相互リンク先の更新情報!

【大学生】一恵さんと僕(2)【告白体験談】

カテゴリー:大学生との告白体験談
tag:


一恵さんが僕から体を引きはがし、僕の腹の上で膝立ちになった。

一恵さんの中心からポタッポタッと白いものがたれて僕の腹の上に落ちた。

一恵さんがティッシュに手を伸ばし、自分の中心にあてた。

それを足で挟むようにして僕の横に座ると、僕の腹の上に落ちたそれをティッシュで拭き取った。

「あの、一恵さん。」「うん?」「ナカに出しちゃったんですけど。」「そうだね。」

「大丈夫?あの、まだ学生だし。」「ああ、たぶん大丈夫だから。今。」「ふーん。」

「あきら用意なんかしてないでしょ。」「、、、うん。」「大丈夫だから心配しないで。」

「、、、うん。」「それに、初めてなのに直接じゃなかったら可哀想でしょ。」「、、うん。」

二人でシャワーで汗を流した。

一恵さんの中心を良く見せてもらった。不思議なものだった。

『この中に僕のが入ってたんだなー』と思ったらなんか不思議だった。

お互いに流しっこして洗いっこしてるうちにまた元気になった。

「すごい、また元気になったねー」と一恵さんは嬉しそうにした。

「入れていい?」って言うと、「うん。」って言ってバスタブの中でヘリに手をついた。

そして水着のラインも鮮やかな丸いお尻を僕に向ける。




その中心には菊の花のような部分の下にさらに不思議なピンクの唇があった。

僕はそれを見てさらに元気になり、本能のままに自分のものを無我夢中でそこに突き立てた。

ニュルっとした感じがして僕のは一恵さんの谷間をスルっと抜けた。

どうやら思っているのとは入り口が違うらしい。

すぐに一恵さんが後ろ手に僕のを掴むと、尻を動かして僕のを導く。

「ちょっと腰を落として、そう、そこから斜め上にあげて。」

僕が言われたようにすると、僕の硬くなったものがムニューっと収まった。

『気持ちいい!』さっきのとはまた違った感触が僕を包んだ。

僕の裏側になんかザラザラした感触があたり、先端はなにかに引っ張られているようだった。

一恵さんが僕の根元をギュッと締め付けて来た。

僕は動物的本能で白い尻を両手で掴むと、何度も何度も腰を打ち付けた。

ペタペタという音と、それにつれて「あ、あ、」という声がバスルームに響いた。

一恵さんが僕の片手を取って自分の胸に持って来た。

求められるままに僕は動きながら一恵さんの胸を揉んだ。

一恵さんの声が「あ、あ。」という小さな声から「あーん、あーん」という長い大きな声になった。

見下ろすと一恵さんのすべすべした背中とくびれたウエストからぐんと張り出す白い尻。

そしてその白い尻の中心に僕のものが突き立てられて何度も出入りしているのだった。

その光景を見て僕のはさらに大きくなったような気がした。

一恵さんの中に収まりきらず中で破裂してしまいそうな気がした。

僕は再び一恵さんの丸い尻を両手で掴むと、ナカに出し入れする速度を速めた。

一恵さんに出入りしている僕の根元で快感が爆発した。

「一恵さん!」と叫んで動きを止め、尻にぎゅっと指を立てて目をつぶる。

一恵さんは僕をぎゅっと締め付けて、そのまま待ってくれていた。

僕の硬いものが脈動して愛の証が一恵さんのナカに再び放出された。何度も何度も。

嵐が過ぎると、僕は立っていられなくなり、自分を抜き取るとバスタブに腰掛けた。

一恵さんも振り向いて向かい合うように腰掛けた。

ちょっと小さくなった僕の先端から、まだ白いものが染み出て来ていた。

一恵さんのあそこを見ると白いものが中心で光って、時々ポタリと落ちていた。


告白体験談関連タグ

|||||

【大学生】一恵さんと僕(2)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月22日 | 告白体験談カテゴリー:大学生との告白体験談

このページの先頭へ