相互リンク先の更新情報!

【職場】こ・・・こんないやらしい事・・・ 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


 

会社の制服のまま股を開かせて

黒い薄手のストッキングとそれに透ける下着を見る。

うっすらと湿ってるような股間を触ると「あっ」と声を上げる。

真ん中からビリっと引き裂き下着のクロッチ部分を横へずらす。

「自分で持ちなよ」

素直に指が伸びてくると綺麗な整えられた指先が下着を横へずらす。



いつもの机の上で優衣はM字に脚を広げて

俺の目の前に居る。

「こ・・・こんないやらしい事・・・」

そう言うと優衣は顔を赤らめる。

「やらしいって自分で判ってるから濡れちゃうんでしょ?」

俺が意地悪を言うとずらした下着から見えてるあそこが

キュンと動く。




「そ・・・そんな事・・・な、ない!」



ベタだが俺はこういうプレイが好き。

ズボンを下ろすとフェラもせずにそのまま入口にあてがう。

ヌルヌルな入口と下着を離そうとしない指先、それに入口に俺のちんぽという

配置がいやらしさを倍増させる。

「挿れてって言うんでしょ?」



俯き加減な優衣は恥ずかしそうに言う

「い、いれてください」

まるでご褒美みたいに入れてあげるが立場は弱い。

締まりとぬめり、更に入口の締め付けよりも

入っていく時に纏わりつく肉感が快感を倍増させてしまい

長くは持たない事をすぐに知らせる。



「あぁ・・・入ってき・・・やら・っしぃ」

仰け反る優衣。紺色の制服の下のブラウスからは

片方の胸をさらけ出してながらブルブルと震える。

乳首は硬く尖ったままだ。



両脚を抱えてじわじわと入れてゆく。

「気持ちいの?ん?」

これもベタだがこういう瞬間が堪らない。

片手で押えてる下着をそれでも離そうとしない。

「奥まで・・・あうぅ」



片側は下着に吸い取られ、片側はくちゅという音と一緒に

隙間から滲み出る。俺の竿から玉までは優衣ので濡れている。

だがじわじわに我慢できなくなり、動きを早める。

くちゅくちゅという音が規則的に響き優衣は

「おと・・・音だめぇ」

だがそんな事はお構いなしに突き上げる。



机がごとごとと鳴りペン刺しが床へ落ちる。

「優衣、おまえはやらしいなぁ、会社でするのが好きなのか?」

「あぁ、言わないで・・・やらしい事言わないで!」

ぐぐぐっと締まるとクリが上を向き始める。

完全に起ったところで摘んでやる。

「んんんぅ!ダメぇ、クリだめぇ」

摘んだ後に優しく転がすといつもの優衣のいくタイミングだ。



「あぁイク!」

「会社でイクの?」

「いやぁ・・・だめだめもう・・・」

「オフィスの自分の机でイクの?」

「あぁ優衣いっちゃう!」



何時も電話対応や書類仕事をしている時の優衣と

今目の前に居るMな女の優衣のギャップが堪らなく興奮させる。

「イク!あぁぁ!だめぇ!イクっ」

そう叫ぶと下着をずらしていた手を外し机に両手を付くと

腰を少し浮かせてビクビクと震えて優衣は果てる。



俺も我慢できずに引き抜くとそのまま優衣の

薄手の黒いストッキングにめがけて発射する。

「優衣!出すよ!出るよ!」

太腿のあたりのむちむちした感じのストッキングに

ちんぽを押し付けるとドクドクと発射。



黒いストッキングを白い精液とのコントラストが

いやらしく光る。ポタポタとストッキングを伝って

太腿から股間へと流れ落ち、一部は机へと落ちてゆく。

「あぁ・・こんなに・・・」

指で精液を触り、自分のストッキングに滲み込んでいる精子を

二本の指で撫で回す。



後始末をする前に俺は椅子に腰かける。

「お掃除するね」

そう言うと俺の目の前に跪き、小さくなり始めたちんぽを頬張る。

「あっ・・・まだ出てる」



じゅぼじゅぼという音がしばらく続く。

しばらくしてない俺はすぐに回復してしまい優衣は喜んだ。

回復すると今度は椅子の上から自分で腰を沈めてくる

「あぁ・・・いい?いれていい?」

そう言っているうちに優衣は我慢できない子の様に

再び自分で下着をずらすと腰を沈めた。



自分で腰を使い、気持ちのよい部分に当たると

重点的にそこだけに当たる様に腰を調節して

上下させてる。

「あぁ・・・当たってるの!すごいやらしいの!」



我慢出来そうにない俺は再び机の上に抱え上げると

奥へ奥へと突き入れる。

「んぐぅ・・・だめぇ!それだめぇ!」

だが俺もすぐに限界。

「出すぞ!優衣!」

「あぁ!かけてください!優衣にかけてください」



引き抜く。

だが顔までは間に合わない。

前から出したいと思って居た所へとちんぽを制御する。

優衣のストッキングに包まれた足の指。

フェチにしか判らないであろうが、ここへ出したかった。

机の上で優衣の足首を持ち、親指と人差し指の間にさきっぽを

当てる。その瞬間・・・



「あぁ優衣!出るよ!」

ドクドクと指股付近に散布される精子。

「あったかい・・・」

そう言う優衣を横目にドクドクと吐き出される。

ストッキングを通り越し足へと流れ込む精子。



優衣が親指を動かすのでくちゅくちゅと音がする位に

滲みこんでる。

「や・・・こんな出されちゃってる・・・」



そのまま社内で履くサンダルを履かせる。

「あぁ・・・ヌルヌルしてやらしいよ」

「そう言うの好きだろ?」と笑いながら言うと

「悪くないけど・・・洗うの大変」と笑い返す。

「帰ろうか」

「うん、帰ろう」

着替え終わったというので、見てみるとストッキングはそのまま。

「やらしい・・・かな?」





こんな彼女優衣との最初の出会いは最悪だった。

俺は優衣が社内でも人気があって、他の社員も狙ってる事を

知っていた。だが優衣はそんな事お構いなしで無防備に

飲み会に遅くまで参加したりしていた。



ガリガリに痩せてはいないしかといってふくよかとまではいかない

優衣の身体は腰はくびれていて、胸は決して巨乳とは言えないが

むにむにと堪能する位は十二分にある。

安めぐみといってはファンの方々に怒られるが

そんな感じの女の子だった。



俺はその日出張から帰ってオフィスで1人残務整理。

飲み会があるのを知らずにへこへこと働いていたが

ふとした出来心で優衣の机の前を通ったときに

漁ってみたい衝動に駆られた。



引き出しの中にリップクリーム。

そしていい匂いのするハンドタオル。

俺は自分で自分を変態だと思った。

こんな時にギンギンに勃起してしまっていた。



ロッカーを漁るには鍵やカードが必要になる為難しい。

俺はいつの間にかギンギンな物をズボンから取り出して

優衣の椅子に座ってしごいていた。



机の中の優衣のハンドタオルで包み込み

何時も手につけてるバンドや

優衣が触る物全てをネタにしてしごいた。



そして極まったところで

「優衣!優衣!中に!中に出すよ!」

と軽く叫びながら

机の下にあった社内で履くパンプスに

思いっ切りドクドクと射精した。

パンプスの紐に精子が絡みつきポタポタと垂れる。



思いっ切り射精して我に帰ると無性に怖くなり

あたふたと片付け始めたが・・・・・・・・・・・・

振り向くと優衣が居た。

この時は辞職を覚悟した。



何時から見ていたんだろう?という疑問がすぐに浮かび

口をあんぐりあけている優衣に声をかけられるはずも無く

気まずい空気が流れる。

「あの・・・何してたんですか?」優衣の第一声。

「べ・・べつに」キョドりまくりな俺。



「さっきからず〜っと見てたんですが・・・」

「えぇ!まじで・・・」

「人の名前叫びながら何してたんですか?」

「・・・ごめん」



「課長に報告しますよ」

「あぁ、ごめん。優衣ちゃんの事好きで好きで我慢できなくて」

「理由になりませんよ!人の物になんかかけてたなんて!」

「明日会社辞めるから・・・だから内密にお願いします」



半分もう泣きべそ状態だった。

「判りました、辞めるんですね!」

「辞めます。もうしません」

「新しいパンプス買って貰えますよね?」

「はい・・・」



パンプスを買いに行くというので金だけだして会社を

辞職しようと考えていたんけれど

パンプスを買うのに付き合って欲しいと言い出した。

デートではない。買い物。

それもオナニーしてるのがばれて、精液かかったパンプスの

代わりを買わされる事になった惨めな俺。自業自得。



次の日無事パンプスを買うが気まずい。

「あの、ほんとごめん。」

「まぁ男の人ってみんなそうでしょ?」

「でも優衣ちゃんの汚して・・・俺言い訳かもしれないけど・・・」

「あぁもう。もういいよパンプスは買ってもらったから」



しょんぼりな俺と買ってもらって喜んでる優衣。

帰りに飲みに行こうと優衣は言い出した。

そして俺がオナニーしてるところを後ろからドキドキしながら

見守ってた事。

飲み会が終わって、腕時計を忘れたので取りに帰って来た事。

後姿だけだったけれど、俺がドクドクと出してる様子が

判ったこと等を酔った勢いで話し始めた。

俺は謝るしかなく、もう会社も辞めると言ってあるので

早く帰りたかったが、優衣は意外にも

「辞めなくていいじゃん だって私の事好きなんでしょ?」

「でも・・・」

「いいよ、私も○○君好きだもん」



天にも昇る気分というのはこういう事なのかと思った。

「オナニーしてたって・・・好きでもない男からあんな事されたらイヤ

だけど、○○君なら。まぁ許す。許してあげる」

「ありがとう!ありがとう!もうしない!もうしないよ!」

ヘタレ全開の俺。



それから変態だからとかMな女だからと馬鹿話した後店を後にした。

ホテル街の横を通るときに自然と二人の足がそっちへ向いた。

「あっあれ?」惚けている俺。

「ん?なに?」お互い惚ける。



恥ずかしさを隠す為にお互い惚けてるフリをしながら

ホテルに入った。

優衣はラブホは初めて!とはしゃいでいたが俺はもうギンギンだった。

お互い別々にシャワーを浴び室内着に着替える。



電気を暗くすると優衣が「好きだったんだよ」と可愛く言う。

これにはもう爆発寸前の理性が吹き飛んでしまった。

胸をたっぷりと堪能して、長いキスをして、そして下半身に行く頃には

優衣は仰け反り腰を浮かせていた。

はやく!はやく!とせがまれるように初めて生で挿入した。



だが生中であっというまに限界ランプが点灯。

うごめく中と温かい体温ですぐにでもいきそうだった。

「ねぇ・・・」

「ん?」

「私の靴に出すとき・・・なんであんなやらしい事言ったの?」

「なんて言ってたっけ?」覚えてても言えない男心。



「なんか・・・私の名前と 中に出すよ!見たいな事言ってたじゃん?」

「そうだっけ?」

「今日は・・・そのまま出していいんだよ」

「!!!」



話してる最中に休憩気味だったので少しはイクのが制御できた。

しかし、三分もピストンしていると、もう限界だった。

「優衣!好きだよ!」

「私も!」



密着して腰だけ打ち付ける。

「いきそうだよ」

「いいよ」

そう言われてスピードを早める。

「あぁ、や・・・やらしぃ・・・だめぇ壊れちゃう」

「ううう!いくよ!優衣!」

「あぁぁ」

「出すよ!中で出すよ!優衣の中に・・・」

そう自分で言った途端大量に噴出、そして頭の中が空っぽな状態に。

脈打つ心臓とちんぽ。その鼓動がシンクロしてハイな気分になる。



優衣の身体がびくびくと震え、挿入部の入口を強烈に締め上げる。

「うあぁぁ、優衣」

「出て・・・あぁ出てるの!やらしぃのぉ」

優衣は俺に出されて脈打つちんぽにあわせる様にいった。

入れたままぐったりとしてる二人は顔を見合わせてちょっと笑う。

「どっちがいいの?」

「そりゃ優衣との方が断然いいよ」

「ほんと?」

「でもオナニーとセックスは別ものだって思うけどな」



そんな話をしているとちゅるんと抜ける。

「あぁ、溢れてきたよ」

「どれどれ?」

「みちゃイヤだよぉ」

また勃起してそのままIN。

ぬるぬるという感触とくちゅくちゅとういう音、

そして優衣のM加減がマッチしてあっという間に限界だった。



「何処に出すんだ?優衣」

「あぁ・・・中は・・・中はもう だめぇ」

「じゃどうする?」

「胸に・・・」



「じゃ中だな」

一回出しただけなのに得意げな俺。今思うと恥ずかしい。

「だめぇ・・・おなか・・・おなかにだして」

ずぶずぶと埋め込んでは引き抜くそしてまた埋め込む。

「あぁ変になっちゃう!」



「出すぞ!優衣のおまんこ気持ちいいからこのまま出すぞ!」

「いや・・・あぁだめぇ、中だめぇ!」

これもベタだけど、めちゃくちゃ興奮する瞬間だった。

「あぁ優衣!優衣!」

「あ・あ・あ・! ダメ。膨らんでるのだめぇ!」

出そうなちんぽの膨らみを感知するとそう漏らした。しかし

この言葉で俺はMな優衣を絶対離したくないとさえ思った。



「出るよ、優衣の中に白いの出るよ!うあぁぁ」

「それ以上だめぇ!あぁ!いやぁ!」

ドクドク。また中で暴れるちんぽ。再び真っ白な頭の中。

「あぁ出てる・・・あったかいのでてるよぉ」

最後の残り汁みたいなものまで出し切ろうと筋肉を動かす。

「だされちゃってるの!やらしぃのぉ!」

顎があがりがくがくと震える優衣。



しばらくして起き上がる二人。

その晩はぐっすり寝て、次の日は俺の変態性を自分で認識する為と

優衣に見せ付ける為に薄くなった精子を脚とか衣服にかけて

楽しんでた。嫌われるかな?と思いきや優衣は

やらしいやらしいと連発しながらも指先で弄んで楽しそうだった。





それから付き合いだして、二ヶ月、三ヶ月、半年と

お互い段々とエスカレートしていった。

オフィスでむらむらした二人は昼休みのトイレや

残業後のオフィスでプレイに望んだ。



プライベートでは1人暮らしの優衣のアパートで

軽く縛ったり、おもちゃで遊んだり

アニメとか以外のいろいろなコスプレしたりと遊んでいる。

「制服汚して!かけて!」



今では付き合って2年になるけれど

性欲が優衣の方が勝っているらしく

ローター入れて会社に来て

太腿までのストッキングにコントローラー挟んで

残業後にべちょべちょに濡らした股間を見せながら

「スイッチ・・・いじってください」



俺は他の社員にばれないかヒヤヒヤするけれど

優衣は自分のエロスイッチが入ってしまうと止まらない。

そのまま無人のワンフロアの階のトイレまで行き

立ちバックでつついてやると潮まで吹いて痙攣してる。

「でちゃ・・・あぁ!だめぇ!出ちゃう!やらしいのでちゃう!」

「出したいんでしょ?」

「いやぁ、違うの!ちがっ!あぁあぁぁぁ!」

プシャー。下着はびしょびしょ。帰りはノーパンにさせる。



こんなMな優衣が大好きで、当分このエロからは

離れられそうにない。







出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

【職場】こ・・・こんないやらしい事・・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年7月24日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ