない。何だか少し寒いということだ。



俺はそうかと思い、自分のアパートの玄関を開けたんだが、妻の両親は

出かけているし、妻と子は友達のところで遅くまで遊んでくるということ

を思い出した。



お隣さんが困ってるだ。誰にとがめられることもなかろうと、俺はケイに

声をかけた。

「うちで少し待ってみるか?」

ケイは少し困った顔をしたが、その日は格別に寒い日だったこともあって

「そうさせていただきます」と答えた。こういう受け答えもケイは大人なんだ。

中学生が「そうさせていただきます」だぞ。





629:おさかなくわえた名無しさん:2008/02/04(月)16:07:50ID:NFTS+7HK

部屋に入って、ケイをソファに座らせ、暖房機のスイッチを入れて、

バスタオルも貸してあげた。暖かい飲み物はエスプレッソだ。

実は一ヶ月前に俺はサエコのエスプレッソマシーンを買ったんだ。自慢の

エスプレッソをケイに飲ませてあげよう。

「エスプレッソは飲める?」

「えぇ、いただきます」

俺はソファの後ろにあるローチェストに置いてあるサエコを操作するため

ソファの後ろ、つまりケイの後ろ側に立った。



ケイはジャケットタイプの制服をソファの肘部分に置き、バスタオルで

濡れた髪をポンポンと右に身体を傾け乾かし、次に左に身体を傾け、また

バスタオルでポンポンと水分を含ませていた。



俺は何気なくソファの後ろからケイを見た。少し覗き込むと、ブラウスの

隙間から胸の谷間が見える。とっても美し大理石のような谷間が見える。

ブラウスから透けて見えるブラは黄色だ。



もう少しでブラまで見える。もう少しで見える。そう思ったとき。ケイが

含み笑いでこういった。

「ガラス窓にスケベオヤジがいますよ」





630:おさかなくわえた名無しさん:2008/02/04(月)16:08:05ID:NFTS+7HK

しまった。外はもう暗くなりかけている。カーテンをしていなかった

ガラス窓には俺がケイの胸を覗き込んでいるのが映っていたのだ。

しどろもどろになりながら、それでも俺はケイにエスプレッソを差し出した

。ケイは「とっても美味しい」と言いながら、2口ほどで飲み干した。

そしてそれからケイは驚異なことを言い出したのだ。



「さっきは何をみていたんですか?」

「・・・・」

「見たいの?」

「・・・・」

「見たいなら見たいとはっきりおっしゃい」

「・・・見たい・・・」

思えば、この時からケイと俺の年齢的社会的立場は逆転していた。

ケイは足でテーブルを少し押しやり俺にこう言った。







出典:続き書いて

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【近親相姦】ケイ(未完成) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ