相互リンク先の更新情報!

【大学生】サークルの合宿で恥ずかしい目に【告白体験談】

カテゴリー:大学生との告白体験談
tag:


大学のサークルでの話。合宿行って三日目の深夜、男の先輩の部屋に三年の先輩たちが集まって飲んでた。

わたしら一年は疲れて寝てたんだけど、途中で目が覚めてお手洗いに。

そしたら同じ一年の男子ふたりと女子ひとりと廊下で会った。

聞けば、三年の先輩の飲みに誘われたらしい。女子というのが仲のいい子だったので誘われてわたしも着いて行った

三年生の先輩たちと飲んでると、みんな仲がよいからか、だんだんと下ネタへ。一年生は飲まされて質問攻めされて。

三年生はずっと飲んでて盛り上がってるうえに一年はみんなお酒弱いもんだから、もうめちゃくちゃ

ついに一年の男の子がうつぶせにされ女子の先輩にパンツ下げられてお尻出されてた。

それでさらに盛り上がっちゃって、脱衣ウノをやろうってことに。

困ったことになったぞと思ったが、男子はお尻まで女子は下着までっていうルールが出来たので三年の先輩がOKして、

私らも酔ってたからまあなんとかなるだろうとOKしてゲームスタート

全部で男子が八人、女子が十人ほどいたので二人ペア、三人ペアに別れることに。

私は同じ一年のさっきお尻を出した男子とペアになった。

で、ウノを始めたんだけど、わたしらのチームは弱かった。

負けるとどちらかが脱がなきゃいけないので、先に相方が脱いでくれたんだけど、あっと言う間にパンツ一枚にされて、私もシャツとズボンっていう状態に。

次負けたら、上か下かを脱がなきゃいけない。




そんなことを考えてるとまた負けました。頭がボォーッとなりました。

で、ヤバイ、私?って思ってると、相方が立ち上がって「僕脱ぎます!」って言って後ろ向いてお尻を出してくれた

男の人たちは文句言ってたけど、惚れかけました

ここから私たちはしばらく負けなくて、ほかのチームも男子は何人かパンツのみになりました

ある三年生のチー厶は男子がパンツで女子がシャツとズボンの状態で負けたのに男子の先輩が助けてあげず、女子の先輩がシャツを脱いでブラ姿になりました

で、もう4時くらいになってたので、あと三回、最後の一回は負けたら二枚脱ぎと決まりました。

私たちは二回なんとかしのぎました。

で最後の一回。うちが負けると私が上下脱がなきゃいけないので負けられない。

と気合いを入れたのですが、ドローフォーを何度もくらい負けてしまいました。

もう手足は痺れるし心臓はバクバクするし、人生最大のピンチだと思いました。でもどこか覚悟を決めてました。下着くらいいいやと。

そのとき相方がなにを思ったか僕が一枚脱ぎますと宣言し、立ち上がって今度は正面を向いたままパンツを膝まで下げました

当然アレが飛び出て、私は目の前で見ちゃったので今度は惚れませんでしたが、みんなは盛り上がってなんとか私は一枚で許してもらえることに

私も相方がそこまでやってくれたのに渋って空気を悪く出来ないと思い、立ち上がりました。

胸は小さく恥ずかしいし、ズボンを脱ぐなら後ろを向いていいというルールがあったので

「ズボン脱ぎます!」と宣言するとわーっと歓声があがり、ちょっと恥ずかしくなりました

ためらっちゃだめだと思い、バッとジャージを膝まで下ろしました。また歓声が上がりました

さ、ズボンを上げようと思ったときでした

「◎◎(私)、そのまま!〇〇(相方)、隣にお尻出して並んで~」とリクエストが。

なにー!早く上げたいのにと思ったが、しかたなく二人並びました。マヌケな姿の二人に今度は笑いが起きました

そのときでした。私のパンツが突然ずり下ろされました。

えっ!?と思って反射的にパンツを押さえながら首だけ振り返ると、女子の先輩(ゲーム前に男子を脱がせてたひと)が大笑いしてました

あとでわかったことですが、この人は男女問わず脱がせるのが好きなんだそうです…

私のパンツはお尻部分が足の付け根まで下げられお尻が全開の状態(前はセーフ)。慌ててパンツを上げようとするが焦ってるとうまく上がらない

たぶん三秒くらいはお尻を披露しちゃいました。

男子は、「おおおーっ!」ってどよめいて歓声上げるし女子は爆笑してるし。

とにかく恥ずかしかったです。とくに同じ一年に見られたのが。(相方は見れなかったそうで、俺はあんなに頑張ったのにと悔しそうでした)

私を誘った女の子は全然脱がずにすんだので、ごめんねと謝られました。



みんなの前で脱がされる女の子 4枚目


告白体験談関連タグ

|||||||

【大学生】サークルの合宿で恥ずかしい目に【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月23日 | 告白体験談カテゴリー:大学生との告白体験談

このページの先頭へ